*

「 月別アーカイブ:2010年12月 」 一覧

ラスト!!!

2010/12/31 | 日常

今年も 今日まで
2010年も終了します
あと わずかですね・・・
今年一年間を振り返ると
色んなことが 沢山ありました
なんといっても 一番大きい出来事が
STUDIO LUXE 
新事務所のオープンでした
沼津市長も参加してくれたグランドオープンは
つい昨日のような出来事でした
そして 色んなオーナー様との
出会いもありましたし 
また 懐かしいオーナー様とも
再開できました。
その際の 思い出話で 盛り上がったのも
よ〜く 覚えています
思い起こせば 人生初という
経験も沢山しました
毎年恒例の アメリカへの出張も
1泊3日と言う 強行な旅もありました
その際 異国でのぎっくり腰 発生も
懐かしい思い出でした
空港の警備員に 止められ
“今日は日本に帰れないぞ!!”と
脅かされ 
腰が痛いわ 英語が通じないわ
踏んだり蹴ったりな経験もして来ました。
色んな思いでも 
色んな出会いも 含め
皆さんに感謝したいと思います
来年は 僕にとって 30歳台から40歳台に
変わる人生の中でも ある意味
門期な時です
来年に出会え人、事に期待をしながら
今年最後のブログを終了します
今年1年間ありがとうございました・・・
2010/12/31 TANAKA


アルコール免疫が消えた・・・

2010/12/30 | プライベート

久しぶりに 頭が痛い・・・
昨日仕事収めをした後に
飯塚と勝間田 を拉致して
仕事収めの一杯会をしました
今月からダイエットの為に
夜 アルコールを取るのを控えています
体重が75kgになるまで
家では飲まないと決めて
今日でちょうど30日です
昨日と 会社の忘年会で飲んだきりで
多分 明日も飲まない予定なので
12月は 2日しか飲んでいないことになります
お酒を飲むようになってから
こんなにお酒を飲まないって初めてだと思います
元気な肝臓を取り戻したかと思いきや
今日は朝から 二日酔いです
頭も痛いし 内臓の調子も悪いです・・・泣
お酒を飲んで こんなにつらいのであれば
もしかすると 
吸わない飲まない の超健康な体を
手に入れられるかも知れません・・・
たまに偏頭痛もあるのですが
以前のような 偏頭痛の回数も
心なしか減った様で 愛用していた
頭痛薬も 飲まなくなりました。
で 今日 朝起きたら 二日酔いの頭痛が
したので 頭痛薬を飲んだら
夕方頃から 胃が痛くて痛くて・・・
何から何までが 健康になったようです
頭痛薬をのんだって 胃痛を起こすことなんて
無かったのに・・・
頭痛薬に胃薬が入っていることが
今日 体に起こった症状でわかったような気がします
まだまだ 目標体重までダイエットを
しなければなりませんが
ダイエットの副産物として
体の健康を手に入れられそうです
体重が減ったときに思った
『どれだけ 余分なカロリーを取っていたか・・・』が
ひきがねとなって 自然な体を手に入れることが
出来ました。
来年は 是非 時間をとって
運動もして 本当の健康な体を手に入れたいと思っています
アメリカ人は やせていて
体の健康を手に入れる事が出来ている人は
人口の約10%程度だと言うことです
時間の管理、健康の管理、出来る人は
ある一定の層以上と 言われているそうで
アメリカ人って 大きくて太っていると言う
イメージがありますが その人達は
その一定に達していない人達と言う事でした
全てが合っているとも 思えませんが
時間と健康管理まで出来ているという人は
確かに レベル的には高い人達だと言う事は
わかります
来年の目標として 
健康管理!!
来年から 介護保険加入者として
自覚したいと思います!!
2010/12/30 TANAKA


今年もありがとうございました!

