TANAKA

「 月別アーカイブ:2017年12月 」 一覧

大晦日!もってるなぁ〜(笑)

2017/12/31 | 日常

大晦日!もってるなぁ〜(笑)

 

耀雅の熱もぼちぼち…下がり始め

IMG_3607

お昼寝をしたことを

見計らって

僕は 明日元旦のお雑煮の支度。

 

お正月のお雑煮と7日のスタッフへの

七草がゆは 僕の登板。

 

で その第一弾のお雑煮の段取りを

しようとキッチンの前に立ったら

 

あら 大根がありませぬ。

 

大根が ないので

じゃぁ〜買い物に行ってきます・・・と

車を走らせ 100m

 

あれ・・・あれ・・・

 

プスっプスっ・・・プス

えぇ〜まさかの ガス欠〜(焦)

 

で・・・

やばい。

まじだぁ〜って

 

アクセル踏んでも プスプス

 

でも 大丈夫〜

今日の車は 会社の車のハイブリッドお〜

IMG_3620

アクセル戻して 電池量を確認・・・

 

と・・・ちょっと待て

電池量半分以下やんけ。

この車、ハイブリッド車と言っても

10年以上前、しかも14万キロ完走中。

 

経験値で行くと 一番近くのガソスタまで

持つか持たないか ギリギリ

 

 

まじか・・・

 

超燃費走行で走る。

できるだけ発電ブレーキ。

 

信号が 赤ダァ〜。

ライトオフ。もちろんエアコンオフ。

 

で 電池残量 1メーターで到着しました

 

ガソリン入れたら

65リットルタンクの車なのに

65、3リットル入りましたょ。

 

まじ からっからの状態だったのね。

 

気合いを入れ直して スーパーへ行くと

今度は 大根が なぁ〜い。

 

まじか・・・

店員さん呼んで 明日の大根

出してもらおうかなぁ〜って思ったけど

夜も遅いし 明日の正月価格の値札かも

失礼しちゃうかな・・・と思い

 

次のスーパーへ到着

 

だけど

 

ここでも

大根 なぁ〜〜〜〜ぁい。

 

何で・・・・

 

ここでも 店員さん呼ぼうかなと

思ったけど やめました。

 

明日のお雑煮は

お雑煮始まって以来の 大根ゼロ。

 

と おもむろに最後に寄ったのが

セブンイレブン。

大根あるわけないか・・・と

冷蔵ゾーンに寄っても あるわけなく。

 

耀雅のジュースを買ってレジに

並んだ時でした。

 

あっった。

大根。

 

すみません

 

おでんの大根ください。

 

と言うことになり

何とか セブンイレブンのおでんの大根で

正月を迎えることができる気がしてきました。

 

昨日の耀雅と言い

今日のこのギリギリの感じといい

 

なかなか 親子で持ってるなぁ〜と思った

2017年の締めくくり。

 

さぁ〜

 

2018年は

何か起こる気が ますますしてきましたよ

 

 


まさかの“持ってるなぁ〜”

2017/12/30 | 日常, 田中家のお話

まさかの“持ってるなぁ〜”

 

今日から お正月休み突入。

 

今朝方 なんとなく

耀雅が もぞもぞいつもより

激しく動きながら

寝ていたので

 

耀雅の様子を見るのに起きると・・・

 

やたら 耀雅が熱い。

 

でも ぐずるわけでもなく

元の位置に戻せば

すぐ寝るし・・・

 

1時間後・・・

 

すぐに 寝室の窓の下に行きたがるので

元に戻す・・・

 

カーテンをしている窓の下側は

すごく冷たい風が降りてくる

ポイントになるので

素の状態で 寝ていると

風邪をひきやすい場所でして

そこには あえて僕が寝ているんですけど

その僕の上をよじ登って

窓側に 耀雅が移動します・・・

 

それを元に戻すと

やっぱり 気のせいではなく

耀雅が熱い。

 

深夜の中 そんな感じのゴロゴロが

3回ぐらいあったんで

朝起きて・・・

 

こう君 お熱ピピっしよって

 

そしたら 38,6度。

 

それでも すごく元気だった耀雅

お正月だから一応病院連れてくか・・と

 

当番院へ Go.

 

ったら さすがお正月休み前

病院なのに 行列行列。

 

1時間待って 耀雅の診察になり

一応 念のために インフルエンザの検査

してみましょうかぁ〜

 

ってなことで 検査をします。

 

ハィ!

インフルエンザ合格。 B型。

IMG_3611

『お父さん・・・1月4日まで

外出しないでください・・・』と先生談。

 

1月4日と言えば

お正月休みの最終日。

 

外出不可の命令

 

もってるねぇ〜こうくん・・・

 

と 思いましたけど

よく考えたら 耀雅からの

プレゼントなのかもしれません。

 

どこにもいかず

耀雅と一緒に 監禁状態に・・・

お休み中に 各現場周りに行こうかなぁ

 

とか・・・

 

気になる土地の現場調査に行こうかなぁ〜

 

とか・・・

 

毎回のことなんですけど

一切の仕事モードを 切ることができず

いつも だらだらと

仕事と休日を過ごしていたんですけど

 

これで 完全ノックアウトですね(笑)

 

耀雅からの

 

今年の連休は

大人しく家に居ろ!

