*

「 月別アーカイブ:2012年03月 」 一覧

猛烈に勉強してますが・・・

2012/03/31 | 日常

猛烈に勉強してますが・・・
皆さんは 2月から僕が
書き始めた お便りの
“ポロシャツレター”の存在は
もう知っていると思います・・・
その“ポロシャツレター”の
編集に最近ですが
フォトショップ と
12033001.jpg
こんなことが 出来ちゃうソフトです
いったいどちらが 本物の女性かわかりません・・・
多分 大きな女性が本物だと思う
勝手な想像をしている TANAKA です
イラストレーター と言う
12033002.jpg
こんな似顔絵も書けちゃう
ソフトです・・・
編集ソフトを導入しました。
簡単に編集が出来るものだと
思い込み 使い始めましたが
これが 何とも難しい・・・
悪戦苦闘しております・・・泣
もっと簡単に編集できるはずでしたが
中々これが 
にっちもさっちもいかなくて
わからない事ばかり
僕たちが頼んでいる
デザイナーの方に 講師を
頼んで教えてもらっているのですが
覚えるボタンやアイテムが多すぎて
うまく使いこなせません・・・
12033003.jpg
デザイナーの方にいただいた
テキスト本 ですが
何が どこに書いてあるのかすら
わかららない・・・ ∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!
覚えるとこんなに 
楽で 上手に使いこなせるソフトは
無いと言われて導入したのですが
逆に ひとつの事が
完成するまでに 多くの時間を
使い込んでしまうありさま・・・
早く身につけたいと思います
まだまだ 頑張らなくては
いけません・・・
またまた 勉強することが
増えてしまった今日この頃・・・
頑張ります!!
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2012/03/31


大迷惑・・・1

2012/03/30 | 日常

大迷惑・・・
僕が高校3年生の時の歌
“大迷惑”
今の奥田民生が 若きし頃
組んでいたバンド “ユニコーン”の
歌です
12032901.jpg
なんとなく 夜ひとり事務所で
仕事をしているときに
周りの雰囲気がさみしいなぁ〜と思い
かけたのが
この“大迷惑”
12032902.jpg
高校3年生の時には
メロディーこそ 大好きでよく聞いていましが
歌詞の内容までは把握をしていませんでした
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
大迷惑←ここをクリック
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 
懐かしいなぁ〜と 思いながら
聞いていたら 今まで 頭に入ってこなかった
歌詞が鮮明に 脳裏に浮かんできました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
大迷惑の歌詞←ここをクリック
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 
話の内容は
大きな会社に勤めるサラリーマン
夢のマイホームを建てるのですが
建てた瞬間に 転勤の話
しかも 3年2か月・・・
自分の仕事は 住まいづくり・・・
なんか リンクしてしまいました。
また いかに 歌の歌詞って
きにしていないな〜と
思った瞬間でもありました・・・
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2012/03/29


大迷惑・・・2

2012/03/29 | 日常

大迷惑・・・2
本当にその様な オーナー様が
今まで たくさんはいませんが
少なからずいましたから
そのオーナー様家族の心境が
はっきりとわかってしまった・・・
12032903.jpg
そんな感じです
僕の友達に 大企業の人事部で
働いているんですが
前に転勤の話を持ち出したとき
その友達は ぼそっとこんな事を
言っていました。
『ある意味 踏み絵なんだよね・・・』
会社にとって大切な人材に対して
会社の忠誠心を確かめるためのものでも
あるんだよって・・・
その時思ったことは
大企業で働くのは
大変な事なんだなぁ〜・・・と
転勤のあるような会社に
務めたことが無いので
良くわかりませんが
出世道を進むには
外すことのできない会社のイベント
家族を犠牲にするのは
良くない事ですが
仕方がないんですよね・・・
大迷惑なのか
それとも
うれしい昇進へのステップなのか・・・
でも この主人公は
『お金なんて すこしで いいのだ〜』と
叫んでいるので
大迷惑なんでしょうね・・
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2012/03/30


ゴールデンウィークに向けて上昇!