2010/12/29 | 日常

仕事収め・・・
今年一年間 ありがとうございました。
今日で 田中建築工業も仕事収めです
昨年までは 事務所の中も 人数相応で
大変というイメージはなかったんですが
今年は 大変です
事務所部分は 約30坪程度なんですが
STUDIO LUXE 全体を考えると
300坪 ありますから
それは 掃除もやり出があります
僕の部屋も 広くなってしまったせいもあり
沢山整理整頓をしなければ 
ならない場所があります
ひとつひとつ 片付けをしていたら
今年はこんなこともあったなぁ〜
なんて思いながら ついつい
手が止まってしまうことばかりで
思い出にふけている時間も・・・
今年は最後の最後まで
忙しい1年でした。
ありがたいことですね
色んなオーナー様などの
出会いの中 今年で一番の大きな出会いは
オーナー様を省くと
藤村先生に 出会えたことではないでしょうか
人生の中でも ここまで
偉大な先生と親密になれた事はないです
人と出会う事が ある意味僕の中では
人生の中の醍醐味と思っていますが
毎年毎年 色んな偉大な先生と会います
しかし 藤村先生のように
ず〜と そばで一緒に仕事が出来る人は
中々いません
オーナー様とのコミュニティーの場を
開設するのにも 僕自身も会社も
初めての経験だったので
とても参考になりました
藤村先生来年もよろしくお願いします・・・
なんて 思いながら片づけをしました
このブログを書くと 今年の業務は
終了します・・・・
既に会社の中は 飯塚と勝間田しかいませんが
社員にみんなに 感謝しています
“今年もありがとうございまいました”
来年もまた 色んな事が出来る1年でありますように・・・
それでは STUDIO LUXE から
最後のブログです・・・
2010/12/29 TANAKA


武将から学ぶ!!

2010/12/28 | 日常

一致団結
最近読んでいる本で
織田信長の本を読んでいます
歴史を読むのは本当に久しぶりです
同じ 織田信長の本を読んでみても
書いている人が 違うと内容も少し変わっていて
意外と面白いです
今回読んでいるのは 信長の戦術的なものを
主体としている本で
武将と言われる考え方が 教えられます
僕たちが行っている住宅業界の経営の中には
必ずしも“戦術”“戦略”とは 必要とは限りませんが
経営と言う論点で考えると大変勉強になることが多いです
また 読んでいる僕の歳でも 
また 会社規模の大小によっても
同じ本を読んでも 感覚が違い
その本が僕に 問うている事も違うので
なんとなくですが 歴史の本は
違う本のように読めます
今 読んでいる織田信長の中で
特に感じるのは 一致団結
その一致団結には 織田信長の恐怖 というものも
垣間見れるのですが 
そのことよりも 他の武将の様に
兵が戦いをしている時 後ろで身構えている事より
織田信長 自身が先頭に立ち
戦場へ向かう姿を見て 先陣に立ち
兵に奮いを立たせている印象が残りました
会社の中でも 何もしないでいる社長。
先頭に立ちながら もしくは
先頭に近い立場で 社員を援護している・・・
そんな経営者の感覚が 良いイメージに残りました
今 まだ 僕がこの会社でしなければ
いけないことは 沢山ありますが
その中でも もっともっと オーナー様や
お客さまと向かい合い
フェイス to フェイス を自ら
率先していかなければいと
再確認できる 織田信長でした・・・
また 時間があれば 織田信長以外の、
豊臣秀吉、徳川家康この3大武将だけでも良いので 
読み返してみたいと思います
でも まだまだ 今年は終わりそうも無い
田中建築工業です
気合をいれて がんばりたいと思います
2010/12/28


