TANAKA

「 土地・不動産について 」 一覧

土地を生かすのも殺すのも。

土地を生かすのも殺すのも。

 

家を建てるんには

当然必要なのは 建設地。

 

土地です

 

でも その建物を目的とする土地は

自分の土地、もしくは

これから建てようとする土地だけ

見ていたら とんでもないことになります

 

周りの環境を駆使した利用。

その周りの環境と自分の土地との

関係性をしっかり見つめて

どのように家族の生活空間を

有意義にするかが 本当の設計になります。

 

当然と言えば当然なんですけど

 

なかなか 思うように設計できていない

建物がありますね・・・

 

代表的なのは

大手ハウスメーカーの規格住宅。

 

とか

 

ローコスト住宅の

よくありがちな プランナンバー○○で

決められた建物。

 

規格住宅とか ローコスト住宅の

すでに決まっているプランを

自分の土地にあてがうと言うやり方。

 

企業側から見ると素晴らしい事なんですけど

エンドユーザー側から見ると

お粗末そのものだと思うんです

 

確かに建築コスト的な面から考えると

設計とか構造計算とか

また 材料の発注など

プランさえ決まっていれば

建築に詳しくない素人でも

住宅の積算から 見積もりまで

簡潔にできる手法で コストが

あらゆる面で削減できると言う

建築業者側から見れば

とても お手頃な建物になります

 

でも ここで少しローコスト住宅を

検討している方も 聞いてもらいたいのが

 

一生の人生をかけて

住宅ローン35年という長い歳月を

かけて資産にしていくには

あまりにも 残念すぎる気がしてます。

 

例えば 自分の土地は 広大な広い土地の

ど真ん中に建築する人。

この様な方は 自由奔放な規格住宅で

逆に構わない様な気がします

 

けど・・・

近隣の土地があってこそ自分の土地の存在で

先に建築されている家の様子から

我が家の最高なプランを作る

というのが常識に範囲になりますよね。普通は・・・

 

コスト削減とは 受注コストを下がるのみで

オーナー様よりの発想というより

工務店やハウスメーカーよりの効率化であって

オーナー様の利得になるとは

考えにくい 規格型住宅なんです

 

僕らからしたら 規格住宅でさえ

安い建物ではないし・・・

 

注文住宅の真骨頂は

色んな法律の条件をクリアして

そして 現状周りに存在している建物を検討し

そして 我が家の設計に取り組む

それが ある意味プロの設計士の行う技術です

 

お客様やオーナーさんと打合せを

している時に一番最初に考えること

それは 建てるオーナーさんの住空間を

満足してもらえるように

周りの建物の配置、窓の位置、玄関の位置

寝室の位置、ベランダの位置、

子供部屋の位置などを 念頭に置いて

設計プランを僕は作り上げます

 

この選んだ土地で 最大限有効に

そして有意義に利用できる動線や

視覚的安心をどう作るかが 住宅設計において

一番僕が大切にしていること

と言う一生の資産を守る義務と責任を

僕はおいながら間取りを

常に作っています

 

どんな土地でも

どんな近隣環境であっても

その土地に隠れている

潜在能力を最大限発揮できる

可能性から考えて提案する・・・

 

これが 住宅の設計と住空間設計をする

最大の意義。

 

その建築地の特徴と性格を

生かすも殺すも全て

設計者側のスキルと提案量を提案内容が

全てを凌駕。

 

建築を初めて数年の経験だとか

施工社都合で規格住宅に収めるとか

人生の一生を左右する住宅に

経験値が浅いって

建設側の立場で行くと

なんとも無責任すぎると思った

クリスマスでした


良い土地発見。

良い土地発見。

 

僕の好きな沼津の地域で

すごく良い物件を

コンシェルジュの伊藤が

見つけてきてくれました。

 

沼津のグルメ街道から

一本西側の道を入った場所

IMG_A1D9D16E397A-1

岡宮で5物件が並ぶ分譲地。

少し高低差があるんですけど・・・

 

場所的には 最高です

伊豆縦貫道が出来てくれたおかげで

車が通る台数は激減で

商業的には マイナスなんでしょうけど

生活するには 満足へ

どこに行くにしてもアクセス良いしね

 

で・・・この土地には

少し高低差がありまして

普通に考えると

敷地内の高低差ってマイナスに

感じられるかも知れませんけど

僕ら デザイナーとしては

この高低差が すごく良い。

 

