TANAKA

親父の背中。

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 田中雅之を知る

親父の背中。

 

今年で 永遠の18歳

ポロシャツくんも

御年 45歳を迎えます。

 

心も身体も 18歳!

 

って 言いたいところですが

心は18歳。

身体は45歳(笑)

 

で この歳になると

父親としての背中の重みを

少しずつ少しずつ 感じます。

親父の背中

背中のお肉では ありません。

 

耀雅が誕生し

また 孫が生まれ

 

耀雅と遊ぶ父親を見ながら

父親に抵抗し続けた 30歳。

父親の偉大さを感じ始めた 35歳

父親に 自分の存在を感謝した 40歳

そして

オレ・・・実は親父の背中を見て育ったんだと

過去を振り替え始めた 45歳。

 

耀雅に自分の意思が表現できるまで

少しずつ成長し始め

長女が母親になり

自分がおじいちゃんなんだと思うと

 

本当にこれからの耀雅の人生について

オレの背中は

自分が見た父親の背中として

誇れる背中を作れるのだろうか・・・と

 

最近ですが 感じています。

 

僕自身 会社経営の中で

世襲と言う言葉があまり好きじゃない。

 

といっても

万が一 世襲による事になったとしても

耀雅が30歳の時には

僕は 74歳。

とっても現役で働いている

想像もつかないし

その間 僕が経営者としての

イスにずっと座っていたら

田中建築の為に頑張ってくれている

スタッフに申し訳ないと想いもあり

世襲になったとしても

2代、3代と 今いるスタッフに

その座を渡すことが必須。

 

でも 耀雅が やりたいことを

やれればいいし

30年後に工務店と言う業界すら

存在しているかもわからんし・・・

 

なら 嫁を大事にし

そして 自分のやりたいことをして

笑顔で過ごすことができる

父親になりたいなっ

 

また 地域に貢献できる父親に

なりたいなっって

 

そして 耀雅が 僕と同じような

心の成長をとげるか分かりませんが

仮に 耀雅が45歳になったとき

僕と同じように 父親の背中を

振り返ることがあった時

少しだけでもいいから

誇れる背中を作りたい。

 

けど その背中が難しいんだよね(笑)

 

今思うと

いつまで経っても 自分が越えられないのが

父親であり

いつまで経っても 感謝をしきれないのが

母親であり

いつまで経っても 甘えっぱなしが

嫁さんなんでしょうね・・・

 

なら いつまでも 耀雅が自分を

越えられないのであれば

越えられない耀雅にとって偉大な

父親になろう。

 

そう 自分の父親を見て

僕は誓います。

親父の背中2

なんか おじさんぽいですなぁ~(笑)

 

関連記事

チャレンジ!

チャレンジ!

チャレンジ!   男に生まれて来たのであれば チャレンジしなきゃもったい

記事を読む

建立(こんりゅう)

建立(こんりゅう)

建立(こんりゅう)   TANAKA KENCHIKUの上棟を含め この

記事を読む

GT500

GT500

GT500   スポーツ観戦の中で 今、一番夢中になって 見ている

記事を読む

初アーティスト!(笑)

初アーティスト!(笑)

初アーティスト!(笑)   オーナーさんに 依頼された表札の名前・・・

記事を読む

苦しくも・・・

苦しくも・・・

苦しくも・・・   初めて・・・レース状況動画を アップします・・・

記事を読む

見直し・・・

見直し・・・

見直し・・・   見直しと言うのは 僕の体の事なんですけど・・・

記事を読む

1kgってすごいな・・・

1kgってすごいな・・・

1kgってすごいな・・・   無理せず 気合も入れず でも しっか

記事を読む

今、流行のMYCODE

今、流行のMYCODE

今、流行のMYCODE ゲノム検査・・・   遺伝子レベルでの

記事を読む

少し反省。

少し反省。

少し反省。   教育って難しいですね   一生懸命に努力

記事を読む

10年 なんて一瞬だ!

10年 なんて一瞬だ!

10年 なんて一瞬だ!   僕がブログを書きはじめたのが 11月20日。

記事を読む

総記事数4,810件

PAGE TOP ↑