ラッシュです

2010/12/27 | 日常

来年は・・・
来年から田中建築工業は
着工、上棟ラッシュです

ひとつの原因は 住宅ローンでフラット35を
利用するに当り 長期優良住宅の取得を
一気に 盛り上がったから・・・
普通の住宅と長期優良住宅では
確認申請を提出する書類も 
何倍も増えて また 確認申請機関も
対応に追われて 中々 対応がスムーズに
難しくなってきているという事が
重なり 長期優良住宅を望む
オーナー様は 年をまたいでしまったのが要因です
ラッシュになるのは 
うれしいことですが もう少し
スムーズに申請も出来れば尚の事
良いなぁ〜なんて思っています
なので 来年の1月、2月の着工式は
多くのオーナー様と顔あわせになる事になります
時間も少し早目からのスタートです
うれしい響きのご報告です
今、打合せをさせていただいている
オーナー様の中にも 多くの長期優良住宅を
望まれています・・・
設計チームも 来年は寝る間を惜しんで
活動活動 ではないでしょうか・・・・
オーナー様の為に 1日でも早い
引渡しを 田中建築工業の全社“力”の限り
がんばりたいと思います・・・
それにしても 大勢の着工式は 
仲間たくさん・・・的な感覚で
僕は好きです
第○○着工式同窓会!!
なんて 開けそうですもんね・・・
来年からは とにかく
元気で勢いがある田中建築工業にご期待ください
2010/12/27 TANAKA


老後は 日本に頼れない・・・?1日目

老後は 日本に頼れない・・・?
今回は3日間連続です
【1日目】
今日のニュースの中で 面白い記事が
あったので 紹介したいと思います
まず 何のためにこの話をするのか
お話をしておきたいと思います
僕自身 建築の勉強と セカンドライフの為の
勉強に 日本と言う国から 飛び出して勉強しています
建築のために世界へ 勉強に行く・・・
これは 何となく皆さんにはわかるような気がします
でも セカンドライフの勉強になぜ 世界へ・・・と
不思議に思われるかもしれません
我々 日本人は 老後になると
働かなくなります・・・
世界でもこのことは共通しています
働かなくても 生活していけるのはなぜでしょうか・・・
それは働かなくても 収入が入ってくるからです
これは ぞくに“不労所得”と言います
少しでもお金に興味がある人なら 聞いたことがある
単語だと思います
この“不労所得”ですが 日本人は ほぼ全ての人が
国に頼る“年金”と言うものにすがります
日本の国は全世界から見ても まれに見る
老後社会にとって 面倒を見てくれる良い国なんです
社会福祉的に考えると 今 優れています
では 外国ではどのようになっているかと言うと
外国では “不労所得”は 国に頼らず
個人の力で 何とかしていると言うのが
おおよその現状です
“不労所得”の反対は 働いて収入を得る事で
“勤労所得”と言います
外国では この“勤労所得”も“不労所得”も
自分の身は自分で守る が原則なんですね・・・
日本の国で言う “不労所得”の年金ですが
果たして 本当に20代30代40代の若者まで
神話は続くのでしょうか・・・・
日本の中の様子を わかりやすく
説明していた記事があったので紹介します
国の財源を 一般家庭に見立てて物語に
なっていますので わかりやすいと思います
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
20101224ax09b.jpg
収入はやや持ち直したが、借金頼りの生活は変わらず、
妻のへそくりはついに枯渇-。
2011年度一般会計当初予算案を
サラリーマン家計のやり繰りに見立てると、
景気低迷が長引く中、何かと物入りで、
年収に見合わない生活を続けざるを得ない
家族の姿が浮かび上がる。
夫の年収(税収)は409万円。
昨年よりは回復したが、最盛期には遠く及ばない。
高値づかみした住宅のローン返済などの
借金(国債発行残高)は6680万円。
年215万円の返済(国債費)は、支出を前年並みに抑えても、
家計に重くのしかかかる。
老いた親は介護が必要となり
、医療費(社会保障費)は膨らむ一方だ。
年収を上回る443万円の借金(新規国債発行)がないと
924万円を支出する生活を維持できない。
ここ数年、家計を支えてきた妻の
へそくり(埋蔵金など税外収入)はほぼ底を突いた。
生活を切り詰めたり、無駄遣いをやめたりする努力が
十分とは言い難いが、来年は収入増に向けた抜本策も
考えないといけないのは明らかだ。(2010/12/24-18:48)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
どうでしょか・・・・?
こんな状態で 後の20年後〜40年後 
はたして日本と言う国は 
ちゃんと持ちこたえてくれるでしょうか?