僕が得意とする高低差。

 

高低差を逆に利用して

プライベートな空間を作る間取りに対して

さらにプライベート感を演出できます

 

価格もすごくお求めやすい。

多分仕入れの金額が低かったんだなぁ〜

 

歩いて1分の場所に同じような

分譲地があるんですけど

その価格差 なんと400万円。

 

こんな近くてこんなに

お求め安いなんて・・・

絶対に 岡宮で探している家族の方は

 

ポロシャツが分析しても“買い”な物件。

 

僕が手がけるプランとかデザインに

土地の形状や、環境は

関係なく、その時にベストな状況を

建物に反映させるのでありまり

土地の良し悪しを差別しないで

色んな提案をするんですけど

 

珍しくこの物件だけは

土地を見て 花まる。をあげたくなっちゃいました!

スクリーンショット 2017-12-13 12.18.42

5物件あるので

全部の敷地に僕なりの妄想提案プランを

作ってます。

 

こうなったら 良い感じだよねぇ〜って

 

そのぐらい 久しぶりにワクワクする

分譲地がありましたって・・・

 

この高低差を利用した

最高のプランを作成中(笑)

と言っても・・・

 

あまりにも 少々惚れ込んでしまったために

5プランのドラフト・・・下書きは

完了しておりまする。

 

まさに 妄想プランなんですけどね・・・

 

一番の良いところは

幹線道路に近くて生活に便利。

 

ひと昔なら 坪50万円強の値段が

付いていたところで

何人もの オーナーさんが住む場所。

 

現在の価格は

50坪で 1400万円強。

まぁ〜ありえないかも・・・

整形地

 

プランする人によって

こんなに素晴らしい環境になるんだ・・と

思わせる感じで 張り切ってます

 

誰がこの土地を購入するんだぁ〜って

名乗りは誰もあげてもしない

分譲地に デザインしちゃって・・・

 

自分でも 笑ってしま・・・う。

 

 


I am kowgaの現場探訪。

I am kowgaの探訪。

 

今日は 問合せをいただいた

御家族の方が希望している敷地を

耀雅と 現地調査に行きました。

 

託児の時間が終了し

そのまま、

『よぉ〜し!耀雅〜現場行くぞ〜』って

 

託児の時間を終えた5時すぎから

行ってきました。

 

耀雅も『現場〜現場〜』と

騒ぎながら

るんるんしながら 扉を開けて

車に乗り込みました

 

約15分後 現地に着いて

IMG_3310

あまりにも広い敷地に

耀雅も興奮気味。

 

耀雅にとって 丁度いい感じの

草の生え方で 飛び回る飛び回る(笑)

 

まぁ〜落ち着かない。

この広い土地で

遊ばない理由がないじゃんと

言いたげな感じで

 

でも 耀雅の意外な一面を発見。

それは

“虫が嫌い”

 

バッタがいたんですけど

そのバッタを捕まえて

耀雅に見せるけど・・・

 

いらない

怖い

動いてるぅ〜と言いながら

完全拒否

 

バッタを無視しつつも

あっちに 飛び出したり

こっちに ダッシュしたり。

 

僕がその地基地を調査している

最中でさえ

2歳半の耀雅は

『ひろいぃ〜ひろいぃ〜ひろいぃ〜』

って 大声あげながら

IMG_3311

敷地の隅から隅まで

飛び回ります

 

耀雅の飛び回る姿を見ていて

子供にとっても この敷地はGood!

 

日当たりが

敷地のチョイスに関しては

満点に近い

近隣の状況も今把握できるとこでは

問題ないし・・・

 

って 思いながら現地調査を

耀雅としてきました。

 

ほんのつかの間の親子で現場〜でした。

 

 


地上げ・・・

地上げ・・・

 

地上げと聞くと

バブルの時代・・・

ガラの悪いおじさん達がやって来て・・・

%e3%81%8c%e3%82%89%e3%82%8f%e3%82%8b

『どけ どけ~ 』

と 連想しますけど

実際には 合法的な“地上げ”も

この世の中にはありまして・・・

%e3%82%88%e3%81%84%e5%9c%b0%e4%b8%8a%e3%81%92

収益性の良い立地に

古いビル、古い家などがあり

収益性や地域性を悪くしている

その収益性の高い土地に

収益性の高いビルを新しく

建て直すことにより

その土地の価値の上昇や

その地域の人たちに利便を提供するなど

そんな 誰にとっても有効なやり方で

行われている“地上げ”と言うがあります

 

