*

「 月別アーカイブ:2006年11月 」 一覧

まだいける。

デザイン住宅について
来年から 田中建築工業において 新しいデザインを取り入れます。
今まで ずっとやりたかったデザインでもあるモダン系です。
でも今流行のシンプルモダンみたいな誰でも真似できるような
デザインではなく
ひとつひとつ テイストがちがくそして オンリーワン。
和モダン。ヨーロッパ系のモダン・・・まぁ色々です。
untitled.bmp
こんなモダン系にデザインをしていても
やっぱり偽物は使いません。
こんな状況だって 健康素材は充分に取り入れます。
任して下さい。
贅沢をして 至福を感じて 健康でこんな感じで
人生のステージである住まいを設計して行きます。
さらなる 田中建築のデザインを極めます。
今田中建築のベストセラー自然素材の住まい。+新モダン=
Studio Luxe (田中建築の設計部門)
来年スタートです。
11/30 田中雅之
このブログの右の欄 僕の写真の下に
『OFFTIME BLOG』
のボタンがあります。
こちらも クリックしてください。
僕の 仕事以外のブログを掲載しています。
日常 簡単に思ったことや感じたことをストレートな気持ちで書かせていただいてます。
不定期ですが 読んでみてください。


他社との交流。

今日明日は千葉と宇都宮に同業者ですが他社との交流と
勉強の為に出張です。デザイン系の工務店。
会社の規模は 今の田中建築工業の6倍と2倍の会社。
お客様のサービスに定評 行き届いている各社を視察してきます。
田中建築工業と 技術レベルでは引けを取らないと自負しています。
しかし 会社組織は売り上げに比例するものがありますので
会社組織的にも勉強になる会社です。
自分より小さい会社をみて お山の大将にはなりたくありませんから。
会社が大きくなってもサービスは変わらず行き届いているとの事なので
楽しみにしています。
比較的若い経営陣と経営者の方とお会いしてきます。
とても元気のあるエネルギッシュな方達と聞いてます。
田中建築工業の売り上げを倍にしようとか 6倍にしようとは
思いませんが サービスの向上はエンドレスな課題ですので
自分の殻に閉じこもることなく 学べる事は多いはずです。
更なる オーナー様の為に
本当の オンリーワンを目指して・・・・・
11/29 田中雅之
このブログの右の欄 僕の写真の下に
『OFFTIME BLOG』
のボタンがあります。
こちらも クリックしてください。
僕の 仕事以外のブログを掲載しています。
日常 簡単に思ったことや感じたことをストレートな気持ちで書かせていただいてます。
不定期ですが 読んでみてください。


ありがとう・・・

2006/11/28 | 日常

ずっと オフタイムブログを
とめていたのは 
理由があります。
ありがとう
を 言いたくて
久々にアップします。
読んでください。
2006/11/28


家具のコーディネート

家具のコーディネート始めます。
家具の費用はかかってしまいますが コーディネート料は
やはり頂きません。
以前より相談は頂いていたのですが はっきり受けていませんでした
ですが 今度からは希望者に限り 家具もデザインに入れます。
素材系 から モダン系 和風まで
家具と生活スタイル
理想はどこまでも高く 家具もどこまでも適正価格
調達家具でも フルオーダー家具も
そして 造り付け家具も 仕様用途によってデザインします。
明日 明後日は楽しみにしていた他県の会社の交流です。
デザインをメインに住宅を提供している会社2社。
高級な輸入建材に石・タイル・家具・無垢材などを主軸に会社。
国内で生産されて材料のみを使用している会社。
両極端な会社で 僕にとっても刺激的です。
最近 自分このように思います。
同業者の交流って刺激的に
自分のレベルを上げる為のステップのように感じます
他業種の交流ってひらめき的な解釈で
自分のレベルを上げる為のステップのような感じがします。
交流がなくして 新しい発想やきらめき 又は次世代の自分へ
進めないような気がします。
オーナー様のために とことん勉強するには
自分の殻にかぶっているだけでは 『井の中の蛙』状態で
満足を自分の為にしているような・・・
来年には新しいデザインも発表しようと思っています。
ヨーロッパのトレンドなども考えながら 進んでいこうと思います。
今日はこの辺で 明日が楽しみです。
2006/11/28 田中雅之


