TANAKA

「 月別アーカイブ:2009年06月 」 一覧

それと・・・香港続編。

2009/06/30 | 社外勉強

香港に行ったときに ある有名な四柱推命の先生に
僕の人生について 見てもらうことが
偶然に出来ました。
風水鑑定士と言う ライセンスを持っていますが
何となくですが “偉大な・・・先生です。”
なんて聞いてしまうと ついつい見てもらってしまう癖が
出てしまう僕なのです
しかし 香港では本当にとっても有名な先生だそうで 
運のいい事に ちょうど先生も予定が付いたという事で
見ていただきました。
人の出会いは 本当に必然かつ 重要な出会いと
感じている自分ですが 
日本人ではなく 香港出身で しかも自分が
滞在している時に 偶然時間が空いたという事
まさに 僕自身では 必然なのではないかな・・・と
感じています
詳しい事は 書くことが出来ませんが 
本当にびっくりした事は なんでそんな事まで
知っているの・・・と疑うばかりでした。
その様な人生の中の一部を聞いていくと 同じ様な人生にぶつかって
しかも 経験話をされると 誰でも大体経験積みの話が多くて・・・ 
とそんなオチになりそうじゃないですか
でもね とんでもないんです。
ずっと 話を聞き続けて45分 僕も一切話をしないで
なにも問わず 何も投げかけないで
丹単に話をしていたのです。
なんで この先生は 自分にこんな話をするのかなぁ〜と
ふと 思いながら聞いていたら これからの僕が
気をつけなければならない事が 自分の人生には
その生まれた歳だとか 名前に 刻まれているそうなんです。
四柱推命とは 確立論です。と言っていました。
占いは 20%の確立で 80%のその人の主観的意見を述べるから
当たる当たらない なんてものに惑わされる。
しかし 四柱推命は 80%〜90%までが
その人の生まれた年月日と生まれた時間 そして 名前などから
分析するから 当たらないわけが無い。
数学に似た 結論だと 言っていました。
だから 当たるといわれても うれしくないし
自分が こうした方が良いよと言うような占いじみた事も言わない。
なぜならば 人間は納得して生きていく生き物だから
説得は出来るけど 納得は出来ないものだ。と 念を押して言っていました。
と言いながら ずばっずばっと 突き刺さる発言が
山のようになり あえなく僕も撃沈してしまいました。
『 だめだ この人には なんでも見透かされている・・。』
そんな 感じでした
李先生と言うのですが 先生いわく 僕の運命には
『僕は 解決に欲を燃やす 人間』 と書いてあるそうです。
でも 疲れるから やめなさい・・・と言っていました。
そういえば 約5年前にも 書道家の“武田双雲”先生にも
同じ様な事を言われた事が ありました。
『 人を批判する悪者は次から次へと現れる その悪者を排除する
力があるのであれば 貴方の事を信用する人に向かって
全力を尽くすべきだと・・・』 そういわれた・・・と思ってしまいました。
李先生は 『 しばらく 何もしないで目を閉じて 自分自身が見える
瞑想に時間を使え』とそう助言してくれました。
もっと グロテスクな事もたくさん言われて そう行動しなければ
と言う事もたくさんありましたけど
ブログで書き込む事は勘弁してください
しかし 身に覚えのある事 また これからの試練の事に関しては
必然的に出会えた李先生の発言なので 忠実に考えてみようと思います。
さて 今日から出勤です。
みんなを 幸せにするオーラ全快で行きたいと思います
2009/06/30 今日でちょうど 一年の半分が終了しました。
それでは 田中雅之