ぞくに言う『再開発』の様なもの

 

その土地にも 良し

所有していた人にも 良し

新しくなった環境にも 良し

 

と言うような WinWinWinの関係の

地上げをさす事がほとんど。

 

イメージ感的には 悪いイメージの

“地上げ”

けど 実際は良い

“地上げ” なのです

 

さて・・・なぁ~んで 今日のブログで

“地上げ”と言うフレーズかと言いますと

田中建築の不動産コンシェルジュの伊藤くんのお話。

%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%8f%e3%82%93

土地もまだ 決定していないけど

『田中建築で家を建てる!』

その様な オーナーさんって

多いんです。

 

早く土地が決めることが

出来たらなぁ~って

オーナーさん達は 思います。

 

けど 一般論的には

 

不動産を探す=売り土地を探す

 

と言うことですよね

 

けど 売り土地を探しても

自分が理想とする土地が出てこない

 

この様なケースって 時々あるんです

 

と・・・ここで

不動産コンシェルジュの 伊藤くんの登場!

 

オーナーさん自らが

売り土地では ないものの

気になっている 空き地。

また

気になっている 空き家風・・・の

 

この土地売ってくれないかなぁリクエストが

オーダーで入ってきます。

 

その気になっている土地の

ひと通りの内容を調べて

必要な回りの環境や相場などを

調べながら 地主さんと言うか

所有者さんのところへ

お伺いを立てに行きます・・・

 

『突然すみません・・・

○○の土地って・・・』

 

こんな感じで お伺いを立てます

 

無理のない程度で 交渉したり

または 当然うまく行かないことも

 

それでも 中には

『売り譲りして頂けませんか・・・』

と・・・聞けば

『どうぞよろしくお願いします』

と・・・喜ばれる所有者の方もいて

 

オーナーさんも 土地所有者さんも

WinWinになってもらえれば

世の中の為になりますね・・・

 

最近のコンシェルジュ伊藤くん

売り土地探しもさることながら

今回のような

売ってください土地探し・・・が

あるようで 忙しいです

 

今日も・・・

『社長。この土地、どう思いますか?』と

相談してきて、その土地の地なりを

調べさせてもらって 所有者さんの所へ

行ってくるようです。

 

僕の次に忙しい・・・(笑)

伊藤くんのお話でした。


土地のメリットデメリット。

土地のメリットデメリット。

 

今日 初めてお会いした夫婦に

 

この土地のメリット・デメリットは

なんですか・・・?

 

と 聞かれたので

 

鷹の目で見て 蟻の目で見る

 

そんな話をしました

 

 

 

それは・・・

 

自分が上空数千メートルから

その目的の土地を見たときに

どう観測できるか・・・

どんな意見が出るか・・・

 

です

 

今は 便利な時代でして

グーグルマップを使えば

すぐに鷹の目で 見ることができます

 

グーグルアースでは

標高さえ出ているので

すごくわかりやすいと思います

 

もうひとつは 蟻の目で見る

 

それは 愚直にその土地を

観察するということです

 

たとえば 電柱。

数本見通したときに

ばらばらの方向に傾いていたら

地盤が悪い証拠

 

また ご近所さんを訪ねてみるのも

ひとつの情報源です

できれば 古そうな住まいに

住まわれている方などは

長年その土地に住み込んでいると言うこと

 

等々 いろんな 蟻の目を使います

 

最後に

自分が求めたい土地の条件を

トップ3をあげること

また 自分が避けたい土地の条件を

ワースト3をあげること

この6項目で トップ2つワースト2つが

当てはまれば 合格です。

 

本当の最後に・・・

その土地を観察するのに

ネガティヴになりすぎないこと

気持ちがネガティヴになれば

必ずといって良いほど

良い土地が見つかりません

 

なぜなら・・・

良い条件より悪い条件が先になり

その土地の本当の良さを

自ら否定していることになるから

 

この条件を満たせば

自分たちらしい 土地探しが

できると思います・・・

 

そうお答えしました

 

おさらい。

鷹の目で見て 蟻の目で見る

自分たちの土地探しの

トップ3ワースト3を考え

その中で 良い方2つ悪い方2つ

クリアしていること

ネガティヴな思考を避けること

 

以上です


バランス・・・

バランス・・・

 

住まいを計画する

 

ともなると

大いに悩むところ・・・

 

それは ご予算。

 

高い家が良い家ではない と

常日頃話をしていますが

建築コストが 高いとか

ローコスト住宅が 安いとか

そういうのではなく

建築相対的に見たご予算の

理解と把握が必要。

 

その全体の部分の判断が

住まいを計画する総費用となります

 

で ここで大事なポイントは

計画予算のバランス

 

不動産を購入して

そして その土地の上に建てる。

 

土地と建物の価格だけを見れば良いのか?

