*

「 月別アーカイブ:2017年10月 」 一覧

自信

自信

 

NHKのテレビを見てたら

佐藤琢磨の若きし頃の番組の再放送。

スクリーンショット 2017-10-22 11.39.52

おっ 耀雅の先輩(笑)とか

言いながら 奥さんと見てました。

 

凄いね やっぱり佐藤琢磨って。

 

二人で うなずくばかり。

 

高校生卒業まで

カートすら乗っていないF1ドライバー

 

だけど

熱い思いと 何をするにも

自信の塊と 度胸の塊と

分析の塊。

 

塊の根源は 自信なんだ・・・て

 

耀雅の先輩どころか

僕よりも 6歳も歳が下なのに

僕が いろんな事を学びました

 

目の前にある壁は

壁じゃないくて

今は そんなところで悩んでいる暇はないし

そんなところで つまづく時間はない。

でも その先に自信しかありませんから・・・

 

と 目を輝かせていました

 

しかも 再放送なので

この放送の佐藤琢磨は27歳

 

自分も27歳で 独立した歳なので

さらにすげなぁ〜と言う事しか

なかったすね。

 

いま目の前にある壁は 壁じゃない。

 

そっか。

 

仕事の面でも

今、取り組んでいるレースの事に関しても

壁は壁ではない。

全てが自分の中にある自信が全て

 

そうやって切り換えて

これからを取り組んで行こうと

 

テレビの目のまでは

奥さんと耀雅の話をしてましたが

佐藤琢磨から 学んだ事は

本当に ズシンときた。

 

今 従事している住宅業も

自分が好きで やっている事だし

好きだらか出来ている事だし

 

いま この十数年を振り返ると

もっともっと 大きな自信を持って

取り組んできていたのであれば

違う今が あるんだろうなって思いました

 

自分に足りなかったもの

佐藤琢磨が 教えてくれました

 スクリーンショット 2017-10-22 11.36.08

自信。


No Attack No Chance

No Attack  No Chance

スクリーンショット 2017-10-22 12.34.21

先日 オーナーさんとの話しの中

 

『家づくりは 僕にとって挑戦です』

 

ほう・・・

 

幸せづくりのお手伝い とか

家族のさらなる楽しさを求め とか

家族の大黒柱として

自分自身に万が一があった時に

家族の為に残すもの とか

 

ごくごく 幸せを求めて

家づくりをする夫婦にとって

色んな相談、提案をしてきましたけど

 

若いオーナーさんは

僕に求める家づくりの柱は

 

挑戦。

 

男として 良い響きだねぇ〜って

 

 

家づくりに挑戦をして

その先には どんな事が

待ってるんですか・・・?って

 

聞いてみるとね・・・

 

家と言う家族に残せるものが 出来て

そして 35年と言う

住宅ローンの責任が僕の中に生まれ

そこに僕が立つ事で 色んな僕自身の

人生のチャンスが 生まれてくるんですよ。

 

と 目をキラキラさせながら

話をしてくれました。

 

良いねぇ良いねぇ〜

 

その話の続きを聞いてみると

 

なんでも オーナーさんには

夢があるようでして

 

現在のオーナーさんは

まだ とある会社のスタッフとして

働いていますが

いずれ

独立起業をして行きたいんですって

 

 

そっか・・・

 

住宅ローンって言うのは

起業したての個人事業主とか

会社オーナーさんには

厳しい審査がありまして

 

夢や希望だけでは

銀行は 首を縦にふりません

 

起業して自分の事業が うまくいかないと

なかなか 成立しないんですね・・・

 

うまく行き始めても

3年間 利益計上 しないとダメだし。

 

結果主義なんですよね・・・

住宅ローンって。

 

 

オーナーさんは 家族思いな方でして

自分の夢を突っ走るより先に

家族のことを考えて走りたいって

 

んん〜 このあたりは俺と逆だ・・・(笑)
僕は 先に突っ走っちゃうから

奥さんは 大変なんすよ(笑)

笑い事じゃないか・・・

 