 

そう言う プレゼントなのかもしれません。

 

あいも変わらずもってるねぇ〜って

言うとのと・・・

ゆっくりと何もしないで

家にいることの選択を余儀なくされた

今年最後、来年最初の大型連休。

 

じっと してますか・・・


さぁ〜終了!

さぁ〜終了!

 

今日は 大掃除。

一年のアカを落としましょう〜

スクリーンショット 2018-01-01 17.32.49

 

朝一番から すでにスタッフは

元気モードで始まってました

 

いつもの大掃除は

僕の部屋の中の片付け。

部屋にこもり

一年間溜まりに溜まった書類の整理。

 

だったんですけど

 

今年は みんなと一緒に

会社内の大掃除に参加・・・

 

自分の部屋は お正月休みに

すれば良いか・・・と思いつつ

 

僕の今年の大掃除は

事務所南側の6畳の部屋の復活。

 

打合せをしたり

そこで 事務所とは切り離した

室内を 6畳で少し狭いんですけど・・・

StudioLuxeが完成した当時は

その役割を果たしてましたが

6年も経つと もう納戸状態。

 

この部屋って 全く機能してないよね・・・と

完成の部屋からは 様変わりしすぎ。

 

限りある事務所の床面積を

有効利用できていないことに

ちょっと 残念。

 

のと 物がありすぎて

実際必要なものが

必要に応じて使われてないんじゃないか・・・と

 

で 朝から その6畳につきっきり。

 

まず 部屋のものを全て屋外に出して

必要なものと 不必要なものと選別。

 

したら いらないいらない・・

のと この間スタッフがないと言って

買い足したものもたくさんで出現。

 

勿体無い勿体無い。

 

やっぱり大掃除は必要だなぁ〜って

ごっそり 捨てて

必要なものは 必要な場所に

利用しているスタッフの元へ

 

納戸に溜まってる物自体が

それぞれのスタッフが管理できない

無法地帯・・・

 

いかんなぁ〜いかんなぁ〜

 

この部屋は 来年から 僕が管理しよって

 

午後3時の終了した時には

 

み〜ごと 綺麗な部屋になりました。

 

スタッフからは

『あの部屋は 社長は何に使う気なんだろう・・・』と

不思議がられたそうな(笑)

 

最初は スタッフの喫煙室に

しようかなぁ〜って思ってたんです

半分くらいのスタッフが 喫煙者で

タバコの一服をするのに

事務所の玄関付近で タバコを吸っている姿が

少々 醜いなぁ〜なんて思ってまして・・・

 

喫煙ルーム兼 何かに併用できたらな・・・と

 

でも あえなく ほぼ撃沈。

タバコを吸っているスタッフから

あの場所の喫煙ルームは NGでしょ。と

 

なので 綺麗に整えられた

南側の6畳は 納戸以外で

必要に感じたら 部屋の使い方を決める部屋に

 

でも 一つの部屋が 無情にも

使える部屋が 使えない部屋になっていて

そこには ほぼ いらないもので埋まっていて

必要なものでさえ 存在がなくなっていて

全く残念な 部屋の状況と物が溢れてました

 

今年最後の大仕事は

無駄遣いをなくすと言うことに

貢献できたかなぁ〜と思った大掃除でした

 


今年ラスト・・・

今年ラスト・・・

 

今年ラストの仕事は プランニング。

 

ラスト2件。

 

終わったのが

午前3時過ぎ。

IMG_3623

またまた 急な依頼がやってきて

 

こう言う急な依頼は 実は好きでして

行う時間は 深夜しかなくて

思いも募り 結構時間を忘れて

のめり込んじゃうんすよね・・・

 

敷地の調査から始まり

思い感じたままを プランの基本に・・・

 

そこから 今日は 設計チームの業務も

年内は当然終了しているので

僕が 手書きですが

細かく仕上げまで 書き上げます。

 

その手書きの仕上げまで入れると

深夜からスタートすれば

当然 明朝までかかる勢いでして・・・

 

その深夜のプランニングが

本当に自分の中で 時間を忘れて

盛り上がってしまう(笑)

 

明日も どうせ・・・

大掃除の仕事だけなので

少々眠くてもいいか・・・って感じで

気楽にもなっちゃったりして

 

終わった時間が 朝の3時過ぎ。

 

深夜の完成になってしまったプランですが

お客様に提出して

お正月休みにじっくりと

その土地購入のカギになってくれてたら

いいなぁ〜と言う思い

 

今年の最後の仕事も

プランで終わることができて

なぜか 小さな幸せ・・・

 

あと数時間後には

大掃除が始まって

今年最後の仕事。

 

今年一年間 自分自身に

お疲れ様でした・・・と言いながら

愛用のipadの電源を落としました。

 

さぁ〜寝ますか・・・

 

と言う

すでに朝の4時近くを指す

時計を見ながらのブログ更新でした


さぁ正月モード!

