TANAKA

「 家づくりシリーズ 一般編 」 一覧

デザイン階段への情熱

山積み・・・

 

今日から一週間は

今 こなしている仕事の完成week

 

プランからデザインから

そして 細部にわたる施工図と

言われるものまで

 

とりあえず今日は

鉄骨デザイン階段の詳細図起こし。

 

イメージした階段から

職人さん達が 制作できるように

細かい寸法と現場の納まりを見て

図面化します

 

この図面化は 汎用CADを使って

起こしますので

寸法的に収まらない適当な数字で

図面を描くと 最後に収拾がつかないと言う

細かい作業の一つ

 

僕の書いたデッサンの階段のイメージから

似たような感じの階段の写真を見つけて

オーナーさんに承認をもらいます

スクリーンショット 2018-01-16 1.13.50

階段は 製作するオーダーものに

全く同じものは存在しないので

あくまでも イメージなんですけど

そのイメージに沿うような感じで

設計図を見ながら 階段の一段一段を

図面化して行きます

 

単位は 僕らが扱っている

材料から追って計算すると

コンマ1mm・・・1/10mmです

 

その詳細図を起こして

製作工場に図面を流して

形が出来上がります

スクリーンショット 2018-01-16 1.14.22

なお 僕が細かく書いた図面ですら

製作工場にデータを渡すと

さらにそこから 施工図として

今度は 製作工場なりの図面を書き足します

 

その製作工場に渡すための図面を

その作業を半日かけて

計算機片手に 一本一本、

線を引いて行きます。

 

で 最後の終着点で

図面に誤差がなければ終了。

 

図面上ですけど その誤差が1/10mm

 

適当にやって

間違った図面を仕上げてしまうと

全てが 僕の責任であって・・・

全て 時間もコストも掛かる

とても大切な仕事なんです

 

今日 仕上げた図面がこれ。

kaidann

これが 完成されて

現場に納品されて 現場にスポッって

入った時の感動が好きなんです〜

 

何と言うのかなぁ〜

想像通りと言うのか

苦労が報われたと言うか

 

この図面を書いて 作って

現場に収めると ここに現場寸法の

信頼関係が確認できます

 

いくら 僕が正確に図面を作っても

現場での施工寸法が 設計図通り

仕上がっていなければ

合うものも合いません・・・

 

なので 違う部署・・・現場と事務所で

別々に作られた住まいの寸法が

ピタッと合うには

現場からの信頼関係と

僕のような寸法を指示する図面の中の

信頼関係が一致しないと

上手に収めることができません。

 

だから 現場搬入でうまく収まった時は

 

よっしゃぁ〜!ってなるんです

スクリーンショット 2018-01-16 1.32.51

俺も良し!大工さんも良し!

現場スタッフの指示ももちろん良し!

この3者が合わないと完璧には行きません

一つの階段とっても このように沢山の

プロフェッショナルが集まって完成する

オンリーワンの住まい。

今日のブログで言えば 鉄骨デザイン階段です

 

この緻密な作業が 実は沢山あるんですよ

階段だけに当然収まらず

基礎であったり、設備関係であったり

サッシであったり

この作業を円滑に進みながら完成して行くのが

家づくりの基本中の基本

出来上がる我が家を見ていると

なかなかそこまでの苦労を

現場に足を運んで見ったって

よく解らないのが

現状だったりするんです

 

このCADの作業をしていると

車の部品とか 設計している集団って

すごいなぁ〜って思います

 

お互いの信頼関係が 半端ないんでしょうね

ネジ一つからの設計から

エンジンの型板、整形、組み立て

全てが 一つでも間違うと

組み立てられないんだから

試行錯誤はあると思いますけど・・・

 

それと同じの情熱で

階段を一つ一つ手作業で作り上げる

鉄骨デザイン階段。

 

末長く上手に使ってくださいね・・・

 

と言う階段物語でした

 

今日は集中しすぎて

肩 こ っ た ・・・


冬びより

冬びより

 

今日は 御殿場市の進行中の住まいに

現場ぁ〜チェックぅ〜

 

っと言うか

御殿場は 冷えますねぇ〜

まじ寒い。

 

沼津から 車で直行。

一度も車外から出ることなく

現場に到着するものなので

沼津と御殿場の気温差が

 

ダイレクトぉ〜って

 

おまけに 今日も風が強え強え。

 

車から降りると ジャリ。

何かを足で踏んだ・・・

 

んっ???

IMG_3678

足元を見ると 午後3時過ぎなのに

まだ 霜は立ってるは

氷も溶けぬままだ すっごい寒いのね

 

防寒仕様で服を着て

まずは 外回りのチェック。

IMG_3677

おぅ〜寒い寒い。

 

なるほどなるほど・・・と

外回りのチェックを済まし

 

『失礼しまーす』

 

と 室内に入って見ると

 

あれ 寒くない。

窓際に行くと あれぇ〜ぬくとい。

 

室内に戻ってチェックすると

あったかい。

 

ちょうど 田中建築標準仕様の

セルロースファイバーの施工が

仕上げをしていまして

IMG_3676

住まいの中を見渡すと

仕上げの下地はできているものの

まだまだ 仕上げ工事まで届いていない

 

けど・・・

 

この暖かさはなんなんだ・・・と思えるほど。

IMG_3675

断熱材がしっかり効いているなぁ〜

と言う印象です。

 

ここで 建築知識を少々。

 

今 建築で使用されている断熱材性能。

ほとんど どの種類の断熱材であっても

単位面積当たりの性能は 変わらないって

知ってました?

