TANAKA

「 田中建築を知る 」 一覧

大工さん。

大工さん。

 

田中建築の大工さんたちは

会社に集まるのは

月に一度だけ・・・

みんなは それぞれ

現場に直接行って

大工仕事に打ち込みます。

 

会社に用事がある大工さんは

ちょいちょいきますけど・・・

 

 

その大工さんと話をするのは

僕が現場に行って

チェックをした時に

仕事の話、たわいのない話

いろいろ・・・

 

現場の大工さんは

とにかくすごい。

なんですごいか・・・

 

一人、二人で

この大きな建物を

建てちゃうからです

 

建てるってすごいです

僕が物心ついた時には

父親は大工さんでしたし

父親のやっている現場に行っては

危ないながらも当時 遊んでいたことが

記憶の向こうに残ってます。

 

オーナーさんの家を作ってくれている

大工さん。

 

もちろんですけど

性格もバラバラ・・・

よく喋る大工さんもいれば

一言も喋らない大工さんもいる

そして・・・

明るい大工さんもいれば

強面で頑固な大工さんもいる

 

でも

どんな大工さんでも

職人気質の大工さん

 

気質高い大工さんが

作る家だから しっかりとした建物が建つ。

 

文明の利器で

大手ハウスメーカーは

工場で家を作るプレハブものが多い。

 

それはそれで

製品の均一化ということでは

アナログで作る大工さんの家とは

違った良い面もありますが

僕らが手がけるお家は

 

デザイン、素材、間取り

自由設計で世界でオンリーワンの家

 

そのオンリーワンの家を

大工さんたちの気質で造る。

 

技術と気質の塊の大工職人。

 

僕の父親も 僕の弟も

そして 嫁の父親も

大工職人ですけど

なぜか 僕ら夫婦の大諏訪の田中家

2人は大工をしてません。

 

けど・・・

気質がないわけじゃないよ・・・

僕は父親から 不器用だからよせっ!

と言われて今があります。

 

できれば 大工さんになりたかったけど・・・

腰がバキバキに悪いので

どっちにしてもできませんが

昔の若き頃

大工さんに憧れていた自分を思い出しました

 

大工さんってすごいんだぞぅ〜


成長

2019/01/12 | 田中建築を知る

成長

 

オーナーさんと打合せを

コンセシェルジュの木村としていたら

 

あら・・・

 

木村がオーナーさんに

説明をしているipadに

イラストを用いて

説明をしてました。

おっ・・・

 

簡単なイラストではあるんですけど

オーナーさんも納得もしていました。

 

僕が教えたわけではありませんが

しっかりと書けていて

成長を感じました。

 

色んな打合せをして

そして

伝えたい内容をしっかりと

 

設計の業務としては

当たり前のことなんですけど

 

簡単にスラスラと書いて説明できることは

もっとも大切なことの一つです

 

住まいの完成は 立体空間の3D

 

設計図面は 平面の2D

 

オーナーさんは 平面の2Dだと

なかなか 理解しにくいところ

 

けど こうやって

分かりやすく説明ができることが

間違いのない 一つ一つの

詳しい説明なんだなって

 

僕がオーナーの旦那さんと

打合せをしている横で

奥さんと打合せを 手書きで

細かいところの説明をしている姿を見て

3Dの図で説明をしている姿を見て

入社したときは建築の“け”の字も知らなかった彼が

ここまで成長したことに

 

やるようになったなって思ったポロシャツでした。


OKUMURA-MAN

OKUMURA-MAN

 

田中建築のコンシェルジュとして

復活した奥村さん・・・

 

色んなお客様と

僕と奥村で ともに話をしました

 

その大半が・・・

 

息が合ってるねと

 

ほとんどの方がそう言ってくれます。

 

9年のブランクがあるのに

不思議ですね・・・って

 

そう話してくれる方もいました。

 

けど・・・

 

9年と言っても

奥村にとっては

建築業界の工務店としての

立場の出発が田中建築なわけでして

奥村が 工務店として自分の形を

作ってきたのは 田中建築なので

ブランクって言う感じではなく

多分ですけど

全てとは言いませんけど

まぁ 大まかなところは

田中建築イズムなんだと思います。

 

だって

 

