TANAKA

「 オーナー様との繋がり 」 一覧

縁の下の力持ち・・・

縁の下の力持ち・・・

 

今日の午前中。

 

今年の春先

引き渡しをしたオーナーさん宅へ

お邪魔してきました。

 

で・・・

 

今日 行うことは

 

縁の下の力持ちチェック〜〜!

 

押入れの中にある

床下点検口から 床下に潜り込み

 

床下をチェックです。

 

最近ダイエットして

細くなった体を

ふんだんに利用しながらの

床下を潜りあさります!

 

12kg痩せたから 成せる技・・・

 

なのか

 

今の体重から 10kg大きかったら

ほぼ 僕には 床下点検口は

無意味な存在だったかも(笑)

 

よいしょって

 

床下に潜ると

 

綺麗なものですっ!

 

さすが と言うか

当たり前なんでしょうけど

 

土台は キレーに乾燥していて

しっかりと 我が家の重量を

支えてくれてます。

 

この見える配管は

エアコンの配管で

オーナーさんの希望により

外観にこだわったオーナーさんは

エアコンのダクト配管を

外壁面に出したくない・・・

 

とのご要望から

 

隠蔽配管と言いまして

外壁に配管を作らずに

縁の下へ配管を配置して

外観のイメージを狂わせないように

 

費用もそれなりにかかりますが

エアコンの配管は

半永久的なものでして

一度やっておけば

ずぅ〜っと エアコンの仕事を

支えてくれてます

 

で。。。

 

この縁の下の力持ち場所は

やっぱり 住宅においては

大切な場所でして

 

シロアリや

湿気が溜まって木部が

腐りかけてくるとか・・・

色んな要素で 家の為には

良くない床下なのか

正しい床下なのかは

肝となる場所なんですね

 

縁の下の力持ちとは

 

読んで字のごとく

 

家を支えてくれている

人間でいう腰のようなものでして

 

腰という漢字は

 

肉づき(肉編)に要(かなめ)と書いて

 

“腰”

 

家で例えるとなると

この床下を見ることによって

家が 風邪をひいてないか

それとも 重病な病なのかを

判断できる場所です。

 

今日の 床下チェックは

 

何事にも “まる”

 

と言うことで

今日の午前中の

床下物語は 立派に機能してました!

 

実際の床下は

こんな感じなんです。

 

太ってると

 

無理だよねぇ〜って思いませんか?(笑)


ファイナルアンサー

ファイナルアンサー

 

打合せが続いていくと

必ず物事の決定が必要に。

 

決めないと

先に進めないので

どこかで 最終決定をしないといけません。

 

そのファイナルアンサーですけど

オーナーさんにも

個性がありまして

 

スパっっと決まるオーナーさんも居れば

時間を十二分に使って

最後の最後まで ファイナルアンサーが

出てこないオーナーさんも居ます

 

注文住宅は 数え切れないほどの

種類の素材や色 

 

間取りに関しても

僕が提案するアイデアは無限大。

 

一つ一つ丁寧に提案しますが

やっぱり悩みどころは多いような・・・

 

仕方がないですよね

一つ決めると 何十年も共に

生活するし

なかなか リフォームするものでもないし

 

なので・・・

とことん 迷ってもらっていいんです

 

けど

 

期限は あ・り・ま・す・か・ら・・・

 

家の選択に ほどほど とか

妥協とは ないので

寝ずに悩んで欲しいもの

 

今年の年末に向けての引き渡しのため

今、猛烈にオーナーさんたちは

毎晩毎晩 悩んでおりまする・・・

 

頑張って・・・

楽しんで・・・

 

羨ましいですね

僕も STUDIO LUXEのデザインの

決定をした時には

ほんと・・・

何日も何日も 寝ずに悩んでました(笑)

 

懐かしい・・

 

オーナーの皆さんも

あの時の僕と同じ気持ちで

悩んでいると思うと

羨ましい限りでございます

 

