TANAKA

「 田中家のお話 」 一覧

ウルトラマン

2018/12/01 | 田中家のお話

ウルトラマン

 

1週間に1度

また

2週間に1度

 

父ちゃんの実家に

耀雅は遊びに行きます。

 

まる1日

 

朝の9時から夜の9時まで

 

母ちゃんの実家には

もっと長くいるんですよ

 

金曜日の夜から 日曜日の夜まで

本当の丸々2日。

 

 

今回 父ちゃんの実家に行ったとき

 

じいちゃんに書いてもらった

ウルトラマンを見せてくれました。

 

へぇ〜

これ書いてくれたんだ

 

って 思わず笑っちまったぜぃ。

 

自分の息子にも 絵すら描いたことが

ないのに・・・と言うか

描いてもらった記憶がないのにって言うのが

ほんとかな・・・

 

僕の耀雅ぐらいの時にも

ウルトラマンは いたけどね・・・って

思いながら。

 

なかなか 上手じゃん。

 

こんな 絵のセンスがあったなんて

47年間知りませんでした

 

俺にも描いてくれないかなぁ〜(笑)

 


今年も行ってきました!酉の市。

今年も行ってきました!酉の市。

 

今年も毎年恒例の酉の市に

行ってきました!

けど

 

いつもとは 少し違ってまして

 

何が違うと申しますと・・・

 

いつもは 酉の日の当日に東京へ向かい

そして

酉の日中に お参りを済ますパターン。

 

けど

 

今年は 前入りして

東京で 酉の日を迎えるという段取りで

25日が11月の酉の日なので

24日の夜 沼津を出発して

その後24日中に東京に着いて

そして 25日の酉の日には

神社に向かうというプランで出発。

 

で・・・

 

でも 東名高速に乗る前に

入り口の電光掲示板に目をやると

なんと 横浜町田のインターを

通過するだけで 渋滞により2時間かかる

 

というお知らせが

 

これじゃ 今日中に東京につかない!

 

ってことで

大回り大回り。

いつもの東名高速より40kmも大回りな

御殿場下車で中央道経由で向かうことに

 

40kmの大回りを選択しても

確実に早くつけると判断。

 

で 遠回りしましたけど

無事前日までに 東京入り成功。

 

でも そこからが大変でした

大和トンネル付近から渋滞するのと

同じくらい 鷲神社の境内にいくのに

大渋滞。

境内に入るまで 約1時間30分かかりました(泣)

 

耀雅も耀雅で 夜中に起こされたものだから

少々 ご機嫌斜めです

 

やっとこ着いて

 

お目当ての熊手を購入しようと

お店に近くに行ったら

今年もいましたいました

名物男!

 

来年の干支は イノシシ

僕は来年年男。

耀雅も めでたい頭をなでなで(笑)

よーし これで運がついてきたぞ!

良い年にしたいですね・・・

と来年は なんとも元号も変わる

記念すべき年。

 

イノシシ年の皆さんは

元号の数字で

自分の歳が計れちゃいますね

相変わらず

少々ぐずっていた耀雅くんも

熊手購入者に 活気付けとお礼の

 

『お手を拝借〜』

 

の掛け声から始まる

 

『よぉ〜 パパパン パパパン』の

拍手喝采には 大喜び

 

一緒になって夢中に 手を叩いてました。

 

その時間でも 深夜2時を回ってましたから

ご褒美に ドラえもんの飴を差し上げました

本人も とてもご満悦

帰りの車の中では

大爆睡の耀雅くん。

 

結局我が家に着いたのは

朝の4時過ぎ(笑)

 

明日も たくさんの打合せぇ〜

 

今は 夜も遅いのか

朝も早いのか わかりませんが

とりあえず 明日の準備のために

寝るとします。

 

今年も 明るい明るい

今年も 活気活気が

十分伝わる酉の市の1日でした


半日の我が子孝行

2018/11/23 | 田中家のお話

半日の我が子孝行

 