 

使用する断熱材の厚みが変わらなければ

断熱性能は同じようなものなんです。

指標値に使われる”熱伝導率”から見ても

さほど 肌では差が出ない全ての断熱材

 

スクリーンショット 2018-01-11 0.40.36

 

けど 今回の住まいのように

暖かいと感じる断熱材と

そうではない断熱材と何が違うのか・・・

 

まず

一つ目 それは窓の配置。

暖を呼ぶ窓の大きさと配置、

太陽の光がさす方角が 窓と施工配置と

一致しているか・・・

これは 大きなポイントとなります

 

いくら断熱材の性能が良くても

陽が差さない窓だったら

部屋は文明の利器の暖房器具に

頼るしかありません。

なので 設計段階で正確な

暖かい家を作っているかどうかに

大きく左右されるのは言うまでもありません

 

二つ目

気密性能です。

家は冷蔵庫と同じと表現すれば良いのかな?

冷蔵庫の庫内の温度を一定に保つには

断熱性能と 扉の機密性能。

どちらかが 欠けたら

冷蔵庫の意味をなしません。

その気密性能は 建築に当てはめると

ほぼ 施工状況によって変わることが

1番のデメリット。

なんの種類の断熱材であっても

同じ断熱性能がある断熱材でも

施工に不手際があると性能は

著しく低下します・・・

 

これは大きな違いが出ます。

なので 僕らは 有資格者なるものを

スタッフという内製化をして

施工基準を高くしています・・・

 

いくら 発泡ウレタンが気密性能に

長けていると言っても

施工ミスを起こすと とんでもない結果に。

 

断熱性能を100%発揮するには

現場施工が一番と思ってください。

性能が良くても 施工方法によっては

100%がマイナスパーセンになることも

十分ありえる事です。

なので 僕らは既製品断熱材を使いません。

スクリーンショット 2018-01-11 0.43.50

施工状況が悪いと

こんな感じに 断熱材が

スカスカになってしまします(泣)

スクリーンショット 2018-01-11 0.44.35

↑これは良くない例です

 

 

現場施工の断熱材のセルロースファイバーの様な

現場施工が必須だと思ってます

 

そして最後

日照時間が長く陽がさせる様に

間取りで工夫です

これが 僕らでよくお勧めをしている

吹抜けのあるLDK効果です

 

日照時間が一番長い場所にLDK

そして 日照面積が倍になる様に

2階の暖かい日差しも

1階のLDKへ 落とす完璧な工夫を

組み合わせることによって

 

今日の様な

外は 氷でカッチカチ。

でも 室内に入ると暖房器具がなくても

上着を脱いで 悠々と現場チェックができる

室内の天然暖房で

冬でも太陽の温もりが感じれる

 

“冬びより” なんです。

 

今日のこの御殿場市の住まいを

チェックさせてもらって

冬の日差しのありがたさを感じて

沼津に戻って着ました。

 

車から降りると・・・

 

やっぱり 沼津は暖っけえ〜。


かいだん

と言っても

こわぁ〜い方の怪談では

ございません

 

僕が本職の

 

階段

 

今日でお正月休みが終了〜と言う

家族の方々も多いんじゃない?

と言う月曜日。

僕はと言うと 相変わらずの プランと打合せ

その合間を見て 現在進行中の住まいで

使用する階段のデザインと図面の仕事

スクリーンショット 2018-01-09 16.31.58

階段をオリジナルで・・・

鉄骨の階段で・・・

 

だいたいオーナーさんの半数は

階段をデザインするかな

 

昇降のための階段だけでなく

階段をLDKの家具として

また デザインの一部として

仕上げる住まい

 

デザイン優先で 階段を作るときには

既製品をできるだけ使わず

吹抜けの手すりと同様に

一点ものとして 一台一台

図面を作成して オーダーをかけます

 

階段をこだわりたい家族は

結構 周りと同じ階段では満足しません

 

なので そのLDKのデザインにあったものを

僕がデザインして計画して

金物業者と打合せをして

納品させてもらうことがほとんど。

 

一点物で作った階段を

LDKに収めると やはり見栄えがして

かっこいいっすよね

 

デザイン階段の既製品とは

一味も二味も違うオーラを放つ。

 

当然時間もかかりますが

かけた分だけのことはありますし

将来階段を取り替えると言うリフォームも

発生することがないので

一生物をその場所に光らせる

ある意味 家の中の大事なデザインに

 

↓この階段もやりましたけど・・・

シビれるほど頑張りました(笑)

スクリーンショット 2018-01-09 16.33.51

デザインした階段は やはり家具的な

感じになるので

ぞくに言う 階段下収納とかの

有効利用的な 間取りの選択肢を

省かないといけないと言うデメリットが

ありますけど

望まれるオーナーさんのほとんどは

有効利用よりも階段のデザイン・・・

と言うか LDKの中心部分としての

デザインを優先します

 

デザイン住宅本とか見ると

やはりデザインされた階段は

かっこいい。

 

かっこいい分だけ

手間暇かかります

けど 僕がデザインして施工図なるもの

設計図なんですけど

僕が書いて直接指導するので

デザイン設計料無料です(笑)