さぁ〜 僕も頑張って提案しよっと。


打ち合わせ。

打ち合わせ。

 

今日は 間も無く着工の

オーナーさんと打ち合わせ。

 

間取りの決定をした後の

細部にわたる打合せ開始です

 

基本となく 構造計算の前に

必要な項目を 一つ一つ

クリアにしていくための

プロセスなんですけど

 

その一つ一つに

オーナーさんの思い入れがあります。

 

完全注文住宅の住まいは

一つ一つが 手づくり項目です

 

オーナーさんの夢を

形に変える大きな大きな

打合せです。

ここで 決めたものが

上棟につながり

そして 形になって行きます。

 

机上の上での決定事項なので

CADを使いながら

そして 試住会をやりながら

形にして行きます。

 

着工式で 僕がメインに

話をすることは

今、僕らが提供する住まいは

ほぼ 数百年と言う月日の歳月を

形を変えることなく住まう事ができる家

 

数百年分の思い入れを

この打合せを重ねて

形になっていくんですが

この打合せも 半年。

 

半年かけて住まいづくりを

していくわけなんです

 

とても楽しい打合せなんですけど

残念なことに 1度建てた住まいは

長生きしすぎ。

なので いま建てようとしている

住まいを家守りをしていく

ご子息様たちは 家づくりをする事が

なくなってしまいます。

 

パパ、ママが建てた家を

ご子息の誰かが 守って行きます。

なので

 

家づくりの経験ができないと

思われるこれから先のご子息たちの為にも

家づくりのプロセスまでも

思い出として 言い伝えできるように

思い出として 作り上げて

行ってくださいと

伝えて行ってくださいと

着工式では話をしています。

 

幸せ家族を育む住まいの

家づくりストーリーも

後世に残せるように・・・

 

その一つ一つを

心の中に刻んでいただけるように

僕らも 真心込めて

打合せをさせて頂いてます。

 

楽しい分だけ

良いお家ができるし

幸せな分だけ

想いが詰まった住まいになります。

 

そんな第一歩の打合せがスタート。

 

さぁ〜ポロシャツ(僕のあだ名です)も

楽しみながら行きますぞぅ〜

 

末長くよろしくお願いします!


涙の・・・

涙の・・・

 

どこの工務店や

ハウスメーカーさんは

このお盆休み前は

大忙し・・・

 

お盆休み中に

引越しを済ませるために

連休前に 引き渡しやら

完成を目標にして

工事を進めるからで・・・

 

大きく分けて

引き渡し繁忙期というものが

 

年末年始

年度末

ゴールデンウィーク

お盆休み

そして・・・今は少し薄れてますけど

シルバーウィークなる10月の3連休

 

このタイミングでの

引き渡しは 引越しと連休の関係で

多いですね

 

お盆休みの前での引き渡しの一面。

 

スタッフから聞いた話です。

 

現場開始前

オーナーさんから求められた握手。

『よろしくお願いします』

 

そんな一言とワンシーンで

始まった家づくり。

 

基礎の施工

上棟

いろんな材料が入荷取り付け

そして 住まいへと

形が変化して行く中

仕上げ工事の開始

 

一つ一つ だんだんと

オーナーさんの中では

新しい住まいでの生活が

脳裏にたくさん浮かんだと思います。

 

そして 引き渡し当日。

 

色々ありましたけど

今日まで 本当にありがとうございました

協力業者の方々も

暑い中 一生懸命頑張ってくれて

本当にありがたい気持ちでいっぱいです

 

と 語ってくれたオーナー様に対して

 

スタッフから一言。

 

工事のスタートの時に

握手を求めてくれたの

覚えてますか・・・?