最近は 本当に忙しいと言うか

出張続きで 耀雅の目の前にいることが

少ないこの頃。

 

唯一と言っていいのは

朝の幼稚園バスがやってくる場所までの

數十分 車の中での送りが

耀雅と一緒に入れる時間。

 

夜も遅ければ

家に帰ると しっかりと

仕事ができる環境が整っているので

やっぱり 自分が我慢できるまで

仕事をしてしまう毎日。

 

なので 朝も耀雅の送りが

ギリギリ間に合うまで

布団の中で 寝てしまうんです。

 

夜中の3時近くまで仕事をしていれば

朝も必然的に起きるまでの時間が

遅くなりますよね・・・

 

 

その唯一の朝の車の中だけでも

その数分間だけでも

耀雅は 父ちゃんにべったりになります。

 

こりゃいかん・・・と

反省する毎日なんですけど

仕方がないですよね

でも 耀雅もすくすくとどんどん

大きくなっちゃつし

こんな 父ちゃん父ちゃんって

言ってくれるのもほんの数年の間。

 

ならば ということで

先日 夕方の3時から

夜の9時まで 休みの時間をいただいて

耀雅と奥さんと 久しぶりに

出かけることになりました。

 

どこへ と申しますと

 

夜の空気も澄んできたこと

夜しか時間が取れなかったこと

帰ってきてからも仕事ができること

 

こんな条件の中 出かけてきましたのは

 

電気キラキラ(笑)

 

耀雅は 初体験です

 

イルミネーション。

伊東市にある グランパル公園に

出陣してきました。

昼間行けば 色んな乗り物や

動物たちがいて もっと耀雅にとって

楽しい時間だと思ったんですけど

その時間帯は無理で〜って

 

逆に 昼の部が閉園している方が

余分な欲が出なくていいかってことで

夜到着できるように行ってきました

 

ちょうどグランパル公園に着いた頃には

夕方も終盤で これから

イルミネーションが最高だよ〜って

 

で 入園したと同時に

園内アナウンスが流れて

イルミネーションの時間です・・・的な。

園内を一周しても 約1時間

耀雅にとっても 奥さんにとっても

ちょうどいい加減な距離感でして

 

ナイトでもやっていた

ゴーカートと空中自転車を乗りこなし

最後は バーベキューで〆て終了。

家に戻ってきて 夜の9時。

 

ほんの6時間という短い時間でしたけど

耀雅くんも大満足の様子でした。

 

耀雅にしても 今ば一番父親として

大事な時期だと思ってますけど

仕事も今 一番大事なところでして

家族と仕事 天秤にはかけられないんですけど

少しの時間で大満足を得られるように

父親としても もうちょっと

頑張らなあかんなぁ〜って思う

グランパル公園でした。

 

今度は どこ行こうかなぁ〜って

 

今から考えておきます。


一人で出来る・・・

一人で出来る・・・

 

やっと

耀雅が一人で

 

ブンブンを乗りたい・・と

言い始めました。

 

親としては

ホッとしてます。

 

なんせ とにかくビビリの耀雅くん

 

一人で ゴーカートは乗れないのは

当たり前なんですけど

僕が運転していても

少々ビビリ様子

 

こんなんじゃ 一人で

カートなんて乗れっこないと

半分以上 幼稚園児時代に

耀雅をカートに乗せることは

できないと 諦めていた夫婦二人。

 

けど

 

最近 一人でブンブンブンに乗る

って 一人で息まいてます(笑)

 

僕と二人で

超ゆっくりな 2人乗りのゴーカートに乗ると

始めは 楽しがっているんですけど

途中から 不機嫌な感じへ

 

それは 耀雅自身が運転できないから

 

なんですね・・・

 

おぅ〜?