世の中の奥さんたちって

旦那さんの収入は安定していた方が

良いと思っています

 

出来ることならば

独立起業して チャレンジするより

安定してほしいって・・・

 

その奥さんの希望的なものから

ある意味 冒険でもある独立起業を

支えてもらえるのであれば

家族の為に 家を建てよう・・・

 

って お話しをしてました

 

そのあとは 僕ががんばるだけですから

夢を叶える為に 努力をするだけですから

 

挑戦しなければチャンスもないですから・・・

 

オーナーさんの人生カレンダーの中には

2年後には 独立起業。

 

その為に 家族の為と

自分の責任と言う足かせをした

家作り。

 

 

家づくりは もちろん応援します

 

のと

将来の経営者としても

応援して行きたいと思った家づくり

 

久しぶりに 聞きました

 

No Attack  No Chance !

 

やっぱり 夢ある男は 

かっこいいっすねぇ〜!

 

男の夢を支える奥さんって

芯あって かっこいい。

素晴らしいっっっ!

 

田中建築には 色んな想いを持った

オーナーさんが 集まってきます

さぁ〜 僕も負けずと

頑張りますぞ〜〜!

 

No Attack  No Chance

 

挑戦無くしてチャンスが無し!

 


夢を追いかけろ!

夢を追いかけろ!

 

今日は 友人から

なんとなく 自分の将来に

触れた話をしてきて

なんとなく 人生について

話しちゃったよ(笑)

 

何か 不安に思っていることでも

あるのかなぁ〜って感じ・・・!?!

スクリーンショット 2017-10-21 18.12.34

で 友人の話を聞いていました

 

自分の思い通りに

人生が 進まないのかなぁ〜?

 

で 僕が思った事

 

夢って 人それぞれ・・・

小さな夢から

大それた夢まで

 

それぞれだ・・・

 

目標も 人それぞれ・・・

目の前の目標から

自分が死ぬ前までの間に立てる目標まで

 

それぞれ。

 

でも どんな夢でも

色んな夢でも

 

人に理解される目標でも

人に理解されない目標でも

 

どんな目標でも

ある人とない人では

大きな違いがある・・・

 

そう思うポロシャツ

 

夢も希望も見えない人に対して

よく世間一般に 聞く言葉

 

それは・・・

 

なんの為に生きてるの?

 

当たり前の生活で

何一つ 満足も不満足もない生活で

ただ 時を過ごしている人って

大きく世間をみれば

いると思うんですよね

 

なんとなく

自分一人の目標であっても

世間に認められない目標であっても

 

持ち続ける人と

そうでない人では

大きな

違いがあると思うんですよね。

 

どう言えば良いんだろ

 

のらりくらり。

 

って 表現かな・・・

 

小林麻央ちゃんじゃないけど

いま、生きている事に

感謝する1秒も

何も考えずに過ごす1秒も同じ1秒。

 

なら

 

命を削る必要もないと思いますが

価値ある1秒を過ごした方が

良いですよね。

 

今が一番大事だと思っていることが

一番大切だと思う今日この頃で

 

目の前で 何事にも

一生懸命 楽しんでる

一生懸命 夢中になってる

耀雅を見ると 時々思います

 

全力って 素晴らしい。

 

スクリーンショット 2017-10-21 18.11.19

今、起きている事は

偶然ではなく

必然だって 思うし

その必然な出来事に

出来るだけ 後悔のない

過ごし方をして

 

間違ってしまったら

修正すれば良いし

結果論的に よかった事なら

もっと 突き進めばいいし・・・

 

後悔先に立たずだし

 

やらずに後悔するよりも

やった結果に対して

誇りが持てる人生を送ろうじゃん!

 

って 今日の結論。

 

振り返れば

話を偉そうに聞いてた僕だって

どん底だってあったし

めちゃくちゃ明るいときもありました。

 

でも 結果 今があって

今をどうするかしかないじゃんね〜!

