*

「 月別アーカイブ:2007年02月 」 一覧

風水の達人

2007/02/28 | 風水について

今日は風水の単独指導を受けました。
大阪より わざわざ沼津に来てもらい 今の会社の状況を目に見えない角度から
見ていただきました。良いところ悪いところ。
本場 台湾生まれの先生で 大学を目当てに日本に留学
その風水やら 心の感情の勉強やらで 進化は止まることを知らず
アメリカまでいって 色んな学問などを習得しています。
当社の判定と結論から言うと いい感じに成長および オーナー様との関係も
成り立っていると 言ってもらえました。
共に成長しているですって。
悪いこともそれなりにはっきり言ってもらえる先生で
ここはこうしたほうが良い そこはこうしたほうが良いなんて
指導も もちろんもらいました。
で 今の会社の中でもっとも悪い所。
ワースト1。
それは コンシェルジュ高田のいる場所そのものが 最悪 と言われました。
とにかく すぐに席替えをしろ と言うことでした。
振り返ってい見ると良いことも ありましたが 
悪いこともたくさんあったようです。怪我をしたり・・・
話を戻しますが
なんで自分も風水鑑定をしながら
そんな 他の風水相談なんだと思われる方もいるとおもいます。
自分も風水鑑定士として皆さんの 住まいの相談を受けていますが
自分自身を鑑定する事は出来ますが
やはり 本人だと第三者的な判断が出来ないというのと 甘えが出ると踏みました。
最近 本当に思うのですが 見えない『力』 【宗教ではありません(笑)】
影響力の大きさは個人差がありますが 存在すると思いませんか?
僕自身は思います。
運命の出会いだとか 奇跡 偶然 運が良い などの言葉 
特に 理屈で説明できない部分
本当に偶然ではないような・・・
常日頃 自分は今こうしている時も 新しく出会える人など 必然に出会っている。
その偶然を必然に置き換えて考えると 見えない力は存在すると感じます。
風水の先生 蔡(サイ)先生と言いますが
【個人の情報の為 伏せますが 色んな有名なホテルや 子供のレジャー施設など
風水をみているそうで もちろん 著名な有名人の家なんかも 手がけています】
先生にこのような風水のお願いをするにあたって 
普通にお願いしても会ってもいただけません。
蔡(サイ)先生なりのある基準が合って 
1、 社会貢献について 強い信念を持っていなければ だめ
2、 ただ 個人の財産について保守的になり ましてや私利私欲のためだけでは だめ
3、 世の中の人の為に 尽くしている善良なる心の持ち主でなければ だめ
 
とにかく ただ個人法人の利益のためだけでは 自分の力を使わない。
と言うことだそうです。
会って話を聞いてもらって 
先生が納得できるだけの僕が人間かどうかからジャッジされました。
そして 数点の是正点はありました。が
まぁ 少なからず 先生なりの『合格』ではなかったのでしょうか・・・
今の会社のそして僕の事を細かく教えていただけたことは 
うれしく誇れると思います。そしてちゃんと 風水の相談にものって頂けました。
かっこいい言葉だけではなく 世のため 人のためになれるように
これから ますますがんばって生きたい がんばって行きたいと思います。
2007/2/28  田中雅之