 

この2つだけを見て バランスの取れた計画とは

いえません。

 

大きく分けて3つの分類になります

 

まず 土地

そして 建物

で 最後が 諸経費等

 

となります。

 

けど これが中々難しい。

 

たとえば 50坪1000万円の

不動産価格の土地があるとします。

 

でも 住み始めるまでに掛かる費用は

地盤改良が必要か否か

下水道がある地域か否か

土地に水道が引き込まれているか否か

給排水経路の長さ、家と道路までの距離

特別な許可が必要な土地か否か

仲介手数料が掛かる土地なのか否か

土地に高低差があり基礎に余分な費用が掛かるか否か

 

等々

 

上記の内容のものがすべて負担してからでないと

住める状態の土地にならない ってことになると

500万円以上掛かってしまう不動産もあります

 

でも きれいに整理整頓された

区画された分譲地で

一区画 1500万円で 上記内容がほとんど

費用が掛からない土地だとすると

実際 どちらが お得なのか

わかりませんよね・・・

 

こんな感じで

住宅ローンを利用すると

各金融機関でも 必要とする諸費用の

部分が大きく変化してきまして

諸費用10万円ほどでOKな

住宅ローンもあるし

また 120万円ほど費用が必要な

住宅ローンもあります

 

住宅の計画の中で

世界でひとつだけのオンリーワン住宅を

提供していますけど・・・

実は 住宅資金計画もほぼほぼ

同じような家族形態の家族でも

全員が違うオンリーワンの計画になります

 

ここで言う 住宅資金計画のバランスとは

 

土地+土地に付随する経費+建物+税金等諸経費 を

総合的に見たもの。

 

だから 土地だけ 建物だけ 見ても

大きく変動してしまう総合価格。

 

なんにしても バランスって必要ですけど

住宅の計画も バランスのかたまり

 

うまくバランスが取れた住まいが

本当に良い家だと想います。

 

『今、オレ 歩くのにバランス大事!』

バランスが大事

と 言っている耀雅くんでした(笑)

 


不動産の見極め方・・・

不動産の見極め方・・・

 

土地を探されているほとんどの方・・・

 

本当の土地の見極め方って

ご存知ですか~

 

田中建築のオーナーさんの中には

少し見極め方の違いを教えただけで

 

一度 断った土地を

再認識されて 購入された方もいます・・・

 

どうやって 見極めをするか・・・

 

まず 不動産屋さんとか

僕たち 工務店、

そして ハウスメーカー等から

土地の情報をもらうと

まず 現地を見に行きますよね

 

で・・・

 

最初の一歩から 間違っている人がほとんど

 

それは・・・

 

紹介された土地を見に行ったときの

どの方向から どうやってみると

本当に良いか悪いかを判断できるか・・・

 

ほとんどの人は

外から その土地を眺めます・・・

見たい土地

どんな土地なんだろうねぇ~って

 

この見方が 一番NG なんです

 

では

 

本当の土地の見方をご紹介・・・

 

それは 土地を外から眺めるのではなく

土地の中に入って外を見る

 

皆さんは 土地の外側に住むのではなく

土地の中で 生活をする・・・

 

リビングからは どうやって道路が見えるのか

 

また ここにリビングがあると

どうやって日が差し込むのか

 

とかとか・・・

 

自分たちの生活を その土地の中で

イメージでいいので 想像してみること

 

これが一番大切なことなんです

こうやって見る

土地の外側から 土地の形状を確認して

この土地はいらない・・・

 

と 一度断った土地でも

土地の中に入って 自分たちの生活を

重ねてみたら 案外良い感じ・・・

 

なんてことも ちらほら・・・

 

この土地は 私たちにあっているのか・・・と

検討するならば

出来ることなら

どこかの工務店やハウスメーカーに

もちろん 田中建築でもOK!

