*

「 月別アーカイブ:2009年10月 」 一覧

助けたネコが 退院してきました。

2009/10/31 | 日常

昨日助けたネコが退院してきました。
車に引かれたといっても
顔をぶつけた程度だったそうで
軽い脳震とうと 顔の筋肉が少し切れている
それと 犬歯が折れてしまっていると
その程度ですとの事でした。
脳震とうを起こしていたので
動く事が出来ず 間単に捕まえる事が
出来たんです 昨日までは
でも 今日帰ってきて 元気が良い良い!!
まぁ 普通の身体にもどっただけだろうけど
昨日とは 別ネコのようでした。
昨日のネコの動きが頭にあったので
事務所で開放してあげたら
なんと 逃げ出して
捕まえるの一苦労でした。
あげくのはてに
僕は 親指を噛まれるありさま・・・
でも 元気になってくれて
本当によかったと思っています。
北側の家に預けに行きましたが
どことなく 淋しそうに見えたのは
自分だけだったかな?
元気なネコを 抱いていられる自信はなく
勝間田が持っていた
選択用のネットに包まれて
持っていきました・・・
2009/10/31 田中雅之


ネコを助けた 社員たち!!!

2009/10/30 | 日常

今日の夕方 
社員の カツマタ兄弟(実兄弟ではありません・・・)
設計アシスタント部の 勝間田と
現場監督の 勝俣(社員紹介にまだ写真がありませんでした。)
突然 2人が
『 専務 事務所の前でネコが 引かれて
しまったんですけど・・・ どうしたら良いですか?』
『 助けてあげなよ・・・』
『 はい 道路の隅に寄せたんですけど・・・』
『 病院に連れてって あげなよ・・・』
『 わかりました!』
と 間髪要れずに 病院に向かいました。
その後 僕も気になり 病院に駆けよりました。
以前 僕も2匹のネコを助けようとしたことがありました。
でも 1匹は とき既に遅く 病院に着いたときには
助かる余地もなく そのまま なすすべもなく
病院を 引かれたネコを引き取って 千本松原に・・・
お墓を作り 首輪があったのでお墓の上において
その場を去った経験があります。
その後 新聞記者にその話が伝わり 
新聞に記載された事もありました。
もう1匹の方は 病院に運ぶことなく
その場で 死んでしまったので
また 千本松原へ
そのネコは 首輪をしていなかったので
そのまま お墓を作り その場を去りました
で 今日の出来事で3回目・・・
助けたときは 少し元気で歩いている様子だったので
大丈夫だよなって思いながらも
病院に入るときには やはり嫌な思い出が
よぎりました。
でも 結果は 頭を少し車にかすめただけで
体には異常がないとの説明を 2人が受けている
ところでした。
ネコは きれいな体でノミも発見されず
足の裏も非常にきれいな状態と言うことで
飼い猫の 家ネコじゃないかとの事。
飼い主も心配していると思ったけど
一応 1日入院・・・
明日の夕方に 引き取りに・・・
田中建築工業の北側の方が 親切な方で
ネコを1時的に引き取ってくれると言う話になりました。
もし 飼い主が見つからなければ 
会社で飼うか・・・ そんな話までしていたのですが・・・・
で もっと感動したのが
この カツマタ兄弟 なんと
ネコアレルギーの持ち主だったんですね。
一言も そんな事も言わずに
病院に 連れて行きました。
僕が着いた時に へんな網を持っていたので
『 何それっ』 と聞くと
『 僕たち二人 実はネコアレルギーなんです』 って
どれだけ ひどいアレルギーの持ち主かわかりませんが
でも そんな体の状況も考えずに 助けたい一心で
行動した二人に 僕が感動しました。
僕にしても 初めて命を救う事に
居ることが出来た事も うれしい事ですが
それ以上に うれしかったです。
感動した金曜日になりました。
2009/10/30 田中雅之


