*

「 月別アーカイブ:2006年01月 」 一覧

イメージ

限りがある世界と限りの無い世界がこの世の中にはありますよね。
限りのある世界
現実の世の中です。どんなに富豪な人でも 人の心が買えないなど
必ずどこの世界でも少ない人も多い人もいますが限りがあります。
限りの無い世界 
空想の世界です。誰からもじゃまされず誰からの束縛も受けない世界。
自分の持つイメージを空間(現実)ではなく頭の中に描いていくものです。
なぜ こんな話をするかと言うと
『住まいを建てる』という事は 限りのある世界に位置する事
『幸せな生活をおくる』という事は 限りの無い世界に位置する事。
でも 幸せな生活に ○○○○幸せな生活と断定的になると限りある世界に
なってしまいますが。例えば『好きな車を買い続ける』なんて言葉を
○○○○に入れると 出来る人と出来ない人がでてきてしまいますね。
余談になってしまいました。
今日、僕には家を建てる事なんて無理なんだ。と自分で判断している方が
いらっしゃいました。その時にこんな話をしました。
確かに無理な世界と可能な世界が存在していますが、
はじめから無理と自分で判断をするのではなく 
住まいを建たてたい。と決めると
住まいを建てるためには色々としなければならない事があります。
そして、いくつもの自分が判断しなくてはならない事がたくさんあります。
そのひとつひとつを住宅のプロである工務店やハウスメーカーに相談しながら 
一歩一歩 夢を現実化しましょう。
今、住まいを建てたいと思ったなら
第一にしなければいけない事は 無理だといってあきらめるのではなく
新しい住まいで生活をしている家族を “イメージ”してください。
イメージは限りの無い世界です。誰にもじゃまされず誰にも束縛を受けない世界です。
そして 一歩一歩 限りのある世界へリンクさせていってください。
って 少しお話させていただきました。
では 夢を完成させましょう。そして 夢は完成させましょう。
2006/1/31  田中 雅之


夢・・・

今日は山形に研修です。
オーナー様満足に関するもので新しい発見や気付きがたくさんありました。
明日まとめて即実行したいと思います。
けど 山形まで日帰りで出来るものなんですね。少し自分でもびっくりしています。
そんな 東北新幹線で信じられない光景を目にしたんで少しそのお話から。
 
山形新幹線のありえない 1
それと皆さん知ってました?
山形の新幹線って踏切があるんです。普通〜に・・・
新幹線が通り過ぎるの何の不思議も無く車が待ってました。ありえないと思いました。
山形新幹線のありえない 2
そして雪景色の中を走っていると 新幹線の車窓からいきなり 雪の壁!!!があらわれた!!
窓は開きませんので 雪には触れませんが 雪と新幹線の間が
見た感じたぶん 50cmぐらいだと思います。
至近です、新幹線と雪の壁が・・・・
崩れてこないと思いますが 新幹線だけに心配になりました。
なんかありえない新幹線の車窓でした。
それと 新幹線と在来線のホームが同じホームを使っているようにに見えました。
知っている方は知ってると思いますけど 新幹線と在来線では
線路の形状も違うし 線路の幅も違うはず。なのになぜ!? 
在来線と新幹線が同じ線路を走っているのかなぁ〜 なんて思いました。
知っている人は教えてください。自分でも少し調べてみます。
さて本題!! 出張の間 乗り物に乗車している間は 僕の読書時間です。
結構この時間が大好きで 自分の事を第三者的に見直すことも出来る
誰にも邪魔をされない唯一の時間です。
今日読んだ ほんの中に 『そうだよな〜』と共感した所があったので
少し紹介します。
それは 『夢は叶う 信じ続ければ 夢は叶う』と言う物。
それ自体は 夢は叶うものと自分もとらえていましたので なんとも思いませんが
夢のスケールの大きさで かかれてあったのでその本を読み終わったときは
人は何でも出来るんだ と 思い知らされました。
登場人物は 歴史上の人物なので皆さんは知っていますが 
夢を語って実現することに 意味があると思ってさらっと読んでください。
空を人間が飛べたら・・・
ライト兄弟ですよね。飛行機が無い時代 周りの人達はライト兄弟のことを
馬鹿扱いをしていたそうです。
現実今はどうですか。当たり前のように 人間が空を飛んでいます。
荷物まで空を飛んでいますよね。
飛びたいという夢が 今ではなくてはならない存在にまでなっています。
今、空路の話をしました。では 陸路 フォード氏
人間の足となり 運輸の常識だった馬車の時代。
車を開発。機械が人間を運ぶ?荷物を運ぶ?
どこか遠くに行くのにもっと簡単に移動できたら どんなにいい事なんだろうって
夢を語ったそうです。やっぱりフォード氏も馬鹿扱いをされたそうです。
陸路の次は 運輸の話し
自分の家畜に自身を持っていた男がこのうまい肉を鮮度もいいまま
みんなに食べてもらいたいと 夢を語ったそうです。
周りの同業者から 馬鹿を言うな 肉がそのままの状態で遠くに運べるはずが無い
とやっぱり馬鹿扱いをしたそうです。
でも 夢が叶いました。それは冷蔵庫にタイヤをつけて運んでもらっただけですって。
こんな事が書いてありました。
夢は叶わないと思った瞬間に叶わぬ夢に変身するって
ある常識から抜け出そうとしない人たちが 夢を語る人を馬鹿扱いをしてきたって。
でも 実際 夢は叶うって書いてありました。なるほどね 先人たちが叶えてきた夢が
今、必要最低限になっている事考えると 僕の夢もスケールアップして
何でもチャレンジしてみようかなぁ〜 なんて 自己啓発してました。IN 新幹線で。
長くなりました。 ではこの辺で 夢は叶います。
2006/1/30  田中 雅之