 

今度は 引き渡しと同時に

僕から 今日までありがとうございました。

そして これからが本当のお付き合い

これからも 末長くよろしくおねがします・・・

と 同時に

 

スタッフから オーナー様へ

握手を求め返したそうです

 

その時

 

感無量だったんでしょうか

 

オーナーさんは 男泣き。

 

すばらしいことだとおもます

 

家づくりを通して

家族の幸せを届ける仕事をしていて

本当に嬉しいこと

すばらしいことだと思います

 

このワンシーンだけでは

もちろんありませが

たくさんの幸せを

もっともっと届けることができように

邁進し続けたい田中建築工業と

その思いを大切に・・のポロシャツでした。

 

さぁ〜 嬉しいことの次は

次の幸せのために・・・


年に1度のフィーバー会。

年に1度のフィーバー会。

 

沼津祭りの 狩野川花火大会

 

年に一度の ビッグなオーナー会。

でも 残念なことに

記録的な進路をたどる

台風の影響と

中国地方での豪雨影響からの

学びと言うんですしょうか

大事をとっての

花火大会の延期が決まり

日曜日に行うはずだった

オーナー会が そのまま

火曜日にスライド開催。

 

火曜日の当日

天候には 恵まれましたけど

残念ながら 仕事の関係もあって

オーナーさんたちは

キャンセルで溢れました。

 

救いない人数で開催された

花火大会のオーナー会でしたけど

少しだけ 嬉しいことが

 

オーナー会の受付を

1Fの入り口で

たまたま 僕が付近にいた時

 

花火大会の桟敷で

花火を見たいんですけど

チケットって当日販売ないんですかね・・・

 

と 訪ねてくる通りかがりの夫婦。

 

最近 ダフ屋も いないから

今からだと 難しいと思いますよ

 

って 案内すると・・・

 

仕方がないか・・・って 肩を落とす様子。

 

僕らの会場となっているビルでは

延期によるキャンセルも多かったために

座れる場所はありました

 

よければ 僕らの会場で

見てってください。

今日は 空席で結構空いてますんで。

 

と アナウンス。

 

最初は ためらっていたんですけど

大丈夫ですから・・・って

誘ったら きてくれました

 

そのまま 屋上に行って

好きな場所で 見てください。

 

で・・・

 

いろんな話をしていると

実は ご夫婦さんは

新婚さんらしく

しかも 奥さんは 外国人の方で

 

あら・・・

 

日本の祭りを少しでも

外国の方へ ご案内できることが

僕は嬉しいです・・・

 

そんな会話から始まった

花火大会でした。

 

外国の方とは思えないほど

浴衣の着こなしで

とても 幸せなご夫婦でした。

 

思い起こせば 僕が小さな頃

今も忘れはしませんが

今でも 昔でも 花火が大好きなポロシャツ。

 

幼い頃に 一度だけ

河川敷の桟敷をおばあちゃんに

とってもらって

沼津の花火を見たことがありました。

 

その時の光景は 今でも忘れることが

できません。

 

その後も 何度か

おばあちゃんと 親に

桟敷の席を頼みましたけど

当時の沼津花火の桟敷席は

抽選で当たることも難しく

お金では解決できない人気ぶり

だったんだと思います。

 

桟敷が取れない虚しさが

どうしても 拭い去れず

親に無理言って

狩野川の近くまで行って

大勢の人混みの中

ビルの隙間から見えた

沼津花火を楽しみました

 

と 同時に

 

花火の目の前で

思いっきり花火を見たいという感情は

大人になっても 欲しい欲求の

一つだったことは覚えています

 

それで

ビルオーナーさんと知り合い

そして 田中建築のオーナーさんと

なって頂き・・・

そして ご縁で このオーナー会の

開催が 15年続いてます

 

花火を間近で見たいという

欲求は 叶いましたけど

恩返しが さらにできたらな・・・

そんな思いで 毎年毎年

続けているオーナー会

 

そのオーナー会の中で

今日みたいな出来事があると

ほんと 昔の自分を思い出して

一日一膳ができた感じで

とても 僕自身も幸せな感覚が

生まれて とても印象深い1日となりました

 