資金計画アドバイザー

資金計画はどうですか・・・
内覧会に参加してくれた方々に問い合わせると
最初『なに・・・お金の話ですか?』って
なんか深いところをつかれたような感じで目が点になってしまう方がいます。
お金は汚い話とか お金は卑しい話とか 
そんな感じでお金と付き合っている方がいます。
そこで ひと言。
お金は人間と言うか 日本人には切っても切れない なくてはならない文化です。
汚い卑しいと言うのは 個人の考え方であって
本当は正しく向き合って付き合わなければ ならない物です。
住宅ローンの返済期間だけは絶対に付き合わなければならない
お金の話。
もっとまじめに 考えなければいけないと思います。
今週の土曜日12/2にも資金計画セミナーを開催します。
当社のホームページにあるセミナーの内容の中に
チェック項目を行う欄があります。
下記 質問事項にどれかに Yes がひとつでも
〇がついたら 本当の資金計画は出来ていません。
では どうぞ・・・・・
(1)マイホーム・・・頭金しだいだって思っている(yes・no)
(2)住宅ローン・・・できたら借りないほうがいい(yes・no)
(3)住宅ローン・・・できるだけ短い期間で借りるもの(yes・no)
(4)住宅ローン・・・できるだけ早く返すもの(yes・no)
(5)住宅ローン・・・毎月払える額で組むものだ(yes・no)
(6)住宅金利・・・1番低いモノがベストだと考えている(yes・no)
どうですか 出来ましたか
まさか Yes に 〇 つきませんよね。
Yes は まずいですよ・・・
もし Yesに〇がついたら セミナーに参加しましょう。
セミナーの内容は堅い話をする事もなく 
卑しい お金くさい話をするのではなく
楽しく お話をさせて頂きます。
1回聞いておかないと 将来にわたり大損します。
正しい知識は必要です。
しかも あたなの思っている知識が合っているとは限りません。
間違っている可能性が高いです。
今一度 常識に目をとらわれずに チェックしてください。
2006/11/27  田中 雅之


楽しい話。

昨日と今日で 色んな方と“幸せ計画”をお話しました。
久しぶりに 内覧会に落ち着いて常駐できたので
会場の打合せスペースをほぼ独占していました。
長い方で2時間位 落ち着いて話せたかな。
中には 以前より自分となかなか お話が出来なくて・・・
なんて うれしい言葉を言っていただいた方もいました。
幸せ計画 考えている時は本当に楽しい時間ですよね。
実際に内覧している建物と比較したりして
プランを広げて 一緒に考えたりして
わくわく します。
これを読んでいる 読者の方も 早くそのワクワクする仲間に
入って楽しい打合せをしましょう。
IMG_3587.JPG
楽しいはずの 人生計画・・・・・
うって変わって
少し 酷な話をします。
それは ファイナンシャルプランナーとしてお話を。
実際の話です。(ネットワークでつながっている協力会社での話。)
今現在 賃貸で生活をしている方がいました。
幸せの計画をそろそろしようと 土地を探し始めていた頃
子供も小学校に入学する準備の時が来たので
学区なんかも調べて 学校に近い方が良いとか・・・
夢の話がつきません。これからが一番楽しい時の始まりでした。
しかし信じられない 突然の夫の死。
職場での事故死でした。
楽しいはずの 人生計画がもろくも 崩れ去りました。
悲しいだけで 終わるはずもありませんが
ファイナンシャルプランナーの資格者としての意見を話します。
もし もっと早く賃貸からでて マイホームを建てていたらどうなっていたでしょう。
この家族は このまま賃貸での生活が待っています。
現実だから避けようがありません。毎月毎月6万円の家賃。
これから子供の入学も重なって 出費は増えていきます。
家を建てることすら難しいかもしれません。
でも マイホームを建ててから 事故だったらどうでしょうか
家族の方は マイホームに住み続けることが出来ます。
夫の生命保険で住宅ローンも完全になくなります。
と言う事は 残された家族の家賃は 発生しないと言う事です。
 
残された家族への夫としての責任。
これから 女手ひとつで子供を育て上げなくてはいけなくなった事実に
1.家賃がある。
2.住宅ローンのなくなった家が残る。
この差は大きな差です。
そんな話と言う声が聞こえそうですが 現実の話。
人間は“なまもの”
明日 どうなっているかわからない生き物です。
もし いろいろ楽しい話をしている家族がいるのであれば
急がせるつもりはありません。
もう一度 確認してください。家族への責任。
このような現実が『何万分の1』の可能性かもしれませんが
無いとも限りません。
楽しい話。
現実に向けて しっかり計画を立てましょうね。
そして 無駄にお金と時間を浪費させている方がいたら・・・・・・
賃貸に住んでいる方のことですよ!
気を付けましょうね。
楽しい話でした。
IMG_3050.JPG
2006/11/26  田中 雅之