 

悩んだって 始まらないし

悩む事に 自信を持てば

何かちがうものが 見えてくる。

 

と そう僕は信じておる。

 

夢と希望かぁ〜

 

46歳だからね

人生残り半分もないし。

 

真剣になる友人の事も

わからないわけじゃないけど・・・

 

お互い頑張って行こう!

 

としか言えなかったポロシャツでした


幸せ極まりないよね・・・

幸せ極まりないよね・・・

 

昨日 オーナーさん店舗の打合せの時

数分見せた光景。

IMG_3328

オーナーさんと

耀雅が一緒に何やら

色んな話をしている・・・

 

というか

もはや オーナーさんが

耀雅に合わせて構ってくれている

 

と言うこと。

 

このシーンが

すごく、経営者として

父親として 幸せ極まりない光景。

 

耀雅と 度々

そう数は多くないですけど

一緒に現場廻り。

 

そうすると・・・

オーナーさんとか

協力業者の方々が

耀雅の相手をしてくれます。

 

まぁ 社長の息子だと言うこともあり

可愛がってくれることも

当然にあり得る話なんですけど

 

それでも

少しだけ 人見知りをしなくなった

耀雅を 遊んでくれます。

 

今回のオーナーさんだけでなく

ほとんどのオーナーさんが

一緒にひと時を過ごしてくれます

 

なんとなく・・・

 

あたたかい。

ありがとう。

 

です。

 

 

 


I am kowga のお家探訪 御殿場編

I am kowga のお家探訪。

 

11月1日に 御殿場で

OPENする美容院の

店舗 兼 住宅の打合せ

 

もう 現場も大詰めなので

ほぼ 毎日 現場にて

打合せを オーナーさんと

また 協力業者さんたちと行います。

 

その中で 今日は 奥さんの体の調子も

悪いという事で 親子揃って

現場に 朝一番からお伺い・・・

 

で・・・耀雅とは

 

店舗内の探訪はまだ できないので

ほぼ完成したお家の中の探訪をさせて

頂きました。

 

久しぶりの kowgaのお家探訪

ご・ざ・い・ま・す・・・

 

早速 お邪魔しまぁ〜す!

 

けど 少し今日は

最近長靴ブームの耀雅さん

曇りの天候の中

意味もなく 長靴を履いて現場出勤(笑)

IMG_2819

で・・・

 

今回のお家は

ほぼほぼ 無廊下のお家なので

玄関入って いきなり大きなLDK

 

ドアを開けると・・・

 

出ました!

耀雅の『わぁ〜〜〜』

IMG_2817

ここは 耀雅のお家じゃないからね・・・

と言う教育も 理解できてきたのか

声はあげるけど・・・

走り回ったり 飛び跳ねたりは

もうしなくなりました。

 

大きなLDKを 一周 ゆっくりと

ぐるぐる回り・・・

 

『おとう〜たん、ココはなに?

IMG_2807
  おとう〜たん、これは何?

IMG_2808

  おとう〜たん、ここお風呂?  

  これ トイレ?』

IMG_2818 2

なんて探検をし始めます(笑)

 

その1階での 一通りの探訪が

終了すると・・・

 

階段好きな kowgaは

階段を登り始めます・・・と

IMG_2811

大きな吹抜けの手摺から

顔を出して・・・

 

『ねぇねぇ・・・』

IMG_2813

and よくわからない日本語で

僕に一生懸命話しかけます(笑)

 

なんて言ってんだろうなぁ〜

 

で 吹抜けからは

子供部屋 からの ベッドルーム。

IMG_2815

色んなお部屋があって

大満足の耀雅くん

 

だけど・・・

 

耀雅のお家じゃないからねと

話すポロシャツ・・・

 

そして 探訪が終了すると

扉が大好きな 耀雅くん。

 

色んな所の扉を 注目し始めます。

 

この扉は・・・ってな感じで

IMG_2816

IMG_2809

天井まで伸びる

大きな扉には すごく興味津々

 

なんで こだわるのか

未だに僕にも理解不能

 

で 引き戸のレールを覗き込んでは

どうなってるの・・・?的な

感じの 動作確認。

IMG_2810

なんか 検査員っぽくて笑える

 