できれば 来年も来て欲しいな・・・

 

そんな思いをしながら

平成30年の

平成という元号の最後の花火大会が

幕を閉じました。

 

いつまでも お幸せに

そして 今日という日が

そのご夫婦のずっとの思い出と

なれたら嬉しいなと思う今日この頃の

 

ポロシャツ。

 

たまたま 受付にいた僕と

ご夫婦が 僕に声をかけてくれた

出会いで生まれた一節。

 

大会延期で生まれたご縁でした。


いつも ありがとう。

オーナーさんと打合せDay

 

あっついすねぇ〜

全国各地で 40度越え。

サッカー小僧だったポロシャツ。

夏の時期は とにかく

体力をつける時期で

夏の暑さに耐えるように

監督から 鍛える事を主に置いた

トレーニングで 夏休みの合宿で

ダブルヘッダー

トリプルヘッダーは当たり前の夏で

とにかく 苦しむことが当たり前だった

昭和の時代。

最近の子供たちは 気合が足りない・・

なんて 思っていましたが

ちょいと 調べてみました

 

今と過去

 

夏休みの楽しい思い出って

多分 小学校3年生ぐらいまでで

その後は 本当にサッカーのために

夏休みを使ってきた感じなんですね

 

だから

夏の暑さに耐えれない学生って

なんなんだろうって

 

 

今と過去

 

僕が小学3年生

38年前の8月の

最高気温と平均気温

 

どのくらい違うのかなぁ〜

 

ったら びっくり。

 

最高気温に関しては

なんと 6度近く上昇。

平均気温に関して言うと

なんとなんと 3度も違う

 

40年も経たないうちに

静岡県というか

日本全国の気温が

3度以上上昇しているって言うのは

本当に異常。

 

これから先どうなっちゃうんですかね

30年後・・・

平均気温 38度

最高気温 43度

 

こんな感じになっちゃうんですかね

 

やばいっすね

 

そんな 異常気温の一日中

ポロシャツは オーナーさんとの

打合せDayでした。

 

朝の9時からスタートで

終了は 7時過ぎ。

でも すごく楽しかった。

 

いろんな話も聞けたし

オーナーさんの望むテイストで

たくさんのアイデアを提案し

次々と決まって行く仕様に

こらから形になるなぁ〜って

思いがたくさん詰まりすぎていて

ワクワク感がたまりません

 

喜ぶ顔が早くみたい

 

超〜時間に及ぶ打ち合わせが

終わった時

スタッフの小田さんから

一枚のメッセージ

 

心温まる手紙なんですけど

どうすればいいですかねぇ〜と言う

メッセージ。

 

ふとその中身を見てみると・・・

 

 

今日 打ち合わせをしていた

ママに送る

我が子からのメッセージ。

あらぁ〜

すばらしい。

 

耀雅もこんな事を

描いてくれるのかなぁ〜なんて

頭の中をよぎるも

それにしても 良いよなぁ〜って

 

5歳の娘さんが

はなまるの

ママに宛てた手紙でした

 

今日の打ち合わせを終えて

すぐさま帰っちゃったんで

忘れて行っちゃったんだねぇ〜

 

こう言う親子の関係っていいですよね

 

幸せ家族応援工務店のポロシャツとしては

打ち合わせの終了を待つ

我が子が 親に宛てた

温もりを感じる手紙でした

 

ママもダイエットをしてるんでしょうかね(笑)

 

その事を 思ったまま

書く子供の姿さえも

その場を見ていないので

想像しちゃいますよね

 

これから 家づくりのスタートでけど

完成まで 今しばらくお待ちください

 

心温まるお手紙の巻 でした!