2012/03/28 | 時事

ゴールデンウィークに向けて上昇
イラン情勢による
石油の値上がり・・・
12032801.jpg
それに伴い 
燃料発電に切り替わった日本全域での
電力会社からの電気料金の値上げ
東京電力に関しては
原発事故による値上げ
一般家庭には及んでは
いないものの 企業向けの電気代値上げが
始まります・・・
電気依存の日本・・・
と言うより世界的にみても
依存している産業です
その材料費が
ゴールデンウィークに向けて
底上げしてくると言う
通達が 届いています
仕方がないと言えば
仕方がない事ですが
今まで 1000円で購入できていたものが
1000円で購入できなくなる・・・
と言う事は 建築費も
間違いなく上昇すると思います
何千万円もする“住まい”ですが
1000円の材料費も
“ちり”もつもれば“山”となる・・・
その方程式で
これからしばらく動いていきそうです
資材メーカーさんにがんばって
もらいたい気持ちもありますが
限りがあるでしょうし
また メーカーでの経費の
増大が見込まれて 売価が同じであれば
これもまた 経済の低迷に
直接つながってきますよね・・・
難しい問題ですが
正面から受け止めなければいけません
思えば 昨年の今頃も
震災関係で 物資単価が上昇しましたね
1年もたたずに 
不安定な状況がまた 続きそうです
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2012/03/28


コンビニで…『泣いてましたね』

2012/03/27 | 日常

コンビニで…『泣いてましたね』
いつも行く
コンビニ・・・
2件あります
本社の隣にある“サークルK”と
自宅に帰る途中にある“サークルK”
顔なじみで
僕にとって 何のリクエストにも
答えてくれる
本当の意味の
『コンビニエンス』です
店長さんも
そこで働くスタッフの方も
顔なじみで 何も言わなくても
『ハイ』と 必要なものを
先読みして 出してくれます
そんなコンビニで レジで待っていると
スタッフの一人から
『社長この間 泣いてましたね・・?』と
声をかけられました。
いきなり言われたもので
何の事だか さっぱりで
『はっ 何々・・・?』って
スタッフの方は 笑いながら 
『沼津市全体に
泣いている写真をばらまくのは
社長ぐらいだよ・・・』
12032701.jpg
そう言っていたので
やっと気づいて
この間の 広告ですね・・・と
お互い笑いながらの
会話が出来ました。
ちょっとした会話でしたが
ほのぼのとした
コンビニライフでした・・・
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2012/03/27


詐欺罪・・・で 死刑!?!①

2012/03/26 | 日常

詐欺罪・・・で 死刑!?
いきなり 『死刑!?』と
言った見出しで 
何・・・と思われたでしょうけど
ほんとかよ!と
僕も驚かされた記事です
日本ではなく 中国での話・・・・
詐欺罪と言っても
取ってつけたようなもの
ある女性が 事業を起こし
波にのります
業績も上々で まずまずの会社を
運営していました・・・
事業をおこして 大きな波に
乗り業績を 伸ばしていくには
成長のスピードにもよりますが
業績がアップすれば アップするほど
ほとんど会社は 銀行のお世話にならないと
いけません・・・
12032501.jpg
で 今回のこの社長は
銀行から融資の合意がえれないまま
事情をスタート
共産主義の中国では 
中国内にある銀行はほぼ国営銀行です
その銀行から融資が行われないと言う事で
闇金融や それに類似したところから
日本円にして100億円借りたそうです
それもすごい事だと思いますが
結果として 少し業績もままならず
返済苦に・・・
7割の返済は完了しましたが
残金払えず・・・
で 裁判となったわけなんですが
判決の結果は 死刑・・・
金融への 借金返済が出来ない・・・
その後 死刑。
日本では考えられない
裁判での結審
その背後に揺れる内容は
続きにて・・・


詐欺罪・・・で 死刑!?!

2012/03/25 | 日常

詐欺罪・・・で 死刑!?!
この死刑判決には
大きな裏の話が続きます
それは 官僚へのワイロ・・・
企業を発達させるために
結構な金額のワイロを使ったと
法廷で証言をしたようです
12032502.jpg
実際問題 この企業に
お金を貸した 金融業者は
告訴をしていないようです
また 自己資産を売却をすれば
残りの残債を返済する能力も
十分とはいえないものの
かなりの金額を返済することが
出来たと書いてありました。
法廷では 死刑囚の資産を
勝手に とんでもない金額で売却判決が
出ていたり また 
死刑囚が 告訴したワイロの受取人の
官僚には 刑罰が及んでいないと言います
実際に 中国政府が認めていない
金融業者をだましたと言う詐欺罪にあたると言う
内容で 死刑になってはいるものの
実際には 官僚たちが
この死刑囚の口封じのための
死刑だとうわさまで出るほどの
おかしな裁判だったと言います
日本では 考えられないような
判決の結末です・・・
いくら 中国がすごいと言われていても
まだまだ 共産国家の悪い点が
あらわになった ひとつの問題でもあると思います
ワイロをおくらなければ 
この企業の発展がなかったかもしれませんが
あまりにも大きな代償の内容です