香港から・・・

2009/06/29 | 社外勉強

先週に渡り 勉強に行っていた香港のブログを
一気にブログアップします
なので 日付と順番が逆になっていますので
あしからず
香港1日目
香港の第一日目です。
09062601.jpg
“セカンドライフを快適に・・・” 
そのスローガンを目的に 勉強会に出席しています。
今から 勉強会に出席する準備をホテルの中でしています。
内容盛りだくさんで 遊んでいる暇はありません。
本当です。
もしかすると サプライズ付 なんて事も
ビジネスパートナーから お伺いしているので
こころなしか 緊張しています。
どんな出会いがあって また どんな 自分の中でひらめきが
この地にあるのか 期待じゅうぶんです。
非常に楽しみな ビジネストリップとなっています。
話が変わりますが 実は香港は 以前に来た事がありまして
その時は 勤めていた会社の社員旅行で来ました。
来たといっても 16年前・・・・
しかも 当時はまだまだ20歳前半と初の海外旅行とも重なって
ただ 外国に行ってくる そんな感じの旅行でした。
その当時はまだ 日本の景気もバブル時代のなごりもあり
入社してまもなく 海外旅行を体験できる
今 考えれば大変貴重な思い出です。
今思うと バケーションで 海外に行く
そんな言葉が 懐かしく思います
最近 海外に多く出張する事が多いですが
先月のカナダを除いて 観光の“か”の字もありません。
その“か”の字もなく 海外に行ける原動力は 
オーナーの幸せのため それだけで動いている・・・
そんな感じです。
本題に戻りますが 今日は オーナーの為、
また 社員のセカンドライフのための 代表と言うことで
がんばって行きたいと思います。
もしかすると とんでもない提案ができるかも知れません。
本当の意味の
サプライズトリップを期待するという事で
今日のブログを終了します。
2009/06/26 田中雅之


すごい・・・まずは社員から

2009/06/28 | 社外勉強

香港2日目
香港のビジネストリップ 1日目が昨日終了しました。
今日の勉強会が終わった感想・・・
それは いや〜凄い 完璧かもしれません。
日本の国がこれまで 遅れているとは
思いも知りませんでした。
09062702.jpg
住まいの住空間 デザイン 色んな事が
遅れている日本・・・まさか 個人的な責任は付きまといますが
厚生福利の面でも少し視点を変えれば こんなに色んな提案が
出来るとは夢にも思っていませんでした。
知らない事が悪い事 と常識になっているわが国ですが
スマートに生きれば 生きるほど 得をする文化を
根から断ち切っている国こそが日本だと 思いました。
言い換えれば 北朝鮮を洗脳能力は変わりません
いや それ以上だと思います。
ただ 資本主義と民主主義の違いだけ。
でも 資本主義だからこそもっと自由に出来るものが
あるはずなのですが 日本には無くて 外国にはある
日本と言う鳥籠の外から出て 日本と言う国を客観視した時に
初めて思わざるを得ない 海外では考えられない
日本の非常識なトリックです
仮に 僕が勉強してきた内容を伝えても たぶんですが
理解できる人が1/10人ぐらいだと思います。
なぜならば 日本と言う国に洗脳されているからです。
良くも悪くも 『安全』 それだけをスローガンにした
巧妙な日本のトリックに気づいてしまった以上
僕は その日本のセオリーでは 生活はもう出来ません。
あとは 僕が色んな人に提案し 受け入れてくれる人には
全力でがんばるし 聞く耳を持たない人には仕方がありません。
まず こんな内容を オーナー様のセカンドライフの前の準備の段階で
社員に報告をしたいと思います。
今の 国策で行っている年金制度さえも くつがえしたい・・
そんな感じです。
詳しくは 社員研修の後で 
資料をそろえて オーナー向けに 発表したいと思います
そして やっぱりありました サプライズ。
それは 香港の証券会社の上場会社。
日本で言えば 上場会社の社長とその会社の清栄たちに
レクチャーと 案内をしてもらいました。
そのときの写真です。
09062705.jpg
また 前途期待の若者 IQ160オーバーの社員を扱う
若き社長からのメッセージだとか
09062704.jpg
09062703.jpg
色んなサプライズがありました。
大きな声では 話せませんが
間違いなく 日本は財産についての保守的と有効的活用については
遅れすぎています。
と言うか 法律によって ビジネスの独禁法とも疑われる会社によって 
阻害されまくっている状況がそこには ありました。
ブログではかけません。
しかし 日本人がわかっていない。知らない。
もっと言えば 資本主義とは到底離れすぎている 大きすぎる会社と
その雇用を守るための 日本の法律に汚い・・・
そんな イメージしか思い浮かんできません
ここでは 皆さんが何を 僕が言っているのか
まったく わからないと思いますが その内容の確認については
僕が開催する セカンドライフセミナーにご参加ください
大手のファイナンシャルプランナーが ぜったいに話してはいけない事情と
資産数億円の人しか 許されない日本の金融鎖国についての
話をしようと思います
今日の最後に ひとつ報告をします。
それは 田中建築工業では出来ないサービスです
日本の会社では 出来ないサービスがあります。
思い出してください・・・
僕の人生の目的。
『 僕の人生の目的は 
自分と出会えた人が僕と出会えたことにより幸せのなる』
僕のミッションです。
このミッションに 火がつきそうです。
何を始める 何に対して行動を移す・・・
細かい内容はぜんぜん 決まっていませんが
幸せに向かって 皆さんをアテンドしたいと思います。
今日は日本では出来ない かなりパーフェクトな
ビジネストリップになりました。
まずは 社員からセカンドライフの提案を
していきたいと思います。
他の会社では ほぼ味わえない
社員と会社との関係を 表現したいと 思います。
田中建築工業の社員が理解できれば
多分ですが 今 いる事だけで 人生の一生を
左右すると思います。
なので 他の会社の社員では味わえない事実を公表します。
09062701.jpg
でも 提案を受け入れるのは 自分の意志で決める事であり
強制はしません。しかし 本当に将来を見つめなおすのであれば
聞く耳は持つべきだと思います。
社員に限らず オーナー様も
全員の幸せのセカンドライフの為に ・・・・・
2009/06/27 田中雅之