完成間近。

完成間近。

 

ぞくそくと お盆休みに向けて

完成間近のお住まいが出てきました。

 

嬉しさ90%

引越しの体力の心配10%と

言ったところですかね

 

今日 チェックしてきたお住まい。

 

パパのこだわりで

LDKに隣接する和室の入り口には

下屋と言う”庇”が付いてます。

ここの和室は 別の空間にしたくて

 

と言うリクエストから

 

この写真には 写ってないんですけど

焼酎や日本酒の一升瓶が

並べておけるカウンターが

和室の奥についてます。

 

まだ 畳がこの時点では

入っていませんが

完成したこの和室は

パパのお気に入りのスペースに

なること間違いなしっ!

 

ママもこの場所には

反論できない面々があるようで

そのまま パパのリクエストを

鵜呑みにした空間になってます

 

その他にも ママのこだわり

家族のこだわり色々。

 

写真で お見せできませんけど

内容が こぉ〜い住まいとなってます

 

引越しまで もうちょっと。

 

それまで お楽しみさまに

していてください。

 

こちらのお住まいは

天井に こだわりの逸材を

LDKの天井に貼りまくってまして(笑)

すっごく贅沢・・・

木の香りが すごくいいんです。

このLDKのソファーで

寝っ転がりながら

天井を見つめていると

我が家だなぁ〜って

絶対に思うんだと思います

経年変化も楽しめる

木の香りで 心のリラックスと

見た目の優しさで

僕が住めば 何回ソファーで

寝落ちするかわかりません(笑)

 

 

どこのオーナーさんも同じですが

大いにして パパとママの

デザイン感覚が違う

 

でも ポロシャツは困りません!(キッパリ)

 

そのようなオーナーさんの

パパ、ママの意向が違うデザインを

組み合わせながら

デザイナーとして うまく融合させながら

提案していくんで お任せください

 

引越しが終わって

家の中で ゆっくりできるタイミングが

できたら一緒にゆっくり

お酒を頂きにいくとします。

 

ゆっくり語れるスペースを

作ってますんで

その空間に堪能しながら

一杯やりながら 語りましょう〜!

 

末長いお付き合い

よろしくお願いします


オーナー様宅 拝見。

オーナー様宅 拝見。

 

今日は久しぶりに

引き渡し後のオーナー様宅拝見。

ただいま 田中建築工業で

住まいを検討中のお客様を

オーナー様宅へ

 

検討している我が家のデザインが

オーナー様宅とテイストが

100%・・・いやいや

120%あっていると言うことです

少しオーナーさんのご協力も

頂きながら 行ってまいりました。

 

お客様の 反応は

 

とっても 雰囲気よくて

安心してご覧になられてました。

 

オーナーto お客様。

 

この家族たちが

話をしているのを

横から聞いているのは

本当に醍醐味の一つ。

 

少し時間を置いてから

僕らが直接いたら

もしかしたら聞きづらいことも

あるかなぁ〜って思い

僕らは 外へ 退散します。

 

オーナーさんの本心を

しっかりと聞く事ができる

タイミングでもあるので

そこには 僕らが話をするというよりも

 

『直接 聞きたいことは

思う存分聞いてくださね・・・』タイムです

 

ご案内の1時間後ぐらいに

僕らは 外に出て

その間30分ぐらいですかね?

 

僕らも聞いた事がない

シークレットタイムで

会話を楽しんでもらってます。

 

そうそう

話は全然変わりますが・・・

 

オーナーさん 1わんの家族が

その家族のための礼儀がすごいなって

さすがオーナーさんと思う点が

 

それは

 

↓このシール。

大諏訪の田中家にも

5わんの大家族。

 

その家族一人一人に

毎年 沼津市から

1枚の案内が届きます。

 

それは

 

狂犬病のお知らせです

 

狂犬病の注射を摂取すると

シールをもらえます

そのシールを 沼津市推奨は

玄関のわかるところに貼ってください

 

というもの。

 

なんですけど

 

我が家のワンコたちからして見たら

珍しい玄関ドアでした。

 

狂犬病のワクチン摂取は当然ですけど

その時にもらったシールを

玄関に貼った事がないポロシャツには

本当に新鮮でした。

 

飼われているワンコは

トイプードル。

 

トイプードルは

静かなワンコなんです

&

賢い。

 

その静けさのワンコで

このボキャブラリーのサインは

さすがオーナーさんのボキャブラリー

うちの大諏訪の家族達の方が

人間ともに 危険な香りがします(笑)

 

このスタイルのお家に

憧れるオーナーさんは多く

僕のデザインの中でも

真骨頂の一つです!