やっと運転する気に成ったかい?って

いつも ゴーカートに乗っては

思っていたんですけど

 

今回だけは

 

飾りのゴーカートに乗り込んで

耀雅くんエンジンかけるよ って

自分のことを 『耀雅くん』って

読んでいるんです・・・

 

ぶぅ〜ん って口では言うものの

けど

本当のエンジンをかけることができない

飾り物のゴーカートに文句を言ってます

 

そっか・・・

 

やっと乗りたがってるんだなって

思った父ちゃんは

 

次の休みの日に

耀雅を カート場に連れて行って

カートの練習に励んで見ようと思う今日この頃。

 

4歳ごろから なんとなく

富士スピードウェイのカート場で

練習場で走っているちびっ子を見てまして

いよいよかなって

 

どれだけのセンスがあるのかわかりませんが

興味があることはもちろんのこと

耀雅が 目指せ!F1レーサーに目覚めさせて

あげることができるのは

今のところ父ちゃんしかいないので

父子で ひとときの夢を見てみたいと思います。

 

センスがあれば

どこかのチームで起用してくれると思いますし

こいつは 俺より運の持ち主だと

なんとなく 気がつかせてくれる所もあるんで

期待をしつつ

期待をしないように楽しみたいと思う

 

最近 父親としてなんとなく

将来の夢を見ることができるようになりました。

 

 

狭き門だけど

本人が頑張るなら応援したいと思います


いざっ!東京へ。

2018/11/15 | 日常, 田中家のお話

いざっ!東京へ。

 

今日は 東京へ出張。

 

でも いつもの出張と違い

立会いの出張で

僕が立ち会うことが前提の仕事。

 

なので

 

久しぶりに 耀雅と一緒に

新幹線でも乗りましょうか・・・

と言う事で。

 

朝一番から 幼稚園を休ませて

耀雅と男二人

いざっ東京へ 出発進行〜!

 

目指すは

新幹線のお弁当箱になっている

駅弁をゲットです。

 

以前に

東京駅の中の駅弁屋さんを

覗いたときのこと

 

駅弁屋さんのファサードに

新幹線のお弁当箱に入った

駅弁を見つけ その駅弁を買いに

お店屋さんの中を見てみるも

どこにも ありません、

 

探すにも時間がかかりそうだったので

近くにいたスタッフに声をかけます

 

新幹線のお弁当が欲しいんですけど

どのあたりにありますかね・・

 

そう質問すると

 

あぁ〜今の時間は 毎日売り切れだよって

 

えぇ〜そうなんですね・・

何時頃なら ありますか?

 

ってそう聞くと

 

毎日その日によって

売り切れる時間は違うけど

午前10時頃なら確実にあると思うよって

 

そう聞くと

耀雅に 新幹線のお弁当買いに行くか?

 

って 聞くと

 

行く行く〜って

 

なら 今度一緒に行こうねって

約束した日が今日の日でした。

 

で 朝早くから奥さんに駅まで

送って行ってもらって

そして そそくさと

新幹線に乗り込みます。

耀雅も 新幹線に久しぶりに

乗れるものだから大興奮!

 

お弁当買おうねって

 

で 東京駅に着くと

耀雅は 駅弁は駅のホームに

売っているものだと

勘違いをしていたらしく

駅のホームを下る階段から

大ぐずりです(笑)

 

大きなゴミ袋を 引きずってと言う

表現が正しいぐらい

耀雅を引っ張ってって

東京駅のど真ん中で

大号泣でしたが

お弁当屋さんを見つけて

大はしゃぎでした(笑)

ほ〜ら たくさんあったよぅ〜って

見事に並べられていた新幹線弁当を見て

僕も少し感動しちゃいました(笑)

で 手に持てるだけお弁当を持って

レジに並ぶと もう本人はご満悦。

池袋に用事だったんですけど

お弁当が入った土産袋と一緒に

地下鉄に乗り込みます。

 

このお弁当を食べることができるのは

3時間後だけどね・・・って

 

