TANAKA

「 家づくりレシピ 」 一覧

土地を生かすのも殺すのも。

 

家を建てるんには

当然必要なのは 建設地。

 

土地です

 

でも その建物を目的とする土地は

自分の土地、もしくは

これから建てようとする土地だけ

見ていたら とんでもないことになります

 

周りの環境を駆使した利用。

その周りの環境と自分の土地との

関係性をしっかり見つめて

どのように家族の生活空間を

有意義にするかが 本当の設計になります。

 

当然と言えば当然なんですけど

 

なかなか 思うように設計できていない

建物がありますね・・・

 

代表的なのは

大手ハウスメーカーの規格住宅。

 

とか

 

ローコスト住宅の

よくありがちな プランナンバー○○で

決められた建物。

 

規格住宅とか ローコスト住宅の

すでに決まっているプランを

自分の土地にあてがうと言うやり方。

 

企業側から見ると素晴らしい事なんですけど

エンドユーザー側から見ると

お粗末そのものだと思うんです

 

確かに建築コスト的な面から考えると

設計とか構造計算とか

また 材料の発注など

プランさえ決まっていれば

建築に詳しくない素人でも

住宅の積算から 見積もりまで

簡潔にできる手法で コストが

あらゆる面で削減できると言う

建築業者側から見れば

とても お手頃な建物になります

 

でも ここで少しローコスト住宅を

検討している方も 聞いてもらいたいのが

 

一生の人生をかけて

住宅ローン35年という長い歳月を

かけて資産にしていくには

あまりにも 残念すぎる気がしてます。

 

例えば 自分の土地は 広大な広い土地の

ど真ん中に建築する人。

この様な方は 自由奔放な規格住宅で

逆に構わない様な気がします

 

けど・・・

近隣の土地があってこそ自分の土地の存在で

先に建築されている家の様子から

我が家の最高なプランを作る

というのが常識に範囲になりますよね。普通は・・・

 

コスト削減とは 受注コストを下がるのみで

オーナー様よりの発想というより

工務店やハウスメーカーよりの効率化であって

オーナー様の利得になるとは

考えにくい 規格型住宅なんです

 

僕らからしたら 規格住宅でさえ

安い建物ではないし・・・

 

注文住宅の真骨頂は

色んな法律の条件をクリアして

そして 現状周りに存在している建物を検討し

そして 我が家の設計に取り組む

それが ある意味プロの設計士の行う技術です

 

お客様やオーナーさんと打合せを

している時に一番最初に考えること

それは 建てるオーナーさんの住空間を

満足してもらえるように

周りの建物の配置、窓の位置、玄関の位置

寝室の位置、ベランダの位置、

子供部屋の位置などを 念頭に置いて

設計プランを僕は作り上げます

 

この選んだ土地で 最大限有効に

そして有意義に利用できる動線や

視覚的安心をどう作るかが 住宅設計において

一番僕が大切にしていること

と言う一生の資産を守る義務と責任を

僕はおいながら間取りを

常に作っています

 

どんな土地でも

どんな近隣環境であっても

その土地に隠れている

潜在能力を最大限発揮できる

可能性から考えて提案する・・・

 

これが 住宅の設計と住空間設計をする

最大の意義。

 

その建築地の特徴と性格を

生かすも殺すも全て

設計者側のスキルと提案量を提案内容が

全てを凌駕。

 

建築を初めて数年の経験だとか

施工社都合で規格住宅に収めるとか

人生の一生を左右する住宅に

経験値が浅いって

建設側の立場で行くと

なんとも無責任すぎると思った

今日この頃


現況視察。

現況視察。

 

住まいをデザインと間取りの設計をするに

当たって大事なことの一つに

現況視察というものがあります。

それは

 

田んぼの真ん中に家を

建築するわけでなく

 

近隣状況を考えながらの

間取りが最も重要だからです

 

今日は 日曜日ということもあり

たくさんの建替のオーナーさんの

最終提案もあり

オーナーさん立ち会いのもと

現況視察へ行ってきました。

 

今あるこの不動産を

新しい間取りの設計によって

環境を生かすも殺すも

言ってみれば 僕のスキルが

一番大切なところ

 

現行の建築基準法で建築する家は

建売やローコストと言われる

住まい以外の建物は

90年長生きする建物が

標準として建築されています。

 

自分の命よりも

長い命の住まいを

託されるわけですから

スキルと経験を持った人が

やっぱり 真剣に向き合って

建築しないといけないと思います。

 

僕だけが 住まいの設計に

長けているスキルの持ち主だと

思ってはいませんけど

やっぱり 真剣に取り組んでいる人と

そうでない人が混在する中

しっかりとした建築理念を

持ち合わせた人が設計する家と

そうでない人が設計する家では

出来上がった後の住まいは

月とスッポンのように思います。

一つ一つの現況の視察を

丁寧に見ながら

そして 持てるだけのスキルを

フル活用して そして

新しい住まいと言うものに

丁寧に 提案していくことが

今 本当に求められている

真の住宅の姿だと思うんですね。

 

ただ何も考えずに性能を求めたり

また流行りの材料を使って

良い雰囲気を作って見たり

 

色んな提案方法はあると思いますけど

 

まずは 肝心の間取り

そして その住空間が満たす自分らしい姿

そして 最後に住宅性能だと

 

僕はそう思ってます

 

間取り一つで 大きく変える

その住まいに住む家族の人生。

 

なら

その生活を 満足を大満足にかえる

方法が設計にあるのであれば

労を惜しまず提案していきたい

ポロシャツです!