人気の不動産

人気の不動産って すごいものですね。
改めて 思い知らされます。
田中建築工業で 長泉の不動産を
扱ってみる事にしました。
今まで 田中建築で家を建てたいのだけど
長泉で土地が買えないと
思い悩んでいる方が あまりにも多かったので
そんな理由で
また 人気のある土地なので
欲しいと思われている人へ
すぐに引渡しが出来る準備をしたい・・・
そんな 思いで 
1区画 取り扱うことに・・・
もしご希望であれば
検索してください。
でも 扱いは“おうちフレンドパーク”と言う
不動産会社で扱っていますので
お問い合わせください。
↓↓↓↓↓↓↓

今日と言う日は・・・

2009/10/28 | 日常

今日と言う日は 二度ときません。
自分らしく 目いっぱい
生きていますか?
今 もし 悔いが残る瞬間を
作り続けているとしたら
生涯 どんな思いをしなければ
ならないか 想像したことがありますか?
一生懸命に生きるのではなく
悔いの残らない 人生を生きる。
一生懸命生きても 悔いが残るような
生き方をしては いけません。
先日 弟が入院をしました。
一時は 命さえも危ないなんて
言われたぐらいで
朝一番で 父親から電話がかかってきた時に
いつになく 張りのない声で
告げてきたのが 今でも耳に残っています。
おかげさまで 命を取り留めたものの
まだ 治療もままならず
体力の回復を待っているような状況です
そんな事態を迎えたのは
人生始まって以来のことで
何をしていても 頭から離れません。
弟が 何も食べ物も口に出来ず
ただ ベッドで横たわり
治療を待つことを望み 体力の回復をしている
状況を考えると お酒も もちろんおいしくないし
食べ物も なんとなくおいしく感じられない日々が
続いています。
その時に ふと思うんですね。
いけない事だとはわかっていても
もし自分が弟の様になった時に
自分らしく過去を振り返ることが出来るだろうか?
弟は 風来坊の様な性格で 何も考えず
自分らしく 気ままに生活をしていたので
その辺りは 僕と違って うらやましく思うのですが
今の自分にとっては どうかなって・・・
ご安心ください。 
弟の身に危険は もうありません・・・
もしかすると そんな弟の今までの生活を見ていると
もっと自分らしく生活をする事が
必要なのではないかなって軽く思いました。
今まで 自分らしく生きてきたと
ずっと思っていましたが
なぜか 身内にこんな事態が起こると
自分の身に置き換えたような感覚になり
ふと今までの人生を見直したりしてしまいました。
そう思いながらも
早く病状が良くなり 元気な姿を
見たいと心から思っています・・・
2009/10/28 田中雅之


ジョギング!!!

2009/10/27 | 日常

朝も毎日 散歩&ウォーキングに出かける
日課はごく普通にできるようになりました。
雨の日か もしくは 
前の日に 少し飲みすぎた日以外は
必ず行きます
ハートレートモニター
(心拍数を図る機械です)を
付けて ウォーキングをすると
早足で歩かないと
ダイエットの効果が出る
心拍数まで上昇しません。
右腕で “ピーピー”うるさいので
時々小走りで 
歩くことが 多いのですが
一緒に歩いている 
“そらお”と“たいよう”は
つまらなそうです・・・・
本当は あっちより こっちよりと
ぶらぶらと 歩きたいのでしょうが
僕のわがままで 
ただ ひたすら歩くような
散歩になっています。
今日そんなウォーキングから
そらお が 本当につまんなそうな
顔をしたんですね。
約1kmぐらい歩いたところで・・・
自分もそんな そらお の顔をみて
少し“ムカ!!!”としました
その時に なぜか
ジョギングになったんです
その瞬間 そらお の顔が
まるで子供が笑ったような笑顔になったんです
本当に・・・
なので 約1Km走ることに!!
ウォーキング3Km + ジョギング1Kmの
朝のコースになりました。
終わった後は 心地よい疲れが・・・
2009/10/