 

その気になった土地で

住いのプランをつくってもらい

そして その土地での配置を

確認して そして 良いか悪いかを

判断できると すごく簡単に

土地を見極めることが出来ます


南面道路って本当に良い土地?

南面道路って本当に良い土地?

 

http://www.iiuti.com/?p=3164

 

不動産を探している方の

ほとんどがあこがれる

南面道路・・・

もしくは

東南の角地・・・

 

本当に良いんですかね?

 

この動画でも

説明をしている通りなんですけど・・・

南側道路って本当に良い土地?

↑ここをクリック↑

 

ちょこっと

気になった南面道路 と

南西の角地に建っている家。

南面道路と東南の角地は1

その家の窓 全部

昼間から カーテンが

全部閉まってます

 

と言うか

 

一年中 カーテンは

閉めっぱなしだと思う。

 

なぜなら

カーテンを開けることが

出来ないから・・・

 

南側の道路に

人が歩いている

車が信号待ちで停車している

車が通りっぱなし・・・

 

自分たちの生活を

丸見えにすることが

勇気のいる事だと

思わない人たちのみが

カーテンを全開に

できるんでしょうね

 

一年中 日当たりは

いいですよ・・・

完璧なぐらいまでに

 

でも

家の中は

カーテンが開かないと

明るくは出来ません

 

リビングの窓は大きく

けど

大きいゆえに 家の中が丸見え

 

住んでみないと

この事実がわからない

 

本当に

南側道路

東南の角地って

良いんですかね・・・?

 

って思います。

 

すすめるのは

不動産会社

 

住みやすいか

住みにくいかを

実感するのは本人です

 

一生に一度の

大きなイベントの家造り

 

南側道路は

僕は おすすめしないかな

 

と言う お話でした


家に住む?土地に住む?

家に住む?土地に住む?

 

御殿場のお客様と

打合せをしていた時の話・・

 

住宅取得でもっとも

大切なひとつでもある

住宅取得資金計画。

 

引渡しを受けるまで

かかる全体の費用の計画の事を

言います・・・

 

とっても大事。

 

購入を考える側から見ると

いわゆる 『予算』と言うもの

 

住宅の価格。

土地の価格。だけでなく

 

総費用です

 

業界内では

『住み出し価格』と言ったりも・・・

 

その計画書を見ながら

 

全体的な予算を割り出し

結果 自分たちの思い描いていた

予算に 少しオーバー

 

で コンシェルジュが

提案をします

 

○○○さんは

土地に住みますか?

それとも家に住みますか?

 

こんな質問です

 

田中建築工業でも

不動産専門のコンシェルジュがいます

 

彼が とっても残念な事を

たまに 愚痴ります

 

それは

引渡しを終えた時の

オーナーさんの言葉。

 

『本当に良い家が出来て

良かった…

ありがとうございます』

 

って 言います

 

不動産コンシェルジュが 提案した

不動産でも 同じ言葉

 

不動産コンシェルジュが 提案出来なかった

不動産でも 同じ言葉

 

『この土地にして 良かった』

 

って 9割のオーナーさんが

言ってくれることがないようです

 

その後に

思い出したように

『あっ 伊藤さんが探してきてくれた

この土地も最高でしたよ』と

言ってくれるオーナーさんは

過半数も満たないとか・・・とか・・・

 

不動産あっての住いなんですけど

結局の話

 

伊藤は

『結局は 家に住むんですよね~』と

ポツリ。

 

でも 僕がいるから

そこに建物が建てられるんです!と

 

がんばってましたけど

 

まぁ~その通りなんですけど

 

けど

家に住むって事は

そういうことんなだなぁ~って

思いました。

 

僕は どんな土地でも

最高の住いを提案できると

そう思ってプランやデザインを

しています。

 

それは 自信があります

 

自由設計の住いで

偏った考え方や

ましてや 規格住宅は

ありえませんからね。

 

どんな 土地でも

あなたらしい住いを提案!

 

でも 僕の設計でも

どうにもならない様な

不動産もたまには

ありますけど・・・

 

といった感じで

 

今日のお客様は

注文住宅なら

わがままを思いっきり

通した自分の住いを造りたい…

 

と言う事で

新しい不動産を紹介してください

 

そう お話してくれました

 

そんな うれしい事を

言われてしまうと

提案200%ですね

 

がんばって

探してよぅ~

伊藤ちゃん

 

がんばって

プランを仕上げますからね~

 

お客様も

首を長くして 待ってます!