 

 


気密

気密

 

春本番

寒い寒い日中を

忘れそうになるポカポカとした陽気

 

なんですけど

 

暖かい日だからこそ

これから 住まいを検討している家族へ

 

今から住まいを建てるオーナーさんは

引き渡しの時期と言いますと

ほぼ 季節は

夏が過ぎ

秋が足早に流れ

冬の到来を身構える季節に

 

暖かくなるとついつい

人は 寒い日のことを

忘れがちですね・・・

 

ユニットバスの浴槽の色は

ほんと 季節に顕著となって

その選択が変わるんです

 

冬 色極めする家族は

暖色系のピンクだとか

薄いブラウンへ・・・

 

春から夏のタイミングで

色極めする家族の方々は

ホワイトとか

パステルカラーの寒色系を

選ぶ方々が増えます

 

四季によって

人の心と感情は入れ替わると

言っていいほど わかりやすいです

 

だから 今は その機密性のことを

怠ることなく お客様には

こだわって頂きたいところなんですね

 

この1枚の写真。

 

これは 冬の最中

引き渡しを待つオーナーさん宅の機密試験に

立ち会った時の写真です。

僕らに家づくりを託された時から

気密のことは 御殿場市内ということもあり

すごく気にしてました

 

『気密も しっかりと

よろしくお願いしますよ』って

 

気密は 原理原則を しっかりと

守っていれば難しいことじゃないんです。

 

知識が少なかったら

難しいことなのかもしれませんけど

 

適材適所にしっかりと

やらなければならないことを

しっかりと確実にすることが

原理原則なんです。

 

気密をしっかり保つことは

これからの住宅に

間違いなく必要なことの一つです

 

冬暖かく

夏涼しい住まいを求めたい方は

気密をしっかりと・・・

 

というお話でした


コラムが大好評!

2017/11/09 | 家づくりレシピ

コラムが大好評!

 

先月から

田中建築のHPに

 

“お家づくりレシピ“

スクリーンショット 2017-11-11 1.43.21

という 家づくりコラムが

スタート!!

 

と言うことなんですけど

この始まったばかりの

“家づくりレシピ”が

 

大勢の方に読まれていて 大好評なんです!

 

まだ 読んでない人は

ぜひ 読んでみてね・・・

 

家づくりレシピ は こちらから

↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

家づくりレシピ

 

 

と すでに読んだことのある人は

レシピの読み方の裏技を公開しちゃいます!

 

 

一ヶ月に 2〜4回のペースで

家づくりのヒントを

皆さんに大公開!しちゃうぜょ・・・

 

実際、田中建築で施工した

家づくりの中身を

先輩オーナー様から

少しだけ・・・

MIT_4963

これから家づくりを

始めていく家族の方々へ

家づくりのヒントになるように

お伝えしていきたいと思います

 

レシピの内容は

読んでもらった方が

僕が説明をするよりも

 

百聞は一見にしかず

 

と 読んでいただくために

少しだけ もっと楽しく読める

スパイスを伝授しますね・・・

 

それは・・・

 

もし 田中建築で家を頼んだ時に

私の家は こんなコラムを

描いて欲しい・・・

 

と 勝手にまだ完成しない我が家を

妄想して 読んでもらいたいです

 

まず 第一に・・・

コラムの中で

『このお家に 僕ら家族も住んでみたい』

 

と 理想の住まいを探し出すこと。

(まだ LDKと和室しかないので

選択肢まで たどり着かないかもしれませんが)

 

そして 次に

その気に入ったお家から

さらにさらに 私達らしい生活を想像する

 

この2つを 意識して

コラムを読むと

 

あら不思議

 

ただ 漠然とした理想の住まいから

もっと詳しく掘り下げて

自分たちの理想の家

はっきり、くっきりしてきます

 

そこまでいったら完璧です

 

僕は コラムを発信している立場ですが

僕も このコラム上で

同じように 妄想すると

さらに さらに

家づくりの夢が 大きく膨らみました。

 

 

 

皆さんも 我が家の理想を

さらに 深掘りして

楽しく夫婦の会話をして欲しい・・・

 

役立つ “家づくりレシピ”

ならぬ

 

本当の意味で “家づくりの参考書”

 

だと 思います!

 

ぜひぜひ 一度 読んでみましょうね


総記事数4,753件

PAGE TOP ↑