スクリーンショット 2018-01-09 16.31.45

僕個人の主観的な感覚だと

階段もやはり 家具として

設計して収めるのが 好きですね・・・

 

色んな発想ができるし

個性が出やすいので

そのオーナーさんのオンリーワンを

完成させるには 有効なアイテムのひとつです

スクリーンショット 2018-01-09 16.30.01

↑これは 作ってみたいと思うけど

予算がいくらかかるんだろう(笑)

高そうな階段だ・・・

 

当然好き嫌いがあるので

全ての住まいで デザインした階段を

取り入れる必要性もないとけど

 

好きなオーナーさんには

徹底的に提供できるスタンスがあれば

一番いいかなぁ〜

 

今日は プラン、打合せ、等々の

合間を見ながら

一人ニヤニヤ デザインしていたことは

言うまでもありません。

スクリーンショット 2018-01-09 16.34.45

もう少しで 図面が完成。

 

製作してくれる金物業者さんも

本当に正確に作ってくれて素晴らしいんです。

言葉に現して伝えるのが難しいですけど

0.5mm間違いがない。

どうやったら その制度を手で作れるのか

不思議な感じで すごい。

 

だから ついつい 僕の方も

無理難題な階段を要求しちゃうんですけど

それに対応してくるから

もっと こんな感じに

さらに こんな感じで・・・と

追求が止まなくなるんですよね〜(笑)

 

今度は こんな感じにしたいんですけど

頑張ってくださ〜いが

 

最近では口癖のポロシャツ。

 

また 新しいデザインの階段が

出来上がりますよ・・・

僕も当然のごとく楽しみです

スクリーンショット 2018-01-09 16.35.45

↑この階段も 簡単そうですが

実は 踏み音を消すのに

すごく知恵を絞りました

けど。。。

完璧に収まった時は

最高に嬉しかった!

 

そう言う感動話も

階段をオリジナルで作る楽しみの一つ。

さっ 頑張ろう!


敷地の見極め。

敷地の見極め。

 

さぁ 家づくり始めるぞ!

Here we go !

そのさぁ〜行くぞ!の

ちょっとまった・・・と言うお話

スクリーンショット 2018-01-06 0.46.50

さてさて・・・

 

今日が仕事始め

朝 9時からの出勤で

全員で 年始の挨拶

そして スタッフからの今年の抱負を聞いて

その後に 今年1年の田中建築工業は・・・

 

と言う 方針発表。

 

恒例のタカラスタンダードのスタッフ全員が

StudioLuxeに来場してくれまして

景気付けの3本締め。

 

ここから業務開始なんですが

僕は 耀雅の主治医へ耀雅を連れて

当番院で見てもらったインフルエンザの

最終チェックとでも言いますか・・・

 

結果は合格!

 

明日から全開で 何処へでもいけるそうな。

よかったねぇ〜

IMG_3436

と 僕はそのあと

午後から 久しぶりのOPEN 大諏訪officeで

4つのプランを作り上げました

初荷ならぬ 初プランでございます。

 

そのプランをしている中で

今日のブログは

 

敷地とプランの見極め方。

 

以外と知っているようで

知らない面々を語りますよ・・・

 

敷地というのは

実際僕らプロの目から見ると

色んな物語が見えてくるものなんです。

 

それは この土地に住む家族の

生活模様を映し出しながらプランするから

 

なので 一番肝と言えば “肝”

 

まず 近隣状況の把握。

隣の家はもちろんのこと

前面道路の交通環境まで。

 

その場所において

1番の最善を探します・・・

 

この1番の見極めを怠りながら

プランしてしまうと

プラン図面では完璧だったものが

実際に住んでみたら

とんでもないことになっていた。。。

 

なんて可能性が大だからです

 

もりろん住む家族の生活形態の影響も

すごく左右されます

 

例えば 最近流行った グランピング

庭で贅沢に春から秋にかけて

庭で たくさんの集いをしてみたい・・・

 

憧れる家族は本当に憧れで

もしかすると 家を購入しようと思った

きっかけになっている可能性も

 

けど 建物の配置の置き方によっては

グランピングはおろか

庭遊びすら出来ない可能性も出てきます

 

例えば このような道路付きの敷地

この場所で BBQ を計画したら

お酒を飲みながら 友人と大騒ぎしようと

計画したら どうですか・・・

スクリーンショット 2018-01-06 0.23.25

多くの方は 出来ますよね・・・

道路から離れているし

人目につくような場所ではないから

 

でも

 

同じ敷地の形状で 同じ建物で

南側にもう一つ道路が存在してたら

どうですかね・・・

スクリーンショット 2018-01-06 0.22.51

グランピングできますか?