大変ありがとうございました。

2006/01/29 | 見学会について

土日で開催しました完成内覧会に参加していただいた多くの方々
本当にありがとうございました。
住まいについて色々と勉強していただきました。
参加していただいた皆さんの将来の住まいについておおいに活用してください。
又、三島 沼津 原 より多くの皆さんも参加いただきました。
そして今回 御殿場よりはるばる参加していただいた方もいました。
本当にありがとうございました。そして 夢のマイホームの為にがんばりましょう。
こちらも重ねて御礼申し上げます。たくさんの新しい出会いもありました。
これから 色々ともっと深くお話が出来る事を楽しみにしています。
さて今日は少し込み入ったお話というか 自分なりに感動した事を書きます。
それは 今回、内覧会に参加していただいた方のお話です。
それはある2人の前途ある若きだんなさんのお話。
ひとりは 去年の4月の内覧会に参加していただいた三島市のN様。
今回の内覧会にも参加していただきました。しかも 土日2回!!!
初めて御会いしてから 内覧会は皆勤賞です。
これから順調に土地の決済が済めば来月より着工できるオーナー様。
もうひとりは さっきも書かせていただきましたが 御殿場市より参加のT様。
この御2人様には共通点があります。
それは 26歳という事。
26歳という若さで 住まいの事を真剣に考えている事。
もう一つの共通点は 家族の事を(奥さんやお子さん)非常に愛いしている、という事。
住まいに対する 希望、夢、責任・・・いろんな不安 色々混ざっている中で
N様もT様も将来を見つめて がんばろうとしています。
N様はもう走り出していますが T様はこれからスタートです。
26歳の2人の若きだんなさん。かなりの奥さん ぼんのうです。
家族の為に何とかしよう。そんな声が僕のところに聞こえてきそうです。
そんなだんなさんや家族に方に感動を覚えます。
僕も全力で応援していきたいと思います。
夢は叶います。でも叶わないと心で思えば絶対叶いません。
最後にもう一度 『夢は叶います・・・』
そして 今回、内覧会に参加していただいた多くの方々へ。
お忙しい中 時間をさいてお越しいただいたことを
大変ありがたく思います。その中でも 
何かひとつでも将来の住まいの参考になればありがたいと思います。
これから先 色々と内覧会や勉強会を開催しますので
時間が会えば又 参加してください。
もっともっと 住まいについての勉強が出来るはずです。
それでは また会える日を楽しみにしています。
2006/1/29  田中 雅之