扉をみては

『ねぇねぇ〜これなぁ〜に』

 

彼は彼なりに

何か 不思議なものを

見ていて 知りたがるんでしょうね

 

ポロシャツも 一応

それなりに説明はしますけど・・・

 

本人の回答は・・・

『ふぅ〜ん』って

 

真新しいお家をみて

本人も少々興奮気味。

 

30分ぐらい探訪したかな・・・

 

今日は ポロシャツの仕事に

お付き合いして頂きまして

長靴さん ありがとうございました。

 

帰りは ご褒美の

“ハンバーグおもちゃ”へ寄って帰り

本人も 喜んでくれました

 

あっ 僕ら家族の中で

ハンバーグおもちゃ

マクドナルドのハッピーセット

 

たまたま

今回のハッピーセットは

耀雅の本命のプラレールでした。

 

御殿場のマクドナルドでは

お友達もできて

何やら 二人で楽しそうでした。

 

ハハハ・・・

プチママ友な感じの中での

マクドナルドでした(笑)

 

今日の I am kowgaのお家探訪でした!

IMG_2819 2

 

まる


夢・・・

夢・・・

IMG_0513

今日もいろんなオーナーさんの

夢を語ってもらいました。

 

家づくりを通して色んなことを

語り合えると言うのは

家づくりを提供している人たちにとっては

最高の仕事です。

 

夢の先には たくさんの想い出が

生まれるし

そして 何より その家族に置いて

幸せを語ると言うのは

世間一般的な話から言うと

中々遭遇できない出来事の一つですよね。

 

さらなる幸せを求める事を望んで

我が家を建てるわけですから

そりゃぁ〜 幸せのおすそ分けを

頂けると言うのは 本当にポロシャツ自身

幸せというものです

 

さぁ〜て

そのような幸せを思う存分

語ってくれたからには

当然ですが 僕自身の夢を語らせて

頂きたく候・・・(笑)

 

そんな・・・僕の夢を

今日〜は お知らせ。

 

その前に 我が家を建てるって

我が家を建てる夢って

 

なんだろう・・・!?!?

 

って 考えたことは

必ず誰しもが感じたこと。

 

家を建てるのも“夢”だし

何か 物を購入すると言う事も

 

もちろん 夢。

 

物を手に入れた時の幸せと

その後から やってくる

その我が家に家で生まれる幸せを

感じたいから 我が家って

建築すると思うんです。

 

そんな自分以外の夢の話を聞いて

ポロシャツ自身は・・・?というと

 

単刀直入 に 話をすると

 

耀雅と奥さんと好きな事をしながら

楽しむ事ができる時間が欲しい。

 

って奴ですかね

 

僕は 耀雅とレースをしたい。

 

耀雅と一緒の

同じレギレーションの車で

勝負をしたい・・・

言ってみれば 一騎打ち

体重こそ僕の方が当然に

いつまでたっても重いんでしょうけど

それは 親子のハンデ。

 

こんな感じのトレーラーに乗って

耀雅と二人で キャンプ生活を

して見たい。

IMG_0513

日本全国のサーキット場を巡りたい。

(5分で描いた写真の合成とスケッチ

けっこう上手に描けるようになりましたv)

耀雅は 僕に似て

超〜〜〜〜ビビり・・・なんです

 

だから 初体験するサーキット場で

奥さんと3人で

どんな親子レースをするか

どんな 勝負ができるか・・・

サーキット場を巡りたい。

 

僕の夢でもある・・・

グースネックトレーラーで

 

グースネックって

トレーラーの醍醐味の一つ

家庭用のトレーラーでは

特別な代物なんだって。

スクリーンショット 2017-10-18 1.10.15

このピックアップトラックで

スクリーンショット 2017-10-19 1.58.34

こんな感じのトレーラーを引っ張る

 

そうすると

↓こうなる(笑)

IMG_0513

 

だから 夢なんですけどね・・・

 

色んな場所に行きたいなぁ〜(笑)

 

後ろのトレーラーのコンテナには

耀雅の練習用レーシングマシーンを

乗せて どこまでも自由に出かける。

 

出会えたサーキット場で親子で勝負!