社会勉強

2009/06/27 | 社外勉強

香港3日目
今日は社会勉強に行って来ました。
その行き先は “マカオ”です。
09062801.jpg
先に行っておきますが 僕はギャンブルが大嫌いです。
マカオと言えば ギャンブルの街ですよね
CASINO!!
CASINO!!
CASINO!!
のオンパレードでした。
パチンコもしない 自分なので カジノに行く事で
社会勉強と言うのが 最初あまり“ぱっ”としなかったのですが
ビジネスパートナーが 行った方が良いと
紹介してくれたので 信用していきましたが
本当に社会勉強になりました。
そこは16年前に行った マカオの“マ”の字も
存在しません。
ホテルの建設ラッシュです。
マカオをもともと 3つの島から成り立っているのですが
その2つの島の間の海を すべて埋め尽くし
そして 建設とCASINOの施設ラッシュです。
09062802.jpg
もしかすると バブル期前の 日本より凄い事になって
いるのではないかと 思わざるを得ない感じです。
不況不況と叫ばれながらも
微塵ともしない国が あると思うと 
ビジネスと捕えるのであれば
これからは グローバル(国境無きマーケット)で考えないといけない
日本だけで考えている事 自体がおかしい感じがします。
日本もバブル期には たくさんの外資系の会社がありふれました。
バブルを見据えて 退去した外資系の会社だって たくさんあります。
世界の好景気のチャンスを 肌で感じるのであれば
もしかすると ビジネスと言うものは
一国にとどまるといけない そう感じました。
今のところ何をするわけではありませんが
時代と世界の流れを読むということは 
大切な事だと思います。
また 客観的に日本を見つめるいい機会でもありますよね。
今回お世話になった 会社は 日本を始め
色んな国でがんばっている 日本人をクライアントにする
グローバルな会社です。
もしかすると 田中建築工業も
グローバル化にしていかなければ いけないかも知れません。
と言う事で 景気の良い 特別街区 中国のマカオに
行ってきました・・・
凄い国ですよ 本当に・・・・・
09062803.jpg
2009/06/28 田中雅之