ありがとうございます。日曜日もお願いします。

2006/01/28 | 見学会について

本日は内覧会ご参加のみなさん ありがとうございました。
30組弱の方が参加していただきました。
たくさんの皆さんに住まいの勉強をしていただきました。
田中建築工業としては 修善寺での内覧会開催は初めてです。
新展地での内覧会でした。
でも 田中建築工業という名前、知らない人がほとんどでしたが
建物を見て 皆さん本当に納得していただきました。
そして これから予定される自分の住まいにあてはめて
非常によく 勉強されていました。
良い建物には 名前やブランドは必要ないって感じさせていただきました。
本当にうれしい1日でした。
名前も知らない工務店の建物を見て 感動して 将来、建てる
自分の住まいの夢や希望をお話してくれる。
そのような状況が今日一日で話が出来るようになった事・・・
僕達がやっている事が 間違っていなかったという事だと思います。
良い物をよりお求めやすく 
住まいが健康を提供してくれる 本物の住まい
オーナー様が家に合わせるのでは無く、家がオーナー様の生活に合わせる
他にも色々ありますが そのような住まいに関する情熱が伝わりました。
今日、同業者の方【静岡市と東京】が勉強をしに来ていましたが
その方も『すばらしい』の一言をいただいきました。
我社が 住まいと言うものをビジネスとしてではなく
命がけでオーナー様の喜びや 家族の幸せを提供している
会社だと 今日の内覧会ではっきり再確認できました。
いつもと違い、参加していただける方が ほとんど始めての方で
しかも 当社の名前をまったく知らない方がほとんどでしたので
素直な感想をいただけました。
良い物はいい。しかも この価格で出来るんなら申しぶんない。
ある方と自分がお話をしていた時の最後の一言でした。
本当にうれしかったです。
日曜日あと1日開催します。
どのような 出会いがあるか本当にワクワクします。
夢を持っている方の顔はすばらしいです。
ものすごいパワーを感じます。
ですから 僕もそのパワーに負けない情熱で皆さんに
最高の住まいを提供していきます。
それでは・・・・・
2006/1/28 田中 雅之


準備完了。

2006/01/27 | 見学会について

さぁ いよいよ明日は内覧会です。
準備が完了し明日を待つだけです。
今日も 特別内覧会にはるばる沼津市より3組の方が参加してくださいました。
また、違った一面の田中建築工業の住まいに 勉強されていました。
いつも内覧会に参加されている方のお話は
とにかく 自然素材をつかっているので
建物の中に入ると 何ともいえない自然の香りがする・・・・と
とにかく評判です。
香りだけは 広告には唯一押せる事ができません。
一度 内覧会に参加していただきたいです。
とにかく 住まいは楽しんで成功しなければいけません。
成功するためには やはり住宅展示場みたいな 
非現実的な住まいよりも 完成内覧会のような実際に
オーナー様が住む建物を勉強された方がやっぱり 
良いと思います。
明日、明後日と天気予報は晴れです。
僕達もどんな出会いがあるか 楽しみです。
本当の自然素材の家。
是非内覧会に参加してみてはどうですか
必ず住まいづくりの勉強になるはずです。
2006/1/27 田中 雅之