最上級のお話

2007/02/27 | 日常

今日は東京で勉強会。もうおなじみの元気印工務店
僕よりも年上の社長様方と一緒に学びました。
全国には より優れた 良い品質の建物をよりやすく
オーナー様の為に 還元している工務店や 年間300棟弱の大きな工務店まで
参加のこれから オーナー様のための勉強会のようなものです。
で 今日のお話は クオレホームの社長の紹介で
お勧めのレストランに行ってきました。
07022701.jpg
レストラン業界では有名な 最高級のサービスを徹底しているところだそうです。
行ってみての感想。
びっくりです。レストラン業界でここまで 気持ちのいいサービスが出来るなんて
思っても見ませんでした。
超一流で有名なホテルでさえここまで出来るかどうかの徹底振りでした。
クオレホームの社長は以前一回来店そうです。
その一回だけでクオレの会社の内容など あたかも常連をにおわす徹底した対応でした。
その料理を堪能し 食後のデザートも終わり チェックをしようとしたときに
僕と納得住宅工房の社長が静岡から来ていることを 会話のなかから
店員が察し 最後にお口直しのデザートを持ってきてくれたのですが
そのデザートがまたニクイ!!
ホワイトディッシュに感動のプレゼント。
07022704.jpg
食事の途中でも ラウンジのスタッフ 店長 マネージャー 
入れ替わり立ち替わり 僕たちをあきさせないトークサービス。
極めつけ 帰りには駐車場で車を待っていると
『寒いから』と言って 一度ホールに呼び戻し 女性スタッフが話し相手となって
時間をすごします。車の準備がそろうと 駐車場スタッフが呼びに来て
僕たちが座っていた席のドアが全て開いている
もしかすると この演出の為にわざわざ ホールに呼び寄せていたのかなと思うぐらい
完璧な演出でした。
車に乗り込むと 座っていたシートの上に 今度は『ミネラルウォーターのサービス』
いただいた水です。
帰りの新幹線の中で写真をとりました。
07022702.jpg
今度は ややオーバーアクション気味の車の誘導で案内してもらい 道路へ。
そんな感動話をしていながら フロントガラスに目を向けると
な・な・なんと 一輪のはなが おいてあるではありませんか
『フラワーサービス』というのでしょうか・・・
ここまで 感動をいただけると完璧で もの申せません。
07022703.jpg
数千円 数万円のレストラン業界がここまで感動サービスが徹底できているのに
なぜに 数千万円の住まいを提供している住宅業界が出来ないのかが 不思議でした。
感動レストランで感動5割 住宅業界の反省3割 
自分の行くべき道が再確認できた事に2割。
最後の クオレホームの社長におごってもらってしまいました。
その感謝と感動 お店を紹介していただいた事にも御礼をしたいと思います。
本当にありがとうございました。有意義でした。
2007/02/27 田中雅之


今日は セミナーです。

今日は もうひとつの上場会社の船井総研が主催する
工務店経営者向けのセミナーでした。
今日のセミナーは 人数が少し多くて 40人強!!
もちろんお目当ては 『頭の良くなく子どもが育つ家』の著者である
渡邉朗子さんがメインだと思います。
又 講師の先生ですので話し方は上手極まりない。。。
正直 緊張しました。
本当に若輩者では あるんですが
田中建築工業が取り組んでいる建築に対する功績を
お話しています。
いつものセミナーは 無料セミナーなので
ものすごい形相から始まります。
『この若造は 何の話をするのか・・・・・』こんな感じで 
鬼のような顔をしている人がほとんど。
でも 今日は 有料セミナーです。
鬼のような顔をしている人はいませんでしたが
しっかりこの 講演で何かをものにしようとする意識レベルが高いオーラが
感じられ うれしい半分 プレッシャー半分。
今日の内容は 今、この 田中建築工業が存在するのは
今までのオーナー様が あってこその工務店
売り上げを伸ばすことに集中し お客様の声が届かなくなってしても
会社を大きくすることはしていません。
特に社長主体の会社は・・・
とにかく お客様の声を直接伺えて 痒いと事まで手が届く
工務店になろう。
そうすれば お客さんが自分たちを望んでくれれば
必然に会社が成長します。とんなトークでした。
多分 この講習会の会場の中では多分 一番僕が年齢が低いと思います。
そんな自分が皆さんの前で 話をすること自体が 僭越です。
でも 今日は お金を払って来て頂いているので
恥じないように 話をしたつもりでいます。参考になったでしょうか・・・
その講演の僕の視点で 写真を取りました。
アップしておきます。
これは講演前の 会場 椅子の数も多いです。
07022601.jpg
40人強になると 結構いるでしょ。
講演の途中で 僕の視点から写真をとりました。
少し笑いの雰囲気も取り入れたかったので・・・
07022602.jpg
07022603.jpg
講演を終わってみると 志が高い人の集まりなので すこし緊張しました。
家づくりを真心込めて すればきっと オーナー様が
納得して喜んでくれる。
そんな 納得してもらえる工務店になるように 皆さんがんばりましょう。
そんな感じで 熱弁をしてきました。
2007/02/26 田中雅之
このブログの右の欄 僕の写真の下に
『OFFTIME BLOG』
のボタンがあります。
こちらも クリックしてください。
僕の 仕事以外のブログを掲載しています。
日常 簡単に思ったことや感じたことをストレートな気持ちで書かせていただいてます。
不定期ですが 読んでみてください。