わいわい 大騒ぎが

丸見え状態です

無理ですよね・・・

だって 道路から丸見えと

知らない通行人から

恥ずかしささえ覚悟しないとできません

 

このシチュエーションでも出来るという

家族の方だったら良いんですけど

中には 無理・・・と言う家族もいるはずです

 

けど・・・

 

普通に考えてプランすると

計画しちゃうんですよね・・・

図面上では 上手に収まって

あたかも 自分もできるかも・・・って

錯覚してしまうかもしれませんけど

 

引っ越してから後に

こんなはずじゃ なかった・・・と言う

典型的なパターンです

 

なので

 

敷地の見極め方って大事なんです

 

今回は 敷地と建物と道路の関係しか

触れていませんけど

これにプラスして 日照の問題

隣接建物の窓の位置の問題

ゴミステーションとか

生活に関わる全ての問題を解決しながら

プランをしていかないとならないのが

配置の計画であって

一番最初の “肝” と言われる由縁でございます

 

と言うことで 今日の4プランは

敷地の特徴をよく掴んで

そして 配置の提案も兼ねて

行うプランだったんで

少し 敷地の見極め方をご紹介しました

 

ぜひ 自分の家づくりに

少しでもお役に立てれば

よかったと思う年始のポロシャツでした

 


2018年の金利予想

2018年の金利予想

 

富士山の噴火予測では ありません・・・

 

金利の予測です。

 

戌年になってから

これと言った大きな動きは

ありませんが・・・

 

銀行にとっては

大きな節目の年になるようですよ・・・

スクリーンショット 2018-01-05 1.28.48

マイナス金利の影響

住宅ローンの金利の低迷

企業資金への伸び悩み

多角経営の計画伸び悩み

 

等々・・・

 

信用金庫関係は

これから数年先を見て

経営統合する計画の再浮上

 

地銀に関しては

顧客開拓への新商品の開発

 

都銀に関しては

マイナス金利のあおりをもろに受け

経営圧迫に悩み

またしても 人員の削減等の

経費節減への足並みをそろえているとか。

 

安倍総理のアベノミクスのイメージが

日銀が足踏みに時間軸が

あっているのかいないのか・・・?

 

まぁ〜 この辺りは 難しい話として

家づくりと大きく何か変化があるかと言うと

本命的な記事ではないものの

これから先の住宅ローンの動向が

本命なところです

 

色んなアナリストの2018年予想を

色んな角度から年明け早々から

読みまくってましたけど・・・

大方のアナリスト達は

住宅ローンは いくつかある方法の中で

上昇していくと景気を読んでます

 

都銀では 口座維持手数料といって

通帳管理料と言うものを

世界では当たり前で日本ではなかった

新しい収入源を検討していると言うことで

スクリーンショット 2018-01-05 1.30.54

実際導入される可能性が高く(決定かな)

 

と言うことは 本当に都銀レベルでは

経営改善のための一つのアイテム。

 

もう一つは

住宅ローンの低金利状況からの

脱出を全銀行が検討していて

利益がないローン商品の

値引き合戦から一線を引いての戦略が

全銀行で始まると アナリストは話してます

スクリーンショット 2018-01-05 1.26.20

今年 家づくりを始めようとするなら

上半期には 結論づけた方がいいかも知れませんね

 

特に変動金利の場合は

難しい話かも知れませんが

短期プライムレート と言う

金融機関が優良企業向けに貸し出す金利のこと

 

の・・・影響が大きく左右され・・・

的な 王道的な推測があるわけです。

 

その一つとして 大きな影響を持つのが

トランプ大統領。

スクリーンショット 2018-01-05 1.27.29

この方の発言で 日本の金利も

大きく影響するんではないかと推測されてます

 

特に変動金利で検討している方は

要注意人物だと言うことをインプットしてくださいね。

 

あっ・・・僕は もっぱら完全固定金利がいいかなと

思っていますけどね

 

と言うことで

New year での 金利推測を描いてみました

 

今年 家づくりスタートの方は

参考にしてみてくださいね・・・


田中家のofficeからスタート

2018年も 家づくりを目指す家族に

笑顔になってもらえるように

田中家のofficeからスタートです

 

相変わらずの調子の耀雅

まだまだ 本調子ではなさそうです

いつもには無い・・・

『父ちゃんの隣にいるぅ〜』

と言う甘えん坊ぶり(笑)

IMG_3628

 

看病も兼ねながらの 出発進行!

 

僕が 勤めていた会社を辞めて

独立したのが 平成12年

紆余曲折ありながら

田中建築と合併したのが

平成14年 もう独立してから18年。

 

僕がブログを書き始めたのが 平成17年

昨年の11月で 丸々12年間

書き続けてるんですね。

 

ブログだけは 毎日書き続けている自分に

すげぇ〜なって 唯一思えるかな(笑)

 

お正月話で一つ。

みなさん・・・

自宅の大掃除しましたか〜?

 

僕は 耀雅のインフルエンザも重なって

年末は何も出来なかったので

今日 せめて僕のデスク周りだけはと思い

午前中かけて せっせとやりました

 

ったら・・・ったら ゴミがあるある

沼津市の45リットルビニール袋で6個分

 

ありましたねぇ〜

昨年は 時間の都合上できませんでしたけど

2年間のゴミの膿を出しました。

IMG_3408 2

このゴミって 勝手には 我が家には

やってこないよなぁ〜

全て自分で持ち込んだものだって

 

もっと収納があればとか

もっと整理整頓できるスペースがあれば良いな

とかとか 自宅で仕事をしている時は

思いましたけど・・・

 

こうやって2年ぶりに綺麗にしてみると

ほとんど 必要なものが限られているのが

よぉ〜くわかりました。

 

と言うことは 適当に収納があれば

そこに入れ込んじゃっていると思うし

収納の大小では 解決できないものも

あるんですねぇ〜って 思いました

 

結論は 収納は必要だけど

適当に収納作っても 家の間取りに

“ゴミ箱”と言う部屋を作ってしまう

 