住まいと・・・

今日は土日に行われる内覧会にちなんで少し住まいのお話をします。
皆さんにとって住まいとは どのようなもので、何をするところですか?
僕はオーナー様の方々にこのような質問をすることがあります。
当然 このようにストレートに質問すると 
困惑する方や 自分の伝え方が悪くて不愉快に思えてくる方もいるかも知れませんので
もっと 噛み砕いて質問をします。
住まいでは何をしたいですか?
どんな家庭を望みますか?
子供ともコミュニケーションはどのようにお考えですか?などなど・・・
当然 オーナー様全ての方 望むものが違います。
それが本当の家づくりなのですが。
その中で 僕が力をいれているのが 健康。住みごこち。癒し。家族の笑い声。納得。
まだ あります
予算。デザイン。間取り。明るさ。暖かさ。近隣。通学。
などなどでもまだまだ あります。
しかしこの辺がしっかりしていないと良い家づくりは遠いです。
では、建築 住まいの事に関してお話しようと思います。
“無垢材”について。内覧会ではもっと詳しくお話しますが。
無垢材って皆さんは良い印象があると思います。
何の雑誌読んでも良い事が90%、悪い事が10% 良い事を先に書いて最後のオチで
少しデメリットを書きます。全てが良い訳ではありません。
無垢材は健康素材として取り上げられています。
専門的ですが 人間の嗅覚を麻痺させてしまう無垢の木もありますし
アレルギーを引き起こす無垢材もあります。
しかも 知らない大工さんは使っています。現在も・・・
もう一つ 無垢材を使ってしまったばっかりに無垢の仕上げ材に虫がついてしまった。
“やに”が出た。とげが刺さった。などの 無垢材自体が欠陥なもの
次に 無垢材といっても工場加工されていない そのままの木材を仕上げ材として
使っていると その上にワックスなどを塗ってあげなければなりません。
そのワックス材がとんでもないもの 不健康品。など
この辺は一般のオーナー様ではわかりにくいところです。
信用できる人に任せるしかありません。
この適材適所こそ 無垢材のいい所を100%出し切れる方法です。
知らないと とんでもない事がおきるん事があるんです。
健康素材の無垢の木を使ったのにアレルギーが出た。なんて
聞いた事がありますが 知識の無い人が ただ無垢の木をすすめただけに
なってしまいますよね。
あと ソフト【心境的、心理的】的に欠陥になる場合があります。
自然素材の無垢はいいんだけど『傷』が絶対気になる・・・・
そんな考えを持っている人がいるとします。
でも 健康素材がいいからと言って無垢の木を使って家を建てました。
そのお母さんが子供に話をする時 必ず子供に言う事がありあます。
『傷が付くから走らない。傷が付くから壁を触らない。傷が付くから物を床に置かない』
って言います。何が珍しいかって? 
前の家では言われなかった事、新しい家に引っ越してから言われるようになった注意。
その注意の言葉を 必ず子供達は聞かなければなりません。
親の口から 『傷が付くから・・・』って
子供だって 新しい家は嬉しいです。なおさら自分の部屋が出来るとなると
誰よりもうれいしい感情でいっぱいになります。
しかし 楽しいはずの新居生活のはずが 親子の会話の節々で『傷がつくから・・・』
なんて注意されたら それだけで子供は親との会話を避けるようになります。
コミュニケーションが取れる予定だった住まいがなぜ!?
な〜んて状況になりかねます。
注意が続けば子供だって人です。ストレスがたまり 胃潰瘍だって出来る
お子さんもいます。健康になるはずの家が 胃潰瘍を引き起こした!!!
子供ははしゃぎたいときにはしゃぎ、走りたいときにはどことかまわず
走るのが子供です。
あくまでも 健康素材は使わなければいけないものだと思いますが
知識の無い業者が 健康素材。健康素材って騒ぐのもどうかと思います。
その辺も内覧会で参加された方にはお話しますね。
2006/1/26  田中 雅之