さぁ正月モード!

 

残すところ 今年の業務もあと1日

本当に早いっすね・・・

 

最近 気になるテレビ番組。

スクリーンショット 2017-12-28 1.38.18

それは 一週間の時間を使って

今まで思い描いていた夢の仕事を体験して

体験した一週間後・・・

今の仕事を続けるか

それとも 夢の仕事に従事するか

 

そんなテレビ番組。知ってる人は知ってるか・・・

 

内容は 別に気にならないんですけど

好きなことを仕事としているからなのかも

知れませんが・・・

テレビ番組上では あまり興味がない・・・

 

僕が興味があるこのテレビ番組のシーンの中

それは・・・

 

一週間旅たつ前に 一週間後の自分への

ビデオメッセージのシーンです

 

このシーン 何とも心に突き刺さるものが

結構ありまして・・・

一週間を 本当に大事にしている環境でないと

なかなか まとものストーリーにはなりません

 

けど・・・来年 僕もチャレンジしてみようと

思ってただいま、作戦練り中です(笑)

 

『一週間後の ポロシャツへ・・・

自分が計画したプロジェクトは

どのくらい進みましたか・・・?』

 

なんて 語ってみたいなと思ってます

 

このビデオの単位は一週間けど・・・

今日はその一年の速さを感じるブログです。

 

昨日届いた 今年の正月飾りをOPENしました

IMG_3402

来年は戌年ですねぇ〜

IMG_3400

僕は 亥年。

再来年は まじ年男です。

あぁ〜48かぁ〜と嘆いていますが

まだまだ 人生100歳・・・

あがきますよぅ〜(笑)

 

そう考えると あがくのも大切なことですけど

真剣に 世代交代のタイミングと

準備をしっかりと考える歳に

なっちゃいましたねぇ。

 

会社としては 残り1日ですが

これが 中々・・・

我が家でも仕事をする環境が揃っていると

残り1日では なくなって

しまうんですよね・・・

時間の限り 年末までの仕事となり得る・・・

 

性分ですね

かなり 性分。

 

どこまで 続くかは未だ未定ですけど

楽しんで 年末の掃除もして

来年の計画を立てるもの

経営者としてのお正月イベントですし

まだまだ 休む時間は

たくさんあるようには思えません。

 

人生ですからねぇ〜

 

毎年酉の市で お世話になっている

熊手屋さんから取り寄せた

戌年の お正月飾りは

 

的を射抜く・・・犬く とかけて

どまんなか いぬく。

IMG_3404

 

福 わんさか・・・ワン!

IMG_3403

でした。

 

目立つ正月飾りなんですけど

毎年 年始には

STUDIO LUXEでは 名物級に人気のある

お飾りなんです。

IMG_3401

STUDIO LUも お正月さながら。

 

本年も一年間 本当にありがとうございました!

 

明日は 監督チームの瀬戸ちゃんが

STUDIO LUXEの正月飾りの

凧を飾ると言っておりました。

 

 

凧のお飾りも 3年目・・・

天高く上がれぇ〜!


敷地には 顔があり性格がある

何ヶ月ぶりだろ

 

今日は 本当に久しぶりの

1日 会社でデスクワーク。

 

思い起こす限り

何月何日に この様な感じで

会社に缶詰になったか わからん。

 

そのぐらい久しぶりでして・・・

 

逆になんか新鮮。

 

で 今日は何をしてたかと言うと

当然のごとく

プラン、デザイン、今後の計画

 

まぁ〜同じ仕事を

自宅でも行なっているので

デスクワークだけの1日は

さほど珍しくないんですけど

会社にいるのは まじレア(笑)

 

さて 本題

今日のプランニングのおさらいにも

なるんですけど・・・

 

僕は良くこんな事を打合せの中で

お話をさせていただきます

 

不動産って、敷地って

人と同じように 世界に一つしかなんです・・・と

 

同じような敷地であっても

周りの環境やら近隣の人の付合いやらで

同じものは ありません。

 

で 今回はプランニングのことに

特化して話をすると・・・

計画するその土地には

一つ一つ 全部違う顔があり

性格があります。

本当に人と同じです

 

その人にあったお化粧をしたり

その人にあった性格の仕事をしてもらったり

違った提案をすると

全く違った性格の住まいになるし

全く違った顔立ち(外観など)になる

良く見える方向とか

また 自分が我が家を見たときに

感じる安心感とか 満足感とか

家と言うハードと

住みやすさ、気持ちというソフトが表裏一体。

 

間取りの設計というのは

セオリーがあります。

そのセオリーに オーナーさんの住み方を

ソフトの部分を組み合わせオリジナルに

だけど・・・

これだけでは ダメなんです

敷地の顔、敷地の性格を

さらにブレンドして 追求していく。

 

その土地のメリットを最大限に

有効利用して作り上げるプランの事。

また その土地のデメリットを

最小限に抑えて作り上げるプランの事でもあり

両方を兼ね合わせて作ることが とても大事。

逆に デメリットを逆手にとって

メリットに変えてします手法も あるぐらい。

 