帰ってきました

2009/06/26 | 日常

香港4日目
東京は 涼しいです・・・
と言う表現が 正しいでしょうか
ここ4日間の沼津はどうでしたか・・・
天気で言うと 香港は最悪の状態でした。
最初の日は なんとなく 雨が降ったりやんだりでしたが
後は 雨 雨 雨 の連続した。
マイケルジャクソンが死んでしまったじゃないですか
何処の番組を見ていても そのニュースばっかりでしたが
その横に 僕自身が見ていたニュースには
必ずといって良いほど 天気のサブ的なものが
オンエアされていました。
日本と違い 天気の予報パーセントが無かったように感じます
その分 温度 湿度の明記がはっきりしていて
湿度87% なんて書いてありました。
はっきり言って マイケルジャクソンよりも
俺が死んでしまう・・・そんな勢いでしたね。
そのぐらい 熱かったし 湿気が強かったです。
その気温や湿気も 長くいると
なじんでしまうのでしょうか・・・
さて 今回のビジネストリップのおさらいを“サラっと”
してみましょう
09062901.jpg
詳しくは セカンドライフセミナーでお話をします。
簡単に頭の中でまとめているのですが
1日で話をする量では ないので
少し小分けして セミナーを開催しなければいけません。
でも その位 真剣にならないと 本当にとんでも無い事に
なりかねないので 僕も真剣にお話をしますが
聞かれる方も 真剣になってもらわないと困ります。
断言しておきますが 誰でも出来る事ですが
必ず実行しなければ 何も起きない事実は絶対です。
しかも 僕は将来の心配は 家族満足に暮らせるレベルであれば
よっぽどの事が無い限り ありません。
もしかすると 僕が死んでしまった方が 奥さんにとっては
本当は 喜ばしい事なのかも知れません。
09062904.jpg
皆さんにお尋ねしますが 
もし僕が セカンドライフの設計が出来ていないとしたら
僕からレクチャーしてもらっても大丈夫ですか?
僕は嫌ですね。
前にも話したとおり 
人は 成功している人の話を聞いて 真似をして
失敗している人の話も聞いて 真似をしない事が
一番有効な 人生の築きあげですよね。
09062906.jpg
だから 僕が最初に完成された状態でなければ
それは 架空の成功事例になってしまうんですよ・・・
そのつもりで 僕の話を聞いてもらえると うれしいかな。
初級 中級 上級 なんて 位置づけてもよいかも知れません。
なんて冗談です・・・・
でも 心配しないでください。僕のレクチャー先は オーナー様と
従業員と 協力業者だけに 断定させていただきます
本音を言うと とことん勉強してもらいたいのですが
嫌いな人もいますので
簡単にまとめて 行います。
今から とても楽しみです。
09062905.jpg
成田エキスプレスで書いていますが
いつもは 住まいのデザインを勉強しに行って 
それはそれで 大変楽しい事なんですが
今回のビジネストリップも 大変勉強になったし
僕自身も再確認できたので うれしい限りと
有り余る『僕に出会えた おかげで人を幸せに出来る喜び』を
そんな力を感じながら 今 ブログを書いています。
それでは オーナーの皆さん また 会える日を
待っていてくださいね。
2009/06/29
幸せ家族応援工務店
幸せ請負人 田中雅之


