TANAKA

「 家づくりのコツ 」 一覧

土地を生かすのも殺すのも。

 

家を建てるんには

当然必要なのは 建設地。

 

土地です

 

でも その建物を目的とする土地は

自分の土地、もしくは

これから建てようとする土地だけ

見ていたら とんでもないことになります

 

周りの環境を駆使した利用。

その周りの環境と自分の土地との

関係性をしっかり見つめて

どのように家族の生活空間を

有意義にするかが 本当の設計になります。

 

当然と言えば当然なんですけど

 

なかなか 思うように設計できていない

建物がありますね・・・

 

代表的なのは

大手ハウスメーカーの規格住宅。

 

とか

 

ローコスト住宅の

よくありがちな プランナンバー○○で

決められた建物。

 

規格住宅とか ローコスト住宅の

すでに決まっているプランを

自分の土地にあてがうと言うやり方。

 

企業側から見ると素晴らしい事なんですけど

エンドユーザー側から見ると

お粗末そのものだと思うんです

 

確かに建築コスト的な面から考えると

設計とか構造計算とか

また 材料の発注など

プランさえ決まっていれば

建築に詳しくない素人でも

住宅の積算から 見積もりまで

簡潔にできる手法で コストが

あらゆる面で削減できると言う

建築業者側から見れば

とても お手頃な建物になります

 

でも ここで少しローコスト住宅を

検討している方も 聞いてもらいたいのが

 

一生の人生をかけて

住宅ローン35年という長い歳月を

かけて資産にしていくには

あまりにも 残念すぎる気がしてます。

 

例えば 自分の土地は 広大な広い土地の

ど真ん中に建築する人。

この様な方は 自由奔放な規格住宅で

逆に構わない様な気がします

 

けど・・・

近隣の土地があってこそ自分の土地の存在で

先に建築されている家の様子から

我が家の最高なプランを作る

というのが常識に範囲になりますよね。普通は・・・

 

コスト削減とは 受注コストを下がるのみで

オーナー様よりの発想というより

工務店やハウスメーカーよりの効率化であって

オーナー様の利得になるとは

考えにくい 規格型住宅なんです

 

僕らからしたら 規格住宅でさえ

安い建物ではないし・・・

 

注文住宅の真骨頂は

色んな法律の条件をクリアして

そして 現状周りに存在している建物を検討し

そして 我が家の設計に取り組む

それが ある意味プロの設計士の行う技術です

 

お客様やオーナーさんと打合せを

している時に一番最初に考えること

それは 建てるオーナーさんの住空間を

満足してもらえるように

周りの建物の配置、窓の位置、玄関の位置

寝室の位置、ベランダの位置、

子供部屋の位置などを 念頭に置いて

設計プランを僕は作り上げます

 

この選んだ土地で 最大限有効に

そして有意義に利用できる動線や

視覚的安心をどう作るかが 住宅設計において

一番僕が大切にしていること

と言う一生の資産を守る義務と責任を

僕はおいながら間取りを

常に作っています

 

どんな土地でも

どんな近隣環境であっても

その土地に隠れている

潜在能力を最大限発揮できる

可能性から考えて提案する・・・

 

これが 住宅の設計と住空間設計をする

最大の意義。

 

その建築地の特徴と性格を

生かすも殺すも全て

設計者側のスキルと提案量を提案内容が

全てを凌駕。

 

建築を初めて数年の経験だとか

施工社都合で規格住宅に収めるとか

人生の一生を左右する住宅に

経験値が浅いって

建設側の立場で行くと

なんとも無責任すぎると思った

今日この頃


現況視察。

現況視察。

 

住まいをデザインと間取りの設計をするに

当たって大事なことの一つに

現況視察というものがあります。

それは

 

田んぼの真ん中に家を

建築するわけでなく

 

近隣状況を考えながらの

間取りが最も重要だからです

 

今日は 日曜日ということもあり

たくさんの建替のオーナーさんの

最終提案もあり

オーナーさん立ち会いのもと

現況視察へ行ってきました。

 