難しそうですが このような形で

オンリーワンハウスが出来上がります

 

今日のとある 敷地でプランニングしてたとき

その敷地の顔と性格を分析しいたら

少し特徴のある土地でして

いく通りのもの 正しいプランニングが

出来上がります・・・

 

どれもこれも 全く違う間取りなんですけど

みんな正解。のような・・・

 

最終的に決定して家づくりが始まり

住み始めることができるのは

一つだけですからね・・・

次回打合せの時に 相談するんですけど

とにかく みんなバラバラ

だけど みんな当てはまり・・・

簡単にいうと

 

この敷地に対して 良いプラン

この敷地なら 僕ならこう住むプラン

この敷地に対して デメリットを消し

メリットを生かした特有のプラン

 

色々案が じゃかじゃか出てきて

プランしている自分のapplepencilが

止まらない・・・

 

その提案を図にして

設計チームのCAD依頼するラフプランが

出来上がった頃には

 

え“〜わぁ〜もうこんな時間かよ・・・と

周りを見渡すと スタッフ誰もいないし

 

あとは 家でやろうっと と言う始末(笑)

 

今日も やっちまったな・・・と

そんな 没頭したプランでした。

 

家づくりを 仕事として

捉えられないから

いつもこんなことに

なっちゃうんだよねぇ〜

 

家族にとって

良いんだか・・・悪いんだか・・・

 

提案というのは 常に無限大。

 

どれが一番 その家族にとって

合っているとプランかというと

しっかり再度打合せじの感想が必要

 

プランの大定義は

計画敷地には 必ず顔と性格がある

敷地のハード面とソフト面。

そして 住まわれる家族のために

家の間取り そして 好きなテイストと言う

ハード面があり

それだけに 満足させては まだ半分で

住む家族の住みやすさ、

住む家族の気持ちと安心感と言うソフト面

 

全てがマッチして作り上げるのが

僕がお手伝いをするプランニング。

 

ブログを書くと言う

小休止は終わり・・・

IMG_3595

もう少し頭を回転させたいと思います

 

まだ プランをしていると

眠くならない・・・46歳(笑)

 

気持ちは 永遠の18歳です・・・

関係ねぇ〜かぁ〜(笑)


土地を生かすのも殺すのも。

土地を生かすのも殺すのも。

 

家を建てるんには

当然必要なのは 建設地。

 

土地です

 

でも その建物を目的とする土地は

自分の土地、もしくは

これから建てようとする土地だけ

見ていたら とんでもないことになります

 

周りの環境を駆使した利用。

その周りの環境と自分の土地との

関係性をしっかり見つめて

どのように家族の生活空間を

有意義にするかが 本当の設計になります。

 

当然と言えば当然なんですけど

 

なかなか 思うように設計できていない

建物がありますね・・・

 

代表的なのは

大手ハウスメーカーの規格住宅。

 

とか

 

ローコスト住宅の

よくありがちな プランナンバー○○で

決められた建物。

 

規格住宅とか ローコスト住宅の

すでに決まっているプランを

自分の土地にあてがうと言うやり方。

 

企業側から見ると素晴らしい事なんですけど

エンドユーザー側から見ると

お粗末そのものだと思うんです

 

確かに建築コスト的な面から考えると

設計とか構造計算とか

また 材料の発注など

プランさえ決まっていれば

建築に詳しくない素人でも

住宅の積算から 見積もりまで

簡潔にできる手法で コストが

あらゆる面で削減できると言う

建築業者側から見れば

とても お手頃な建物になります

 

でも ここで少しローコスト住宅を

検討している方も 聞いてもらいたいのが

 

一生の人生をかけて

住宅ローン35年という長い歳月を

かけて資産にしていくには

あまりにも 残念すぎる気がしてます。

 

例えば 自分の土地は 広大な広い土地の

ど真ん中に建築する人。

この様な方は 自由奔放な規格住宅で

逆に構わない様な気がします

 

けど・・・

近隣の土地があってこそ自分の土地の存在で

先に建築されている家の様子から

我が家の最高なプランを作る

というのが常識に範囲になりますよね。普通は・・・

 

コスト削減とは 受注コストを下がるのみで

オーナー様よりの発想というより

工務店やハウスメーカーよりの効率化であって

オーナー様の利得になるとは

考えにくい 規格型住宅なんです

 

僕らからしたら 規格住宅でさえ

安い建物ではないし・・・

 

注文住宅の真骨頂は

色んな法律の条件をクリアして

そして 現状周りに存在している建物を検討し

そして 我が家の設計に取り組む

それが ある意味プロの設計士の行う技術です

 

お客様やオーナーさんと打合せを

している時に一番最初に考えること

それは 建てるオーナーさんの住空間を

満足してもらえるように

周りの建物の配置、窓の位置、玄関の位置

寝室の位置、ベランダの位置、

子供部屋の位置などを 念頭に置いて

設計プランを僕は作り上げます

 

