TANAKA

夢の架け橋・・・

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 田中雅之を知る

夢の架け橋・・・

 

そんなお仕事を

これから始めようと

している人がいます

夢の架け橋

日本には無いジャンルを

日本につくり

少しでも多くの人に

夢をかなえてもらいたい・・・

 

そんな気持ちから。

 

どんな夢かと言うと

これから僕がチャレンジする

カーレースです

 

レーシングドライバーになるには

また 我が子育てたいと思うと

費用が 莫大にかかる・・・

そんなイメージですよね

 

レーシングドライバーになるには

 

一般的に・・・

カート → フォーミュラー

ジュニアカート

なんですって・・・

 

カートからいきなり フォーミュラーって

金持ちじゃないと出来ないよねぇ~

それとも・・・

スーパージュニアレーサーぐらいの

才能の持ち主で 誰かから

スポンサーをして頂かないと

なかなか なれませんよね・・・

ジュニアカートレース

それじゃぁ~日本はいかんっ!

 

ということで

アメリカでは

カート と フォーミュラー の

間のカテゴリーがあるらしく

それが レジェンドカーなんだとか

 

カート → レジェンドカー → フォーミュラー

 

で 腕を磨くことが出来る感じで

カート で 芽をだし

レジェンドカー で 育てる

で・・・注目されて

レーシングチームに入る。

 

しかも パパと我が子で

二人三脚で 楽しめるんだからね・・・

 

カート車両で 約80万

 

フォーミュラーになると

1000万円弱

 

フォーミュラーだと

メンテナンスだってたくさんお金かかるし

 

そのレジェンドカーって車は

車両で 250万円ぐらいだとか・・・

すでに 9台は

日本仕様にして 発売するそうです

夢の架け橋2

↑日本への船便を待つ

レジェンドカーたち

 

 

まぁ~ 一般的に考えると

高価なものですけど

今までのオーナーさんでも

我が子をカートに乗せて

夢語ってくれたオーナーさんも

3家族いましたからね・・・

 

その夢の架け橋と考えて

我が子に投資をするのであれば

その家族にとっては

安くはないですけど

手の届く範囲だと思うんです。

 

まぁ~うちの奥さんいわく

耀雅は F1レーサーって

言ってましたけど・・・

がんばれるかな(笑)

f1のこうが

僕には 不可能の文字はないのと

耀雅は まだまだ これからチャレンジ君

ですからね・・・

夢をかなえてみたいです

 

と 話は戻りますが

 

僕にとっては とっても刺激的な

レジェンドカー。

 

レジェンドカーと言うよりも

日本にレジェンドカージャパンを広げようと

している人は もともとプロドライバーで

今は 車のショップを経営

そして今 

自分が レースドライバー時代として

必要だと感じたことを

日本で 無いものは自分で作る

そんなアイデアとチャレンジする

そんな 彼を見ていると 

本当に心打たれます・・・

のと 

経営的にも マーケティング感覚でも

学べるところです

そんな彼の姿勢に 応援したいです

 

耀雅が F1レーサーになったら

世界中レース開催国なら

何処でも旅行行けちゃいますなぁ~

関連記事

全開モード復活!

全開モード復活!

耀雅へ 直接本人へ 年賀状が届きましたよ・・・ なんか 親として笑えた年賀状。

記事を読む

iyoiyo

iyoiyo

iyoiyo   今日は 半日お休み頂いて 午前中に 耀雅の入園説明を聞

記事を読む

ピンチ。フリーズ・・・

ピンチ。フリーズ・・・

ピンチ。フリーズ・・・   自宅のパソコンの話ではありません(笑) &n

記事を読む

ポロシャツブログが新しくなりますよっ

ポロシャツブログが新しくなりますよっ

ポロシャツブログが新しくなりますよっ   ポロシャツブログが 新しくリニ

記事を読む

今年ラスト・・・

今年ラスト・・・

今年ラスト・・・   今年ラストの仕事は プランニング。  

記事を読む

プランがたくさん・・・

プランがたくさん・・・

プランがたくさん・・・   住宅業界で言うと 家を検討しよう・・・って

記事を読む

苦しくも・・・

苦しくも・・・

苦しくも・・・   初めて・・・レース状況動画を アップします・・・

記事を読む

頭痛と戦う日々。

頭痛と戦う日々。

頭痛と戦う日々。   実は… 2週間以上前から 頭のある一部のピン

記事を読む

惜しいお店が閉店

惜しいお店が閉店

惜しいお店が閉店   沼津で 結構アイデアの パンチが効いていて

記事を読む

お七夜…

お七夜…

お七夜…   お七夜って 皆さんご存知ですか?  

記事を読む

総記事数4,473件

PAGE TOP ↑