定かではないですけど

田中建築工業の社会保険番号は

多分 一桁だったと記憶にありますょ

 

お客様にそう言われて・・・

そっかと 昔を振り返る

 

あんな時も あったな

こんな時も あったな

 

そっかそっかと

懐かしいのやら

最近のことなのやら

 

周りから見る目って

まだ 一ヶ月と立っていませんが

田中色に染まっているのが見えるのは

過去が物語っているんだと思います

 

なるほどなぁ〜って思った

 

OKUMURA―MANの お話でした。


年に1度のお手製です。

年に1度のお手製です。

 

1月7日と 言えば

 

なんだと思いますか?

 

七草がゆ。

 

毎年1月7日だけは

僕がお手製なんですけど

七草がゆを スタッフへ

お振る舞いをする日

 

もう何年 続けたかなぁ〜って

思うほど

この七草がゆを 毎年毎年

朝少しだけ 早く起きては

作ります。

 

昨年は 少し味が濃かったと言うことで

今年は 味付けを緩めに

 

僕が味見をすると

全然物足りない感じなんですけど

仕方がありません。

 

リクエストですからね(笑)

 

で 昨日の昨晩から

下ごしらえをした七草

 

せり

なずな

ごぎょう

はこべら

ほとけのざ

すずな

すずしろ

 

こんな感じで

おばあちゃんから

教えてもらってあました。

 

子供の頃は

この七草が嫌いで嫌いで・・・

ほんと 青臭いって感じで

 

でも 田中オリジナルなんですけど

この臭みをなくして

みんなに食べてもらって

一年間を通して健康でいてほしいって

願いを込めて この1月7日だけは

作っちゃいます(笑)

 

しかも

 

かまどさんと言う

土鍋ご飯という武器で・・・

昨日 七草を買いに行くのも

遅かったんですけど

みんな売り切れ

 

このような日本の文化を

なんとなく 守れるっていいことですよね

 

今年の1年も

みんな元気で 頑張れるように

この七草で一年の健康を担保に

出来るとはとても物理的にも

思いませんけど

 

気持ちを込めて

 

少しだけ味の薄い今年の七草がゆ

 

でぇ〜きた!

さぁ みんなが待つ会社へ

行きましょう〜!

 

と 言っても

多分ですけど

僕の“七草がゆ”を待っているスタッフは

いないと思いますけどね(笑)

 

美味しく食べてもらえる

小さな小さなイベントであってほしいと願う

ポロシャツです


大掃除

2018/12/29 | 田中建築を知る

大掃除。

 

今年も終わっちゃった感じですね

明日は 今年最後の打合せ。

 

Studio Luxeでの仕事は

そこで終わり。

あとは自宅の最後の仕事です。

 

 

今回の大掃除では

 

ケルヒャー登場。

 

田中建築の高圧洗浄機が

不調に終わり

奥村所持品のケルヒャーを借りて

大掃除に臨みました。

 

旧事務所。

 

奥さんのアトリエを掃除に

 

その時に 奥村が作ってくれた

表札がこれ

 

ケルヒャーで作った表札です

全く アホですよね

しかも 2つも・・・

懐かしいこの感じと思いながら

 

そのままにしておきました。

 

仕事納めの 大納会。

ランチも全員でいただきました。

今年一年 ありがとうございました

 

来年も よろしくお願いします。


コンシェルジュ懇親会。

2018/12/28 | 田中建築を知る

コンシェルジュ懇親会。

 

新旧社員の奥村さんの

顔合わせも兼ねて

年内終わりに

コンシェルジュ懇親会。

 

焼き鳥屋さんに行きまして

 

 

 

淡々と 笑いとともに

時間が過ぎて・・・

 

いつも通りに

乗りに乗ってきた

奥村さんが

 

なんか ノリ悪くなぁ〜い?

 

なら

 

この串頼もうよ・・・

 

餅ベーコン。

なんで?

 

これ食って

 

モチベーションを上げようよ!