 

 


土地探し・・・

土地探し・・・
今・・・
田中建築のオーナーさんや
お客さんの中でも
本当に多くの方々が
土地選びに悪戦苦闘してますね
そんな お客さん でも
オーナーさんでも
少しだけ 一歩前に踏み出して
ここの土地にしよう!って
決めだす方々も・・・
土地が決まり始める時も
家づくりの中では
楽しいひと時ですよね
やっと自分達の生活と
現物を照らし合わせる事が
出来るから・・・
その様なお客さまと
打合せをさせて頂きました。
土地が決まってくると
家族でやりたかったこと
家族やその友達と
やりたかったことが
より現実に そして
より鮮明に イメージする事が
出来るんですよね
これって すごい進歩なんです
まだ 経験をしたことが
ない方にはわからないかも
しれませんが・・・
今まで 出来たらいいなぁ〜って
感覚だったものが・・・
これなら 出来るかもしれない 
とか
こんな感じだったら
こんな遊びも出来る・・・とか
色々ね・・・
現実感が帯びてきて・・・
あれもやりたい 
これもやりたい・・・が
たくさん・・・ね
良い感じで話が出来てくるんです
お客さん本人が
望むことが 
どんどん 出来上がってくるって
そんな感じかなぁ〜
わくわくしてくるんです!
夢が広がって行くのが
話をしていてわかります
それと〜
田中建築工業のオーナーさんは
とっても わがまま(笑)
わがままじゃないと損!
言いたい事をとりあえず
言ってみる・・・
可能かどうかわからない事を
とりあえず言ってみる・・・
僕たちも わがままを引き出して
あげるんですけどね。
せっかく家を建てるんだから
わがままになんなきゃ・・・
僕自身の性格で 
わがままを言ってもらうのも
好きだし〜
わがままを受け入れるのも
好きだし・・・
わがまま過ぎちゃうと
困る事もあるんですけど
そのわがままの受け皿が
とにかく他の人より
大きい様な気がします
今まで 引渡しをしてきた
オーナーさんの中でも
最初は恐縮して
なかなか 言いだせない方も
いましたけど・・・
その様な方々は
最後には とっても楽しく
わがままを言ってくれました。
完成した時に
そのわがままがそのまま
手に入れられるとすると
言わないと手に入れられない事に
なってしまいますからね〜
だから
わがままになって!!
と言う事で
今日は打合せをしながら
わくわくしている夫婦を
見ていてとっても
夢ってやっぱりいい感じだなぁ〜って
思いました。
頑張りましょうね
しっかりと応援させて頂きますよ
最近のマイブームで
夢創り・・・
書いてみました
夢創り
汚い字で ごめんなさ〜いwww
まだ 土地を決めかねれている
オーナーさんとお客さん・・・
早く一歩が踏み出せると
良いですね〜
地域密着工務店 清水町 も エリア
自然素材 と デザイン住宅
注文住宅 の
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2013/12/15