収納は計画的に そして

必要なものを必要なだけ

奥行きは狭く 深い場合は

奥行きが狭くなるよに

棚板等を駆使して配置する

IMG_F9C718C59EFF-1

IMG_A5B4C57E5357-1

必要なものは 結構身近にありますけど

不必要なものほど 奥に入りがち

なので 不要なものほど

見えるような配置にしておく

 

そんな収納テクニックが

必要なんだと思います。

 

良く雑誌とかで 収納上手とか言う

本あるじゃないですか・・・

あれは 収納というスペースを

無駄なく利用するためのアイテムで

その収納自体を計画的に

間取りで決めるとのは また違うことで

 

収納を上手に使う技として

収納アイテムを・・・

技を使うための大きな枠組みを

間取りでの収納で計画的に・・・

 

僕もある有名な 収納先生のセミナーに

以前参加したことがあるんですけど

先生いわく・・・

収納上手 = 減築・・・減床面積

 

物を効率的に使用、利用して

不要なものは きっぱりと捨てること

それが達人級になると 必要なものしか

家には 残らなくなる・・・と

言ってましたっけ・・・

その残った必要なものを計画的に

配置することによって 住み易い環境と

物が溢れない生活環境になると

言っておりました・・・

 

なるほどね

 

と言うことで綺麗さっぱりした

My Desk からの 2018年出発進行!でした

 

今日は 月子がお供でした

まる

IMG_3409 2


敷地には 顔があり性格がある

何ヶ月ぶりだろ

 

今日は 本当に久しぶりの

1日 会社でデスクワーク。

 

思い起こす限り

何月何日に この様な感じで

会社に缶詰になったか わからん。

 

そのぐらい久しぶりでして・・・

 

逆になんか新鮮。

 

で 今日は何をしてたかと言うと

当然のごとく

プラン、デザイン、今後の計画

 

まぁ〜同じ仕事を

自宅でも行なっているので

デスクワークだけの1日は

さほど珍しくないんですけど

会社にいるのは まじレア(笑)

 

さて 本題

今日のプランニングのおさらいにも

なるんですけど・・・

 

僕は良くこんな事を打合せの中で

お話をさせていただきます

 

不動産って、敷地って

人と同じように 世界に一つしかなんです・・・と

 

同じような敷地であっても

周りの環境やら近隣の人の付合いやらで

同じものは ありません。

 

で 今回はプランニングのことに

特化して話をすると・・・

計画するその土地には

一つ一つ 全部違う顔があり

性格があります。

本当に人と同じです

 

その人にあったお化粧をしたり

その人にあった性格の仕事をしてもらったり

違った提案をすると

全く違った性格の住まいになるし

全く違った顔立ち(外観など)になる

良く見える方向とか

また 自分が我が家を見たときに

感じる安心感とか 満足感とか

家と言うハードと

住みやすさ、気持ちというソフトが表裏一体。

 

間取りの設計というのは

セオリーがあります。

そのセオリーに オーナーさんの住み方を

ソフトの部分を組み合わせオリジナルに

だけど・・・

これだけでは ダメなんです

敷地の顔、敷地の性格を

さらにブレンドして 追求していく。

 

その土地のメリットを最大限に

有効利用して作り上げるプランの事。

また その土地のデメリットを

最小限に抑えて作り上げるプランの事でもあり

両方を兼ね合わせて作ることが とても大事。

逆に デメリットを逆手にとって

メリットに変えてします手法も あるぐらい。

 

難しそうですが このような形で

オンリーワンハウスが出来上がります

 

今日のとある 敷地でプランニングしてたとき

その敷地の顔と性格を分析しいたら

少し特徴のある土地でして

いく通りのもの 正しいプランニングが

出来上がります・・・

 

どれもこれも 全く違う間取りなんですけど

みんな正解。のような・・・

 

最終的に決定して家づくりが始まり

住み始めることができるのは

一つだけですからね・・・

次回打合せの時に 相談するんですけど

とにかく みんなバラバラ

だけど みんな当てはまり・・・

簡単にいうと

 

この敷地に対して 良いプラン

この敷地なら 僕ならこう住むプラン

この敷地に対して デメリットを消し

メリットを生かした特有のプラン

 

色々案が じゃかじゃか出てきて

プランしている自分のapplepencilが

止まらない・・・

 

その提案を図にして

設計チームのCAD依頼するラフプランが

出来上がった頃には

 

え“〜わぁ〜もうこんな時間かよ・・・と

周りを見渡すと スタッフ誰もいないし

 

あとは 家でやろうっと と言う始末(笑)

 

今日も やっちまったな・・・と

そんな 没頭したプランでした。

 

家づくりを 仕事として

捉えられないから

いつもこんなことに

なっちゃうんだよねぇ〜

 

家族にとって

良いんだか・・・悪いんだか・・・

 

提案というのは 常に無限大。

 

どれが一番 その家族にとって

合っているとプランかというと

しっかり再度打合せじの感想が必要

 

プランの大定義は

計画敷地には 必ず顔と性格がある

敷地のハード面とソフト面。

そして 住まわれる家族のために

家の間取り そして 好きなテイストと言う

ハード面があり

それだけに 満足させては まだ半分で

住む家族の住みやすさ、

住む家族の気持ちと安心感と言うソフト面

 

全てがマッチして作り上げるのが

僕がお手伝いをするプランニング。

 

ブログを書くと言う

小休止は終わり・・・

IMG_3595

もう少し頭を回転させたいと思います

 

まだ プランをしていると

眠くならない・・・46歳(笑)

 