今あるこの不動産を

新しい間取りの設計によって

環境を生かすも殺すも

言ってみれば 僕のスキルが

一番大切なところ

 

現行の建築基準法で建築する家は

建売やローコストと言われる

住まい以外の建物は

90年長生きする建物が

標準として建築されています。

 

自分の命よりも

長い命の住まいを

託されるわけですから

スキルと経験を持った人が

やっぱり 真剣に向き合って

建築しないといけないと思います。

 

僕だけが 住まいの設計に

長けているスキルの持ち主だと

思ってはいませんけど

やっぱり 真剣に取り組んでいる人と

そうでない人が混在する中

しっかりとした建築理念を

持ち合わせた人が設計する家と

そうでない人が設計する家では

出来上がった後の住まいは

月とスッポンのように思います。

一つ一つの現況の視察を

丁寧に見ながら

そして 持てるだけのスキルを

フル活用して そして

新しい住まいと言うものに

丁寧に 提案していくことが

今 本当に求められている

真の住宅の姿だと思うんですね。

 

ただ何も考えずに性能を求めたり

また流行りの材料を使って

良い雰囲気を作って見たり

 

色んな提案方法はあると思いますけど

 

まずは 肝心の間取り

そして その住空間が満たす自分らしい姿

そして 最後に住宅性能だと

 

僕はそう思ってます

 

間取り一つで 大きく変える

その住まいに住む家族の人生。

 

なら

その生活を 満足を大満足にかえる

方法が設計にあるのであれば

労を惜しまず提案していきたい

ポロシャツです!

 

 


憩いの場所。

2018/06/14 | 家づくりのコツ

憩いの場所。

 

家づくりのリクエストの中で

一番 多いリクエスト。

 

それは

 

憩いの場所・・・

 

なんです

 

憩いの場所って

家族家族によって全部違うし

同じ様な仕様を求めていても

実に突き止めていくと

必ず違ったものになってきます

 

本人が気づくより

もっと深くイメージの質問をすると

住人十色。

僕が思う家族の憩いの場所。

その定義は・・・

 

住む家族が パンツいっちょで

生活してもストレスを感じない場所。

 

笑い話ですけど・・

ママもパンツいっちょで

ストレスなく感じなく生活できる場所(笑)

その場所が

LDKであったり・・・

寝室であったり・・・

 

ゲストルームであったりと

 

その憩いの場所が

家づくりをする上で一番

大切な場所になると思います。

 

数多くの打合せをさせていただく中で

打合せの回数を重ねれば重ねただけ

細部の打合せになっていきますが

その細部の中でも

1番の根幹は

 

僕の定義でいう

自分たち家族以外の周りで

ストレスを感じなくても大丈夫な空間。

 

その空間をまず 家の中に作る

 

外部要因の状況・・・

道路との位置関係。

近隣の窓位置の状況。

隣家の窓とその窓の意味。

(その窓は お風呂の窓なのか

LDKの窓なのか 玄関なのか)

等々

 

ストレスを感じないということは

自分と隣人 と 通行人。

 

憩いの場所を

近隣状況を考えずに

自分の家だけで考えてしまうと

図面上だけ満足できますけど

実際に住んで見てから

 

こんなはずじゃなかった・・・

 

なんてことが起こりますので

注意して 間取り計画しましょうね・・・

 


住みたい家に住む。

2018/06/05 | 家づくりのコツ

住みたい家に住む。

住みたい家って

求める家族によって

全く違うスタイルに・・・

 

内装のテイストも違えば

外観のテイストもバラバラ。

 

でも

 

今まの経験上で言うと

オーナーさんの家は

それぞれ 独特なこだわりがあって

そのこだわりが達成された時

最高の住まいの誕生へ

 

Aさんが気に入ったものは

Bさんが気にいることはないし

Cさんが欲しがっていた内容が

Dさんに通用するとは限りません

 

だから

 

注文住宅の醍醐味があるんですけど

 

ひとへに 注文住宅といっても

各工務店によっても

可能不可能が・・・

 

もちろん 得意不得意も

 

注文住宅と言ってはいるものの

全然注文住宅でない場合も。

 