ありがとうって・・・・・

今日は三島市で内覧会です。
そのオーナー様の物語なんですが
かれこれもう 内覧会出席から既に1年と6ヶ月。
今考えると短かったですね。
僕と同い年で奥さんも同じ。
元気なお子さんも3人。始めてあった時は本当に元気な家族だな〜て
僕たちの内覧会は 皆勤賞の方が多く
オーナー様になってからも参加していただける人が多いです。
そんな 皆勤賞の方の人家族で元気いっぱいの好印象でした。
いつ来ても お子さんと和気あいあいとしていて
気持ちが良い家族でした。
そんなオーナー様の工事も始まり
そして完成。
オーナー様 喜んでくれました。
『いつもいつも田中建築の内覧会には勉強しに いく身だったけど
それが今日は自分の家の番なんて信じられない』
朝開始の時からテンションが高かった。
田中建築では 内覧会当日記念サービスをしています。
その記念サービスを今日は自分の家で行っています。
ものすごい 笑っていました。
僕も一緒に記念サービスを受けました。
本当にうれしい限りです。
途中 いろんな事がありましたけど 笑っている家族全員を見ていると
僕自身もほのぼのって感じです。
今回の内覧会は家族愛です。
2006/11/25  田中 雅之


気持ちが伝わる。

住まいの設計
一言で簡単にまとめますが 本当はそんな簡単なものではないのです。
僕とお話された方はご存知でしょうが
住まいの設計 = 人生の設計図です。
DSC00069.jpg
例えば どのようなことかと言うと
子供部屋が2部屋つくりましょう。
そうすると 2人しか子供の計画は出来ません。
しかし 3部屋つくると 3人の子供の計画になり 実際親子5人の設計が必要です。
今 3人子供がいれば 敷かれたレールを設計すれば良いのですが
今 1人しかいなくて 後2人欲しいとなると3部屋と言う感じ。
奥深く人生設計をすると 何百ともこのような細かいものが出てきます。
家は楽しくなければいけません。
楽しく作らなければ 楽しい人生が生まれないのは事実です。
楽しむ人生を設計すれば 楽しい人生は来ますけど
楽しむのではなくただ 箱を作ってしまうだけでは 
ただのへんてつもない人生を送ります。
そのひとつひとつに エッセンスがあります。
例えば 
建築医学 
住まいに住むと言うだけで 心理的な圧迫 子供の成長過程による
精神の開放 自閉症や いじめ などを発生しにくくします。
大脳生理学 
住むという環境の中で自然にリラックスできる住まいの設計
色彩
人間には生まれもった 遺伝子的な色素を持っています。
二種類の色素の人間に必ず分かれます。
その色素に反して色を決めると いるだけでリラックスできる家から
いるだけで不快に感じる家になります。
人生の中で 住み続けなけらなくなる住まいを提供出来るか出来ないかで
住みよい家か住みにくい家かが決まってきます。
素材
人間には必要な住まいの環境が必要なんです。それが素材
肌に直接感じるものが素材です。
その素材もただやみくもに使っても意味が無いという話は良い続けてきましたね。
適材適所で健康を手に入れようと言う事です。
夢と希望
これは オーナー様がただ語るのではなく 
オーナー様の引き出しを いっぱい見つけてあげなければならない
カウンセリング学です。
ただ 聞くだけのヒアリングでは 素敵な家族計画は出来ません。
本当はいっぱい 本人に気付かない幸せが心の奥にあるのに
言えないとか 自分自身で発見できない人がほとんど。
だから 幸せ家族を創りたいけど思っていたとおりの住まいは出来ても
思っていた以上の住まいが完成しないのは 
このカウンセリング能力がすくない人が設計して言うからなんです。
大きく分けると まだまだあります。
続きは 今度書きます。
でも 今、言った内容だけでも 5個あります。
この5個の内容がわかって設計してもらう事と
内容が不十分なまま設計されてしまうのでは 出来るものが
月とすっぽん・・・です。
だから 設計のスキルって大事です。
僕たち 田中建築工業のオーナー様は この辺の気持ちが限りなく
伝わって 納得されています。
だから 良い住まいが出来るのですね。
他社より設計する時間がかかるかもしれません。
でも いいじゃないですか・・・
自分の家の設計です。
自分の人生の設計です。
楽しく暮らす設計をしましょう。
お互いに 気持ちがつながる 時間を掛けましょう。
2006/11/24  田中 雅之