 

お父(とう)たん と

同じレギレーション(車の性能)を

共にして 耀雅と一緒にいつかは

サーキット場で走りたい

 

のと・・・

 

ポロシャツよりも速く走れ!

 

それが 僕が一番 今、

追い越さなければいけないのが

マシンオーナーさん

 

夢を語るには ちょうど良い

距離感なんでしょうね・・・

 

息子 と 父親。

 

それが 僕の夢。

 

 


最近のマイブーム。

2017/10/16 | 田中家のお話

最近のマイブーム。

 

と 言っても僕のブームでは

僕ではありません。

ポロシャツじゃぁ〜ないですよ。

 

耀雅のお話。

 

最近 よく喋れるようになった“こうくん”

 

言葉もさることながら

自分でなんでも

自分のことをするのが好きになって

少しずつですが 自分が出来ることが

行えるようになったんで・・・

気に入った行動は

とにかく やります

 

で その身の回りをすることの一つ

 

それは

 

靴をそろえる。

IMG_3327

とにかく 脱いだらすぐに

並べます。

 

最近では 自分の靴だけでは

飽き足らず 僕の靴やら

奥さんの靴やら

履いていない靴まで。

 

僕も あまり

靴を揃えない方でして

 

耀雅と一緒に家に帰って来た時は

次の日とか 出かけるときは

必ず靴が 並べてあります。

 

ちょいと前までは

左と右が逆だったり

自分の靴と 僕の靴を

交互に並べたりとか

少々、デタラメでしたけど

最近では しっかりと並べてあります。

 

えらいえらい。

 

こうくん お利口だねぇ〜って

褒めてあげると

すぐに調子付く奴。

 

しまいには これからはく

スリッパまで並べてから

履き始める様。

 

靴を並べて喜んでいるのは

今だけでしょうけど

まぁ〜良いことです。

 

『こうくん ありがと』って言うと

 

『はぁ〜い、、またね』と意味不明(笑)

 

それも 子供らしくていいか・・・

 

いつまで 続くかなぁ〜

お利口な こうくん。

 

今のマイブームは 靴を並べること

IMG_3327

次のマイブームは なんでしょうか?

 

親バカポロシャツは

次のこうくんが 楽しみであ〜る!


三島駅での出来事

2017/10/15 | 田中家のお話

三島駅

 

新幹線で 僕が遠出をすると

 

おっ こりゃビックチャンスと

言わんばかりか

うちの やんちゃ坊主が

 

三島駅まで

お迎えに来てくれます・・・

けど 当然ですが

 

お目当は

とうちゃんの帰りではなく

新幹線を 見たぁ〜〜〜い!

 

と言うことなんですよ(笑)

 

まぁ それはそれで

理由はどうであれ

我が子と奥さんに迎えに来てもらったら

そりゃ たちまち ハッピー。

 

ですよね(笑)

で 今日は僕の帰りも遅く

頑張って起きていて

とうちゃんを迎えに来てくれたんで

 

は〜つたい〜け〜ん!

 

何を耀雅にさせたかと言いますと・・・

 

改札口の切符を回収するところで

 

耀雅に全てをやらせて・・・

どんな 反応がありかなぁ〜

 

って

 

切符を渡し

 

→この切符を使わんと

一生 俺らでられへんぞ・・・

 

と言うちょいちょい

大阪弁を利用させてもらうと・・・

 

切符を機械の中に通して

改札の入り口のドアが開き

 

耀雅は その切符をもらえるつもりで

いたんですが・・・

 

見事 機械に没収(笑)

 

『それっ!とうちゃんのっ!』

 

って文句を言う耀雅

返せよう・・・って

改札口でしばらく

立ち止まっていましたが

 

言っても後の祭り

 

耀雅は不思議な顔をしながら

僕をみて・・・

手を繋いで帰るときも

 

ずっと 改札機を

眺めていました。

 