資金計画。

今日資金計画のセミナーをしました。
今日は参加者の方が多くて 少し緊張も少ししました。
わざわざ 僕の資金計画のセミナー を勉強しに
同僚の山梨の工務店も一緒に参加していました。
今日は17人の家づくりに燃えている方に聞いて頂きました。
アンケートを書いてもらうのですが 
回を重ねる度に 僕自身なれたせいか 
アンケートとして返ってくる内容も心にビンビンくる
お返事になっています。ありがたいと言うか
本当に僕の話がわかってくれて
ありがとうと言う気持ちでいっぱいです。
僕のセミナーの内容によって 人生観が変わることを期待しています。
そんな資金セミナーをやってきて本当に良かったと思います。
なぜそう思うかと言うと
日本人は大抵 お金のことを良く思っていません。
汚いもの なんか切り出せないもの はっきり答えるといけないもの
濁して回答するもの 
あげくの果てに自分の給料と言うものが 自分の価値観と同じだと
間違えている方が実に多い。
実際はそういうところはまったくなくて
その個人個人の家族の幸せが
どの様にすごして満足しているかが問題である と思います。
幸せの尺度がその家族家族別々にあるわけです。
生活の価値観も十人十色で それぞれ違いますよね。
自分に合った幸せを 感じていることが本当の幸せであって
人から区別されるものではありません。
自分の幸せを大切に思うなら
そして 家を建てようと思ったときはまず
資金計画は登竜門です。
計画に不自由なく安全に暮らせる勉強会の話を
聞いてみるのも良いかもしれません。
明日は東京で 工務店向けのセミナーです。
少し緊張もしますが 楽しみです。
どんな 人と又出会いがあるのか わくわくしています。
2007/02/25 田中雅之


木を使う。

今日 面白い記事を見つけた
『割り箸は 国産材を 輸入材はつかうな!』と言うもの。
最初 何を訳のわからん事を・・・
と思いながら 読んでいると。
 
割り箸は 国産の木で作ったものと 外国から輸入されている物と
二種類あるそうです。
その中の国産材は 間引きと言って植林する経過の中で
処分をしなければならない木や 薪にしかならない雑木や
植林用地として計画された土地に伐採を余儀なくされた
木がほとんどで まず国産のもので
違法に伐採される物はないということです。
07022401.bmp
逆に輸入品の割り箸は
はし文化の強い アジア系 特にお金になる日本向けに
違法伐採やビジネス本位な 許しがたいような形で
伐採されている事が多いようです。
07022402.bmp
形として残る物 例えば
住宅で言うと 柱 梁 などの物でも 違法な物や
環境破壊な物は 規制され始めていますが
一回使っては 捨ててしまう 割り箸にまで 違法性や環境破壊が
およぼすようになると 悲し過ぎますね。
今現在 日本だけでも 240億膳 
一人当たり 200膳の使用がある “割り箸” です。
思わず 疑ってしまう びっくりしてしまう数ですが
事実だそうです。
日本の割り箸であれば エコを主張するシンボルであると言えますが
全ての輸入材のはしが いけないとは言い切れませんが
いけない割り箸が ほとんだそうです。
みなさん 国産材の 割り箸 を使うようにしましょうね。
エコロジストになりましょう。
約7割の170億膳が輸入材になっているそうです。
はしを使うときには My箸 か 日本製の割り箸にした方が
環境にいいかもしれません。
2007/02/24  田中雅之