セカンドライフの種類。

約1年半勉強してきたセカンドライフ。
そのセカンドライフも 
浅く広くずっと勉強して来ましたが
いよいよ最後のステージになりそうです。
セカンドライフを順風満帆に生きる。
人は23歳から63歳までの労働時間は約10万時間
また 63歳から最後まで そうしに至るまでの時間は
同じく10万時間。
労働時間10万時間は勤労所得がありますので
働きさえすれば何とか生活は出来ますよね。
しかし 63歳から死ぬまでの間は
不労所得といって 働かなくても所得があることを指しますが
一般的な考え方だと 皆さんも良く知っている年金だけですよね
その年金も今後 充分な金額をもらえるかどうか分からない。
そんな不安な要素を持ちながら 生活をしていても仕方がない
と言うのと 本当に幸せをつかむのであれば 
住まいだけ所有していても駄目 幸せになれないのです。
老後の幸せになるためには 4つの条件をクリアしなければ
なりません。
1 時間・・・退職すればあります
2 お金・・・今でも不十分な年金の事
3 健康・・・病気であれば幸せと感じられません
4 意欲・・・さぁ ○○使用とする欲の事です。;
1〜4までの中で 1、4、は大丈夫ですよね
だって 何もしなくても 時間は当然あるし意欲だって
自分しだい。
でも 2,3は そうではありません。
2 は準備が必要です。急にはお金とは入ってきません。
お金のなる木は“無い”と言うことです。
3、は常日頃の自己管理です。
病気でない=健康である と言うのは大きな間違いだと
以前のブログで書いたことがあります。
そのセカンドライフのお金編をずっと学んできたのですが
実は 自分のセカンドライフを豊かにするには
いくつも方法があったんですね。
最初は ファイナンシャルプランナーと言う勉強の元
軽い考えで始まったのですが 実は実はそんなに
生易しいものではありませんで 1年半掛かってしまったと言うのも
こんな経緯があったんですね。
その種類とは
保険・・・将来の自分の為に貯金と万が一の為に任意保険に加入する
貯蓄・・・銀行にお金をためる
株・・・・自分の資産を自分で考え 自分の責任で行う
マンション・アパート経営・・・家賃収入を得て 老後に備える
リバースモゲージ・・・我が家を売り出し生計を立てる
ファンド・・・他人の力を借りてお金を増やす。
感単にまとめても これだけのことがあります。
最初は 貯蓄
そして 保険
そして リバースモゲージ
そして アパートマンション経営
最後に ファンド そう金融です。
その金融の勉強に今日から香港に行きます
香港夜景
今 日本の金融商品は 外為法という法律に ガチガチに
固められてしまい 正しい運用が出来なくなっているのが
現状と分かったんですね。
金融の勉強にしてみると分かるのですが 実に
レベル表記で言うと 日本が1だとすると海外は20倍・・・
その位の金融鎖国といわれています。
その金融の本場 香港で金融関係の勉強です。
会う人 会う人 それは 遊びだと言われていますが
そんなわけありません。
金融商品の事について 勉強し
皆さんの為にフィードバック出来る様にがんばってきます。
今日 エスコートしてくれたサポートクラブの担当に
香港に行くと言ったら みんな 
『良いなぁ〜 旅行かよ』 ってそろって言われてしまいました。
と報告すると だから日本人なんだよな〜と 本気で
言われました。
香港金融
金融の国であって 本当であればビジネスの話か
金融の話をするのが 本当なんだよね・・・遅れてるよねって
だから 遊びじゃないですよ 仕事です。
しかも 皆さんの ハッピーセカンドライフの為にです。
沼津代表として 行ってきます・・・・
それでは ごきげんよう・・・
2009/06/25 田中雅之