用事が済んで

帰りの電車は 車窓がバッチリ見える

山手線の先頭車両に乗り込んで

運転手さんの後ろ側で

30分ほど 運転手気取りで・・・

こちらもご満悦。

 

さぁ〜着いたぜって 東京駅。

 

と思ったら

耀雅は急に走り出して

お弁当の段取りに入ります。

 

相当 楽しみだったんでしょうね・・・

 

新幹線に乗り込むや

お弁当で感動で よくわからない耀雅。

食べる〜って 行ってから

本当に珍しい。

20分ぐらいで

2つの新幹線弁当をたいらげます。

よぉ〜し ちゃぁちゃん(奥さん)に

その勇姿を見せようと言うことで

おきまりの やったぜポーズ。

僕は眠たさのあまり

帰りの新幹線の中では

寝ちゃいましたが

耀雅は一人で ずっと起きていたそうな。

 

僕は仕事でしたけど

それなりに楽しめた東京出張でした。

 

一番楽しかったのは

当然ですが

耀雅くんです!

 

また 行きましょう〜

 

 

 

まる


忙しいと書いて 心を亡くす

ヤベェヤベェ・・・

 

最近 忙しすぎて・・・

時折 字のごとく

 

心を亡くすことも

しばしば・・・

 

あっ やばっって

自分が思う時には

僕の左腕の秘書に

深呼吸の手助けを

してもらいながらの

今日この頃。

この深呼吸が

なんとも 亡くなった心を

元に戻してくれるんです・・・

 

深呼吸っていいアイテムですね(笑)

 

深夜 大諏訪の田中家では

なにやら いたるところに

癒しのシーンがちらほら

 

代表格は

 

ボケてる振りをしている

長老こと太陽くん。

『おじいちゃんっ!

さっき ご飯食べたでしょっ』

 

と言いたくなるぐらいと言うか

行ってますけど・・・

自分のご飯を食べ漁ってみては

猫のご飯を食べてみては

 

『たいちゃんっ』って

 

大きな声で呼んでみても

全く無反応なくせに

餌を皿の中に入れる

小さな チャリチャリって音がすると

遠くからすっ飛んできたり・・・

 

全く笑える

 

そんな太陽くんを横目に

にゃん達は にゃん達で

僕に最高の笑顔くれる

シーンを提供してくれます

 

この二匹は 母と息子

 

まぁ〜仲良いね・・・と思います

大諏訪の母と子は

こんな感じにはなれないと

母は申しておりまする(笑)

 

仕事をしている横では

海ちゃんが 何か申してますし・・

人間嫌いな 秋子は

そっと遠くで見守ってくれているし・・・

仕事が終わって

さぁ〜寝るぞって思って

寝支度をするほんの間で

僕のパソコンの電源を落とす前の

その数分間で

ベッドの位置を確保しているはで

可愛いっすね・・・

 

深呼吸もいいですけど

こんな生き物の中

共に生活をしていると言うのは

実に大変なところもありますが

でも その大変な分だけ

僕がホッとして感じる幸せを

提供してくれる時間でもあり・・・

 

なかなか 耀雅を遊んで

あげることもできずにいる

毎日ですけど

 

忙しい張本人は

夜夜中

色んな家族達に幸せをもらってます♪

 

 

ちゃんちゃん

 

さぁ〜寝ます!

 

 


プレゼント。

2018/10/17 | 日常, 田中家のお話

プレゼント。

 

先日 耀雅の幼稚園のお迎えと

耀雅とともに暮らす園児のために

とある プレゼントを・・・

うちの奥さんは

虫が大嫌い。

 

大嫌いと言うか

耀雅が虫に夢中になることが

意味がわからないぐらい

異次元の生き物らしい(笑)

 

そんな母のもと

カブトムシの幼虫を

大諏訪の田中家に

置いていることも行かず

幼虫の観察とともに

色んな学びをしてもらえば

一石二鳥だと思い幼稚園へ・・・

 

カブトムシの幼虫は

腐葉土を食べて大きくなります

 