土壌汚染

土壌汚染
オーナー様から
一本の電話…
外構工事で 植木を
植えようと思って
庭の土を掘ったんですけど
油分が染みてる部分が
出てきまして…

そんな相談がありました。
土壌汚染です…
土壌汚染
で 不動産会社に
対応を求めたんですけど
まぁ ひどい解答でして
本当に 素直な僕の意見は
『そんな対応でいいの??』
素人相手に その解答は
ないでしょ…
って そんな感じです
あ〜だ
こ〜だと
難癖をつけて
事を荒立てない様に
また
不動産会社と売主に
負担をなるべく少なく
したい感じが
もぅ 見え見えなんです
それじゃぁ
買主としても
いらだちを覚えますよね
それで
僕の方からも 
色んな手助けをしたものの
解答は変わらず…
自分の購入した土地から
油分が出てきたら
それは 怒りますよね
普通〜
僕たちの工務店の
若干の責任負担の
話も持ち上がりつつ
どうにもこうにも
ならなくなって…
市民窓口の無料相談の
弁護士窓口に出向いたら
不本意な回答が出てきて
あまりにも
オーナーさんをバカにしすぎじゃない
と言う事で
不動産協会の弁護士に
相談する事に。
あくまでもですけど
不動産会社って
色々ありますけど
あまりにも
悪すぎる対応に
オーナー様は 御立腹…
来週に弁護士との相談に
行ってきますけど
本当に 素人相手として
対応が悪すぎるような
気がして 僕自身も
納得できず…
法律の権利関係って
難しいですよね…
本当に難しいです
地中埋設の事ですので
買う時には
当然わかるわけもなく
瑕疵担保責任と言うものが
ありますが
一切そこには触れず…
購入した土地に
後悔を残すような事だけは
やめましょうと
僕からの助言を
受け止めるのが精いっぱい…
何とか
問題の解決に
満足を得たいのですが
オーナー様も無理な要求を
しているのではなく
本当に 基本的な部分で
補ってくれればいいと
低姿勢で言っているにも
かかわらず…
僕たちも
お手伝いをする事になるのは
全然構いませんが
同じ 不動産を扱う
会社として
モラルの問題が
本当に大事だなって
思いました。
何なんですかね…
弱い者いじめみたいで
少し可哀そ過ぎる…
全力で
バックアップしますので
頑張りましょう…
気持ちよく生活に
再スタート出来る様に
応援していきたいと思います。
と言う事で
不動産会社って
本当に色々だなって
痛感しちゃうような
出来事のご報告でした。
気を付けようがないのが
地中埋設物…
なら 業者として
適切な対応って
必要ですよね…
消費者保護の立場として
本当にそう思います
検査の結果
産業廃棄物でない事を
祈りたいと思います…
地中埋設物
頑張りましょう!!
地域密着 工務店 御殿場市もエリア
自然素材 と デザイン住宅
注文住宅 の
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2013/09/04


土地探しは 出会い

土地探しは 出会い
今週は 土地探しの
お客様との打合せ
また 
土地探しから始められた
オーナー様との打合せが
特に 目立った
一週間でした。
僕たちは 色んなオーナー様の
不動産探しのお手伝いをします
折込広告にも
書いてありますけど
実に 73%のオーナー様が
土地探しから
始められます
結論から言うと
土地探しは 本当に
運命の出会いの様な事
探している最中の方
また
既に講習されて
建築途中の方
それぞれ 
時間こそ違いますが
1日の中での打合せで
うまくその立場が
絡み合います…
不動産を探している方は
本当に 良い土地ないですか〜
から 始まって
建築している時は
ほぼ土地の話は出ません
どの様にして
皆さん決められているかと言うと
キーワードは
メリット探し…
土地は 同じような形の
分譲地でも その土地には
大きな違いが生まれます
2013072001.jpg
形は同じでも
内容が違うと言う事ですネ
隣人さんとの関係や
隣地の家の形などなど
色んな要素が 絡み合います
ほぼ 毎回お話している事は
結婚と同じような物です
こんな事で 話をさせて
頂いております…
同じ様な形でも
世界で一つしかないもの
配偶者と同じ
皆さんは 結婚する時
相手の方の デメリットを
フォーカスして
結婚しますか?
それとも
メリットをフォーカスして
結婚しますか…?
もちろん
相手の良い所を探して
そして 不安がないレベルまで
相手に求め そして
関係が良くなれば
ゴールインですからね
2013072002.jpg
何でも そうですけど
完璧と言うものは
ありません…
満足する事が出来る
メリットと3つ
どうしても 
嫌だと思うデメリットを
3つ…
この3つをクリアしてさえいれば
多分 その時は
購入できるポイントが
詰まった不動産と言う事に
成ると思います
高望みすれば
中々出てきませんし…
逆もまたしかり…
と言う事で
もう少し 不動産の購入の決定をする時は
少し肩の力を抜いて
決定の意志を決められると
良いかもしれませんよね…
僕はそう思います
配偶者に求める要求が
高ければ高いほど
中々 満足できる人は
出てきませんし
また
自分が望むものが
適応にストライクゾーンで
自分が毛嫌いするものが
なければ
大体は OKだと思います
と言う事で
もう少し ライトな感覚で
行きましょうよ…
今まで 土地探しから
始められる沢山のオーナー様を
見てきましたけど
意外と皆さん
軽い気持ちで
『買った…!』と
言っています
これから 不動産の購入を
検討している方は
良きヒントにしてください
それでは
今回は 不動産購入に
トピックを合わせて
ブログ書きました。
地域密着 三島市もエリア…
注文住宅の工務店!
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2013/07/20


総記事数4,595件

PAGE TOP ↑