*

「 月別アーカイブ:2006年03月 」 一覧

今日は念願の日。

今日は三島市のN様の地祭り
待ちに待った日です。
N様と始めて御会いしてから 約1年が経ちます。
色々途中に山あり谷ありで 思い出を振り返ると
懐かしいことから 一緒に喜んだことや
たくさんあります。
内覧会も皆勤賞です。参加続きです。
土曜日来て 日曜日に来てなんて時もありました。
とにかく 良かったです。
若き一家の主の誕生です。
こころから応援したいと思います。
今日は この出来事だけで終了します。
では・・・・
2006/3/31 田中 雅之


第一に感じろ。幸せになった自分を・・・

今日 事務所にいて自分のする事を整理していました。
そんな中で思う事がありました。
今、プランを心待ちに待っている方。
見積りを気にしている方。
着工を待ち望んでいる方。
上棟を待っている方。
JIOの各工事の検査の結果を楽しみに待っている方。
色々工事の内容の細部にわたり 僕なり現場の監督員と打合せをしている方。
内装工事が始まり だんだんと家の肉付きの工事からお化粧の工事に入り
完成をワクワク待っている方。
もう完成 秒読み態勢で現場の養生が取れるのを待っている方。
自分の家に灯りの魂かこもり 暖かい気持ちになっている方。
引越しを待っている方。
上記の内容は今、田中建築工業で各プロセスを着々とこなしている
オーナー様の皆様です。
この状況って 住まいを造る人には必ず通る道なのですが
誰一人として これから打合せをする内容やプロセスをわかって行動している
人はいません。と言う事は 誰もが始めての事だと言う事ですよね。
今、打合せをさせて頂いている方で 住まいを建てる事に不安をいだいている方が
います。田中建築工業を信用できないとか どこの業者か決まっていないとかではなく
自分が資産を持つ事によりメリットより デメリットを主に感じている方が
いると言う事です。
でも 皆さんを見てください。誰もがわからない道を進んでいます。
冒険をしろとは言いません。けど 迷っていても 悩んでいても
結局は行動しなければ 解決も何も出来ないと言う事です。
判断が出来ないんです。
目標を立てる事は簡単です。実行する事が難しいんです。
家を建てて 満足に生活や幸せを感じている人に聞いてみればいいんです。
これから通る道を先に通ってきた方々ですから。
そこで こうすればよかったなどの経験話なんか聞けたら最高ですよね。
その方向に進まなければ成功する確率が大きくなると言う事ですから。
幸せ家族になるのは、本当に、本当に、簡単なことなのです。
当たり前のことを、当たり前にすればいいのです。
住まいに関する事だけではないと思います。
しっかりと自分のなりたい事をきっちり決めたら 後はとことん行動するのみです。
迷っていたって誰も 救いの手はさしのべません。
自分でしっかり立って ガムシャラに強い意思を持って。
幸せになった自分と自分の家族をしっかりとイメージして・・・・
自分を信じて 
2006/3/30 田中 雅之


水曜日

水曜日はハウジングアドバイザーの社員が休みです。
会社の中で一番騒がしい連中なので
水曜日は会社の中が静かになります。
日が沈み暗くなってからの仕事をしていると
寂しさを感じます。事務所の中が“し〜ん”となっています。
その静けさの中でしか出来ないことがたくさんあるので
自分にとっては結構 貴重で大切な時間です。
そんな静かな事務所の中で考える事に没頭する時間がありました。
家族について 健康について 責任について
先週 マイホームローンで三大疾病の保障と生活習慣病にかかった場合の保障の
話を少ししました。又 最近では若い旦那さんと奥さんと可愛い子供さんたちの
家族や二世帯を考えている家族の方々と多く打ち合わせをする機会が多かったので
改めて上記の三点について考えた。
生活の中で衣食住が満たされていると 家族は満足なのでしょうか?
ふと考えるとそうではないような気がします。
家族が寄り添える空間や時間 家族が楽しめる場所 
幸せと思える気持ち など・・・
ただ単に住まいだけあっても おいしいものが食べる事が出来ても
きれいな服を着ても 充分すぎるお金を持っていたとしても
必ず幸せになれるとは限らないと思う。
夢を持つ事 目標を持つ事により人生は楽しくなると確信しています。
その人生の目標が家族の目標となり 家族全員で幸せを探すようになり
その結果 住まいを持つ事が人生にとって有意義になったり
そのオーナーの幸せの利益になったりすると思います。
打ち合わせの中で 家族全員 一致団結して幸せの時間と責任を果たすために
努力をしているオーナーが本当に多いです。
僕たちも 応援しています。
家族愛の話でもらい泣きをしてしまいそうな夫婦もいました。
是非何とか 夢が叶うような保険 税金 住み心地がいいような住まいを
提供してあげたいです。
自分でお手伝いが出来る事ならば すぐにでも応援に掛けつけたいぐらいです。
それと最近 僕の奥さんもそうですが 旦那さんを力強く応援してくれている
奥さんが僕の感覚なんでしょうが増えているように思います。
今現在 いろんなお客様より住まいに関する打ち合わせや 
お問い合わせが多い中で 奥さんが旦那さんの事 家族の事を真剣に
受け止め 充分な理解をしっかりしているご家族の方がほとんどです。
偶然でしょうか?・・・・・
何はともあれ 水曜日の会社の中は静かです。では
2006/3/29 田中 雅之


