TANAKA

「 家づくりシリーズ 構造偏 」 一覧

筋交い物語

筋交い物語

 

今日は 田中建築で採用している

在来木造の構造で言う

耐震構造の生命線でもある

“筋交い”について・・

在来木造の真骨頂は

木材と木材をくっつけて

家の形にすること

 

形付けるのは 木材に穴を開け

そして そこの穴に

ほぞと言って差し込む形に

木を加工して取り付ける工法のこと。

 

この工法だけでは

日本特有の地震に耐えうる構造は

未完成でして そこに“筋交い”と

言うものを付け加えて

地震に耐える構造を組んでいきます

 

それが 属に言う

 

バッテンの形をした形になります

そのバッテンに

今の建築基準法では

構造の計算式によって

使われる金物の補強内容が

変わっていきます。

 

その構造金物の一部を紹介します

この構造に対して

適宜な金物を使用することによって

先日も地震がありましたけど

その地震に耐える構造になります

 

在来木造は筋交いなしでは

だめなんですねぇ~と

耐震構造にはなりません。

 

このバッテン様に

入っている構造材が

筋交いと呼ばれるものです

 

難しい話はたくさんありまが

その話をすると永遠に長い話になるので

省きますけど

このバッテンの構造材を

建物全体的に バランスよく

そして CADによる構造計算上の中で

満足できる値まで計算して

筋交いを配置していきます。

筋交いを配置したら

次は 筋交いに掛かる

地震の揺れに耐える筋交いの

負担と耐震強度の計算より

使用する金物の選択をしていきます。

実際に組み上げられた構造を見ると

この建物は 百年後数百年後・・・

いずれか先の解体される姿を

想像するとかなり苦労して

解体するんだろうなぁ〜って

思えるほど頑固なつくりになってます

 

一般的な地震なら

全く問題ないと思われるほどの金物

 

また 巨大地震として

考えても 崩れることは

まずないな・・・って

思えるほどの頑固さですね・・

この筋交いあっての

在来木造建築なので

金物で きっちりと補強して

数百年建ち続ける住まいを

ガッチリと守って頂きます。

家の中にある筋交い全てに

同じ金物を使うわけではなく

場所、部位のよって

強度の違う金物を使って

バランスも検討しながらの配置。

筋交いを入れた後の壁は

断熱材の工事が入り

筋交いが壁の中に入ってしまいます。

 

なので この構造躯体を

隠す前に 第三者機構の検査を受けて

合格しないと次の工程に入れません。

 

しかも この金物プレートは

使用するビスも指定されたビスです

定められた金物で

定められたビスで施工しないと

検査合格できないんです・・・

 

先日 この住まいの検査を受けて

“合格”

 

今から隠される筋交いを

その前に皆さんにご紹介させて頂きました。

 

さぁ〜数百年の家づくり

しっかりと この家を守ってくれよぉ〜


木造建築の構造計算

木造建築の構造計算

今日 僕の車のシートの横に座っている

コンシェルジュの伊藤さん

強風で 現場足場の養生シートが

めくれそうだというご指摘を

ご近所さんからいただきまして

2人で現場駆け付け・・・

 

そりゃぁ〜もう

強風飛び越えて

激風、爆風でした

 

それでも 2人で足場に登って

養生シートを片付けます

 

で 一安心して車に乗り込むと

 

なぁ〜んと 伊藤さんの

ヘアースタイルが

ものの見事に崩れていない。

完璧です。

そんな爆風の風圧力にも

耐えうるコンシェルジュ伊藤の

ヘアースタイルを見て

ブログ発信です!

 

耐震 耐震と

静岡県では めっぽう騒がれている

木造建築の強度

 

この木造建築の構造計算は

簡単に説明すると

2種類の方法がありまして

 

一つは ある一定の係数をかけて

その係数以上に構造用の壁が

設けれられていることを確認して

構造計算する方法

 

もう一つは

部材一つ一つに応力と言いまして

部材に力を加えて行き

(あくまでも計算上のものです)

そして全体的に構造計算を足していく

方法と2種類あります。

 

 

2つ目の計算方法は

必ず構造CADで行うので

説明すると永遠と長くなるので

やめときます

 

一つ目の方法は

大きく分けて3つの分野に分かれます

1 地震力

2 風圧力

3 偏心率

 

この3つ

 

地震力は読んで字のごとく

地震の時に対応できる壁の量を

決定するもので

バランスよく構造用の壁を

配置していかないと

合否の合が出ません。

風圧力も読んで字のごとく

台風なのど風に耐えうる壁を

たくさん入れなさいという項目

3つ目の偏心率ですが

少し難しいです

建物の重心を出します。

重さは係数によって決めれらているので

建物の面積、変形、そして出っこみ引っ込みを

考慮しながら計算して行きます

と もう一つ 剛芯を出します

これは 配置した構造耐力壁から

建物の強さの芯をだすこと

配置した構造耐力壁が

偏った配置になると建物の

あっちこっちに散らばります

なので できるだけ

東に3箇所 耐力壁を入れたら

西に3箇所

 

南に4箇所入れたら

北に4箇所。

 

と言うようにバランス命。

 

で この重心と偏心の食い違いを

少なくするんです。

 

この差が大きいと

地震が来た時は

重心という中心と

偏心という中心が大きくずれて

家が回転運動を起こそうとしますが

家は回転しませんので

家自体が変形しようとします

なので この重心と偏心の差を

極力一緒の位置に持っていくことで

家が ねじれをなくし

地震が来ても頑固な家となります

まっ簡単にいうとこんな感じで

 

難しいことを調べすぎると

家づくりって難しい・・・ってことに

なってしまうので

このような複雑な計算をしながら

僕らは 木造建築をしているんですって

知っておいてください

 