65歳 定年・・・ほぼ確定①

2012/03/24 | 時事

65歳 定年・・・ほぼ確定①
65歳定年・・・・
正しく言うと 再雇用。
『高年齢者雇用安定法改正案』
が成立しそうです
しかし 企業側は 大きく反対をしています
理由は 若い社員の士気の低下につながり
企業の人件費負担のふくらみから
(反対している経営陣のほとんどが
60歳以上なんですけどね・・・)
12032205.jpg
現実問題として
約45万人の定年退職者のうち
ほとんどの社員が 再雇用契約により
働いているのが現状です
でも 給与が約半分ぐらいになっているようです
その中でも 約8000人の人が
再雇用を認めてもらえない状況らしいです
田中建築にあっては 60歳以上のスタッフが
2名いますが 自分たちが
働けるまでは 田中建築に
いてもらいたいと僕は思っています
話をもとに戻しますが
いくら 企業側が反対をしていても
現実論として なるようになっていく・・・
これが本音だと思います
いずれの話ですが
だんだんと長寿社会になっていく日本では
年金受給率の引き上げをしていかないと
年金そのものが崩壊するとまで
言われています
12032206.jpg
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2012/03/22


65歳 定年・・・ほぼ確定②

2012/03/23 | 時事

65歳 定年・・・ほぼ確定②
日本の本当のところでは
構想の中では 年金受給年齢が70歳
また 雇用の定年年齢が70歳と
だんだんとなっていくと
そういわれています
定年雇用の底上げでも
仕事自体のやる気や
70歳の人が 仕事の油が乗っている
40歳代の人と 一緒に仕事が出来るのか?・・
12032203.jpg
と 疑問視する企業が多い中
色んな問題を抱えながら
徐々にですが 描いた世界が
いずれやってくると思います
日本では お金がないと
生きてはいけません
収入を得るすべは
日本では 大きく分けて
2種類あります
ひとつは 勤労所得
もうひとつは 不労所得
勤労所得は おわかりの通り
サラリーマンや 会社経営者だと
給料に当たります
個人事業主だと
売上-支払 で 残ったお金になりますね
どちらにしても 働いて稼ぐお金です
もう一つが 不労所得です
わかりやすく説明をすると
年金・・・
これは 働かなくても国から
生活のためのお金を補てんしてくれる制度
その他では
アパート経営者や
12032207.jpg
証券、株などを持っていて
その利益です
12032208.jpg
アパートや証券、株などは
すぐには 身の入りにはなりませんが
年金は 年を取ると
自動的にもらえるものです
その年金の受給年齢は
一般的には 65歳からです
もちろん 特別に申請をすれば
60歳からもらえますし
70歳からと 遅らせることは出来ます
でも 一般的に考えると
60歳定年で 年金受給は65歳だとすると
5年間は 無収入状態です
この5年間の生活費用は
そのまま 働くか
それとも 貯めてきた貯蓄を取り崩すか・・・
そんな生活が 今のまま進むと
やってくると言う事になります
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2012/03/23


65歳 定年・・・ほぼ確定③

2012/03/22 | 時事

65歳 定年・・・ほぼ確定③
企業側が 反対していることもわかります
また国の年金財源の海保について
難しい側面を抱えていることも
当然わかります
僕の中では 各個人個人が
年金の受給を当てにするのではなく
自分自身の生活は
自分で守るという 
日本以外の国では 当たり前に
行っている自己年金に
頭をスイッチさせることが
一番大切だと 思うのですが
日本人全体にその様な考えを
普及させることは 
難しいの一言だと思います
今 30歳代の若者は
自分が年金受給の年齢になるまで
まだまだ 時間があります
自己防衛のためにも
少し自己年金のついての知識も
持ち合わせて セカンドライフの
計画を考えてみては いかがでしょうかね。
男性の平均寿命は 78歳
でも 現在60歳の男性がこれから生きる
平均余命に直すと 86歳
女性の平均寿命も平均余命も
ほぼ変わらず 86歳・・・
仮に65歳で リタイアしても
約20年間の年金以外の
無収入期間があります・・・
長い長い時間です
約10万時間もあります
この10万時間を有意義に
生きれるのか 
12032201.jpg
それとも
働く人生にまっとうするのか・・・
12032204.jpg
今なら まだ計画出来る時間は
残っています
日本の国だけに 
自分のセカンドライフを託すのは
少し危険なことかもしれませんね・・・
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2012/03/24


総記事数4,351件

PAGE TOP ↑