なので 自然界にはない

小さな小さな虫かごの中で

生活するのもいけないので

たまに空気通しをしながら

成長を観察するのも

大事なことなんですよね・・・

 

ても 我が家ではできません。

 

なので幼稚園にお任せをして・・・

 

で 幼稚園のレポートの中で

幼虫の観察が始まったよぅ〜的な

 

まず 幼虫が何匹いるかチェックから

始まりまして・・・

 

虫かごをひっくり返して・・・

 

なんと 3つのうち

1つの虫かごからは 19匹の幼虫が

2つ目の虫かごからは

2匹の大きな幼虫が。。。。

すごく大きくて

園児は 大変びっくりしていたそうな(笑)

よかったよかった。

 

カブトムシと一緒に

採取したクワガタ。

そのクワガタは 冬眠の準備をしていたそうです。

 

で。。。

 

5匹のクワガタは

元気でいたそうで。

 

そのクワガタを見て

園児たちは 何やら

オスのクワガタ5匹に対して

1匹のメスのクワガタ

その お婿さんとお嫁さんを決めて

園児たちだけで

新居へ お迎えをしたそうです(笑)

新婚さん誕生です。

 

なぜか 笑える

 

そんなお便りが届きました。

 

あと数ヶ月後には

この幼虫たちが

カブトムシになります

 

自然に開放してくれることを

望みながら

また 新しいカブトムシを来年

採りに行くことを楽しみにしている

ポロシャツでした。

 

昔々。

 

カブトムシを8年ほど

近親相姦的な感じで

同じ虫かごの中で

繁殖を繰り返した結果

カナブンほどの小さなカブトムシに

なってしまいました

自然界的に言う外敵が全くいない環境に

遺伝子が変化しちゃったのかなぁ〜って

思ったので

 

ぜひ 自然界へ解き放って

もらいたいと思うポロシャツ。

 

それにしても

21匹の幼虫か・・・

すごいね

 

来年も頑張るかっ!?耀雅くん!

 


初運動会。

2018/10/06 | 日常, 田中家のお話

初運動会。

 

今日は 耀雅の初の運動会。

 

運動会と言っても

全員園児 10名で行う

だ〜い運動会です。

思い起こせば

 

運動会って

幼稚園の運動会にパパって

いたものかなぁ〜って

思う節々。

 

いつから 子供のイベントに

家族総出で出かける文化に

なったんですかね。

 

僕らが子供の頃の運動会は

日曜日に行ってて

当然ですけど 当時は

週休二日の文化はなく

日曜日に祭事をして

それでも 父親の姿って

自分の父親だけじゃなく

周りの応援団の中には

男親の姿の一人も見たことが

なかったような・・・

 

でも 最近では

パパがいない家族の方が少なく

耀雅の幼稚園では

子供10人 父兄30人という

ビックな家族的なイベントに

なってました。

 

10人で行う運動会でも

競争、かけっこがメインの運動会

2人1組で行いますけど

5競争で終了。

 

家族含めての競争も

8種目ありましたけど

すぐに 一種目が終了します。

 

そして 次 そして 次

 

種目が終わるのを待つことなく

サクサク 終了して

あっという間に 終了〜

 

なんとも 効率のいい運動会だ〜

って思いながらの

 

さぁ〜ここから ランチタ〜イム!

 

と言っても 幼稚園では当たり前の

お弁当じゃないんですね(笑)

 

こういうところが 素晴らしいって

思うんですけど

なんと・・・

 

みんなで BBQ

 

みんなで準備、みんなで片付け。

 

生まれて初めて

ビール片手にしないBBQ

 

 

なんとなく 少人数だからできる

アットホームな運動会でした

 

それでも

参加した僕も含めたみんな

大満足。

 

へぇ〜こう言う運動会も

あるんだなぁ〜って思える

運動会でした。

 

でも うちのスタッフが以前に

よく話をしてた

 