それぞれの想いを完成させるので

引き渡しを受けて

最高だと思うことが

一番大切なんです

 

Studio Luxeに来たことのある方は

わかると思いますが・・・

TANAKA KENCHIKUは

たくさんのテイストがあります。

 

デザインを見るだけでも

8種類のデザインが

館内には ひしめき合ってまして

それぞれ 見所満載。

体感できるショールーム「STUDIO LUXE」

デザインを駆使するのに

僕に偏りがあるデザインって

行けないかなぁ〜と言うことで

色んなテイストを提供しています

 

注文住宅は

テイスト✖間取り✖テクスチャー

やりたい事✖夢の達成✖癒し

こだわり✖好き勝手✖世界で一つ

これが

TANAKA KENCHIKU Style

 

 


気密

気密

 

春本番

寒い寒い日中を

忘れそうになるポカポカとした陽気

 

なんですけど

 

暖かい日だからこそ

これから 住まいを検討している家族へ

 

今から住まいを建てるオーナーさんは

引き渡しの時期と言いますと

ほぼ 季節は

夏が過ぎ

秋が足早に流れ

冬の到来を身構える季節に

 

暖かくなるとついつい

人は 寒い日のことを

忘れがちですね・・・

 

ユニットバスの浴槽の色は

ほんと 季節に顕著となって

その選択が変わるんです

 

冬 色極めする家族は

暖色系のピンクだとか

薄いブラウンへ・・・

 

春から夏のタイミングで

色極めする家族の方々は

ホワイトとか

パステルカラーの寒色系を

選ぶ方々が増えます

 

四季によって

人の心と感情は入れ替わると

言っていいほど わかりやすいです

 

だから 今は その機密性のことを

怠ることなく お客様には

こだわって頂きたいところなんですね

 

この1枚の写真。

 

これは 冬の最中

引き渡しを待つオーナーさん宅の機密試験に

立ち会った時の写真です。

僕らに家づくりを託された時から

気密のことは 御殿場市内ということもあり

すごく気にしてました

 

『気密も しっかりと

よろしくお願いしますよ』って

 

気密は 原理原則を しっかりと

守っていれば難しいことじゃないんです。

 

知識が少なかったら

難しいことなのかもしれませんけど

 

適材適所にしっかりと

やらなければならないことを

しっかりと確実にすることが

原理原則なんです。

 

気密をしっかり保つことは

これからの住宅に

間違いなく必要なことの一つです

 

冬暖かく

夏涼しい住まいを求めたい方は

気密をしっかりと・・・

 

というお話でした


間取り。

2018/04/01 | 家づくりのコツ

間取り。

 

で 一番大切なのは

 

間取りを決めることではなく

新しく出来た家で

何を家族でしたいのか・・

 

20畳のLDK

子供の部屋の6畳

 

が 欲しいとかじゃないんです・・・

 

僕と打合せをさせて貰った人は

なんとなく 意味がわかると思いますが

20畳のLDKに住むのではなく

 

こんな風にLDKで満喫したい。と

そう思う間取りを描くべき

なんですョね・・

 

だから 結果的に

20畳のLDKが必要となるわけで・・・

 

もしかすると 20畳じゃ足りないかも

もしかすると 20畳じゃ余ってしまうかも

 

打合せを重ねるたびに

色んな会社の間取りを見せて

頂くことが 最近では

多くなりましたけど

 

その作られた間取りから

家族が新しい生活をして行く

その家に 想いがないように感じます

 

 

どう言う意図を持って

このLDKが存在しているのか

と言う図面に多くあります

 

新しい家で

家族で何をしますかぁ〜?って

質問すると・・・

 

????って顔をされている家族も

いらっしゃいますが

楽しい時間を 満喫できる空間で

生活するためには

お気に入りの間取りって

その家族その家族

一人一人違うんです。

 

1日に数組のお家族と

話をしていても

全く同じリクエストがありません。

 

掘り下げて

僕の方から質問をすると

いくらでも 要望が出てくる。

 

要望が出てくると言うより

要望を引き出してあげることが

必要なのが

本当のヒアリングじゃないのかなぁ〜

 