自慢話。

今日は自慢をしようと思います。
自慢話というか自慢人。
それは 当社の監督チーム。
まだまだ サービスの向上を望めば キリが無いほど
ありますが それ以上にうれしい事があります。
それは 会社のためではなく オーナー様の為に
常に動いていると言う事です。
昼 夜 関係なく常にいっしょ。
又 会社の名前をフルに活用できるように
現場もまとめています。
言葉のサービス 言動のサービス 対オーナー様の捕らえ方では
コンシェルジュチームに敵うところが少ないのですが
一番に 現場を取りまとめます。
飯塚 中野 蓮池 三人しか今いませんが
07022301.jpg
07022302.jpg
07022303.jpg
がんばっています。
そしてそして 縁の下の力持ち。
監督チームの取締役 飯島。
彼女なしでは もしかしたら うまく事が進まない!?かも
オーナー様の前には あまり登場しませんが
実に彼らの 大事どころになっています。
コンシェルジュ達より 朝早く来て コンシェルジュ達より遅く帰ります。
会社の玄関の鍵を 監督チームが開けて 監督チームが
会社の床掃除をして 監督チームが 会社の玄関の鍵を閉めます。
それぞれに個性があって それぞれに長所短所がはっきりわかれ
三人の中で 役割分担のしっかり決めて 
ちゃんと業務を遂行しています。幸せ家族のお手伝いをしています。
僕自体 監督上がりの経営者なので 現場の躾については
結構厳しいと思います。
そんな中でも 耐えてそして成長し 会社の元気の源になっています。
体に気をつけて 過ごしてもらいたいと
いつも 祈っています。
これからも 三人 + スーパーリーダー飯島を よろしくお願いします。
2007/02/23 田中雅之
このブログの右の欄 僕の写真の下に
『OFFTIME BLOG』
のボタンがあります。
こちらも クリックしてください。
僕の 仕事以外のブログを掲載しています。
日常 簡単に思ったことや感じたことをストレートな気持ちで書かせていただいてます。
不定期ですが 読んでみてください。


Luxe”

Luxe
一級建築士事務所の登録が終わりました。
田中建築工業でも当然建築士事務所がありますが
更なるデザインを追及する
デザイン事務所の始まりです。
計画で言えば 今年の8月ぐらいに
初めてのデザインをお披露目する予定です。
建築デザインの沼津での 一番の称号をめざして行きます。
その 着々と進む 
段取りを楽しみながら
進展があり次第 皆さんに報告する予定です。
まずは ホームページ
Luxe で まず
楽しんでください。
アップは 少々時間が掛かるようですが
妥協はせず
徹底的に いきます。
2007/02/22  田中雅之
このブログの右の欄 僕の写真の下に
『OFFTIME BLOG』
のボタンがあります。
こちらも クリックしてください。
僕の 仕事以外のブログを掲載しています。
日常 簡単に思ったことや感じたことをストレートな気持ちで書かせていただいてます。
不定期ですが 読んでみてください。


プランのオンパレード

2007/02/21 | 日常

さぁ 僕に与えられている時間の中で一番楽しい時間。
【家族といる時間も大好きです。少なすぎるのが たまに傷ですが】
プランと 外観提案 デザイン依頼 建具デザイン。
少し会社に必要な仕事もしていたので
いっぱい いっぱい 依頼書がつまれています。
その数 合計 プラン 外観 建具 和室デザイン 現場のおさまり等
12個!!!
風水鑑定も 1つありました。
楽しい時間です。
今日は コンシェルジュも休みなので 思いっきり出来そうです。
でも 少し不満もあります。
出来れば 静かな隔離された 部屋がほしい。
集中できないわけではないですが
誰もいない一人の部屋に最近あこがれます。
アトリエをもつ 芸術家の気持ちがわかります。
内装の雰囲気も必要ですよね。
そして 最近 手を出してみようかな と思うのは
アロマセラピー
07022101.bmp
芳香療法 硬いイメージですが
香りで 気分をコントロールできるかな・・・
なんて思っています。
そんな気分でがんばります。
朝のコーヒーも 飲んだし!!
2007/02/21  田中雅之