 

餅ベーコン

モチベーコン

モチベーション

 

らしい。

 

 

あいかわず

くださらないね(笑)

 

 

家に帰り

嫁にその話をしたら

 

 

 

親父だねぇ〜だって

 

その通り。

 

と言うことで

モチベーコン会のご報告でした

 

 

 

 

まる


お正月モード

2018/12/22 | 田中建築を知る

お正月モード

 

来年のためのお飾りの一つ

 

TANAKA KENCHIKUでは

ひときわ大きな神棚が

事務所のど真ん中に存在!

 

その神棚にかける

“しめ縄”

 

ず〜っと以前から

頼んでいたところから連絡が

 

作り手が今年お亡くなりに

なられたので 物が無いという事でして

 

9尺 の長さといいまして

長さが 約3mの長さのもの

 

地鎮祭でお願いをしている神社に

頼んでみても

すでに 時は遅し

在庫がない・・・

 

あらあら 今年は古いしめ縄かい?

 

と思いきや

 

田中建築の託児所先生の一人が

ふじっこ村という子供の集まりを

主催してまして

その ふじっこ村の仙人?さんが

しめ縄を作ってくれることになりました。

 

そのしめ縄づくりに

会長も参加するという たっての願いで

本日 制作作業をしているとの情報が・・・

なんか この写真を見る限りだと

日本昔ばなし のワンシーンに

出てきそうな感じで

 

日本の文化って

いいなぁ〜って勝手に感じてます(笑)

 

僕にはない

器用な人っていいなぁ〜って思います

 

しめ縄を 見よう見まねで

 

作れるなら 作るよって

言えちゃうんだから。

 

会長に 門松作ってくれよって

頼めば わかったと作ってくれるし

今度は しめ縄だ。

 

楽しいんでしょうね

きっと 新しいものにチャレンジすることと

1年間飾るものを作ることに

意欲があるというか・・・

 

羨ましい限りでございます

 

手先が器用ということは

素晴らしい事。


イラスト選手権

2018/12/21 | 田中建築を知る

イラスト選手権

大諏訪の田中家では

イラスト選手権が 勃発(笑)

 

耀雅が ドラえもんに

少しはまっているらしく

僕が家に帰るときには

既に寝ていますんで

 

奥さんから耀雅から預かった

リクエストを聞いて

夜のうちに 耀雅へ

ドラえもんのイラストを描きます

 

と言うか

 

奥さんが 洗濯物を干しに

いってるあいだ

ドラえもんのお絵かきをさせていて

 

部屋にもどってきたら

ドラえもんが書かれていました。

 

それを見て

 

うわぁ~上手じゃんって

僕も初めてみて

すごく上手になりました的な

園児が良くお絵かきする

頭足人間

子供の発展途中で書く絵らしいんですが

その頭足人間を通り越した

胴体と足と手がかかれてまして

 

その絵を見て

寝ている耀雅を すごいすごいって

なでてあげました(笑)

その耀雅からのリクエストで

 

のび太 を書いてくれ・・・

 

と言う1日目のリクエスト

 

で 書いて次の日の朝

 

のび太 書いたよって耀雅に手渡すと

 

何も見ないで いきなり塗り始めました

服の色とか 肌色とか

理解してまして・・・

 

へぇ~すごいじゃんって

 

塗り絵もすぐ飽きちゃって

 

得意のおねだり

スネ夫 書け・・・

ジャイアン 書け・・・

で 書いていたわけですよ。

 

僕はそのまま 耀雅を置いて仕事へ

続きは 奥さんに任せて。

 

ったら

 

その夜 奥さんが

のび太を 書き始めて・・・

 

いつの間にか

大諏訪の田中家は

耀雅のドラえもんのお絵かきから始まった

イラスト選手権が 勃発。

 

なんか 笑える

ムキになっているポロシャツ自身に・・・

 

子育ては なかなかお手伝いできませんが

 

耀雅対策に 精が出ているポロシャツです!


家系図

2018/12/08 | 田中建築を知る

家系図

 

いったい自分は

どこのどこからやってきたのか???

 

なんて 思ってことありませんか?