無知ってことは

可愛いときもあるんですね・・・と

 

思った今日この頃。

 

新幹線で 帰宅するときは

また迎えにきてねぇ〜


血が出た

2017/10/14 | 田中雅之を知る

負けはない、失敗もない。

 

負けはない。

失敗もない。

 

僕の好きな言葉で

発明王のエジソンは

 

一つの成功の為に

百の経験(失敗)をする

百の経験(失敗)があるから

一つの成功がある。

 

と言う言葉を残すほど

本当であれば 失敗であると

認識しなければならないこと

失敗であると 確信しなければ

いけないことでさえ

それは 成功の為の経験だと

 

言います。

 

けど。

これは まさに本当だと思うんですよ。

 

先日も 明らかに僕の負け。と

認めらざるを得ない経験をしました。

でも この経験は

明日への理解と挑戦だと

 

仕事ではなくて

わたくしごとだったんですけど

そのような経験をしました。

 

認めざるを得ない失態。

 

でも 失敗と思いたくない自分もいたりして

 

まだ 僕の道は閉ざされてはないし

また 再度くるチャレンジの

第一歩でもあるんだ・・・

 

みなさん最近

唇を噛み締め

悔しさのあまり

唇を噛みちぎり

血を流したことってありますか

 

そのぐらい悔しい思いをした経験。

 

正直、僕はなかったに等しい。

 

けど 先日ありました。

 

二度とこんな失態するかよっ!って

 

心に決めた出来事。

 

その気持ちが

ここ数年間はなかったような。

 

だから 余計だったのかもしれません

涙も出そうでした(出なかったけど)

 

そうやって人は

今の自分より大きくなるんだなぁ〜

 

って言う、貴重な経験をしました

 

さらなる努力を重ねて

次は 悔しい思いをしないように

張り切って行きたいっすね・・・


さぁ〜しゅっぱぁ〜つ!でも心配。

さぁ〜しゅっぱぁ〜つ!でも心配。

 

沼津初 23:40発の

 

寝台特急列車 サンライズで

関西方面へ・・・

IMG_2776 2

IMG_2777 2

といっても

寝台列車の中で ワイワイ出来るわけでもなく

新幹線同様 お仕事中でございます(笑)

IMG_2778 2

寝台列車って

寝るまでの間は いいんですけど

寝てしまったあとが 結構心配なんです

 

なぜかと言うと

さすがの寝台列車だけあって

車内アナウンスゼロ!

 

車内は 本当に揺れ以外は静か。

完璧です。

 

今も 乗車中でブログを

書いているんですが

静かそのもの。

 

新幹線よりも 静かで

いい感じの場所で 結構好きな感じです

 

その代わり

降車は全て自己責任。

 

完璧なまでの 目覚まし時計と

気合を持って起きないといけないんすよ(泣)

 

その辺だけが 僕にとっての

恐怖感感じるところです

 

で・・・

 

何気に 利用しているこの寝台列車なんですけど

 

実は・・・

 

ちまたで噂の 豪華寝台列車とされる

カシオペアとか 旅行関係では

色々なバージョンの運行がありますが

 

国民の足として利用されている

定期運行列車って

 

実は・・・実は・・・

 

今、まさに僕が乗っている

このサンライズ号しか

今、日本の中にはない

唯一の寝台列車だそうです

 

知らなかった・・・

 

結構灯台下暗しで

気がつけば希少な列車に乗っているんだと

気がつきました

 

僕が子供のころ・・・

夢にまで見た

寝台列車ブルートレイン。の同じもの

 

子供の頃には 乗れませんでしたけど

こうして今、実務の移動手段として

使っているこの状況は

ある意味子供の頃の

“夢” 叶ったりなんですかね(笑)

 

明日の朝 全て自己責任での降車。

 

いつもは いや覆うなしに

耀雅が朝 僕の目覚めを手伝って

くれますが・・・

 

今日ばかりは いません。

 

さてさて・・・

 

大丈夫かな(笑)

 


総記事数4,351件

PAGE TOP ↑