 

そんなフリーダムな仕様の

我が家を 見せて頂きました

 

本当にありがとうございます!

と 満足されて見学いただいた

お客様にも・・・

ありがとうございます!

 

さてさて

 

次の打合せが楽しみです。


夢にまで見た・・・

夢にまで見た・・・

 

28歳から 家づくりの応援を始めて

もうすでに 19年を迎えようとしている

ポロシャツです。

 

あっという間でしたね

 

そのあっという間の時間でも

600家族を超える家づくりの応援を

させてただきました。

 

思い起こせば

大工をしている父親から

僕が小さな時に

なんども僕に話をしてくれた

 

『俺は地図に残る仕事をしたい・・・』

その血を引いていると

感じても 嘘じゃありません。

 

建築の仕事に就くなんて

思っても見なかった 高校生時代。

 

サッカーで一生を送ることしか

目の前になかった時に

腰と首を痛めてしまい

サッカーという選択肢をなくした

高校生が 競輪選手に自らの夢を託し

可能性のあるところまで昇りつめましたが

あえなく腰痛がひどく断念。

 

その後 バブル景気も重なり

現代のような 就職難の世界を知らずに

足を踏み入れたのが 建築業としての

人生を歩むことになったきっかけです

 

父親が良く僕に話してくれた

『地図に残る仕事をしたい』 と

自ら思ったのが 25歳の時。

 

ふつふつと 独立開業を目指して

3年間 独立という夢を追いながら

仕事をしていたのが

昨日のことのようです。

 

新築一棟を 初めてお施主様が

誕生したのは 独立してから

1年経った時のこと

 

その1年間は 長かったですね(笑)

 

記念すべき第1棟目のオーナーさんは

 

『夢にまで見た 家づくりです』

そう僕に語ってくれました。

 

その言葉の一字一句を

今も鮮明に覚えてます。

 

今では もう田中建築と言えば

静岡県東部では そこそこ

名の通った会社ぐらいになりましたけど

当時は 当たり前のことですが

まだ

“どこの馬の骨だ?” と

言われ続けたとき

 

そんな “どこの馬の骨”の若い僕に

家づくりを託してくれたことを

我が身になってみれば

本当に ある意味

オーナーさんも 僕もチャレンジの

家づくりだったと思います

 

でも そのオーナーさん宅も完成し

引渡しをした時に

 

『やっぱり 田中建築さんに頼んでよかった』

 

そう言ってもらえた時は

本当に感無量だったことを思い出します。

 

で・・・

 

19年を迎える今

当時の気持ちも同じまま

打合せをしている間に

刻が流れていても

オーナーさんにとっては

人生をかけた大一番のイベント

 

今日 打合せをさせてもらった

お客様からは

 

『夢にまで見た家づくりだから・・・』

 

僕たちの目の前で そう語ってくれます。

 

19年経っても

僕も お客様も変わらぬ気持ちに

本当にこの仕事に従事できて

ありがたいなって思いました。

 

ほんの数時間の打合せでしたけど

昔も今も変わらぬ気持ちの

僕たちの家づくり。

 

今から 19年経っても

同じ気持ちで 造り続ける家づくりに

誇りを持ちたいと思った1日でした

 

目を輝かせながら

語ってくれたお客様に

僕は 毎回のことですが

感動しています


打合せ

打合せ

 

今日は オーナーさんとの

打合せDAY

 

ワクワク感 1000%の中での

打合せ。

 

時折 やばいなこれ

 

楽しすぎる・・・と

オーナーさんと打合せのあちらこちらで

盛り上がる姿は

 

少し異常なテンションなので

一般の方の覗き見は

ご遠慮させていただいております(笑)

 

家づくりって

本当に楽しいですね

 

この役に立ってからというもの

28年.