復讐として・・・

台風のような 風圧力

地震の時の  地震力

そして 最後に

家が回転運動を起こさないように

偏心率を求めて家の構造計算をします

 

構造計算というものは

悪魔でも 仮定値のもとで計算されるもの

なので

木造建築には 構造計算した値よりも

さらに掛け率をかけて

安全率を見るような仕組みになってます

 

安全に安全を重ねて・・・

 

ただ 建築基準法では見えない構造計算

 

それは

 

地震と台風は同時に来ないという設定です

確率論からすると雲の上までの

少ない確率なんでしょうけど

同時にはやって来ないという原則。

 

もう一つ

 

それは 田んぼの真ん中に建っているような

イメージですね。

万が一 隣の家が 自分の家に寄りかかって来た

 

なんてことも 当然考えていません。

 

あくまでも 自分の家だけで

外部的要因は全く考慮していないことになります

 

まぁ〜当たり前ですけどね

周りの家の環境まで

建築基準法の定めがあったら

隣が平家もあれば

5階だてなんていうこともあります

 

法律では見えないものは

算出しない原則がありますね・・・

 

ということで 構造計算のお話をしました。

 

あっ そうそう

伊藤さんの奥さんからは

その髪の毛を固めるためのスプレーは

環境汚染だと言われて

スプレーをかざしているそうです

 

また 仕事がお休みの日は

固めず 天使の輪ができるほどの

ナチュラルヘア だと

自己申告。

 

ぜひ 伊藤さんのナチュラルヘアを

見てみたいポロシャツでした

 

家の風圧力もさることながら

コンシェルジュ伊藤の髪の毛の

風圧力も なめてかかっていは

いけないようです・・・

 

それにしても 今日の強風はやばかった

伊藤さんの ヘアセットも風にも負けず

すごかった・・・

 

やるなぁ〜


縁の下の力持ちの力持ち!鉄筋!

鉄筋。

Reinforcement bars stack isolated

皆さんの大切なお家を

地震や風圧からしっかりと守るための

足固め。

13763557 - stylized samson

大切な家をしっかりと

受け止めるために必要な構造

 

それが・・・

家を支える大事な基礎。

DSC_0361

その基礎の中に入る鉄筋を

配筋と言いまして

その鉄筋を組み上げる施工を

やりました。

 

ここから コンクリートを

流し込みながら

基礎の中でも一番大切な

基礎の軸をつくります。

 

今回の基礎の中の鉄筋量と

言いますと・・・

 

これが 鉄筋の拾い明細書。

 

どの太さと長さの鉄筋が

必要かと言う積算を

行った後の積算調書。

IMG_0919 2

鉄筋の総トン数。

 

今回の基礎工事では

実に 4120kg

4トン強の鉄筋が入ります。

 

4トンと言うと・・・

メインとなる13mmの鉄筋の重さは

1m=0.98kg なので

 

4120kg÷0.98 と計算すると

 

なぁ~んと

13mmの鉄筋が

4200mも必要なんです。

DSC_0351

ちょこっとした

マラソン大会の長さ・・・

長いね(笑)

朝の耀雅との散歩でも

1時間かけてともに走る距離。

IMG_4257

そう考えると 長いねぇ~(驚)

 

4.2kmの長さの鉄筋を

僕と耀雅がともに走る距離分の

鉄筋を切って、折り曲げて

加工して 施工することになります。

 

端材と言って 加工した残りの部分は

いくらかあると思いますけど

それでも 実に4km以上の鉄筋が

自分たち基礎になっているって

考えると頼もしいですね・・・

 

JIOの瑕疵保障検査も無事終了して

次の工程に入ります。

DSC_0367

もちろん一発合格!

 

軸となる鉄筋は

直径13mmの鉄筋を

15cmピッチに

間違わずに組み上げます。

DSC_0362

DSC_0363

基礎工事屋さんって

すごいね・・・

 

道具を利用して

切ったり曲げたりしてるんですけど

きっちりと 寸分まちがえずに

加工するんですから・・・

 

上棟を待つ現場の第一弾となる

基礎工事の紹介でした

 


強い家作り

強い家作り

 

TANAKAKENCHIKUの家は

強い家作り。

 

ほとんどの家の外壁は

塗り壁。

 

で その塗り壁を支える強さが

構造用合板。

 

構造用合板は

僕の中では 世の中の木造建築で

一番つよい 面構造だと思っていまして・・・

 

いわゆる

欧米木造建築の主軸となるもの。

 

当然にして

TANAKAKENCHIKUの住まいは

在来木造工法というやり方で

やっていますが

 

その在来木造構造で

まず 耐震基準をクリアして

 

その後 さらに強さを増す

構造用合板で 建物を囲い

 

そして尚 その上から

もう一枚 さらに倍の耐力を足して

構造耐力を増しています

つえーぞ

安心は 家作りにとって

もっとも大事なことですから。

 

一般の構造基準で言いますと

在来木造建築で言う建売住宅。

 

その建売住宅に

プラスアルファ 構造用合板。

 

そして

 

さらに

プラスアルファのもう一枚の

構造用合板。

 

地震予告を 40年続いてますと

やはり気になる地震対策。

 

TANAKAKENCHIKUの

住まいは

一枚目の構造用合板で

構造耐力さらに“倍”

 

そして

二枚目の構造用合板で

構造耐力さらに“倍”ד倍”

 

TANAKAKENCHIKUの住まいは

 

とぉ~っても強いんです

 

と言うポロシャツからの

ご案内でした。

 

これ

すべて 標準。

 

当たり前です。

だって静岡県東部は

地震という災害は

日々、心配していることだから


総記事数4,594件

PAGE TOP ↑