住まい = 至福

昨日は岡宮のK様の上棟です。
僕の待ちに待った建物の1つです。
かなり K様好みの 古民家テイストが効いてます。
でも 古民家といっても 誰でも真似を出来る古民家調にはしません。
現代ものがいやらしくなく すんなりと受け入れてくれるデザインにします。
待っていてくださいね。
はやく 現場が進み デザインの打合せをしたいです。
また K様に限らず現場でのデザイン打合せを控えている
現場が多くなってきました。
是非 皆さんにも紹介したい『住まい』がたくさんあります。
今、手がけている住まい 完成が待ち遠しいです。
オーナー様も待ち遠しいと思いますが それ以上に期待感 最上です。
今年は色んなオーナー様の夢をかなえるべく 色んなデザインの手法を
満足の手法をとりいれていこうと思っています。
いいものを やっぱり自分の目でみて修得してきます。
今年早速ですが 30日 山形の方へ行ってきます。
オーナー様満足度 NO.1とも騒がれている会社です。
今、以上のオーナー様の喜ぶ顔が増えるように・・・
地域NO.1の満足度を提供できるように勉強会です。
全ては 田中建築のオーナー様の為に
デザイン的にも その他のケアのためにも
その全てが オーナー様にとって一番いいことであること
住まいが至福に感じられるようにグレードアップです。
さて 今週の土日は 修善寺【伊豆市】にて内覧会です。
詳しい至福の工夫は当日 内覧会に来てください。
健康素材 ロフト 体のいたわりの工夫などなど
今日その案内のレイアウトが完成しました。
ダイレクトメールを送らせていただいている方には
金曜日 遅くても土曜日に着くようにメール便にて送ります。
まだ ダイレクトメールに登録していない人はすぐに
登録して下さい。登録といっても 資料請求をするだけです。
そうすれば案内が届きます。 
今回は沼津市には案内が入りません。
ですので 是非 資料請求をしてください。
少し沼津・三島からでは遠いですが
皆さん熱心な方が多くて 『行きますからね。』なんて
返事を既に結構頂いてます。
皆さんの一生懸命振りには本当にうれしいです。
僕も もっともっと情熱がわきます。
みなさん 至福の時間 その時をどこで誰といつ 刻みますか?
僕は その人生のステージでもある『住まい』を至福を感じる事が
出来る様に応援します。
田中に頼んでよかったと心から言われるように・・・
2005/1/25   田中 雅之


迷惑

よく自分本位で動く人間がいます。
廻りの状況が見えなくなっていて 
その人の為に一生懸命にやっている事が
ばかばかしく思える。
その人が何かに夢中になっている事はすばらしい事だと思う。
なにも夢中になれない人よりは数段いい・・・
けどその夢中さに人をまきぞいにしてはいけない。
片方は身を震わしてまで 恥はかかせまいと
その人の為に 自分の家族もかえりみず責任を果たしている
そんな賢明な姿を自分は目の当たりにしていて
当の本人は何も感じていない。
そんなものは何もならないし 憎しみしか生まない。
人間は 書きも出来るし 伝える技術も発達している。
なのに何もしないで 自分本位に記録を残し責任を果たしたつもりでいる。
伝わらない自己の承諾は廻りの皆に迷惑をかける。
迷惑どころか怒りに発展する。
たった 小さな事なのに 何十倍もの自分を捨てる。
悲しいね・・・
これから償いをしてもらいたいものだ。
あと
自分はよくて他人はだめな人間もいる
いい事を散々並べておいて いざ自分のことになると からきしだめ。
周りの人から 
『この人は言っている事と自分が行なっている行動が反対だ。』
と心の中でささやかれる。
なんでだろう なんでこんな人になってしまったんだろうと思う。
その人から 協力してといわれたら率先して逃げていく人が多いんだろうって
思うよね。
悲しいね・・・
今日は少しネガティブなブログになった。
でも 僕はこの様な人間にはならないという逆に誓いが出来た。
久しぶりにそのような 現実を少し見た。
僕も含め 皆さんの為になる側の人間をめざそう。
2006/1/24  田中 雅之