自分の会社として 向き合ってから

18年

 

家づくりの話を共にしていて

つまらない・・・と思ったことは

全くありません。

 

まじまじ。

 

夢を形に変えるお手伝い

夢を形に変える提供

夢を形に変える瞬間をともに

過ごせるというのは

本当に 満足極まりない感情です。

 

土曜日ということもあり

時間が決まっている中での

打合せでしたが

とっても 内容が濃いものとなりました

 

そうそう

 

皆さんは 夢 というものを

共に考えることができる

パートナーって近くにいますか?

 

家づくりでは

夫婦となるんでしょうけど

 

家づくりではないところでの

パートナーと言いますか

夢を共に語れる親友と言いますか・・・

 

夢を語るということは

すごくエネルギッシュなことだと

 

エネルギーが集まるところと

人が集まるところには

不幸せはないと思っています

 

夢は 将来

将来は 計画

計画は 実行の源。

 

その力の 源っていうものは

生命の中では ほんと大きな役割を

持っていると思います

 

生きている実感が湧き出してくるというか

 

充実 充実 ・・・

 


繋がる

繋がる。

 

今日は オーナーさんから

ご紹介いただいた オーナーさんから

頂き物を・・・

IMG_3856

超〜嬉しい 頂き物でした。

 

僕がウィスキーを

毎日飲んでること 知ってたのかなぁ〜

 

と 思ったら

すごく嬉しい頂き物でした!

 

ありがとうございました!

IMG_3864

ごちそうさまです。

美味しく今宵を楽しんでおります・・・

 

 

オーナーさんとの打合せ時に

色んな建築興味ありのお友達とか

仕事仲間とか 紹介してくださいます。

 

ありがたいことです。

 

今年の1月ももう少しで終了なんですけど

今年に入ってから もう何件紹介してもらったかな

 

気持ちよくお引き渡しをさせて頂き

そして その喜びの延長から

また ご縁をいただく。

 

今回も 数珠つなぎのご紹介で

4件目のご紹介をいただきました。

 

最初に出会ったオーナー様から

次に・・・そのオーナー様から

次に・・・そのオーナー様から

次に・・・そのオーナー様。

 

幸せ連鎖って 最高です。

 

もっともっと

田中建築の輪が生まれるように

さらに 努力をしたいですね。

 

ご縁とは ありがたいことで

もっとも感謝をしなければならない事の一つ。

 

家が完成にむかって打合せが

進むにあたり ほとんどのオーナーさんは

笑顔率と期待率

そして 満足率が上がります。

 

打合せをしていく過程を

全て見ていると よくわかります

 

満足が その満足を超えると

自分の友達や 知り合い

仕事の仲間の人に

話をしたくなっちゃうんだと思います

 

それが 田中建築の輪 だと思います

 

僕ら住宅業界にも

引き渡し繁忙期というものが・・・

 

俗にいう ○○日までに引越し完了〜!

 

って 言う時期。

 

年末、年度末、ゴールデンウィーク お盆休み。

 

こんな感じ

どこの工務店さんも同じだと思いますが

1年を通じても 年度末、ゴールデンウィークは

間が短いので 一年の中でも少し頑張る時。

 

And・・・

 

幸せ笑顔が 猛烈に増える時でもあります。

 

幸せ家族応援工務店 ですからね・・・

休んでいる暇は ありません。

頑張って行きますから・・・

 

オーナーの皆様 ご期待くださいませ。

 

 

 

 