『お父さんたちは 録画がメインで

ライブの自分の子供の姿を

見ている人が少ないんだよね』

 

そんな言葉が 残ってたんですが

僕も含め 自分が撮った録画は

3分のみ。

 

なので

僕のスマホや カメラなどには

何も記録が ございません(笑)

 

ゆえの

ライブな耀雅を見ながらの

運動会でした。

 

あと2年 この運動会を経験するんですけど

実に楽しい運動会で 来年はもっと盛り上げようと

僕本人が思うなんとも

田舎風情の運動会のパパとしての

思い出作りでした。

 

楽しかった。

 

 

 

まる


懐かしいなぁ〜

2018/09/28 | 田中家のお話

懐かしいなぁ〜

 

生後7ヶ月から

耀雅は STUDIO LUXE託児所へ

 

最初の頃は まだ

ミルクしか飲めなくて

その後 離乳食を先生たちに

食べさせてもらいながら

 

うまい うまいって。

 

そのうち

ミルクも終わり

完全普通のお弁当へ

 

約2年間のお弁当作りへ

 

そのお弁当も

幼稚園に通うようになり

幼稚園の給食になって

毎日のお弁当作りもなくなりました

 

うちの奥さんの体調が優れないときは

僕が 不慣れなお弁当を作って

そん出来栄えは よろしくなく・・・

なので 僕が作ったお弁当は

奥さんの心象を悪くしないように

 

『今日は 親父飯ですぅ〜』

 

なんて 言ってたのが

懐かしい・・・

 

そんな 大諏訪のお弁当物語。

 

今日 朝起きたら

奥さんが なにやら

朝から せっせとお弁当を作ってます

 

月に1度 耀雅の幼稚園も

お弁当の日があるらしく

そのお弁当作りに

翻弄している母がいました。

 

数ヶ月前までは

当たり前に見ていた光景でしたけど

なんか 久しぶりで珍しい。

 

その分 耀雅は たくさん成長して

 

いろんなことに 耀雅なりの卒業をして

今が あって。

 

なんか 朝のその瞬間が

懐かしくて いろんな耀雅の成長期を

覗ける感じでした。

 

色んなオーナーさん お客さん

小さなお子さんを 抱きながら

打合せをしているパパ、ママを

目の当たりにします。

 

その度に お話をすること。

 

それは

 

耀雅がまだ 話せなくて

本能的に 泣く、笑うしか

まだ 僕らに見せてくれなかった頃を思うと

 

早く 喋ってくれないかなぁ〜って

 

良く思ってましたけど

喋れば 喋ったで

少し黙ってて・・・って思うことも

 

今の耀雅と一緒にいる時間と

 

我が子を抱きかかえて

打合せをしているパパ、ママと

まだ 喋ることができない赤ちゃん。

 

その姿を見てると

 

耀雅も 今思えば そのころが

一番 可愛かったなぁ〜って

思うんですよね・・・って

 

いつも話をします

 

赤ちゃんを抱いているパパ、ママへ

 

早く喋って欲しいなぁ〜って

思いますよね・・・って

質問するとと

 

ほんと ほんと って

口を揃えて言いますけど

 

実は 今の頃が

一番可愛いって思える僕もいるんですって

話をします。

 

そんなものなんですね。。。

 

今を大事に生きて

今を満足できるような心が持てる

感じになりたいなぁ〜って

 

今の僕の横に座っている耀雅を見て

そう思います

 

今が一番。

 

それが一番。

 

なんでしょうね・・・

 

いい加減 早く寝ろっ!

 

って思う・・・午前1時30分(笑)

 

母がすでに寝ている事をいいことに

やりたい放題。

 

耀雅は明日休みなので

いいのかなぁ〜って 思いもしますけど

普段一緒に入れないから

仕方がないかって思うポロシャツがいます


やっとやってくれた!

2018/09/21 | 田中家のお話

やっとやってくれた!