松下幸之助に・・・

来月より 田中建築工業は
新しい構成でスタートします。
主軸は 若い社員。
8月より 若手育成について 
会社では 色んな取り組みを始めています。
その内容が ほぼ決まってきており
いよいよ 
田中建築工業の田中雅之が 
いつなんどき どうなってもいいように
組織化を 構築できる準備が出来ます。
その中で 最近ですが
松下幸之助の書いた 本やら
名言やらが とにかく
耳や身近に入ってきて こんなに松下幸之助が
身近に感じれるのであれば
なんかの タイミングだと
勝手に感じ これから
主軸となる 社員達に
共に自分と勉強して行くことが
今 重要ではないかと 
誰かが 教えてくれたと思いました。
アマゾンで 本を取り寄せたので
来月より 始めようと思います。
_09102602.jpg
相田みつを の名言も
09102601.jpg
勉強になる言葉だらけですが
もっと 深く細かくした名言が
松下幸之助の言葉だと思います。
よく 松下幸之助は経営の神様だと
よく言われていますが
人生感でとらえるならば
経営論関係なく いろんな事が
勉強できると思います。
社員のモチベーション高く 
保ってオーナー様の為になるのであれば
とことん 田中建築工業として
勤勉を 怠ることが出来ません。
さぁ いよいよ 始まります
2009/10/26 田中雅之


かっこいい・・・オールドマン。

2009/10/25 | 日常

今日 東京の街中で かっこいい
オールドマン・・・おじさんを見ました。
サングラスをかけて 
風を切って 走っていました。
何が かっこいいかと言うと
こんな車に乗っていました。
09102403.jpg
しかも 決まっているんです。
そう 
LEONのジローラモばりの感じ
09102501.jpg
悪 と言うよりは おしゃれ!!
そんな 感覚でした。
自分もこんなスタイルで
風を切りながら
走りたいと 思います。
“Z”もかっこいいですが
自分は歳を重ねてから
乗りたいと思っている車があります。
ベンツのSLシリーズ。
09102402.jpg
東京の六本木あたりでは
お金持ちの若いお兄さんたちが
乗っている車ですが
60歳代で乗りたいと思っています。
こんな感じの おじさん!?
かっこいいと思いませんか・・・
最低でも 元気で60歳を迎えなくては
いけないですよね。
健康とそれなりのお金を用意しなければ
乗れない車です・・・
今のところの
僕がおじいさんになってからの
夢です
いつまで この夢が残っているか
わかりませんが
かっこいい オールドマン!!
僕の憧れを 先日 東京で見ました。
2009/10/25 田中雅之


既にお引渡しをした“お宅”拝見。

僕は はじめて
既にお引渡しを済ませた 
オーナー様のお宅を拝見する
バスツアーに参加しました。
お宅拝見バスツアー・・・
感想は “良い”の一言でした。
かなり 勉強になったのではないかと
思います。
引渡しを終えた オーナー宅を
まず 1件。
そして 引渡しを終えて
その後 脱サラをして お蕎麦屋さんを営み初め
そして 我が家をそのままの形で
店舗へ変更。しかも 原型ととどめての
内装・・・
その後 現在進行中の 現場へ向かい
構造見学をしました。
隅々まで 見ていただいて
田中建築工業の標準仕様の断熱材
セルローズファイバー”の説明と
構造に関する部分を 徹底的に見ていただきました。
最後に もう一軒
引渡しを終えた オーナー宅を
見ていただき 我が社へゴールです。
引渡し前の家と違い
約3年経った 自然素材の家の説明
圧倒的な感想は・・・
『3年経っているなんて 思えない・・』
そんな声を連発されていました。
まぁ それが自然素材のいいところなんです。
なぜかと言うと
石油製品で出来た 仕上げ材は
完成引渡し時が 完成度100%で
自然素材は 月日を重ねるたびに
良い感じに 変化をしていきます
なので 見た瞬間に 古臭さを感じないんですね。
また 自然素材で出来た家は
ほとんど 生活臭が感じません。
消臭効果抜群なんです。
最初にお伺いをしたオーナー様は
犬を 室内で3匹飼っていますが
あまり 犬の匂いがしません。
確実に 自然素材は効いているという証拠です。
そんな事を 再確認できる
お宅拝見ツアーです。
来月も開催する予定となっていますので
是非 一度参加してみてください。
2009/10/24 田中雅之