と ブログを書いていると

末っ子の あきこが

こちらを 警戒するように

じぃ〜っと見つめています。

IMG_3865

少々 人が怖い アッコは

少しだけ距離を置いて

チラチラ・・・

 

そのチラチラ姿が なんとも言えなく

可愛いいんす・・・

 

しかも うちの8ニャンの中で

唯一の 靴下猫。

 

たまらんぜよ・・・って その逃げ腰が。

 

近くに来たいんだけど

勇気がなくて 来れない。

 

体もアッコ以外のニャンたちの中で

一番小さいニャンよりも

さらに 半分の大きさ。

 

常に子猫の感覚がね

男には たまらなく可愛い(笑)

 

他のニャンたちは 自分のやりたい放題で

方々に散らばるんですけど

アッコだけは 近からず遠からず。

 

きっとこっちに来たいんだろうなぁ〜って

思いながら 横目でチラチラのポロシャツでした

 


続・・・悠々自適な生活

続・・・悠々自適な生活

 

今日は オーナーさんの

ご子息が お家の計画があると言うことで

社長行きましょう!

 

と お誘いがあったのと

 

10年前 特にこの住まいには

思い入れがありましたので

10年前の自分の見つめ直しも含め

オーナーさん宅へお伺いさせて頂きました。

 

玄関開けて・・・

IMG_3450

わぁ〜懐かしい。

と ため息。

と言うか 懐かしさのオンパレードで

自分自身を振り返る本当の意味での

玄関で 思い出を振り返ることができた

エントランスでした。

 

しかも 当時の室内ドアも

全てデザイン尽くしでして

1枚1枚 デザインして

制作していた頃もあったことを

思い出させてくれました。

IMG_3449

 

それと 当時この住まいには

建て替えの計画だったんで

僕の脳裏には 建て替える前の旧家の

住まいの当時の絵図が浮かんできて・・・

 

思い出話が進む中

すごく 充実した2時間を

住まいで堪能してきました。

 

あれから10年かぁ〜って

IMG_3452

10年の月日って

振り返ると あっという間。

 

特に 当時・・・

本当に田中建築を惚れ込んでくれまして

打合せの一部始終を コマ送りのように

再現してくれました。

 

今は亡き 当時元気はつらつだった

おばあちゃんにも 仏壇の前に

なってしまいましたが久しぶりの挨拶をして

おばあちゃんが 僕にかけてくれた言葉の

一句一句を 思い出させてくれました。

 

いたるところ細部まで

デザインをした痕跡も・・・

やはり 当時 全てを任せてもらった記憶

 

そして 詳しく聞いても解らないから・・・

と言って デザインのひとつひとつに

目を通さずに 田中建築さんがやることだから

と言って 全幅の信頼をしてもらった経験。

 

全てが この家を見て 記憶が蘇ります

 

特に僕の目に飛び込んできたのが

当時 40インチオーバーのテレビを見て

打合せをしていたリビングの先にあった

インチ1万円していたテレビも健在で。

 

10年前にもなると そのテレビが

すごく豪華に見えて

羨ましく思ったことが

やはり脳裏に浮かんできました。

 

今、この場で時間を過ごしているのに

言葉さえもいらないと言う・・・

そんな感覚に陥りました。

 

全てが 10年前を振り返り

勉強になります

 

あれから時代も変わり

そして 住まいを求めると言う

根本的な発想さえも

変わり果てた時代

 

今 思えば 住まいとは

一生の思い出を作る場所で

かけがえのない住処(すみか)なのが

今では ひょっとすると

雨風しのげる生活の箱へと

感覚が移ってしまった世代感なのかなぁ〜って

思えるほど この10年間は

大きな大きな 家づくり と言う

イベントが 様変わりしてしまったのかも

知れません。

 

そんな

深い想いを感じることができた

何とも何とも言えない

振り返りができた オーナー様宅ご訪問でした。

 

また お邪魔しますね。

 

家族みんな元気でいてください。


総記事数4,704件

PAGE TOP ↑