家族の想いは

形にできる・・・

 

家族の夢は

実現できる・・・

 

家族の幸せは

家からの毎日の生活で生まれる。

 

 

その幸せのためには

まるでパズルのように

組み立てただけの住まいでは

完成されないと思ってます

 

間取りって

難しいようで

実は簡単で・・・

 

どんな生活をしていきたいかを

夫婦で考えて・・・

その考えを 伝えること

そして

その伝えてもらった想いを

形としてお返しすることが

間取りの成功の秘訣だと思います。

 

と言うことで

 

間取りについて

お話させていただきました

 

ぜひ 皆さんもわがままに

なってみてください。

 


天空の家。

天空の家。

 

青空リビング・・・

屋上庭園と 思われがちですけど

僕が言う青空リビングとは

 

中庭。

スクリーンショット 2017-12-13 11.54.19

屋上庭園だと

リビングと 平面でつながっていなく

階段の昇り降りで

LDKとは ある意味離された

隔離されちゃったもう一つの

リビングという感覚なんですよね

 

僕が おすすめする天空リビングは

 

リビングとは平面で繋がっていて

もう一つの晴れた日は

外気を感じて生活をするという贅沢。

スクリーンショット 2017-12-13 11.54.53

そんな家族のための空間です

 

もちろん 少々広めの敷地が

必要なので 狭小地としての

提案は難しいかも知れませんけど

 

最近では 庭にウッドデッキを作り

アウトドアリビングのように使う

プランの提案も増えている中

もう一つの 提案がこの中庭。

スクリーンショット 2017-12-13 11.58.26

庭に作るアウトドアリビングより

もっと プライベート性を持たせて

リビングと床続き、

そして 何より 家の真ん中に

ガーデンとしての天空があるので

LDKが もっと明るくなります

スクリーンショット 2017-12-13 12.01.55

部屋の中に採光を求めるための

中庭だと 面積が小さくて

中庭の機能が足りない。

 

採光+LDK という発想。

 

ちなみに 妄想プランで

中庭を表現すると・・・

IMG_59C39C6D8BDA-1

こんな感じです

 

庭で遊ぶロケーションを

中庭で遊ぶ。

完全プライベートな空間を

天空の下で・・・

 

贅沢な空間ですが

間取りのプランや

設計で お求めやすく

提案することができるのが

ポロシャツ流。

 

家族みんなで有効に使える空間のご提案。

 


家で遊ぼう。

2017/11/25 | 家づくりのコツ

家で遊ぼう。

スクリーンショット 2017-11-26 19.59.42

今、住まいを求めるオーナーさんの

多くは 家族との共有時間を

大切にしている家族が大多数。

 

僕もその事を 一番大事に思いながら

設計や間取り そして

住空間と言う 空間デザインをやって

 

この住空間と言うのも

その家族 家族で求めるものが

違うので 一番難しく

そして 僕もやりがいを感じる部分で

その設計をするときには

本当に ワクワクしながら設計します

スクリーンショット 2017-11-26 20.00.33

 

&・・・

 

たまに 見る 他社さんの図面。

 

なぜか良く分かりませんが

この図面って どう思いますか?

なんて 質問されることも 度々。

 

今ままで たくさんの他社さんの

図面も その家族家族のリクエストも

聞いてきましたけど

 

これ すげえ〜って思うことが少ない

(決して 侮辱じゃありませんからね・・・

各会社のルールというものが

あると思うので その会社の設計さんは

難しくやってるんだろうなぁ〜って思います)

 

中には 本当に考えられてるなぁ〜って

関心する図面もありましたよ。

 

日々勉強の中で

参考になるものもありました

 

でも・・・

なかなか ヒットする図面ってないっすよね

 

なので 今日は

これから 家づくりを検討している家族の方の為に

家づくりの もっとも大事なヒント

 

ちょっとだけ ヒントを・・・

 

伝授しちゃいます

 

さぁ〜そのヒントは

↓こちらから・・・どうぞ↓

 

もし 新しい家が出来たら

家族で何を家の中でしたいですか?

 

子供たちと どう言う生活を送りたいですか?