この選んだ土地で 最大限有効に

そして有意義に利用できる動線や

視覚的安心をどう作るかが 住宅設計において

一番僕が大切にしていること

と言う一生の資産を守る義務と責任を

僕はおいながら間取りを

常に作っています

 

どんな土地でも

どんな近隣環境であっても

その土地に隠れている

潜在能力を最大限発揮できる

可能性から考えて提案する・・・

 

これが 住宅の設計と住空間設計をする

最大の意義。

 

その建築地の特徴と性格を

生かすも殺すも全て

設計者側のスキルと提案量を提案内容が

全てを凌駕。

 

建築を初めて数年の経験だとか

施工社都合で規格住宅に収めるとか

人生の一生を左右する住宅に

経験値が浅いって

建設側の立場で行くと

なんとも無責任すぎると思った

クリスマスでした


クリボッチ木村。

大諏訪には

サンタクロースは もういない・・・(笑)

ポロシャツ一家です

 

『こう君・・・今日はクリスマスだね』

 

そう僕が 耀雅に話をすると

 

『お父ちゃん サンタクロースやってぇ〜』

 

って返答をしてきます

完全に終わってますね・・・(泣)

ある意味 職業病ですかね

 

そんなクリスマスイブの中

仕事に集中しているスタッフの

コンシェルジュ木村君のお話。

 

田中建築のスタッフの中では

1番のNewface

 

なんですけど。。。

 

僕は結構好きですね・・・

あっ 勘違いしないでくださいね

オネェではないですよ(笑)

 

今日も クリスマスイヴと言うのに

一番最後まで 仕事をしていながら

『おぅ〜クリぼっちかぁ〜』って聞くと

 

あえてのクリぼっちなんだと豪語してたっすよ

本当かどうかは 別に興味がなかったので

突っ込みませんでしたけど

 

あえて クリスマスをやらなし

今の仕事に没頭している姿は

この若さで頑張っている姿を見ると関心関心。

 

夜の7時半前には 蜘蛛の子散らす

勢いで スタッフ全員が家路に戻った後も

一人で 頑張ってましたよ。

 

夜遅くまで仕事をすることが

決して良いことではありませんが

今の自分にとって スキルとなるものを

自分で探し、先輩方から仕事の依頼をされ

一つずつこなしていることに

仕事に熱中してました。

 

けど・・・

 

少〜だけ 難点が

それは 変なところで自信満ち溢れているんです

 

自信を持つと言うことは

大切なことで 持ってはいけないと言うことでは

ないっすよ・・・

自信がないよりも 自身があった方が

100倍良い。

 

ある程度 自分自身に自信がなければ

今の社会には 通用しないところもあるんで

悪くはないですね・・・

 

その自信が特に 変な方向に進まければ

全然OKなポロシャツ社長です

 

素直で良いやつなんですよ〜

オーナーさんから

何が 木村のことについて

小さなことすら 悪いことを言われません

27歳という若さの割には

本当に頑張り屋さん

 

これからの成長が

とっても楽しみな奴です

 

あえてのクリボッチに

なんとなく クリスマスの語らいでも

誘ってあげたい気持ちなんですが・・・

 

僕もこれから

オーナーさんのメンテナンスに向かいます(笑)

 

けど

僕の場合は クリボッチではなく

耀雅を連れて お邪魔しに行く予定。

なんたって

大諏訪の田中家には

2歳10ヶ月の耀雅には

サンタクロースは存在していなく

むしろ サンタクロースは仕事だと

思われてしまったので

一緒にいてあげることが

クリスマスプレゼントなのかなぁ〜って

勝手にそう思って行ってきます。

 

あえてのクリボッチに万歳!

そんなコンシェルジュ木村くんを

みなさんどうぞ・・・

可愛がってあげてください。

 

メリークリスマス!!!


暖房プチ知識

暖房プチ知識

 

12月に入って

本当に寒くなりましたね・・

しかも 風がつよい

 

風がつよいと言う環境に

めっぽう弱いポロシャツです。

 

風が強いと言うことは

体感温度は 激変。

 

気をつけないと

まじで 風邪をひきますよって

思いながらの毎日を過ごします

 

で・・・

 

今日は 少し冬の暖房について

少し より良い暖房環境について

レクチャーします。

 

暖房器具って色んなものが

ありますよね・・・

 

エアコン。

ストーブ。

薪ストーブ

電気ストーブ

床暖房

オイルヒーター

こたつ

電気カーペット等々

 

こたつ と 電気カーペットは

肌に直接感じるもので

部屋を暖めると言う機能については

ないので 部屋を暖めると言う暖房器具では

ないっすよね・・・

 

 

今日の話は 間違った暖房器具の使い方をすると

部屋が逆に寒くなると言うレクチャーを

しようと思います

 

暖房器具っていうのは

読んで字のごとく

室温を上げる道具のこと。

 

室温を上げると言っても

人には 温度感覚の差がありまして

結構 数値的には

曖昧なことも少なくないんです

 

でも

 

同じ暖房器具だとしても

使い方は もちろんバラバラ

その使い方をちゃんと理解しないとダメ。

 