友達。

2009/06/24 | 田中雅之を知る

今から 約8年前に自分から離れた
友達が居ます。
友達と言うか 人生のライバルかもしれません。
彼に頼りっぱなしの僕は 彼が居なくなった
会社をみて 『もう だめかな・・・』
そう思ったときもありました。
そんな肩を落とした自分をみて
今のクレームゼロ 活動をしている奥村が
励まくってくれました。
別に彼が悪いわけではなく 自然の摂理で
そう選択をせざるを得なかった状況で
奥村もそれは ものすごく寂しがり
僕よりも 心の中はブルーだったのかもしれません。
そんな時の奥村の励ましは
返すことが出来ないほどの 感謝を覚えています。
『二人でやれば 良いんだよ・・・』
で 今の自分たちが居ます。
当時から比べれば 僕も奥村も
大きくなりました。体重じゃないですよ・・・
大人としての階段を一つ一つ昇ってきたように
思います。
そんな彼と 週に数回 電話を取り合い
話す内容は 馬鹿な話ばかりなのですが
とても自分を見つめなおしたり 
自分を他人の目で見た感じの
客観視できる唯一の時間です。
共に 追い越せ追い抜かれ 
その様な生き方で 楽しく連絡を取っています
そんな彼が 今 人生の転機を向かえ
新たな自分へのチャレンジを
必死に取り組んでいます。
まるで 昔 奥村と自分とで何かを作り上げる
そんな単純作業なんですが中々
形と現れなかった 当時の感覚を思い起こすことが
たびたび。
でも 彼にはがんばってもらいたいと思います。
当然僕自身も 彼だけには 劣らないように
日々鍛錬をしていますが
今でも 良い刺激にはなっています
ケツメイシの“ともだち”を
聞くと 当時2人で また奥村と3人で
色んな所に 悪戦苦闘した当時の出来事が
走馬灯のように頭の中をめぐります。
お互いに別々の道を歩み始め それ相応の時期は
経ってしまいましたが
当時のライバル心だけは 健在です。
しかし 友達っていいものですね。
遠くに居ても ライバル心を書き絶たすことが出来るし
距離を感じさせない 仲を保つことが出来ます。
多分ですが 色んな悩みを話すことが出来る同級生は
彼を含め あと1人ですかね。
この2だけとはいいませんが 今の友達と呼ばれる
人達です。
これからも 大事に付き合って行きたいと思います。
読者の皆さん 友達 何人いますか・・・・・
3人は・・・
と言う話を聞きますが
ビジネスを忘れた 友達を持つと言う
有意義な自分に
感謝しています。
ならびに 友達にも感謝です。
友って 良いもんですね。
2009/06/24 田中雅之


夢と希望と現実のマイホーム

2009/06/23 | 日常

久しぶりに 家造りのいろはから
話をさせてもらった打ち合わせを今日しました。
家造りを真剣に考え 自分の気に入った不動産が
目の前に現れて その土地を購入したいのだけど
しっかりやっていけるかどうかの
相談を受けました。
是非とも前向きに考えたい・・・・と 
若い夫婦のお客様
資金計画や 家造りのはじめの一歩の打ち合わせは
最近ではコンシェルジュが各オーナー様や各お客様と
打ち合わせをするので あまり僕自身が打ち合わせをする琴が
ありませんでした。
逆に最初からお話をさせてもらえる
打ち合わせは本当に久しぶりで 逆に新鮮でした。
楽しそうでした 打ち合わせをしている夫婦の姿。
しっかりと応援をしたいと思う気持ちが
僕もうれしかったです。
一番最初の段階の あの初々しい目は本当に
楽しい と言う時間と
どうすれば と言う時間と
不安 と言う時間
僕たち家族でも出来そう!?と
そんな感じが身体からにじみ出ていました。
それと 田中建築の内覧会では おなじみだった
G様のご契約。
逆にG様は 中々 自分たちが建築したいと思っている
不動産が進まずに 悩まれていたオーナー様だったのですが
別の場所の土地が急遽 自分たちで利用可能になった
と言う事で 逆に急スピードで話がまとまりました
おめでとうございます。
今までは 田中建築のオーナー様の住まいを見学する事だけ
だった 住まいづくりも
今度は 願望と言う形ではなく
リアルに自分たちが 真のオーナーになることが
出来ましたね。
今まで悩んでいた分
丹精こめて また フルパワーの力で
ご協力させていただきます。
夢と希望と現実
家造り計画のプロセスを
最初と最後
両方いっぺんに 経験させていただいた
貴重な体験をさせていただきました。
皆さんもがんばりましょう!!
夢→希望→現実。
なせばなる。
なさねばならぬ。
けど 無理は絶対に いけません。
それでは
2009/06/23 田中雅之