 

夢はなんですか?

 

趣味はなんですか?

趣味は今出来てますか?

 

出来ているのであれば

もっと こんな風にしたいなぁ〜

出来ていないのであれば

こんなシーンで自分の趣味を広げたいなぁ〜

 

もし 趣味がないとするのであれば

それは 無趣味と言う趣味なので

日々の生活の中で

一番 自分らしい時間はいつですか?

 

昼間寝てたい。

落ち着いて ソファーに横たわりながら

テレビを見たい。

貯めておいたドラマの録画を見たい

 

家でゲームに没頭したい

 

夕方まで パジャマで居たい

何もしないで ぼーっとしてたい

 

クロスバイクに乗って見たい

 

子供が 巣立って行っとき

自分らしい、自分たち夫婦らしい時間を

過ごすには 何をしたいのか?

 

などなど

 

僕が お客さんや オーナーさんに

リクエストを聞くときには

部屋の大きさ、面積 畳数、などは

あまり聞きません。

 

どんな生活を 新しい家に求めるのかを

具体的に聞きながら

部屋の大きさ 形、

また 有効寸法などを割り出して

設計図に 置き換えて行くんです

 

その方が オーナーさんらしい間取りが

完成するから。

 

何も 難しいことはなんです。

 

だって

僕らが その家族のために提案する

引き出しの数は 無数にありますから

 

僕が手がける

年間のプラン数とデザイン数は

1000を余裕に超えちゃう。

 

そこには 色んな刺激的な

発想もあるし

新しい発想も 見つかることも

 

まずは

 

自分たちが 新しい家が出来たら

その家で 何をしたいかを

日本語で 書き表すのが一番大事

 

その 書き記されたリクエストに

僕が 提案し 家族のシーンを作りあげて行きます。

一生 その新しい家での生活が

楽しくなるように・・・

より幸せになれるように・・・

スクリーンショット 2017-11-26 19.59.52

僕が もっとも大事にしていて

その家族にとっても

もっとも大事なこと

 

まず 家を建てよう! と思ったら

 

一番最初は

 

新しい家 での 夢 を語りましょうね

 

夢が 形に変わっていく我が家を

楽しみにしていてください。


自分の理想の寝室・・・

自分の理想の寝室・・・書いちゃいました。

IMG_0547

僕ら夫婦は 空気感夫婦。

 

お互いがお互いに好きなことを

ながらにやって

そして 疲れた順番で

布団に入って・・・

 

と言っても

僕の深夜は ほぼ 仕事なんですけどね

 

その仕事中に

邪魔されるのも なんだし

奥さんも 何かに夢中になっている時に

話しかけると 不機嫌になるし

 

だから

 

そっと 何気なく

なんとなく お互いいますよねぇ〜って

雰囲気がとても良い感じ(笑)

 

 

家の中で一番長く居る時間が

寝室の横にある

自由空間だったらと思うんですよね・・・

 

意外と 家でも仕事とか

調べ物とか 読書とか

しちゃうんで

リビングにいる時間って短い。

 

耀雅といる時ぐらいかなぁ〜って

今の我が家には

ダイニングと言うものがないので

ご飯を食べる時も

ほぼ、キッチンでサクッと

リビングで耀雅と

こんな感じなんですよね・・・

 

 

だから

 

どちらかと言うと

こんな寝室があったら

お互い幸せだよねぇ〜と言う

僕の夢の寝室を デザインして見ました

 

引渡し間際のオーナーさんの住まいを

チェックしに行くと

これが オーナーさんの理想の家だ。

 

と 自分自身納得いくんですけど

 

それと同じくらいに

 

“俺の理想の家は〜〜”って

 

考えさせられることも多く・・・

今日は 寝室をデザインしてみました

 

 

なんとなく

空想の中での 僕自身の家づくりを

求めてしまいます・・・

 

あぁ〜欲しい・・・(笑)


2世帯住宅のセミナー

2016/04/20 | 家づくりのコツ

コンシェルジュの水口より

新しいセミナーを開きたいので

社長お願いします。

 

と 依頼されたセミナーがあります

 