暖房器具によって

部屋を暖めるカロリーって存在するんです

そのカロリーをしっかり理解して

暖房器具の使い方をしてくださいね。

 

まず 簡単に説明をすると

ガス暖房、石油ファンヒーターと言うような

直接 火で空気を燃やし暖房するタイプと

電気ヒーターとかエアコンのようにに

直火とは少し違った間接的な空気の温度を

上げるタイプのもの

 

そして 輻射熱式という

火すら見ない超間接的な暖房機

 

直火→輻射式 というように

瞬時に部屋の温度を上げることができなくなります

 

直火ともなると カロリー数が高いので

部屋の空気の上昇気流が激しくなり

瞬間的に部屋の温度をあげますが

けど 上昇気流が激しいだけあって

室内温度の一定化には不向きなんです

 

瞬間には OK

だけど 継続的には NG なんです

 

いき

ありません。

 

逆に 輻射熱の暖房器具ですと

部屋の温度を瞬時にあげたい と言うことには

完全に不向きです

 

じわじわと 室温を上げていくという感覚。

 

なので 部屋は すぐに温まらない。

 

同じ暖房器具でも この点が大きな差となります

 

なので もし これからの室内環境を

冬に向けて 効率よくしたいと思うのであれば

こんな感じです

 

最初の30分は 直火の暖房器具

一気に部屋の温度をあげます。

当然 一気に温度を上げるので

足元とか・・・冷気的な空気の循環は

 

生まれてしまう可能性も少なくはないです

 

で 30分後

 

直火暖房器具をやめて

輻射式の暖房器具へ スイッチです

 

暖められた室温を下げない事と

一定の温度に保てるように微調整。

 

この2つが 大きなポイントです

 

直火の暖房器具と

輻射熱暖房器具では 全く性質が違うことを

頭に置いてくださいね

 

ご飯を 飯ごうで炊く方法の逆バージョンです

はじめ ちょろちょろ 中ぱっぱ ではなく

 

暖房器具の使い方は

はじめ ぱっぱ、 中ちょろちょろ。です

 

暖房器具で冷気を読んでしまう悪循環

少し頭の隅に置いていただけるだけで

冬の室内環境は激変します

 

頭の隅に入れて置いてくださいねぇ〜


自分らしい不動産の探し方

自分らしい不動産の探し方

 

田中建築オーナーさんの

70%以上の家づくりが

不動産からの購入する家づくりです

 

色んな不動産の決め方を

見てきましたし

現在進行中のオーナーさんまで

フォローしています

 

不動産購入の決め手・・・

 

なかなか決まらない方も

いるので 不動産の決め方の

今日はをブログで おしらせしますね

 

一番の決め手は

 

自分にとって 都合がいいこと。

 

都合といっても みんなバラバラ。

なんで バラバラなのかと言うと

家族家族で 満足するポイントが

違うからなんですけど・・・

 

抽象的ですが こんなことを

不動産を求める理由として考えると

すごくわかりやすい

 

自分が求める土地の理想を求めるのではなく

自分の求める土地の必要性を求めることが

土地探しの決め方です

 

100%自分の満足を満たした不動産と

出会える確率は ほぼゼロパーセントだと

思ってもらって過言ではありません。

 

良い土地だなぁ〜って思っても

探せばどこかしら

マイナス点も当然出てきます

 

けど・・・

 

必要性という事を考えると

自ずと 複数あった理想が

絞られてきます

 

広い土地・・・なんで広い土地が欲しいのか

景色が良い土地・・・なんで良い景色が欲しいのか

利便性の良い土地・・・なんで利便性を求めるのか

公共機関が近い土地・・・

学校が近い土地・・・

 

等々 自問自答してください。

 

けど

広くて、景色が良くて、利便性も確保されてて

学校が近い。

 

って 理想を上げれば

もしかすると 無限大にリクエストは

あるかも知れません・・・が

ぼぼ 見つかる可能性はゼロに近い。

 

この好条件な不動産に

偶然出会えたとしても

ここからが 重要ポイントなんですけど

最終的に 決め手となるのは

 

不動産価格になります。

 

誰でも 同じことが言えます・・・

 

けど 不動産という特性は

誰しもが欲する理想の数が

多ければ多いほど 高価になるのは当たり前。

 

偶然あったにしても 適正価格以下なら

すぐさま 不動産業者が買い求めます

 

なので 目玉商品というものが

少ないのが不動産業界の現状。

 

たまに 不動産価格が 相場より安い。

という物件が出てきますが

その物件さえも

Aさんには良くて Bさんには当てはまらない

こんな環境が当たり前なんです

 

ということは

まず 購入価格の上限を決める

そして 土地を決めるための引き金は

理想ではなく 必要性。

 

今日も 別荘地に住宅を建てると言う

オーナーさんの不動産に

基本設計を決定するのに

敷地設計調査に行ってきました。

 

景色は良くて

敷地も100坪オーバー

価格は 坪2万。

IMG_3558

物件情報だけ見れば

すごく 良い土地だと

 

けど 場所が 三島駅から30分ほど

車でかかる立地。

 