びっくりしました。

今日 高田のお客様の中に ハウスメーカーと競合している方がいます。
たまたま 違うメーカーなんですが
はっきりと 契約をするのかしないかの決断を今すぐにでも
迫られているとの事で連絡があったそうです。
決断をする事が悪い事ではありませんが 決断をする事が
オーナー様本意ではなく メーカー主導のもとで動かされている感じでした。
この季節になると 多く発生するんですよね。こんな事態が・・・
良くわかりませんが 決算だとか年度末だとか 
オーナー様にはまったく関係の無い事実です。
ゆっくり決めたい決めたくないの自由さはあっても メーカー主導のもとで
決断を急いでもらいたくないものです。
そんなメーカーの話で高田と話がはずんだので はずんだついでに少し
メーカーについて調べてみました。
まずビックリしたのが 展示場の数の多さ!
全国に300箇所 500箇所の展示場があります。
地代やら 総合展示場の必要経費 などいったいいくらかかるんですかね。
 
ただ豪華で生活観の無い住まいで 実際住むにはまったく意味の無い
モデルルームで 実際に建てた住まいを見せないで
夢だけをカタログで語り 現実逃避とも思える見せ場でお客をとる。
まだ 現実の間取りを見せる マンションのモデルルームの方がまだまし。
この訳のわからない無駄な費用は 去年ハウスメーカーで建てたオーナー様の
ローンの中から宣伝広告費として補われる
未来のお客様の為に 今自分が支払いをしようとしているマイホームローンの
一部でもある。最近 静岡県東部でも有名なビックビルダー!?なのか
ハウスメーカーなのかよくわかりませんが ○○ホーム。
広告宣伝費に書ける費用は 売り上げの4〜10%程度を使うと明言しています。
確かに会社が大きくなればなるほど 宣伝広告費は多く掛かります。
でも 売り上げの4〜10%は宣伝広告費として・・・なんていわれると
毎月 住宅の為の返済金額が6万円あるとすると
すでに 2400円〜6000円の毎月のローンから その会社の存続の為の宣伝費を
35年間余分に払わなければいけないこうとになりますよね。
しかも毎月毎月です。
マイホームローンで支払う金額を合計すると100万円から250万円!!!
住宅購入価格が1500万円から2000万円だと○○ホームの宣伝広告費で
60万円から200万円!!!!です。
あり得ない話です。自分の家の為に使いましょうよ。
メーカーが将来獲得しなければならない宣伝の費用まで支払う必要があるんですかね。
マイホームローンに支払うお金は 『自分の家は自分の家の為に』です
無理に会社の都合により決めてしまうのではなく 自分勝手に行きましょうね。
2006/3/28  田中 雅之


つくし。

2006/03/27 | 日常

今日は少し“春めいた”話をします。
会社の駐車場の中に “つくし” がなっていました。
久しぶりに見たので その植物がつくしだって事も
忘れてしまったかのようにおもえました。
並んで 育っていました。
春になってきましたね。
忙しい毎日を淡々とこなしながら過ごしていると 
空の色まで忘れそうにがむしゃらになってしまいますが
ふと 足元を見てみるとかけがえの無い 
季節がやって来ていました。
そんな “つくし”をみて
飯塚がこの芽は“つくし”のなる芽だと
騒いでいたみたいです。
でもこの“つくし”すごいんですよ。
社員用の駐車場は砕石をまいてあるのですけど
土の見えるところはありません。
その砕石の中から つくしがなっています。
春の生命力も感じさせていもらいました。
また 当社のオーナー様で 建築された住まいの目の前が
梅園になっているの方がいらっしゃいます。 
先日そのオーナー様と外構の打合せをさせてもらいました。
その時には梅の花が満開でした。
その時はまだ 肌寒く春先の陽気でした。
その後 約一ヶ月が経って 今日の日付になり
そしてまた 今日最終の打合せをして来ましたが
梅は既に青い芽を出し 強い陽射しになる季節を待つ
準備が出来ていました。
そんな 梅園を見ながら事務所に帰り つくしが出ている事を
社員の高田に教えてもらいました。
本当に今日は春を感じさせてくれた1日でした。
2006/3/27  田中雅之