 

先日 先祖供養をしに

僕がお世話になっている

お坊さんのところへ・・・

 

そんな中

奥さん方の

おじいちゃんと おばあちゃんと

そんな話になりまして

 

奥さんに聞いてみたところ

 

なんと

 

立派な とても立派な

家系図が存在しておりました。

 

びっくり・・・

 

すっげぇ〜なって

 

超個人情報なので

写真をアップすることが

できませんが・・・

 

家系図がすごいとさることながら

自分がどっからどうやって

やってきたのが一目瞭然。

 

先祖を知るっていうことは

素晴らしいことないって思います。

 

僕のおじいちゃんは

僕が5歳の時になくなりました。

 

なんとなく

すごく怖いなって言うイメージ以外

ほぼ 記憶にありません。

 

そんな記憶を辿るも

やっぱり記憶。

 

記録には 勝てません。

 

こんな家系図を見ると

田中家の家系図を表現すると

どんなだったんだろうって思ったり

100年後200年後

どんな子孫がどんな暮らしを

してるんだろうって

ドラえもん的な発想になってしまいます。

 

自分自身が 真ん中だとすると

先祖は 子孫はって

いろんな妄想が出てきますね

 

負けじと

母の記憶を元に

田中家の家系図を作ってみましたが

やっぱり 自分の先祖はどんな生活を

していたのかなぁ〜って

 

いま、ここに自分がいる不思議を

考えています。

 

ず〜っと前のおじいちゃんと おばあちゃん

 

僕は今 こんな生活をしていますって

タイムマシーンのようなものが出来ていたら

自分の遠い子孫と話をしてみたいと思った

 

今日この頃。

 

 

 

 

まる


ふっかぁ〜つ

2018/12/04 | 田中建築を知る

ふっかぁ〜つ

 

何が復活したかと

申し上げますと・・・

 

僕の先輩でもある

あるお方が 復活です。

 

田中建築工業のコンシェルジュとして

再出発となりました

 

昔 田中建築工業を立ち上げた

数年後・・・

ある怪我から 元いた会社に

務めきるのが難しく

コンシェルジュやりませんか?

 

そんなオファーをした所

勉強の意味でも

頑張ってやってみようかな・・・

14396459 – saint mary

と言うことで

 

元いた古巣の会社から

住宅分野でのお仕事を開始です

 

不動産のこと

住宅のこと

また 住宅ローンのことなんかも

全てゼロからのスタートで

初めて受注できたのも

1年ぐらいしてからやっと

自分のスキルで受注したことも

思い出の一つです

何一つわからずに 勉強勉強の

毎日だったことが今のからの

根幹を作って自らが旗揚げして

頑張ってました

 

田中建築工業で勤めていた当時も

結構長くいて頑張って成績も

残してもらいましたし

また いろんな出会いや

いろんな経験も

少ない人数からの経営としては

僕自身も勉強させていただきました。

 

すごく 熱心なところも

すごく 向上心が高かったところも

よく覚えています

 

そんな彼が もう一度

僕から一緒に 田中建築でやらない?

 

というオファーをかけて

お互いの熱烈さも重なって

彼が僕の後押しに 負けましたという

感じになりました。

 

こらから準備期間を経て

しっかりと再スタート出来るように

共にまた頑張っていきたいと思います

 

お互いがお互いを

尊重できるよに

あれから8年の月日が経ちましたけど

一回り大きくなった彼を

僕自身楽しんでいければと思います。

 


輪廻天生

2018/10/23 | 田中建築を知る

輪廻天生

 

今日は 新入社員の歓迎会でした

仕事を時間通りに終わらせることが

できなかったポロシャツは

少し遅れての参加。

 

あたりを見渡すと

すでに酔い酔いのスタッフもいれば

今日は アルコールなし

 

といった 様々なスタッフ。

 

その中で 今日の僕の横にいたのは

スタッフの中でも一番若いスタッフが。

 

そのスタッフ達と

ずぅ〜っと 話をしていたんです。

 

と・・・

 

そのしゃべっている自分を

ふと第三者的に見ることが

走馬灯のようにやってきて・・・

 

 

そう言えば

僕の周りにいるご年配の方って

すごく若くて気力満点だなぁ〜って

思うことが多々。

 

若いですね・・・

なんで そんなに若くでいることが

できるんですか・・・

 

なんて 質問をすることが多く

その答えを話をしてくれる

多くのご年配の方は

 

若い奴が そばにいるからなぁ〜って

答える人がほとんど。

 