気持ちは 永遠の18歳です・・・

関係ねぇ〜かぁ〜(笑)


土地を生かすのも殺すのも。

土地を生かすのも殺すのも。

 

家を建てるんには

当然必要なのは 建設地。

 

土地です

 

でも その建物を目的とする土地は

自分の土地、もしくは

これから建てようとする土地だけ

見ていたら とんでもないことになります

 

周りの環境を駆使した利用。

その周りの環境と自分の土地との

関係性をしっかり見つめて

どのように家族の生活空間を

有意義にするかが 本当の設計になります。

 

当然と言えば当然なんですけど

 

なかなか 思うように設計できていない

建物がありますね・・・

 

代表的なのは

大手ハウスメーカーの規格住宅。

 

とか

 

ローコスト住宅の

よくありがちな プランナンバー○○で

決められた建物。

 

規格住宅とか ローコスト住宅の

すでに決まっているプランを

自分の土地にあてがうと言うやり方。

 

企業側から見ると素晴らしい事なんですけど

エンドユーザー側から見ると

お粗末そのものだと思うんです

 

確かに建築コスト的な面から考えると

設計とか構造計算とか

また 材料の発注など

プランさえ決まっていれば

建築に詳しくない素人でも

住宅の積算から 見積もりまで

簡潔にできる手法で コストが

あらゆる面で削減できると言う

建築業者側から見れば

とても お手頃な建物になります

 

でも ここで少しローコスト住宅を

検討している方も 聞いてもらいたいのが

 

一生の人生をかけて

住宅ローン35年という長い歳月を

かけて資産にしていくには

あまりにも 残念すぎる気がしてます。

 

例えば 自分の土地は 広大な広い土地の

ど真ん中に建築する人。

この様な方は 自由奔放な規格住宅で

逆に構わない様な気がします

 

けど・・・

近隣の土地があってこそ自分の土地の存在で

先に建築されている家の様子から

我が家の最高なプランを作る

というのが常識に範囲になりますよね。普通は・・・

 

コスト削減とは 受注コストを下がるのみで

オーナー様よりの発想というより

工務店やハウスメーカーよりの効率化であって

オーナー様の利得になるとは

考えにくい 規格型住宅なんです

 

僕らからしたら 規格住宅でさえ

安い建物ではないし・・・

 

注文住宅の真骨頂は

色んな法律の条件をクリアして

そして 現状周りに存在している建物を検討し

そして 我が家の設計に取り組む

それが ある意味プロの設計士の行う技術です

 

お客様やオーナーさんと打合せを

している時に一番最初に考えること

それは 建てるオーナーさんの住空間を

満足してもらえるように

周りの建物の配置、窓の位置、玄関の位置

寝室の位置、ベランダの位置、

子供部屋の位置などを 念頭に置いて

設計プランを僕は作り上げます

 

この選んだ土地で 最大限有効に

そして有意義に利用できる動線や

視覚的安心をどう作るかが 住宅設計において

一番僕が大切にしていること

と言う一生の資産を守る義務と責任を

僕はおいながら間取りを

常に作っています

 

どんな土地でも

どんな近隣環境であっても

その土地に隠れている

潜在能力を最大限発揮できる

可能性から考えて提案する・・・

 

これが 住宅の設計と住空間設計をする

最大の意義。

 

その建築地の特徴と性格を

生かすも殺すも全て

設計者側のスキルと提案量を提案内容が

全てを凌駕。

 

建築を初めて数年の経験だとか

施工社都合で規格住宅に収めるとか

人生の一生を左右する住宅に

経験値が浅いって

建設側の立場で行くと

なんとも無責任すぎると思った

クリスマスでした


暖房プチ知識

暖房プチ知識

 

12月に入って

本当に寒くなりましたね・・

しかも 風がつよい

 

風がつよいと言う環境に

めっぽう弱いポロシャツです。

 

風が強いと言うことは

体感温度は 激変。

 

気をつけないと

まじで 風邪をひきますよって

思いながらの毎日を過ごします

 

で・・・

 

今日は 少し冬の暖房について

少し より良い暖房環境について

レクチャーします。

 

暖房器具って色んなものが

ありますよね・・・

 

エアコン。

ストーブ。

薪ストーブ

電気ストーブ

床暖房

オイルヒーター

こたつ

電気カーペット等々

 

こたつ と 電気カーペットは

肌に直接感じるもので

部屋を暖めると言う機能については

ないので 部屋を暖めると言う暖房器具では

ないっすよね・・・

 

 

今日の話は 間違った暖房器具の使い方をすると

部屋が逆に寒くなると言うレクチャーを

しようと思います

 

暖房器具っていうのは

読んで字のごとく

室温を上げる道具のこと。

 

室温を上げると言っても

人には 温度感覚の差がありまして

結構 数値的には

曖昧なことも少なくないんです

 

でも

 

同じ暖房器具だとしても

使い方は もちろんバラバラ

その使い方をちゃんと理解しないとダメ。

 

暖房器具によって

部屋を暖めるカロリーって存在するんです

そのカロリーをしっかり理解して

暖房器具の使い方をしてくださいね。

 

まず 簡単に説明をすると

ガス暖房、石油ファンヒーターと言うような

直接 火で空気を燃やし暖房するタイプと

電気ヒーターとかエアコンのようにに

直火とは少し違った間接的な空気の温度を

上げるタイプのもの

 

