TANAKA

教科書にないこと。

公開日: : 最終更新日:2017/07/20 田中雅之が思うこと

教科書にないこと。

 

社会人として必要なものは

沢山ありますよね

 

たとえば ライセンス。

 

僕は

一級建築士

一級施工管理技士

宅地建物取引主任者

ファイナンシャルプランナー

 

建築に携わるものは

このぐらいで

 

他にも いろんなライセンスは

もっています。

 

昔 ライセンスは

ある意味 仕事の『箔が付く』的な

感じで 見てましたので

取れるときに と

一級建築士は 自分の為に

やるなら一番高いところ的な感じ。

 

でも

いくら ライセンスをとってしても

実際にその通りに

ライセンス取得のための勉強が

社会に通用するか と言うと

まったく別物。

 

経験値、場数、その時の対応方法

色んなシーンでの仕事のさばき方

ライセンス以外での責任。

 

教科書には

乗っていないことのほうが

世の中の為に、

 

仕事をする上では

ライセンスと言うものは

ある一定のもの以上の事を

する時には必要なことになりますが

社会人として、

仕事が出来る出来ない人の見分けは

特に

 

経験値、場数、その時の対応方法

色んなシーンでの仕事のさばき方

ライセンス以外での責任。

 

が いかに自分でやり切れるかが

大きなポイントだと思います。

 

立場上 僕も色んな方の

面接をしていますけど

ライセンスだけを見ると

すごいなぁ~と思える方は

沢山いましたけど・・・

 

経験として どうなのか・・・

また

やる気はあるのか

あるのかと言うより 人より以上の

ものが その人の心の中に

存在しているか・・・

 

だと 思います

 

 

僕も ライセンスだけは

豊富なほうだと思いますが

何も 経験がなかったり

何の 判断もできなければ

ただの ペーパードライバーと同じ。

 

特に 今の20歳代の方へ

ライセンス取得はもちろんの事ですが

率先して 仕事をこなす経験を

沢山つんで 社会人として

 

『あいつは 仕事が出来る』と

 

言われる人財になりましょう!

関連記事

いつも ありがとう。

いつも ありがとう。

オーナーさんと打合せDay   あっついすねぇ〜 全国各地で 40度越え

記事を読む

自分が忘れてる過去を知ってる奴。

自分が忘れてる過去を知ってる奴。

自分が忘れてる過去を知ってる奴。   昔は きっちりかっちりやっていた

記事を読む

心の隙間。

心の隙間。

心の隙間。   だぁ~ん と 言いながら 耀雅君は 心の隙間

記事を読む

イエモンとセカオワの世界観

イエモンとセカオワの世界観

イエモンとセカオワの世界観   イエモン世代の僕らは イエモン再結成のニ

記事を読む

アメリカンスタイル・・・

アメリカンスタイル・・・

アメリカンスタイル・・・   色んなテイストを 持ち合わせるTA

記事を読む

最近 僕がはまっていること。

最近 僕がはまっていること。

最近 僕がはまっていること。   それは   セルフコー

記事を読む

ずいぶんとリアルな夢。

ずいぶんとリアルな夢。

ずいぶんとリアルな夢。   今日の夢。   忘れないうち

記事を読む

反省

反省

反省。   今日のスタッフのブログにも ありましたね・・・ &nb

記事を読む

反抗期。

反抗期。

反抗期。   大諏訪の耀雅くん   人生2回目の反抗期が

記事を読む

社長の理想の平屋って・・・

社長の理想の平屋って・・・

社長の理想の平屋って・・・   コンシェルジュ大木さんからの リクエスト

記事を読む

総記事数4,677件

PAGE TOP ↑