信じる 信じない

今日 田中建築工業の広告やメディア企画を担当していただいてる
会社の新社屋兼住宅を新築するに当たり
着工式 いわゆる地鎮祭をしました。
この会社の社長には本当に世話になりっぱなしで
頭が上がりません。よくここまで真剣に僕のわがままに
着いてきていただけたと思います。感謝してます。
そんな社長に おめでとうございます。とお祝いを言わせていただきます。
そして数ある建築業者の中から 我社を選んでいただけたことを
僕も誇りに思います。そしてがんばります。
事務所に見えるようには絶対つくりませんし
ゲストやお客様が来社してくれた時にびっくりしてもらえる
空間を提案していきますので たっぷりと楽しみにしていてください。
でも 本当にうれしいです。
メディア企画や広告などを手がけている会社に
選ばれることは本当にうれしいです。
ある意味 そのツールの世界の人間に認めてもらった という事ですもんね
これから一生使い続ける事務所を ただ、今の営業先だからといって
ここの社長は選ばないと思います。
その選択肢に自分がいて満足を提供できなければただの馬鹿ですね。
これからが 楽しみです。住宅では少し出来ないようなデザインに仕上げます。
そしてもう1つ。
話が全然変わってしましますが皆さん 願い事ありますか?
また 願い事がかないましたか?
明日、僕は1つかないそうです。ここではあえて言いませんが・・・
今年の目標の1つでもあったんですが・・・・1月末にて1つ達成。
何の事って思うかもしれませんが
最近ほんとうに感じることがあります。
自分を信じて行動すると 自分の描いていたものが現実になります。
これは以前から言っていましたし そうなります。
けど最近 早くなってきました。
信じる度合いが強くなったのでしょうか。
宗教じみてますが 何の宗教も属していません。
宗教が悪いわけではありませんが とりあえず頼るまでいきません。
でも願い事がかないました。
これから色々とかなえて行かなければならない事や
実現していかなければならない事が山積みです。
がんばって自分をしんじて 家族を信じて 仲間や社員を信じて
一心不乱にがんばって行きたいと思います。
最後にこれだけは確実なので言っておきます。
信じないものは絶対にかないません。
雑学の統計ですが 宝くじの大当たり・・・・・
当たる事を信じないで当たった人はいまだ いないみたいですよ。
宝くじでさえ 『俺は当たっても当然だ!』の勢いが必要みたいです。
でも自分を信じて廻りの人を信じる方が 簡単で皆からも愛されます。
2006/1/23   田中 雅之


教育

昨日の体調と打って変わって今日は好調です。
この調子で絶好調まで復活したいです。
今日は少し 我社の社員をほめてあげたいと思います。
それは ハウジングアドバイザーの高田と大木。
2人は同時入社である意味 
よき同期でありよきライバルでもあります。
今 すでに上手にお客様に対して 上手にエスコートしてますが
さらなる 親切丁寧にエスコートできる成長は終わりがない状態です。
今、すでにお伺いしてるお客様はおわかりになっていると思いますが
何不自由ない提案とエスコートをしています。
しかし もっと知的で幅広く成長していく事は時間の問題です。
しかも2人は自分の成長を楽しむかのように望んで勉強に励み努力しています。
それは 自分を信用してくれているオーナー様や
今打合せをしているお客様に対しての思いの強さからだと思います。
皆さんこの2人に期待をしてください。
悩みをうちあげてください。上手に問題解決やエスコートをしてくれます。
そして僕自身もご相談いただいた お客様には色々ご提案しますんで・・・
また、今年、2人で宅地建物取引主任者の資格の勉強をしています。
必ず二人そろって合格できると思います。
お互いに負けず嫌いな性格もありますから。
今日のタイトルは教育です。なぜ教育かと言うと
僕が2人にある教育をしています。
メニューは2人ともバラバラですが・・・
このようにお客さんと接しなさいとか そういう営業的な教育ではありません。
主には “マインド”気持ちのコントロールです。
素直な人しか習得できません。
そんな教育をしています。
本人たちは 教育とは思ってはいないかもしれません。
けど 我社に入社した時の人間とはぜんぜん考え方が変わりました。
はっきり言ってこの成長ぶりは すごいです。
2人の教育の内容が違うため 成長している矛先が2人とも違います。
高田と大木の成長している分野が違いますが
ぜんぜん違う立派な人間になっていると思います。
自分も昔 このような教育をされていましたが 
成果は多分僕以上。よきライバルとして 2人一緒にいるからかも知れません。
将来 この2人がどのようになっていくか楽しみです。
この教育はず〜と続きます。
自分を抜くまで・・・
僕もこの2人がどこまで成長させてあげる事が出来るか
ワクワクします。
対人間関係にも 対知識、企画、魅力、アイデア、学力・・・
いろんなものを吸収していって自分を超えてもらいたいですね。
1+1の原理で協力しあえる
自分を超えるスーパーアドバイザーになれる日は
必ず来ます。そして自分は望みます。
2人の成長が 僕が体調を崩した時にふとんの中で感じた事です。
それでは そんな2人を期待してください。
2006/1/22  田中 雅之


総記事数4,235件

PAGE TOP ↑