そして 輻射熱式という

火すら見ない超間接的な暖房機

 

直火→輻射式 というように

瞬時に部屋の温度を上げることができなくなります

 

直火ともなると カロリー数が高いので

部屋の空気の上昇気流が激しくなり

瞬間的に部屋の温度をあげますが

けど 上昇気流が激しいだけあって

室内温度の一定化には不向きなんです

 

瞬間には OK

だけど 継続的には NG なんです

 

いき

ありません。

 

逆に 輻射熱の暖房器具ですと

部屋の温度を瞬時にあげたい と言うことには

完全に不向きです

 

じわじわと 室温を上げていくという感覚。

 

なので 部屋は すぐに温まらない。

 

同じ暖房器具でも この点が大きな差となります

 

なので もし これからの室内環境を

冬に向けて 効率よくしたいと思うのであれば

こんな感じです

 

最初の30分は 直火の暖房器具

一気に部屋の温度をあげます。

当然 一気に温度を上げるので

足元とか・・・冷気的な空気の循環は

 

生まれてしまう可能性も少なくはないです

 

で 30分後

 

直火暖房器具をやめて

輻射式の暖房器具へ スイッチです

 

暖められた室温を下げない事と

一定の温度に保てるように微調整。

 

この2つが 大きなポイントです

 

直火の暖房器具と

輻射熱暖房器具では 全く性質が違うことを

頭に置いてくださいね

 

ご飯を 飯ごうで炊く方法の逆バージョンです

はじめ ちょろちょろ 中ぱっぱ ではなく

 

暖房器具の使い方は

はじめ ぱっぱ、 中ちょろちょろ。です

 

暖房器具で冷気を読んでしまう悪循環

少し頭の隅に置いていただけるだけで

冬の室内環境は激変します

 

頭の隅に入れて置いてくださいねぇ〜


冬本番ですね・・・

冬本番ですね・・・

 

今日は 暖房器具の一つ 暖炉のお話。

 

上空1500mでは 寒気が入り込んでぇ〜

 

とか言う天気予報が多くなれりました。

 

寒いのは全然平気なポロシャツなんですけど

風には めっぽう弱い・・・

 

マイナス気温でも ポロシャツ一枚で

平気なんですけど 風はだダメだなぁ〜

って 感じの冬本番っすね。

 

先日 オーナーさんから

メンテナンスの依頼が・・・

久しぶりのお呼ばれに

当時の世間話がてら

お伺いしてきました!

_DSC0173

家づくりを始めた頃には まだ お子さん一人で

現在では さっすが子宝工務店!

兄弟は3人になり まさかの・・・2ニャン。

 

パパ、ママ、お姉ちゃんから始まった

家づくりは 今ではもう 5人2ニャンの大家族!

 

家づくり成功の家族のひとつだと・・・

 

で そのお家族のLDKで久しぶりに体験したのが

この冬本番真っ盛りには 本当に嬉しいアイテム

 

暖炉!

スクリーンショット 2017-12-17 18.37.02

その暖炉付きのお家の造り方の秘訣をご紹介。

 

暖炉って

部屋が暖まりますよねぇ〜

暖かいと言うより

ぬ・く・と・い。

 

と言う表現が正しい・・・と思う

 

陽が暮れて・・・

あったかくしようか・・・と奥さんが

おもむろに 暖炉の隣に置いてある

マキの一番小さなものを

ポッと 暖炉の中に入れて着火材で

火を起こします・・・

 

と あっという間に火がついて

数分後 ほのかにLDKが

あったまってきました。

エアコンしかない大諏訪とは

一味も二味も違う暖かさ感。

 

これが暖炉だよねぇ〜って

 

ぬくといぬくとい。。。幸せぇ〜て言うのと

一家に一台欲しいぃ〜って思う。

 

その暖炉ですが

ちゃんと住まいに取り入れる時には

設置するポイントがいくつかあるんですねぇ〜

 

ただ 勝手につけても効率が悪いだけ。

 

田中建築風で言うなら

吹き抜けがあると最高に嬉しいアイテムになる

 

次世代型省エネルギー基準を満たした

断熱材と気密性能からなる家には

あっという間に 吹き抜けを通して

1Fでも2Fでも 瞬時にあったまる

 

しかも 部屋の温度が上がってきた時を

見計らって 2FのLDKではない部屋と

一つずつ ドアを開けて行けば

それぞれの部屋が 暖炉のぬくとい空気で

家全体が ほっかりする温度になります

スクリーンショット 2017-12-17 18.39.39

で・・・

 

吹き抜けと言ったら 絶対に必要なアイテムが

フライファン。

 

こいつがないと ただの吹き抜けだと寒い。んです

 

で・・・このフライファン。

スクリーンショット 2017-12-17 18.42.03

実は エアコンとか 暖房器具とか

熱カロリーが高い低いで

設置するものも違います。

 

特に暖炉のような高カロリーの熱で

暖房された空気は

普通の暖房器具で暖められた空気より

上昇気流による空気の上昇は激しいものになります

 

なので

取り付けるフライファンは

半業務用レベルのものを設置しないと

空気がうまく 拡散できない可能性が出てきます

 

いくら暖房器具が優れていても

天井付近に溜まっている暖かい空気を

押し下げる能力を持ったものにしないと

いつまでたっても 床面まであたたくなりにくい。

 