何も考えずに

そんなもんなんだなって思っていたんですけど

 

今日の歓迎会のひと時。

 

若いっていいなぁ〜って

思うことが本当に多かった。

 

満足して話が通じるところが

少なかったんですけど

でも 一生懸命 僕に色んな話を

してくれました

 

そんな自分と会話をしている

若いスタッフの話を聞いて

真剣になって聴きながら

思ったのは・・・

 

自分も若い人と話をしていると

自分もあたかも10代の少年に

戻れる瞬間もたくさんありました。

 

若いスタッフが

僕の話に一生懸命 合わせてくれるのは

十分わかってるんですけど

僕も 彼らの話に合わせるように

 

でも 合うわけがありません(笑)

10代というと

僕よりも30歳も若いんですから

 

そんな彼らと ハイボールを

飲みながら話をしていると

ほんと・・・色んな元気を

もらうことができました。

 

ご年配の方が

僕らのような数十年若い人と

話をしていると

必然的に若い頭モードに

入れることがわかりました。

 

だから結果若くいられるコツが

若い人たちと一緒に過ごす

 

ということなんですね

 

納得です!

 

今日の話題は

僕らが10代後半に

普通に購入できていたバイクが

今では 当時の5倍の金額で

売買されていることを聞かされ

すでに 旧車と呼ばれていたこと。

 

そして

スタッフが乗っていた

10万円のバイクが

 

なんと・・・

 

自分のツイッターで

20万円で売れたという事実。

 

ツイッターで

バイクが売れる時代なんですね・・・

 

ここも驚きです。

 

彼とたまには

一緒に呑もうと思う・・・

今日この頃。

 

改めて思う

 

若いっていいなぁ〜

戻りたい。

 

あの頃に(笑)


悩みどころはローン。

悩みどころはローン。

 

家を建てようって

 

楽しい家族の食卓の中

子供も大きくなったし

アパートを出て

家を建てようよ・・・

そんな夫婦の会話の瞬間が

1番家を建てるきっかけとなる時間です。

 

けど

 

家ってどうやって建てるの?

 

友達に建てた家族がいるから

聞いてみようよ・・・とか

ネットでちょって調べてみよ

 

そんな会話の中で進むのが

夢の始まりです

 

けど

 

ネットでは たくさん家の情報はある

けど・・・

 

住宅ローンってどんな感じなんだろ

調べてもよくわからないね

 

って 自分ちって

住宅ローンを組めるのかな・・・

 

それが 最後まで

大きな問題の一つとなるのが

現実だったりします。

 

そこで まず夢の語らいの後

必ず直面するのが

銀行です。

 

どこの銀行がいいの?

何を借りればいいの?

どうすれば前に進むの?

 

これが 家づくりを考えて

はじめに直面する大きな壁となります

 

なので

まず 最初にやらないといけないのは

 

仮審査。

 

仮審査をして

自分が住宅ローンを組めるのか

厳しい言い方としては 組めないのか

組めるのであれば

どのくらい組めるのか・・・

 

その辺りは

家づくりの前にクリアしておきたい

一つのプロセスでもあります。

 

でも 一つ守っていただきたいのは

適当に仮審査を受けないということ

 

住宅ローンは 数打てば当たる

そう言うものではありません。

 

あくまでも 数千万円のローンを

組もうとする仮審査であるので

ちゃんとした理解のもと

行わないといけません。

 

住宅ローンを

失敗するのも成功するのも

鍵は 前段取りのところもあります。

 

仮審査を依頼した銀行や

頼んだ工務店、ハウスメーカーで

建てたり、ローンを組んだりと言う

文化でもありません。

 

なので

 

まずはしっかりとした

スキルのもと

住宅ローンの審査を臨みましょう

 

家を建てようと思ったら

住宅ローンということではありませんが

まず 夢を叶えるための

登竜門的な存在である

銀行のローンの審査は

なるべく早くやられた方が

楽しい家づくりをする事ができます

 

家づくりを考えたら

ローンの勉強も同時に行きましょう。

 

という事で

仮審査の必要性をお話ししました。

 

夢の第一歩です。

 

仮審査をしてから

思う存分 家づくりを楽しみましょう。


総記事数4,810件

PAGE TOP ↑