老後は 日本に頼れない・・・?2日目

老後は 日本に頼れない・・・?
今回は3日間連続です
【2日目】
20101224ax09b.jpg
僕は はっきり言って 無理ではないかなぁ〜と
思っています。
実は日本の国は 満身創痍 な国では無いかと思います
(満身創痍とは 体中傷だらけ と言う意味です)
年金を当てにする事が もはや 
悪いと言う感覚にまであるように思います。
もし皆さんの年収が 409万円で 924万円の支払いが
あるとすると・・・・
住宅ローンで考えると 409万円の年収で
6680円のローンを抱えている状態
しかも このローンは 完済に向かうのではなく
自分たちの生活費 924万円を 
やりくりしていくのに 新たにローンを
付け加えていく生活 
借金を借金で補う いわば 悪循環の
消費者金融に手を出している状況に
よく似ているんです・・・・
もし 消費者金融にお金を払う事が出来ないと
一般の人は 何をするかと言うと 
“自殺”もしくは“自己破産”です
その様な結果は皆さんにもわかると思います
じゃぁ 日本と言う国は どうなるのか・・・・
残念ながら“自殺”と言う選択はありませんが
“自己破産”と言う選択はあります
これを“デフォルト”と言います
日本がデフォルトをしたら どうなるのか・・・・
“勤労所得”の時であれば それは何とか
働いて生き延びる事が出来ます
日本は資本主義ですから 日本の金融が崩壊しても
当然今より 経済は一時期悪化はしますが
働き手としては無いわけではありません
しかし “不労所得”の時だとすると
やりようがありまえん・・・
社会福祉をする財源が無いわけですから・・・
今 政権交代を理由に 出してきた
マニフェストですが 実行できてるとはいえ
ニュースでよくやっている“事業仕分け”で
支出削減を掲げていますが
自民党よりも 民主党に変わってからのほうが
実は 国の合計支出は増えてく一方なんです
政権交代のための 国の借金のふくらみを
どう考えれば いいのでしょうかね・・・・
不安で 仕方がありません。
641876.jpg
2010/12/25 TANAKA  


老後は 日本に頼れない・・・?3日目

老後は 日本に頼れない・・・?
今回は3日間連続です
【3日目】
世界の先進国の中で もっとも金融で危ないと
言われている国は 実は “日本”だったりするんです
興味のある人は 下記のクリックより記事を読んでみてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
先進国 国債発行GDP費は第1位!!←ここをクリック!!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 
昨年 田中建築工業では この事実をしっかりと
受け止めて 社員達に 本当の日本の国と
セカンドライフのセミナーをしました
それを 実行している社員もいれば
していない社員もいます
僕は 教える事が 救える事だと思っています
その考えに従う 従わないは 本人たちの意思ですが
もし 本当に“デフォルト”なんて事が
おきたときには いくら社員だからとしても
“勤労所得”の保証は出来ても
“不労所得”の保証は出来ません
本当に どうにもならなくなってからでは
なす術が 無いように準備を
真剣に考えなければならない事だと思います
セカンドライフを 自らの手で
守っていかなければならない方法として
imagesCA0F0QZ3.jpg
衣食住 に対して不安を抱えない事です
まず【住】 “不労所得”になる前に 地代家賃だけは
払わないような家計体質にしておかなければ
いけないという事
そして【食】“不労所得”の食生活に不足ない
蓄えをしておくこと
最後に【衣】“不労所得”の時に満足に優雅に
暮らせる楽しみ方を 考えて 
“勤労所得”時代 若い時の今、準備をしておかなければ
なりません・・・
簡単に言うと こんな所ですが
中々 難しいですよね・・・
来年 この“セカンドライフ”に向けての
セミナーを開催する予定なので
是非 日本の危機を感じている人は
参加してみてください・・・
今回は3日間連続で 本当に日本は大丈夫なの・・・
と言うテーマで書かせていただきました
今年も後 数日ですが 少し自分たちの将来に対して
考えてもおかしくは無い 前兆があるような気がします
お正月休みに じっくり考えてみてはいかがでしょうか?
imagesCAOIG62I.jpg
セカンドライフ・・・老後の生活について・・・
その為にも 今 住宅を取得しておかないと
とんでもない事が 起こるかも知れません・・・
2010/12/24 TANAKA