日曜日

2006/03/26 | 日常

日曜日は打合せのラッシュです。
うれしい事に 高田 大木のハウジングアドバイザーが
多くの問い合わせをいただけるようになりました。
本当によく親身になって動いているのでしょうね。
来週も予定が入っている状況です。
ハウジングアドバイザーとして頼りにされています。
移動中に幾度とオーナー様やお客様より問い合わせの
携帯電話での連絡があります。ちなみに僕の携帯は日曜日には最近鳴りません。
用事がアドバイザーで足りているみたいです。
アドバイスの質問も充分になっている状況です。
高田や大木からの質問の回数も減りました。
『1度聞いたら2度と聞くな』が 僕の口癖です。
真剣に取り組んでいるんであれば 一度理解をすれば充分です。
聞き違いや物忘れはあるかもしれませんが
頭を使って覚える事は 学習能力につながりますから
2度は教えません。しかも2度教える事は覚えません。
と思いませんか。
なんて教えもあり 二人とも立派に成長しています。
ちなみに今の自分には 予定表を自由に記入する事が許されません。
アドバイザーが 僕の予定を記入していきます。
日曜日に予定の無い事事態がおかしい状況になりつつあります。
実に充実した土・日曜日になっています。
それと いよいよ今、進行中の現場が大詰めになって来ました。
色々な技が この辺からデザインが今までより増して出て来る事が
オーナー様は感じられます。
この住まいの味付けが僕が住まいを考えている生涯を費やす最も楽しい時間です。
住まいづくりでいう 仕上げの部分です。
その個々のオーナー様の感覚や風合いを見ながら決定します。
色んなアイデアが更に浮かびます。
オーナー様の顔とデザインが融合します。
岡野宮のA様 K様 三島のH様 S様 ワクワクする時です。
現場に見に行く事が楽しみで仕方がありません。
喜んでくれる笑顔が大好きです。
それぞれの思い入れを表現する最終段階です。
みなさん待っていてくださいね。
先日のブログで書きましたモダン和風の和室。原案が まとまりました。
オーナー様と色々好みをお聞きして 『匠の和室』のイメージが出来ました。
あとは飯塚と詳細を打合せをして 実行にうつすのみです。
さぁ 完成に向って飯塚にがんばってもらいましょう。
2006/3/26 田中 雅之


メールでの打合せ

最近メールでの打合せがよくあります。
打合せと言うか 築いた点を箇条書きにして質問としての問い合わせが
多いです。あと オーナー様がうれしかった事や大きなイベントが
あった時など報告も多くなりました。
でも 今改めて考えてみると便利になりましたね。
僕が社会人に成りたての時は 当然携帯電話は存在すらしてませんでした。
書く職人さんとの連絡は 朝、昼、晩の三回の電話連絡が主です。
会社も 電話のラッシュです。
事務員さんは僕達よりも早く出社しているのが当たり前でした。
電話の応答と対応で。
そんな時代でもポケベルはありました。
連絡は暗号を作ったりして 文字もまだ 入れられませんでした。
数字のみ。
そんな通信設備しか整ってなかった時代でしたね。
ソフトバンクの孫さんが旗揚げをしたばかりの時代です。
それが今では 携帯電話でのやり取り
メールでの質疑応答。
連絡の取りあう方法まで文明の力を利用しています。
メールのやり取りも 声を聞かず寂しささえも感じますが
なかなか切り出せない話も はっきり伝えられる手段の1つかもしれません。
田中建築ではオーナー様にはFAXをレンタルしています。
24時間いつでも思いついた時に連絡や 打合せ内容の進展などを
思いついた時にしていただこうと思いまして やっています。
結構 役にたっています。
言葉では不慣れな建築の内容も 絵や文字で表すと表現しやすく
評判です。
さぁ今日も何かの連絡がないかワクワクしています。
気付いたことがありましたら 何なりとご連絡ください。
2006/3/25  田中 雅之


