TANAKA

「 家づくりシリーズ デザイン編 」 一覧

アメリカンスタイル・・・

アメリカンスタイル・・・

 

色んなテイストを

持ち合わせるTANAKA KENCHIKU

 

その中でも

最近盛り上がっている

 

アメリカンスタイルの家

本場のアメリカンハウスの

特徴を解説・・・

 

日本とアメリカでは

お国柄の色んな違いがあるんです

その中でも

日本人向けに手直しされているのが

 

日本風アメリカンハウス。

 

和食“寿司”が

アメリカで食されている“Susi”ぐらい

違ったスタイルです。

 

僕も デザインの勉強や

家の勉強のために

何度か 渡米していて

アメリカ西海岸の家のチェックをしてます

 

昔ながらの家

当時建築中の建物・・・色々

 

アメリカの家の玄関は

 

ほとんどが 内開きなんです

日本は 外開きです

 

ウェルカムの意思や

防犯のため 等々言われてますけど

新鮮でした。

 

窓もほとんどの窓が小さく

これも 銃社会ならではのもので

家の中の様子が 見えにくくしているためと

現地のアテンドから聞いた感じです

 

ガレージは まぁまぁ中級層の家になると

当たり前についていて

贅沢品というより 日常品のイメージ

 

 

 

逆に 玄関前に設けるウッドデッキ

本場では フロントポーチ、ガバードポーチ

呼ばれているんですけど

映画では よくシーンに出てくる

イメージですが 実際には

あまり使われている家は少なく

日本人ゆえの 憧れのイメージなのかも

和製の子供、耀雅 とフロントポーチ(笑)

 

室内に関しては

アメリカの階級分けが

本領発揮されていまして

高級な家になると 日本の高級と

言われる家よりも はるかに高級に

仕上げられてました

 

一般的な家になると

あまり日本の一般住宅と代わり映えがしなく

しいて言うなら 工業製品の内部建具とか

フローリングと言われるものではなく

本物の無垢の木を使って建てられてましたね

 

工業製品よりも 無垢材の方が

安価なのかもしれません

 

庭は どの住まいにも

当たり前についていて

プールなんかも 普通についてました

プール = セレブ 感が強い日本とは違い

プールも 普通にあるものの一つなんですかね

敷地もアメリカは広いし

プールの値段も激安でして・・・

日本円で200万円しないとか・・・

 

洗濯物も乾燥機で乾かす文化の

アメリカでは

選択を干すための2Fのバルコニーは

ほとんど少なく・・・

その代わり 1Fで家族で行うBBQガーデンは

必須なぐらいに 広々、豪華にありました

 

本物と 日本風アレンジのものと

多少違いはあるものの

建築するのは 日本なので

 

日本人らしくイメージされた

アメリカンスタイルの家が

見栄えが良くて

受け入れられる感じなんだと思います

 

究極を言ってしまえば

ラフっぽさのイメージが強いんですけど

インダストリアル感たっぷりな

内装デザインの住まいは 僕の見てきた家には

ほとんどなく

(工業系デザイン、産業系デザイン)

日本独特のアレンジ方法ななのかなぁ〜って

でも これから始まる

アメリカンスタイルの住まいは

このインダストリアル感を

リクエストなので

 

楽しみながら頑張って

デザインしていこうと思います

 

 


総記事数4,753件

PAGE TOP ↑