メリークリスマス!in LUXE

メリークリスマス!in LUXE
今日の打ち合わせも 
本音!本音!!本音!!!の打ち合わせで
僕の中で 勝手に盛り上がっていました
本音トークって 僕は大好きで
これから 一生一大のイベント
夢の家づくりに 駆け引きだとか
さぐりあいだとか ビジネスだとか
そんなものが大嫌いで
オーナー様が思う 大事な事やもの・・・
それを しっかりと受け止めることが
出来れば それが一番の適切な
打合せだと思います
皆さんはどうですか?
さて 今日は イヴイヴ ですね
世間では なんと 今日から4連休という
会社もあるそうで 例年より
クリスマスイベントには 
最適な週末と言うことで
東京のラグジュアリーホテルでは
満員御礼の札が 出っ放しと
先日のニュースで言っていました
また 前年度よりも クリスマスプレゼントに
かける費用は なんと 1、5〜2,0倍だとか
でも 少し奇妙な現象も出ているらしく
それは 自分が自分にプレゼントをする
男性も女性も多いそうです
景気低迷で 普段出費を抑えている事が
自分にとってのクリスマスプレゼントには
お財布の紐が ゆるくなっていると言っていました
とある東京のデパートでは
人気が高い商品の 1点あたりの購買コストは
なんと8万円 と言うから 
少し驚きですね・・・・
話は変わりますが 
STUDIO LUXEでは
今年のオーナー様が中心となって
クリスマスパーティーを開催していました。
へんなサンタクロース達・・・
hara_20101223_272.jpg
僕は 最初の挨拶に登場する予定でしたが
打合せも同時に入っていて
少し遅刻をしてしまったので
終回の挨拶で まとめさせていただきました
クリスマス会では 
プレゼント交換会や
TANAKA KENCHIKU BAND モッキンズの演奏や
300坪の建物の中で行う宝探しゲーム 
また じゃんけんゲームなどを やって
オーナー様と その子供たちが
くしゃくしゃになって笑う笑顔が見れました
こんなに 沢山のオーナー様が
集まってくれて 田中建築工業としては
なんと ありがたいことだと感謝しています
hara_20101223_334.jpg
詳しくは 社員のブログにて
確認してください・・・すみません 
ほとんどクリスマス会に参加をしていなくて
より良い状況の説明ができません・・・・(泣)
最後に 今日参加してくれた オーナー様たちに
アンケートをとらせていただきました。
その中で 宝探しゲームが
子供、大人さながら 燃えました〜と
書いてくれた方が 多かったですね・・・
STUDIO LUXE も使い方しだいで
だいぶ 違った角度から見れて 
何回も足を運んでくれているオーナー様もいましたが
新鮮に見れたのではないでしょうか・・・・
来年も盛りだくさんのイベントを用意していますので
今回これなかった オーナー様は楽しみに
待っていてくださいね・・・・・
それでは 今日はこの辺で・・・
サンタクロースになれなかった TANAKAです
あっ 実はなりたくなかったのかも知れません・・・・笑
2010/12/23  明日は正真正銘のクリスマスイヴです
あと 10分でメリークリスマス!!!


