TANAKA

「 家づくりシリーズ 元気な子供編 」 一覧

子供の心を育てる家。

子供の心を育てる家。

 

子供の心を育てる

ママの動線の近くに

子供の動線を置くことで

常に 親子のコミュニケーションが

取れる様に家の設備を配置する

 

忙しいママが

わざわざ 子供に近寄って

世話をしたり

コミュニケーションを取る事は

やっぱり大変な事ですよね

 

ママが 家事をしながら

パパが 家事の手伝いをしながら

近くに子供がいてくれるように

設計の段階で取り組むと

自然とわが子の心が育む場所へ。

 

わざとではなく

自然な流れで

我が子に家事を手伝ってもらったり

我が子がママ、パパの近くにいたり。

 

その間取りのひとつが

センターキッチンと言うもの。

IMG_0766

誰のリクエストも無く

ポロシャツが勝手に想像して

理想のセンターキッチンを作ると

こんな感じになりました。

 

 

家の中心が LDKの中心が

キッチンと言うスタイルのもの

IMG_0767

 

 

たとえば

 

キッチンの前には ダイニングテーブル

IMG_0768

 

 

キッチンの隣には 子供の勉強机

IMG_0769

 

 

キッチンの横には 家事テーブル

IMG_0770

キッチンの仕事をなんなくこなす

パントリー

 

 

 

最短ルートの

キッチン→水周り

IMG_0771

我が子が 家事の手伝いもしやすい様に

ダイニング、リビングから至近。

 

 

 

和室もキッチンから 45度の角度で

見渡しやすい環境

IMG_0772

 

 

 

玄関からLDKの扉をあけると

目の前に広がる直線的なLDK

どこに誰がいても

『ただいま、おかえり』が言いやすい

正面に配置して

IMG_0774

 

 

 

家族の思い出や パパ、ママ、子供へ

伝達できるようにLDKの中心に

大きな飾り棚。

IMG_0773

 

 

こんな間取りがあれば

普通に 親子でコミュニケーションが

取りやすい環境になりますよね~

 

間取り一つで

生活しやすい環境なのか

コミュニケーション取りやすい環境なのか

 

全然違いますね・・・

 

同じ建築面積なのに

大きく違う。

これが 注文住宅が可能にする

子供の心を育てる家 なんです!

 

この間取り一つで

叶うものもありますけど

もっと詳しく マイ家族と言う環境を

付け加えて完成させるのが

世界で一つだけの家。

 

無限の可能性を秘めた我が子に

愛情を注げる我が家のプラン。

 

と言うお話でした。


元気な子ごもが育つ家・・・家事編

元気な子ごもが育つ家・・・家事編

 

今日は 働くママさんたちへ

元気な子供が育つ家のお話

 

元気な子供が育つ家と

家事動線ってすごく

密接な関係にあるってご存知でしたか?

 

家事動線というと

家事をするのに

家事のしやすさだけ注目されがち

 

家事のしやすさも大事なことは

変わりはありません。

 

家事動線の種類は

○   専業主婦動線

○   パート勤務動線

○   フルタイム勤務動線

 

と言う3つのパターンがあります

そしてもう一つは

最近の夫婦は 家事の分担なんかも

盛んになっているので

パパと同じに行う家事の動線なんかも

視野に入れて動線をプランしないといけません

 

と 話を戻して

家事が主体に考える家事動線が

なんで 子育てとリンクするのか・・・

 

そのあたりを 紐解いてみましょうか・・・

 

この円グラフは フルタイムで働くママさんの

一例を書いたもの。

IMG_0756

 

大体のママたちは 同じような生活を

していると思います

 

忙しい1日の中で 家事を行う時間って

限られているもので

朝の時間帯 仕事から戻った夜の時間帯

 

この数時間の間で 全ての家事を

行うから 忙しい家事模様になるんですよね

 

この時間帯を有効利用できるように

家事の主軸となる水回り設備を

できるだけ ママの動きに合わせて

作り込むプランが より良い家事動線です

 

けど・・・ここでもう一つ

 

それは この限られた時間帯の中で

我が子とのコミュニケーションも

取ることが大事になります

 

家事動線と 家族のコミュニケーションをとる

動線を組み入れないと

家事動線が良くても コミュニケーションが

取れなくなったりしたらダメですよね

IMG_0757

忙しい家事時間の中に

少ない時間でも多くのコミュニケーションが

取れるような空間を作らないといけません。

 

元気な子供が育つ家

頭の良い子が育つ家

 

等々 著書の先生方にお会いして

話をさせてもらったことがあるんですけど

 

それぞれの先生の話の共通点は

子供と親の共有空間です

 

共有空間と共有時間

そこに働くママさんの忙しい家事動線。

 

この3つが うまく融合した時に

家事楽の住まい

元気な子供が育つ住まい

頭の良い子が育つ住まい

 

になります・・・

 

ママ、パパが家事をする時間帯に

うまく我が子と共有空間、時間で

コミュニケーションをとることを

考えた間取りと プラン

 

家事を忙しく行っているママの背中だけを

子供に見てっぱなしにしていたら

コミュニケーションを取りたがっている我が子の

相手もできないし・・・

我が子に呼び止められて

いちいち家事仕事の手を止めて

コミュニケーションを取ろうとしても

面倒になって小言が増えたりだとか

良い感じにはなせませんよね・・・

 

元気な子供が育つ家

コミュニケーションが取れる空間

家事を行う時間帯を有効に

家事動線とコニュニケーション空間の融合

 

こんな感じになります

 

ぜひ 自分たちの家づくりの

参考にしてもらえたらと思います

 

そんなポロシャツはと言いますと

なかなか 仕事の時間に詰められて

耀雅とコミュニケーション不足があらわで

奥さんに 申し訳ないと思う日々で

 

ございま〜す。


総記事数4,473件

PAGE TOP ↑