がんばろう・・・・

2006/11/23 | 決意

最近 当社を尋ねてくる工務店の数が増えてきています。
なぜか よくわからないけどたずねてくる。
そんなに田中建築工業がすばらしいのか・・・
今の状態が良いか悪いか自分自身では判断が出来ない。
それはなぜか 
自分自身満足がないからだと思う。
世の中には自分より たけている人はごまんといます。
そのたけている部分を一つ一つ学んでいき 終わりのない
サービスを追及するそして実行する。
そこには満足は一切ありません。
結果 いい会社やいいシステムになっていくのだろう感じます。
僕達の会社の事を親身になって 色々勉強させてくれる会社が多いです。
このネットワーク 全国の工務店さんとのつながりは
大変有効で 全国規模でサービスの徹底 満足の徹底 技術の向上などの
勉強が出来て 結果皆さんの満足の向上が提供できます。
なので 沼津単位で捕らえている周りの工務店さんよりサービスが良くて
笑って過ごせる家族が多くなるのは 当たり前だと思っています。
自己の勉強より やっぱり全国での勉強の方が 効率がよくそして
質の高い物がえられます。
各県より当社を見学に来る会社がいますが
僕もまた 各県のがんばっている工務店をのぞきに行く。
見に行くにしても みにきてくれるにしても勉強の一部であって
明日のオーナー様のために絶対になります。
そして見習われているうちは 自分でも良いと思います。
しかし その良い気配がなくなるとやっぱり
見学に来る工務店の数は減りますよね。
自分自身が勉強に来る工務店の数が減れば
自分たち工務店の改革をしなければならないし
と もう一度再確認して 皆様に満足を提供出来るように
方向性がぶれていないか
満足だけを真っ直ぐに見ているか 確認できます。
一生のお手伝い
満足のいく 住まいとサービス
完成の終わりが無いと思っています。
信用してくれている皆様のために 
がんばろう・・・・
笑って過ごせる家族のために
もっとがんばります。
今週内覧会を開催する I様お家族の笑顔を地鎮祭。
P7010059.JPG
P7010020.JPG
笑顔を作り続けて行きたいと思います。
2006/11/23  田中 雅之


家族を守る。

父親や母親は家族を守らなければいけません。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B.jpg
環境や 心境全てにおいて 子供の安全安心は親の義務です。
衣食住 
遊ぶ 勉強 コミュニケーションをとるなどは 衣の部分
食べる 飲む 空気を吸う事は 食の部分
生活をする 雨風をしのぐなど 住の部分
命の原点である “食” これは空気環境以外は 
親 食生活 と教育機関の給食 問題だと思います。
でも空気環境は必ずしも 親の責任とは言い切れません。
環境の悪い地域で生活をするというのは親の責任かもしれませんが
でも 空気の環境を良くする方法はいくらでもあるます。
機械に頼るなら 空気清浄機や エアコン 床暖房などなどいろいろ存在はしますね。
でも 家の材料を変える事でも環境は全然かわります。
そして 室内の空気環境については 食の部分にも 住の部分にも
両方に関係してきます。
住空間の環境を良くしてくれるもの
例えば
空気の湿度を調節してくれる建築材料。
空気の化学物質を吸着分解してくれる建築材料。
臭いのを吸着分解してくれる建築材料。
あげればきりがありません。
もう一度 食の部分 食べるものから 空気。
人間が必要な部分は 今までとは違う見方で健康を考えなければいけないと思います。
そして何より 住 として考えなければいけないのは
家族のコミュニケーションだと思います。
例えば 家族間で言葉がな時間帯でも 家族同士が存在感を感じる。
『なぜか知らないけど 家族全員がいつもリビングに集まっているんだよね』
って感じの住空間。
子供とお父さん お母さんが 常にコミュニケーションを取れる環境にある
空間設計をしなければ このような家族愛は自然には取りにくいことが
はっきりしています。
『人生の設計は 住宅の設計で決まる』
過言ではないと思います。
%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B1.jpg
これから ず〜と住み続ける住まい
家族とのコミュニケーションは偶然では取れません。
取ろうとする設計が必要な時代になりました。
子供の生活スペースが小さい時は子供部屋からリビングが当たり前。
大きく育ったら 
程よいプライバシーがあって 家族の距離感は縮めずに・・・・
こらからは 絶対に必要なことだと思います。
2006/11/22 田中 雅之
今日は良い夫婦の日ですね。
だいぶ前の今日 結婚をした友人がいますが
今 良い夫婦なのでしょうか・・・・・(笑)冗談で〜す。
良い夫婦の日だけは永遠ですが 夫婦の間柄も『良い』が永遠に続けば
良いですね。今日は1122の日です。


総記事数4,287件

PAGE TOP ↑