スーパーファイナンシャルプランナー

2009/06/22 | 日常

富裕層をクライアントにしている
ファイナンシャルプランナーを今日紹介してもらいました。
これからのオーナー様のセカンドライフの勉強の延長上で
いつどんなオーナー様に出会うか分からない・・・
その時に ある程度 提案できるものが自分になければ
その時に ある程度 説明できるものがないと・・・
大は小なりではありませんが
大きな考え方が小さな考え方の色を変える。
そんな意味合いで 紹介してもらいました。
クライアント先が 資産家はもちろんの事
士業のスペシャリストの提案をしているそうです。
弁護士
医師
その他色々・・・
各業界のスペシャリストなどなど
自分にはほど遠い感じの話もいっぱいありましたが
話を聞いている感じでは 世の中には
本当にいろんな人がいる事を目の当たりに出来ました。
規模が違う 考え方が違う 感覚が違う。
違う3拍子だったのですが
人間の可能性について自分も新たな方向から
勉強できました。
今まで 自分の考え方に 不可能は無い!!!と
そう心の中に 言い効かせて 今日までいましたが
大きくそれを上回る人々が 
こんなにもたくさんいる事に びっくりです。
セカンドライフの考え方について色々考えて
勉強してきましたが 1つでも2つでも背伸びをした
世界をのぞくのも 男として大切な事ですね・・・・・笑
彼には色んな勉強をさせてもらおうと思っています。
自分が習得した知識の中で 皆さんに伝授できる
そう信じてがんばろうと思います。
さぁ 明日から セカンドライフの金融についての
勉強に行ってきます
色んな勉強して 皆さんにお伝えできる事を
心より楽しみにしています。
2009/06/22 田中雅之


初めての“サントムーン”

今日は 初めての住まいるフェアでした。
いつもは 沼津だけで開催をしているのですが
初めての三島進出です。
実際問題 僕自身は参加しなかったのですが
コンシェルジュ達は 結構忙しく
話をしていと言う事です。
さて ここまで 折り込み広告をだしたり
色んなイベントを開催している田中建築工業なんです
いつも 住まいるフェアを開催するのですが
決まっているのが 
まるで田中建築工業を知らない方ばかり・・・
まだまだ だなぁ〜なんて思って
開催をしています。
静岡ガスのエネリアも オーナー様やお客様と
一緒に行くときは 
田中建築工業のスタッフも ゲストとして
行っているのですが
逆に 開催側からお客様を待っている立場としては
やっぱり 立派な展示場だと言っていました。
さて 田中建築工業では 
不動産【土地】専門のコンシェルジュが居るのを
皆さんは知っていますか・・・
田中建築工業にオーナー様で まだ不動産を
所有されていない方が 結構居るんですね。
でも ほとんどが 
オーナー様自らが 自分で探して
きてくれる方が ほとんどで
不動産を所有されていない方が
中々 着工になる事が出来なかったのが
現状でした。
しかし それでは いけないと言うことで
完全に 不動産専用の
コンシェルジュを採用しました。
鈴木良介と言います。
さて これで今まで以上に
不動産からお求めになる方には
便利な田中建築工業になることだと
確信しています。
その為に Webサイト上にも
今 宅急犬となっていますが
名前を変えて 再度アップされる予定です。
もし 不動産からお求めになられる予定の方は
是非 トップページより
申し込みをしてください。
日本一の“物件紹介書”を送らせていただきます。
是非 びっくりしてください。
その出来の良さを・・・
それでは・・・・・
2009/06/21 田中雅之