それは 2世帯住宅向けのセミナーで

各種保険取り扱い店の社長さんと

コラボで行うセミナーです

 

今回の地震を受けて

沢山の話をしていこうと思います

 

 

2世帯住宅って実は

3世帯住宅で

おじいちゃん、おばあちゃん

パパ、ママ

息子さん、娘さん。

 

正しい2世帯住宅を設計することによって

本当に 今 日本では必要とされる

住宅だと僕は思います

 

今年になってから

田中建築工業でも

2世帯の住まいを建築される

オーナーさんが本当に増えました

 

ひとつの要因としては

やっぱり ママの育児環境と

ママの仕事環境が

核家族より 2世帯住宅の方が

メリットが多いことだと思います

 

今 日本では 女性の仕事力は

本当に必要と感じていて

だから 田中建築工業では

子育てママが働きやすい環境を・・・

と言うことで事業所内保育たる

無認可保育所があります。

 

 

2世帯住宅の打合せをしていると

ママが働く環境を

しっかりと おばあちゃんが

確立してあげようとしている姿も

よくわかりますし

今 おばあちゃんも働いていても

今後の将来を見据えての

家族計画が 打合せのはしはしに

出てきます。


2世帯住宅のメリット

2016/04/19 | 家づくりのコツ

子どもは ママとおばあちゃんと

いつも一緒にいる時間が出来る

 

若夫婦においても

ママの仕事環境以外に

夫婦の時間をもつ余裕が出来る

 

子どもの保育園を心配する

必要がなくなる

 

おじいちゃん、おばあちゃんに

してみても

孫と居ることで 活気が生まれる

何かをしてあげたいと言う

気持ちが生まれる

 

たまに遊びに来る孫のように

かわいがるだけの世話をしなくなる

1人の子どもとしての教育も出来る

 

また 今回の大震災でも

解っているとおり

住まいを建て直すことにより

また

新しい住まいに住むことにより

耐震構造の基準で出来上がった

安全な住まいに住む事が出来る

 

大震災の時には必ず問題として

取り上げられている仮設住宅問題。

 

このあたりの心配がなくなる

ゼロエネルギー住宅を持つことにより

資産を残すと言うことよりも

普段の生活をすることが

自家発電自家消費することで

可能になること

 

新しい住まいを建てることにより

まず 命を守ることが

数倍に今の住まいよりも可能になります

家族全員がそばに居てくれます

 

命があってこその

幸せを感じる時間があるんですから

まず 家族の命を守ると言う

点から考えると 今 古い住まいに

お住まいの方は もし 家族に

建築の計画があるのであれば

単世帯住宅よりも 2世帯で

資金的な面で 応援してあげることが

良い方法ではないかと思います


2世帯住宅は難しくない!

2016/04/18 | 家づくりのコツ

2世帯住宅だと 色んな面で

苦労しそうな感じがあると

思われがちですが

住まいの設計と住み方により

お互いのプライバシーを守りながら

そして お互い都合の良い生活が

出来ることを知っていただきたいと

思います

 

僕の知り合いは

都心になってしまいますが

2世帯風マンションで生活を

しています。

7階建て60世帯ぐらいの

大きなマンションで

その中の2つを購入し

同じ階 お隣の住まいを購入し

玄関を通じて 行き来をしている

家族もありました

 

都心と言うこともあり

2世帯住宅を建築するには

高額になりすぎるために

マンションと言う選択を

したんですけどね・・・

 

マンションで2世帯風の住まいより

断然 地方の静岡県なら

ランニングコストも抑えることが出来る

土地付き一戸建ての方がお得です

マンション管理費、修繕積立金

2台目の車、駐輪、バイク置きなどの

別途駐車料金代 は 2世帯ともなると

60000円近くなりますからね・・・(泣)

 

2世帯って難しい様で

工務店やハウスメーカーサイドで

しっかりとした 知識とスキルが

あれば こんなに便利な環境はないんですっ!

 

そんな感じのセミナーを

保険とからめて 話が出来れば

良いなぁ~って思っています


総記事数4,753件

PAGE TOP ↑