手形。

数あるオーナー様の中で 思い出を残したいという事で
プレゼントすることがあります。
僕達のホームページにも出てきます。
塗り壁を希望するオーナー様に限ってしまうのですが
【ほとんどが塗り壁なので 希望すれば全員できます。】
手形を残してあげます。
自分のお子さんの手を 残すのがほとんどです。
が 大人もいいものですよ。
記念に残って。
自分の家にもやってあります。
リフォームをした時に 家族3人で 手形を残しました。
07022001.jpg
何が良いって 
大人は すでに成長は厳しい・・ですよね。
【最近の僕も心なしか成長しているかもしれません】
小さいころのお子さんの手形を残しておけば 思い出に残ります。
大人も 成長はしないものの 記念にした月日を
記しておけば その当時 リフォームをした時の思いが浮かんできます。
半分以上 自分が壊して つくってとやっていたので
かなり苦労しました。
その苦労の思い出が 脳裏に写ります。
最近では 木製の建具に その記念建具をつくろうかと
考えています。
真っ白な建具に 手形や思いでの傷や 思い出として
残しておきたいような事を簡単に 取っておくことが出来るように。
そんな 形で思い出を残してもらいたいと 
思っています。
今日は 思い出と 建築記念日 引越し記念日 などなどを
永遠に。
2007/02/20  田中雅之


家を売る!?

今日ある知り合いから 相談を受けました。
これから 住宅関連に勤めようとしている人ですが・・・
それは『家を売る』について
家って 売っていいのだろか?素朴ない質問でした。
もちろん 僕の答えはNO!です。
当たり前なのですが
その会社は家を売れ!と叫んでいるそうです。
会社のビジネスとして 業績を重視して建築業を
営んでいれば もちろん奇麗事では
行かない部分が当然あります。
会社はしっかり 仕事を収めて
しっかり 税金を払って 地域社会の貢献に
勤めなければならない。と言う使命と
そして会社の存続こそが オーナー様にとっての
最大の貢献だと思っています。
田中建築にだって当然当てはまる部分でしょう。
当社の業務である 幸せを提供すると言う観点からは
家を売る行為と 家をつくる行為では
全然違うと思います。
少なくとも僕達会社の社員だけは家を売る行為には全否定です。
感情のこもった買い物をしていかなければならないのに
家、住宅と言うものを商品扱いは出来ない。そんな気持ちです。
天下の〇〇ハウス ○○○ホームは 家を商品と言わんばかりに
数百億円投資をして その無人自動受注システムなるものを開発し 
世に送り込みました。いわゆるネットで販売です。
しかし あえなく惨敗。
日本で一二と言われる住宅の販売会社でさえもうまくいきませんでした。
家はネットで売れないと言う事です。
もちろん全然売れなかったと言うわけではありませんが 
いくら販社と言えど 家を売る行為としては傷跡が残りました。
結果として商品扱いを全面に出してしまって
少し 信用の部分で後遺症が残ったのでしょうね。
ある一時期 ローコストに走らなければ ならない会社の運命へ
流されました。今では 信用はだいぶ 戻ってきましたが・・・
やっぱり フェイス To フェイスで感情と感情のぶつかり合いで
熱心に語り合い 熱心に家を建てる事が家を建てる行為である と思っています。
何でも 会社の商品を売り 家を契約行為にしか 目的が無くなった
販売店スタイルの会社で 働く事になったと 言っていました。
その会社の目当てである行為は 
印鑑を押させる行為 = 家を売ると言うスタイルでは
無いでしょうか・・・
売る行為と 建てる【つくる】行為。
家を売る会社はあまり 尊敬できません。
2009/02/19  田中雅之


総記事数4,297件

PAGE TOP ↑