健康と疲労回復

2010/12/22 | プライベート

健康と疲労回復
もう少しで 僕も40歳・・・泣
オーナー様の前では いつも
歳を聞かれると 
『 僕ですか?永遠の18歳です!』
とキッパリと答えます
『 しかし 当時の18歳で今の18歳には
ついていけませんが・・・』
なんて 付け加えて話をするんですが
体はやはり がんばっている振りを
していますが 39歳なんですね〜
残念ながら
ダイエットを始めて 約3週間たちます
おかげさまで 4.2kg やせました
10122202.jpg
と言っても やっていることは
家での晩酌をやめて 夜はサラダのみです
それだけで 4.2kg痩せると言う事は
いかに 夜、無駄なカロリーを取っていたかに
自分自身も驚かされるばかりです・・・
そのかわり お昼ごはんは ガッツリ食べます
体重は減っても けど 疲れが抜けません
その原因を今回は探ってみました・・・
したら 驚くべき真事実が・・・
運動選手と言われるアスリートに
秘密が隠されていました。
わかった事とは
疲労回復には もっとも効果的なのは睡眠です
いわずと知れている事なんですが
以前 こんな本を読んで 覚えている言葉があります
それは
『一流アスリートの必須条件として、
どこでも寝れることだ!!』 。
と言ったところから やっぱり
人間の疲労回復の最も効果的なのは睡眠です。
レム睡眠とノンレム睡眠を山谷のように
繰り返し朝を迎えます。
大体90〜120分周期ともいわれている様で、
疲労回復の鍵は寝入りばなの
最初の谷であるノンレム睡眠中に、
成長ホルモンが大量に分泌されているようです。
この成長ホルモンとは、脳下垂体から分泌される、
まさしく人間の細胞を修復させるホルモンであり、
別名、若返りホルモンと呼ばれています。
ここからが 一番大事なところです
このホルモンがたくさん分泌されると
疲労回復につながるのですが
残念ながら、幼児期に1日に約8回分泌されますが
成長とともに1日1回(睡眠中)
となり、20歳くらいをピークとして徐々に減少します。
子供時代や学生時代はどれだけハードな練習をしても、
一晩寝ると疲れが残らないのはまさしく
この成長ホルモンのお陰だと言えるようです。
寝る子は育つの意味はここに多分あるのだと思います
さらに驚いたことに
35歳を過ぎるとこの成長ホルモンは、
なんと70、80歳の老人と同じ分泌量となります。
この年齢に差し掛かると、一晩寝ても疲れが取れない、
酒が抜けないなどの理由はここにあります。
なので 米国では、ハリウッド女優などは、
この成長ホルモンを増やすために、
注射をしたりする訳です。
これが いわゆるアンチエイジングですね。
最近では 僕もたまに注射している
“プラセンタ”も これにあたる一種だそうです
そこで この成長ホルモンを
サプリメントで分泌さえる事が出来るそうです
かの朝青龍も イチローも 
切っても切れない存在で飲んでいるようです
もちろんドーピングには 縁の遠い話だと言う事です
この事実を知ったときは 正直僕も驚きました。
体力をつける のと 体力を回復 させるのでは
意味が まったく違うと言う事でした
そこで 僕の知り合いの
トレーニングアドバイザーに 聞いたところ
その作用に優れていて 日本のアスリートが
愛用しているサプリメントがあると言う事で
紹介してもらいました
グリコから 発売されているサプリメントでした
僕も最初 “えっ キャラメルのグリコ?”と
思いましたが アスリートのサプリメントでは
なんと グリコ がもっとも今 注目を浴び続けている
メーカーだと言う事も 教えていただきました。
そのサプリメントが 今日 自宅に届いたので
早速 今日の夜から 試してみたいと思います
10122201.jpg
若返り!と疲労回復の為に トライ!!!です
2010/12/22 TANAKA


総記事数4,287件

PAGE TOP ↑