もう一つは

沼津市街のど真ん中。

学校に隣接

公共機関も目の前

生活必需品の購入には

車で出かける必要なし。

おまけに住宅街。

 

けど 価格が坪55万円。

で 敷地面積30坪。

 

正直 田中家としたら

両方ともNG

 

前者の土地では 耀雅の学校に不便。

僕の仕事生活には不向き

 

後者では 少しでも広い土地で

生活をしたい。

実家は 家の窓から手を伸ばせば

隣の家の外劇が手で触れる環境で

育ってきたから

近隣の住宅事情では

違った環境が欲しい。

 

でも 双方とも各オーナーさんが

必要だと思って購入した土地なんです

 

そこには 理想を超えた

必要性を重視して考えた

その家族の求める不動産の必要性です

 

土地を求めるのには

理想は高くても良いと思いますが

条件が揃うほど 高値になり

また 希少物件として扱われ

なかなか お目にかかることができません

 

理想ではなく

家族の必要性 で 捉えれると

以外と自分たちライフスタイルにあった

土地が 出てくると思います

 

土地の決定は

『なんの為に この土地が必要なのか』

 

ここだけを 一度、注視して選んで見てください

 

良物件が意外と近くに潜んでるかも・・・

 

と言うことで

 

土地を選ぶ決定力について

お話させていただきました


クリスマスイベントでポロシャツの役目。

クリスマスイベントでポロシャツの役目。

 

2ヶ月に一度

Studio Luxe託児所主催のイベントが

開催されています

 

12月まは もちろん

 

クリスマスイベント で

 

ございまぁ〜す!

 

今年は なぁ〜んと

29人の未就園児のお子さんが参加!

IMG_3569

ちょっとした

保育園の一室状態でした。

 

ママも楽しめる

子供達も楽しめる・・・

 

そんなイベントを目指して

先生たちは 一生懸命

今日のイベントの為に

冷たい雨にも負けず・・・

寒い風にも負けず・・・

準備を 遅くまで頑張ってました

 

何でも・・・

子供達向けに

そしてママさんたち向けに行う

イベントなので

手作りに徹底してましたね・・・

 

その甲斐あって

この大賑わいぶり。

年々 ヒートアップしていく

託児イベントですが

イベント開催側も、

イベント参加側も 内容の濃いものに

なっていく年々の姿に

ポロシャツ園長も とても嬉しく思います。

 

で・・・

 

当のポロシャツ君は

イベントで何を おおせつかさったかと

言いますと・・・

 

ハィっ!

 

サンタ。

 

昨年もサンタの役でした。

IMG_3567

僕がサンタに返信すると

一番喜んでもらいたかった

耀雅には マジ泣きされて

少々 パパとしても撃沈。

 

耀雅は 別の部屋に移して

本番さながら サンタクロースを演じます。

 

上手い下手は 別問題として

なんとなく

サンタクロースになった自分は

子供達の注目のマトになったかなぁ〜って

IMG_3568

イベントの終盤には

サンタクロースと写真を撮ろう・・・

なんて 雰囲気になっちゃって・・・

ポロシャツ園長も 血液型O型。

 

ついついその気になっちゃうんです。

 

子供とママの思い出になれればなぁ〜なんて

 

ママと子供の思い出にと

頑張ったお父ちゃんですが・・・

当の今年の耀雅はどんなかと申しますと・・・

 

サンタに返信した・・・お父ちゃんを見て

大爆笑。

 

昨年の大泣きは どこに行ったぐらいの

爆笑ぶり・・・

床をドンドン叩きながら

IMG_3566

腹抱えて笑いながら

僕の姿を見てました

 

床を叩きながら 笑いますくる姿を見て

少し残念な お父ちゃん。

 

サンタクロースの意味を知らずに

ただ 白いひげをつけたおじいちゃんになった

僕の姿を見て 腹を抱えて笑ってやがったよ(泣)

 

夢の世界のサンタクロースですが

すでに 大諏訪の田中家では

サンタクロースは

もういなくなったように思います

 

松任谷由実風に行きますと・・・

 

恋人はサンタクロース♫

親父もサンタクロース♫

 

プレゼントを 抱えぇ〜てぇ〜♫

 

恋人はサンタクロース♫

親父もサンタクロース♫

 

プレゼントを 抱えぇ〜てぇ〜♫

 

恋人はサンタクロース♫

親父もサンタクロース♫

 

ルクスで化けていたぁ〜♫

 

夢のない話ですみません・・・(笑)

 

でも 耀雅以外のお子ちゃまたちは

喜んでいたり

やっぱり 泣いていたり・・・

 

僕も楽しんで

サンタクロースになりました

 

来年こそは もっと マシな

サンタクロースになりますぞ!