 

耀雅が生まれて

3年と9ヶ月。

 

やっと

耀雅が 我が家で

やってくれました。

 

これで とうちゃんは

 

満足ぜょ。

 

って 何をやってくれたかと言うと・・・

 

良く子供って

子供というより園児って

自分の限界まで

元気で遊んでいて

そして 急に電池が切れるがごとく

眠り始めるじゃない(笑)

 

良くある映像が

 

ご飯を食べながら

こっくり こっくりするやつです。

 

でも うちの耀雅くんは

 

それを やらないんです。

 

なかなかやらない・・・・

 

眠くなると

『耀雅くん 眠いから寝る』

と 言って 自分でベッドに

潜り込んじゃうんです。

 

これって

良くも悪くも

あの例の映像が 我が家には

流れなんですよ・・・

 

それが とうちゃんは

見たくって 見たくって

とても 見たくって

 

うずうず してたんですけど

 

また ご飯食べ終わる頃に

 

『耀雅くん 寝る』って

 

ボソって語りながら

そこを後にする。

 

ともすると

 

とうちゃんの心の中は

今日もダメかぁ〜って

感じになるんですよ

 

残念___ってな感じで

 

でも

 

でも

 

でも

 

今日だけは

今日だけは

 

我が家で やっちゃってくれました!

 

ブラボー〜🎶

 

やっと こっくりこっくり

 

それでも うちの かあちゃんは

 

ご飯が喉に詰まると言って

無理やり 起こさせます。

 

と・・・

 

仕方がなく やるんですけど

 

まだ まだ こっくりが続く。

 

よぉ〜し このまま 落ちろぅ〜って

心の中で 叫びます!

 

 

激写ですよ

 

激写。。。

 

スマホのファインダーで

納めました。

 

やったねっ!

 

これで 僕も安心して

今日は床につくことができそうです(笑)

 

もう 二度とやってくれないんだろうなぁ〜

って 勝手に思いつつ・・・

 

おやすみなさい。


Sayonara・・・さよなら

Sayonara・・・

 

今日は 僕が初めて

保護した子猫“マリンちゃん”が

めでたく と言うか

寂しく と言うのか

 

里親宅へ

2ヶ月ぐらいでしたけど

やっぱり 寂しいですね

特に 人生初の保護猫ですからね・・・

 

我が家の階段を上っていると

外から聞こえる

子猫の猛烈な鳴き声。

 

にゃぁ〜にゃぁ〜

 

大諏訪の田中家の玄関の先には

野良猫さん用の餌場があるんですけど

 

その餌場のところへ

母猫が 子猫を連れて行く

子猫用の訓練だったんだと思います

その時に うまくその場所へ

いけない子猫が 母猫に対して

鳴いていたんですね

 

でも 僕がその場所に行って

ワシっと 捕まえる事が

出来るぐらいだったんで

少しぐったりしていたんだと思います。

 

大諏訪の家の周りには

合計5匹の子猫たちがいるんですけど

それぞれの子猫たちは

僕が捕まえるどころか

半径5m内に居る事がないんです

 

警戒心強く

走って逃げますからね

 

だから 僕が保護しなかったら

もしかしたら・・・死んじゃう

と言う末路もね・・・

 

そんな 初めての保護猫で

うちの奥さんに

俺の初猫だからさぁ〜なんて

オーラを出しながら

飼っちゃいましょうか・・・的な

流れに持って行こうとしましたが

 

あっけなく

確実に

心を曲げる事なく

 

ポロシャツの気持ちを一刀両断!!!