“ PLATINUM RESIDENCE ”

2009/10/23 | 日常

今 時代が2極化にめまぐるしく
動いています・・・
ある意味 今から住宅を求めようと
がんばっている方は
2極化の中でも
成功者の仲間だと 思っています。
弱者に回れば アメリカ同様
10000〜15000ドル 労働者が
(日本円にして 100万円〜150万円)
どんどん生まれてくると想定されています。
その中では 当然住宅を求めることを
あきらめざるを得ない状況が
充分考えられいて 
もしかすると 共働きをもってしても
不可能に近い 世帯者が
考えられます・・・
また 成功者の中にも
大きな2極化が進みそうな雰囲気ですね。
アメリカと言う国を見てみても
総資産額が1ミリオン。
(日本円にして 1億円)
の人々が多く生まれている状況が確実に
増えています。
日本もまた その様な方々が
増えていくのでは・・・
アメリカ化を目指す日本では当たり前の事。
で これから少しずつですが
プラチナ族が 増えていく状況です
そんな 状況から先日もブログで
書かせていただきましたが
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ここをクリックして下さい。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
来年の夏に オープンします
皆さんも是非参考にして下さい。
“ PLATINUM RESIDENCE ”
もうひとつの 
“ TANAKA KENHIKU ”
2009/10/22 田中雅之


フラット35

改めて フラット35の仕組みを
もっと砕いて 理解したところ
銀行のローンと
まったく違った 団体と言う事が
改めて良くわかりました。
日本の銀行より 
もっと世界観をもった金融機関と
言った感じでしょうか・・・
日本の銀行で販売している商品としては
まず 住宅を購入するさい
“担保”なるものを とります。
いわゆる 抵当権といわれるもの
その担保なんですが 
日本の銀行では 
その購入予定の不動産に価値をおきます
不動産に価値がなければ 購入できないと言う事
最近では 不動産の価値も下がり
物的な担保だけでは充分に 補えないので
購入予定“者”に担保の価値を 付け始めました。
人の価値とは 未来性ですね。
今では 日本の銀行では 
50%不動産価値 50%人的価値 のようです。
また 外国では ほとんどの割合で
人的価値で 判断をしていくようです。
そのフラット35ですが
どのようにして その担保価値を見出しているかと言うと
ほとんど全ての状況において
人的価値で判断するようです。
東京電力や 学校の職員なんかでは
不動産担保を要求せずに
退職金を担保にとって貸し出します。
フラット35も
一番 公共機関があつかう住宅ローンに似ています。
共済みたいなものです。
その 人的価値って 何!?ですよね
それは 将来働き続けることが出来るか?
もしくは 完済できる能力があるのか?
おおよそ この2項目のみ。
しかも 過去の経歴も あまり重要視しないと
言う話も聞きました。
ただ 今の経済能力に フラット35の
返済基準に適合しているかどうか・・・
その様な判断をしているようです。
当然 その敷居は高いものですが
もしかすると 一番最先端の金融商品なのかも
知れません・・・
これからの時代どのように なるかわかりません・・・
でも 皆さんが住宅ローンを組むと 
自分がもらう収入の全期間を通して
支払っていく そんなイメージですね。
資金計画・・・
しっかりと勉強してください。
2009/10/22 田中雅之


総記事数4,287件

PAGE TOP ↑