可能性・・・

2009/06/20 | 日常

皆さん 次の話聞いたことがありますか?
『アフリカ人に靴を売る。』
ある 靴のメーカーがこの様な営業戦略を
立てアフリカの市場調査をした そんな話です。
市場調査を命じられたあなたともう一人の
合計2人が選出され アフリカに向かいます。
そして その後会社に報告をしなければなりません。
あなたは どう答えるでしょうか・・・
アフリカ人はやはり 靴を誰一人 履いていません。
だから まったく売れるわけがありません。
アフリカ人はやはり 靴を誰一人 履いていません。
だから 靴の便利さを教えれば 
ものすごい販売市場だと思います。
考え方の違いで 
0(ゼロ)か 無限大です。
皆さんなら どう会社に報告しますか?
僕は必ず 後者です。
市場(売れる要素)は必ずあります。
と仮定を立てながら 必ずチャレンジします。
はじめから ゼロと決めつければ売れるわけが無いし
また 後から成功して行く者を見ては
運が良かった と吐き捨て
また 失敗する者をみれば
ざまぁ〜みろと ののしる。
チャレンジして何らかの答えを出す者
人をみて 判断だけしている者・・・
どちらに なりたいですか?
可能性とは
やってみた結果を出す勇気であって
結果を判断する基準ではないですよね。
いつも 田中建築の社員には
口すっぱく 話をしていることが
今の様な事で
『必ずチャレンジしてから結果を求めろ』と
愚痴を言うな
目標を持て
協力し合え
そして
希望を持って前を向け
最後に
自分の可能性を信じて進め
このフレーズの答えの前には 
絶対に存在しない言葉が1つだけあります。
それは“ゼロ”。
ゼロとは自分の気持ちの中だけに存在するのであって
世間や社会には 関係ない・・・
可能性を信じて そして
自分の行動に移す。
結果の先に 求めようとしている答えがある
良いにしても 悪いにしても・・・
そして 良ければ これからの行動につながる
成功の道であって
悪ければ やってはまずい事のリストになります。
行動を起こせば 何らかの答えが出て 
そして それが自分のスキルになっていくのであれば
是非 行動するべきです。
皆さんも 
『アフリカ人に靴を売る』
そんなチャレンジ精神で 
ビジネス、遊び 何でも行動してみて下さい
新しい物が見えてくるはずです。
2009/06/20 田中雅之


当たり前の生活が・・・

2009/06/19 | 日常

今の当たり前の生活が当たり前と思い
今の自分と自分の周りの人々と
その生活に感謝をする事が出来ない。
もしかしたら 今が当たり前でなく
特別な時でしかも 二度と戻れない生活だったと
感じはじめ その時の行動に悔いがのこるならば
先日 僕の先輩である納得住宅工房の社長の
お父様のお通夜に参列した時に
頭の中をよぎった思いでした。
夜中に 社長からメールを頂き
僕の事を 親孝行だと社長は言ってくれました。
決してそうは思っていない自分に対して
二度と戻らない 久保社長とお父様の生活の中の
一部から出た 言葉だと感じました。
今 こうしている時も 時間は流れそして
死への進行は止まらずにいます。
また 一緒に居ることが出来る人とも
時間を消費している瞬間です。
もっともっと こうする事が出来た
とか
もっともっと 考えるべきだった
もっともっと 大切にするべきだった。
その様な思いを また 
その様な後悔をしない為に 
時間を大切に過ごしたいと
再確認できました。
人はいつ何時どうなるか
解りません。
が 一生懸命生きることは
自分次第で何とでも出来ます。
だったら 
自分をいましめ楽しい生活をしたいです。
季節の変わり目で 
自分の身近なところで
お亡くなりになる方が多いです。
体には お気をつけてお過ごしください
当たり前の生活が
当たり前の生活にならなくなった時に
後悔しない様に今を一生懸命に生きたい
そんな ブログでした。
2009/06/19 田中雅之


総記事数4,399件

PAGE TOP ↑