プレゼント

僕たちの住まいのコンセプトをまだ見ぬこれからのオーナー様に伝える
方法として田中建築工業では 2種類方法がありあます。
まず1つは 紹介。
今までのオーナー様や 知人 もしくは協力業者の方々から
紹介を多々していただいてます。
そして もう1つ それは見学会や勉強会で知り合えた方々です。
経費削減のため モデルハウスを持たない僕たちは
見学会などを開催させていただいて 
田中建築工業のコンセプトにお客様が納得されるかされないか
判断していただ事の1つになっています。
当然 見学会はそのオーナー様の熱い恩恵のもと開催される事がほとんどです。
それ抜きでは開催できません。
オーナー様の中には見せる事で自分の感動を覚えるオーナー様も当然います。
その開催できる事の恩恵を田中建築として
有り難うの姿勢と感謝の気持ちを込めて 
開催をさせていただける方には特別に田中建築工業からプレゼントをしています。
開催させていただけるオーナー様もいれば 当然そうではないオーナー様もいます。
ですので開催させていただいているオーナー様には特別なプレゼント
と言う事で。
今日 竣工間近なオーナー様と打ち合わせを明日飯塚がします。
田中建築からのプレゼントは モダン和室のグレードアップです。
オーナー様が納得するかどうかはわかりませんが 
和室以外の居室もすばらしいので是非 内覧会開催の同意をお願いします。
その中のモダンなイメージは現設計も申し分ないほどの出来栄えです。
しかし その上を行くデザインを提案しました。
もし 今回だめでもいつかは使用したいすばらしいものです。
完璧に近く 初めての体験とも思われると思います。
結果はまた今度報告します。
是非 見ていただきたい和室の1つです。
話は元に戻りますが 田中建築は営業活動はいたしません
当社に信用していただけるオーナー様と真剣にお付き合いをしています。
そのお付き合いもきっかけが必要です。
そのきっかけを作って頂くのが内覧会になっています。
これからのオーナー様の為にも開催を快く引き受けていただけるオーナー様のためにも
感謝の気持ちを込めた プレゼントです。
デザインと匠の技のプレゼントです。
2006/2/24  田中 雅之


今の自分

僕は今 住まいに関することで毎日の生活をしています。
自分が娘【みずき】と同じ位の年の時 父親は棟梁で住まいの仕事をしていましたが
まさか自分まで 住まいに関する事を仕事に生活をしているとは思いもしなかったです。
しかし 大きく今の自分に感謝したい事があります。
それは 自分が今 つまらない事を仕事にしているのではなく
好きな事をしている自分がここち良いです。
夕日を背に 疲れてとぼとぼと歩くお父さんの光景とは打って変わって
自分なりに楽しい事を手掛けている事に うれしです。
嫌な経験や 苦しい経験 忘れてしまいたい位の思いでもたくさんありますが
でも そのような事が関係なく感じるくらい楽しいです。
今だ のどが痛いです。
カラオケボックスで歌いまくってのどが痛いより
よっぽどいいです。心より仕方が無いと思えます。
僕がのどが痛くても 幸せな家族を見ていたりお話をさせていただく方が
良い薬かもしれません。
ふと 今日 そんな事を感じました。
皆さんはどのくらい 思い出が残っていますか
楽しい 嬉しい 悲しい 気に入らない
色んな形で思い出は残っています。
頭の中の思い出 形に現れている現実の思い出がありますが
悔いの残ら無いように人生を楽しみましょうね。
仕事仕事はいけませんが 好きな事をしている事が
毎日を楽しく過ごせる秘訣だと思います。
今の自分 本当に良い環境だと思います。
2006/2/23  田中 雅之


可愛がられる。

会社の看板で権力を行使するおろかな人間がいます。
残念ながら僕の知り合いにもいます。
実に醜い。会話の中で勝手に上下関係をつくっていて
ただ えらそうに騒いでいる人。
その人は偉くなったつもりでいるし 権力をただ無駄に使っている。
普通は権力的に人の上に立っている人なら逆だ。
まず 自分の権威をつかってねぎらってあげなきゃ。
結局 居なくなったとたん 又は 電話を切ったとたん 文句を言われたり
悪いうわさが立つ。何もかも穏便に済ませればいいものを。
逆に 会社の看板があっても 権力的に下の方に良く思われている人がいる。
こちらの方も僕の知り合いでいます。
実に周りの人がその人の為にがんばっている姿を目にする。
そのように下の人からは 良く思われていて 本当に明るい穏やかな空気を
味わっている。
両方の人を見ることが出来るので良くわかる事なんだが
雰囲気がぜんぜん違うし 周りに人だかりが出来たり いつも誰かに
相手にされている。
同じ人なのに こうも周りの人の対応が違うと
良い悪いがはっきりわかる。
自分は後者の人間像になりたい。
人が集まる。人が知らない間に幸せになっている。笑い顔が絶え間なく続いている。
本当に 損な人間と得をしている人間がいる。
皆さんも周りにも存在していると思う。
自分がここにいることによって不快感をあたえてしまう。 
自分がここにいることによって周りのみんなが幸せになれる
どちらの人間になりたいですか?
みんなに好かれる人間になりましょう。
2006/3/22 田中 雅之


総記事数4,341件

PAGE TOP ↑