特に吹き抜けを持たないワンフロアのLDKだと

フライファンだと 天井高さが

高く取れない場合が多いので

サーキュレーターと言う空気を拡散する

機械の導入が必要。

スクリーンショット 2017-12-17 18.48.36

ちゃんと設計された

フライファン+暖炉+吹き抜けなら

瞬間にLDKの部屋が温まっちゃいます。

 

暖炉の設置には

適正なフライファン。

適正な吹き抜け

付け加えるなら

濡れないマキの保管場所

部屋の大きさにあった薪ストーブ

(隙間風がないので 表示畳数より

小さめの設定が必要があります)

 

最後に 冬でも簡単にできる

自然換気環境かな。

 

ただ付ければ良いと言うものでは

ないので 注意しましょうねえぇ〜

 

 

と・・・そうそう

最後になりますが・・・

そのオーナーさん宅で

一匹の“てんとうむし”が室内に・・・

 

てんとうむしだぁ〜って

息子さんが 騒いでましたが

すでに時は遅し・・・

お空に旅立たれた後でして・・・

 

じゃぁ〜てんとうむしさんも

お空に行けるといいね・・・と

火をつけた暖炉の中に

そっと おいておりました。

 

これは ある意味正しい

さよなら”の儀式ではないかと

その場で思ったポロシャツでした!

 

 

まる


天空の家。

天空の家。

 

青空リビング・・・

屋上庭園と 思われがちですけど

僕が言う青空リビングとは

 

中庭。

スクリーンショット 2017-12-13 11.54.19

屋上庭園だと

リビングと 平面でつながっていなく

階段の昇り降りで

LDKとは ある意味離された

隔離されちゃったもう一つの

リビングという感覚なんですよね

 

僕が おすすめする天空リビングは

 

リビングとは平面で繋がっていて

もう一つの晴れた日は

外気を感じて生活をするという贅沢。

スクリーンショット 2017-12-13 11.54.53

そんな家族のための空間です

 

もちろん 少々広めの敷地が

必要なので 狭小地としての

提案は難しいかも知れませんけど

 

最近では 庭にウッドデッキを作り

アウトドアリビングのように使う

プランの提案も増えている中

もう一つの 提案がこの中庭。

スクリーンショット 2017-12-13 11.58.26

庭に作るアウトドアリビングより

もっと プライベート性を持たせて

リビングと床続き、

そして 何より 家の真ん中に

ガーデンとしての天空があるので

LDKが もっと明るくなります

スクリーンショット 2017-12-13 12.01.55

部屋の中に採光を求めるための

中庭だと 面積が小さくて

中庭の機能が足りない。

 

採光+LDK という発想。

 

ちなみに 妄想プランで

中庭を表現すると・・・

IMG_59C39C6D8BDA-1

こんな感じです

 

庭で遊ぶロケーションを

中庭で遊ぶ。

完全プライベートな空間を

天空の下で・・・

 

贅沢な空間ですが

間取りのプランや

設計で お求めやすく

提案することができるのが

ポロシャツ流。

 

家族みんなで有効に使える空間のご提案。

 


プライベートガーデン

プライベートガーデンのリクエスト

多くなりました。

 

優雅なキャンプで 今年の夏

大きな話題となった“グランピング”

そのせいもあってか・・・

 

自分たちの庭を優雅にする考えとか

家族の生活 満足に対するリクエストが

我が家でアウトドア・・・

と言うニュアンスが広がったのかも

 

家づくりにおいて

大切なのが・・・

住み方の満足感を優先に考えること。

 

そんな プライベートガーデンの極意を

少しだけ・・・

レクチャーしてみますね・・・

 

プライベートガーデンと言うのは

言ってみれば・・・

屋外だけど 屋内並みの囲まれた

空間であって

プライベートの時間を楽しむのに

周りの目を気にしたくない。

スクリーンショット 2017-12-11 1.12.38

スクリーンショット 2017-12-11 1.15.04

スクリーンショット 2017-12-11 1.13.12

このキーワードが 結構大切。

 

でも 囲ってしまうと

防犯面は どうなの・・・?と

質問される方もいますが

防犯も 兼ね合わせて

提案できるのが

もう一つ プライベートガーデンの

良いところです。

完璧に防犯できますので

ご安心くださいね

 

もう一つは

屋外だけど 屋内と同じ空間にいるように

LDK とのつながりを大事にする

IMG_0668

できるだけ リビングやキッチンにいる時と

ガーデンとの目線を 合わせられるように

工夫する

 

出来るだけ 視界に入る高さを守ると言うこと

LDKの近くにあっても

2mも段差があったり

会話が聞こえなかったりしたら

近くにあっても意味がありません。

 

LDKと もう一つ ゲストルームや

寝室などの部屋があるとするなら

LDKと 部屋と ガーデンを

動線でまとめる。

IMG_0669 2

大きく大事な要素をまとめると

この3つが 大きなポイント。

 

囲まれた空間で

LDKとのつながり、目線を合わせながら

ゲストルームや寝室があるなら

LDK、部屋、ガーデンの動線をまとめる

 

そうすることで

我が家だけの特別な屋外のもうひとつの

リビングが出来上がります

一年中 楽しめる空間を屋外に・・・

 

LDKの一環として作る

プライベートガーデンなので

広い空間は 必要ありません

 

6畳(3坪)〜 あれば充分良い感じです

 

プライベートガーデンの極意です


総記事数4,441件

PAGE TOP ↑