 

と 心に誓った

大成功の託児所主催の

クリスマスイベントでした

 

イベントの準備とプロデゥースを

頑張ってくれた先生からも

楽しかったぁ〜っていう

ご報告がありました。

IMG_3565

良かった良かった・・・

 

 


マンション購入のメリット、デメリット

マンションライフ。

 

憧れのマンションライフ・・・

 

と言っても ポロシャツのことではありません。

 

今日は 10月末にお引渡しをした

オーナーさんの所有するマンションのお話。

 

マンション住まいだったオーナーさんは

マンションの売却とともに

土地付き一戸建てに住み替えで

田中建築とのお付き合いが始まりました

 

本当であれば

マンションの売却と同時に

引越しをしたいと考えていたんですが

なかなか マンションの売却が進まず

建物の引渡しが先になって

 

で・・・

 

今回のご依頼と言うと

住んでいたマンションのクロスの張替えを

マンション側が 費用負担で

行ってくれると言うことになり

 

なんとも親切な 管理組合なんですけど

 

そのクロスを張り替えるのに

僕のところに クロスの色極めを

依頼され 指定されたクロスの中から

柄を選び張替えをしたんですね・・・

 

少しでも早く

マンションが売却できるように・・・と

 

で 完成した時に

一応チェックして欲しいと言うご依頼で

確認をしに行ってきました。」

 

名付けて

I’m kowga のお家探訪。

番外!マンション編!

 

IMG_3539

今日は マンションリフォームの現場を

耀雅とともに チェックしに行きました。

 

住まいづくりを提案する側として

土地付き一戸建て か マンション かを

僕ら住宅を提供する側とした

お話をしますね・・・

 

マンションか 土地付き一戸建てか

 

一度は 迷った人はいると思います

メリットとデメリット。

 

マンションのメリットとして

立地がいい場所に 住まいを持てる。

防犯的に安全な住居だと思う。

構造上安全な建物になる

立地感からすると割安に思える

近隣とのお付き合いが団結している

比較的 日常生活において車生活が少ない地区にある

 

など

 

デメリットとしては

上下左右の隣接する家に騒音が気になる

床面積が小さい

管理費や修繕積立金等の費用がかかる

近隣との付き合い方が難しい

水回りに窓がないことが多い

決められた間取りに生活を合わせないといけない

 

ざっと思うことを書き表すとこんな感じだと思います

 

1番のメリットは何かと言うと

立地が良い。

スクリーンショット 2017-12-23 2.22.38

これに勝るものはないと思います

この立地で 土地付き一戸建てを

所有するとなると一体いくらの住宅ローンに

なるのかと考えると 難しい答えが一般的です

 

なので エリア指定で

この場所から譲れないと思う家族の方には

うってつけての案件だと思います

 

逆に 1番のデメリットは何かというと

住宅ローンの他に 管理費等がかかると言うこと

少ないところでも 合計2万円はかかります

これは 住宅ローンが終わっても

住み続ける限り続くものです

セカンドライフになった65歳過ぎでも

年金生活に突入しても かかる費用はかかります

スクリーンショット 2017-12-23 2.24.55

これが 大きなメリットとデメリット

2万円の管理費が 住宅ローンが終了して

年金生活になった時に 負担にならないと

考えるのであれば 大丈夫だと思います

 

けど・・・

 

負担が大きいよね と感じるならば

マンション選択は NGかな・・・

 

死ぬまでと言うか

相続された家族の方まで

この制約は外れません

 

もし この内容でも

マンションを購入したいと

検討するのであれば

ポイントは 2つ。

 

できる限り 管理費等が

少ないマンションを選ぶこと

もう一つ それは

できる限り安価な物件を探すこと

スクリーンショット 2017-12-23 2.26.54

マンションは 新築で購入するより

中古で購入した方が メリット幅は大きい。

スクリーンショット 2017-12-23 2.26.40

マンションの価格は 見積もり価格です

土地の仕入れ+マンション建設費+デベロッパー利益

この3つの費用がかかって

新築マンションの金額は算出されます

 

でも 中古のマンションとなると

売りたい人 と 買いたいひと の

相場かと必要な金銭感覚で値段を決めることが

ほとんどになります

 

なので 価格の決定が曖昧で

以外と割安な物件に出会えことが多いはず

 

今回 僕がエスコートしたオーナーさんの

マンションですが

新築当時より すでに 数百万円も価格が

下がってます。

 

しかし クロスを張り替えただけで

ほぼ 新築同様な感じと

どちらかと言えば 僕がクロスの色合いを

決めているので 新築当時より

目新しく そして 高級感に仕上がってます

 

と言うことは 偶然に出会えているかどうかの

時間軸で 数百万円も価格が下がっていると

考えると とても割安ですから

 

マンションを購入するときの

メリット、デメリットを紹介させてもらいましたが

もし 年金暮らしになったとき

将来の金銭的な不安が少しでもある感じですと

マンション購入に積極的になることは

自分自身の家族にとってメリットより

デメリットの方が大きいのかも知れません

 

まだ 本当は ブログに書ききれないほどの

要素があるんですけど

全てをかくと 恐ろしいほどの長文に

なりますので 気になっている家族の方が

いるのであれば 直接お問い合わせください

 

まだまだ ファイナンシャルプランナーとして

レクチャーしておかないと いけないことは

たくさんありますので

ぜひ お気軽に・・・


総記事数4,594件

PAGE TOP ↑