 

と言う事で 里親さんへ

 

でも その里親さんは

スタッフの黒須さんが

名乗りを上げてくれまして・・・

 

白猫で ブルーアイで

(田中家の8ニャンには ブルーアイはいない)

シッポだけが ほんのりシャムっぽい感じで

ふわふわとして

本当にイケメン

 

黒須さんのお家にも

わんこ ニャンコ それぞれ

同居していて

田中家よりも もちろん少ない数ですけど

一人ぼっちじゃないので

仲良く出来るといいなぁ〜って

 

田中家では 一番のわんぱく小僧でしたからね(笑)

寂しいよぅ〜

 

 

幸せに可愛がってもらえよぅ〜

 

って

 

黒須さんにお願いをして

先輩たちと一緒に楽しくね。。。

 

バイバイ。


夏休みの締めくくり・・・

2018/08/30 | 田中家のお話

夏休みの締めくくり・・・

 

今年の夏の耀雅は

僕も一生懸命までには

おつきあいが出来ませんでしたけど

耀雅なりにたくさんの思い出が

出来た2018年の夏だと・・・

 

家族総出で どこか

特別なところに行って来ました感は

ありませんでしたけど

色んな経験?初体験?が満喫。

 

何と言っても

 

耀雅の思い出の1ページには

 

カブトムシを耀雅にとってみれば

夜夜中に取りに行ったことですかね。

夜といっても 10時くらいですけど

 

道路に止める車は

田中家の車一台。

 

ヘッドライトをつけて

懐中電灯を持って

クヌギの木に近づいては

カブトムシとクワガタいるかな・・・って

 

昼間には

クヌギの木に仕掛けをして

夜の森に繰り出しました。

 

『カブトムシくるといいね・・・』

 

小さいながら一生懸命に

仕掛けづくりのお手伝いです。

 

そわそわしてる耀雅を見てて

楽しかったのは ポロシャツ僕自身かも

 

って・・・

 

今日は ひょんな用事で

東京に行かなければならなくなって

新幹線で。

 

夏休み前から

新幹線に乗りたい乗りたいと

わめいてたもんですから

耀雅が行く用事ではなかったんですけど

無理やり連れてって

耀雅の夏の最後の思い出になるように。

 

 

当の本人は 東京駅が

本当に嬉しかったんでしょうね・・・

 

ホームに着いた途端

見たかった新幹線は

時間の都合上見れませんでしたけど

 

それで

 

ホームにしゃがみ込み

何やら本気モードで

僕に解説をしてくれました

時間もないことだからと

N700系に乗るぞ〜って

話になると すぐさま飛んで来て

ホームに駆け上がります

 

で お腹が減ったと言うもんだから

ホームの近くで 駅弁買って

 

『食べたい。』

 

と言いながら

普段の夕飯は 全くと言って

食べないそうなんですけど

新幹線の中で食した

駅弁は とにかく夢中で・・・(笑)

普段食べることのない量のお弁当を

ほぼ 耀雅でたいらげました。

素晴らしい完食っぷり。

 

よっぽど 新幹線が乗りたくて

新幹線の駅弁が食べたかったんでしょうね。

 

見ている父親目線でも

すごく楽しそうで よかったなって

 

普段忙しすぎて

何も耀雅にやってあげることが出来ない

ポロシャツですけど・・・

少しだけでも

喜んでくれる姿を見ると

親バカなんですかね(笑)

 

耀雅と2人で行った

お宮参りも 楽しそうでした。

初めての 花火!

怖がってながらの 夜中の笑顔と笑い声。

父ちゃんの帰りを待って

一緒にご飯を食べるも・・・限界でした(笑)

そんな耀雅の夏休みも

数日で終了です。

 

昨年なら

いつもSTUDIO LUXE託児所の中にいて

親元にいる感じでしたけど

今年からは 幼稚園に行きだして

親から離れた環境で生活している

耀雅にとって見れば

近くにいて なんかのイベント染みた

お出かけが好きなんだと思う今日この頃。

 

またしばらく 一緒に長い時間

いてあげることが出来ません

 

嫁から 父ちゃんが近くにいて

寂しがってる姿を何とかしてあげなさいと

常々言われていることもあり

仕事の合間合間ですけど

 

夏の思い出が出来たと・・・

 

信じたい(笑)


総記事数4,753件

PAGE TOP ↑