TANAKA

「 家づくりシリーズ 土地探し編 」 一覧

現地視察。

現地視察。

 

僕が提案する住まいの原点は

 

周りの環境と同化する。

 

と言っても

緑があふれた山の中の住まいとか

街並みが揃うような

隣家と同化した家づくり

 

では なく

 

もしこの土地を購入するならば

どのような住み方が一番適しているか・・・

そう言う方向性から

建築のプロとして

どう提案するか・・・

 

それが 僕の原点です。

 

そんなこれから住まいを建てる建築地へ

足を運んで どのように

住まいを建てることができれば

一番 住みよい環境を作れるのかが

プロとしての 自覚。

 

と 前置きの通りに

今日は これからの建築地へ

たくさん 見回ってきました

 

『さぁ〜どうやって提案するかな・・・』

 

って

 

提案する土地の前に行って

その現地を眺めながら

その人が暮らしたり

趣味を満喫したりする姿を

思い浮かべます。

 

俺ならこう建てる・・・

って言う主観的な意見ではなく

 

こうやって生活してほしい・・

と言う願いを込めて

その土地の視察を繰り返します

 

あっち行っては

こっちに行って

そして振り返って道路方向を見ては

その家族の一員となった感じで

色なん意味で 捉えたり。

 

様々ですけど

この思い浮かべるシーンって

とっても大事なことの一つ。

 

間違ってはいけない

設計の第一歩ですからね

 

土地選びをされている家族の方の

気持ちになって

プロならではの

意見を取り入れながら

住まいのパフォーマンスマックスで。

 

今週もたくさんのプラン依頼が

僕のデスクの上に

 

さぁ〜

設計パフォーマンスの見せ所。

 

いっちょ やったりますよ〜

 

依頼をされている家族の方々。

お手元に届くまで

楽しみにしていてください!


土地。

土地。

 

不動産と住まいの形は

僕らの提案している

注文住宅では

設計する間取りや配置によって

120%の生き土地にするか

0%の死に土地にするか

決まってしまいます

 

なぜなら

 

土地本来の活かし方をした

設計になっているかの問題。

 

料理でも

素材そのものの本当の旨みを・・・

 

なんて言葉を聞いたことが

あるかと思いますが

 

設計する間取りは

本来の土地の活かし方を

十二分に活用しないと

住みやすくならなかったり

 

逆を言うと

 

その土地のいいところを

活かさずに

ただ闇雲に間取りを作ると

マイナスな面が

のぞかせる設計が

出来上がってしまいます

 

怖いところですよね

 

同じ何千万の価値がある土地なのに

全良な住まいになるか

そうでない住まいになるか・・・

 

その違いは

お金には変えられないものが

あります。

 

当然 その土地を

120%活かせる土地の住まいの設計を

オーナーさん個人が

ほぼ できることが少ない。

 

自分の土地を自分なりに

住まうことができることって

どんな感じだろうって

 

最近 そのようなリクエストが

多く目立つ プラン依頼があります

 

楽しんで

提案させてもらってますっ!

 

不動産1つ取っても

いろんなパターンがあるし

また

不動産の購入を決定するにあたっての

ヒントはたくさん

設計する間取りには

含んでいる要素がたくさん。

 

十人十色 住人十色

 

住まいたい形は

夢の数ほどありますけど

その夢の現実化は

より良いプランなのか

違うのかによって

ほんと大きな違いを生むってことに

気が付いて欲しいなぁ〜って思う

ポロシャツ。

 

さぁ〜今週もたくさん頑張りますよ!


価格的土地感。

価格的土地感。

 

家づくりをされた

田中建築のオーナーさんの75%の方々

その方々は 土地探しから

始まってまして

土地探しは 家づくりの中でも

重要なポイントとなってます。

しかも そのほとんどの方が

土地の価格に関することの

感覚が わからず・・・と言った感じ。

 

土地だって 建物だって

安価な方が 良いに決まってます。

 

しかし

そのそもそも論としての

価格の基準がないと

高いのか安いのかもわからずと

言ったところなんですよね

 

そこで

 

そのような家族の方のためにある

一つの指標があります

 

それは 毎年7月に発表される

国が発表する

 

“公示価格”

 

と言うもの

 

全国各地で約26000ポイントある場所で

その年の価格が公表されるものです

 

実勢価格に近い形で

この“地価公示”をもとに

公共事業が行われる時の買収価格や

銀行などが 担保評価に使う

公正な取引価格です

 

と 言っても

 

不動産価格というのは

売主の都合がたくさんあるので

この価格で買えると言うものでは

ないことを知っておいてください。

 

とは言うものの

 

土地を購入するにあたっての

大体の購入価格をイメージするのには

とっても良いアイテムです。

 

僕らもアドバイザーの伊藤が

欲しいと思えるエリアを

探して 探求して

そして 皆様のお手元の資料として

お届けに上がっていると言う感じです

 

公示価格は 毎年同じ場所での

測点を公表しているので

その土地が 上昇しているのか

安価になっているのか・・・

また 初めて公示価格を見る方は

欲しいと思える土地の

相場観を確かめるのには

必要なものだと思いますよ

 

是非・・・

 

自分が欲しい場所の

相場はどんなものか知りたい方

 

エリアの縛りはないけど

どのエリアがどの位の価格なのか

 

活用して見てください。


敷地の見極め。

敷地の見極め。

 

さぁ 家づくり始めるぞ!

Here we go !

そのさぁ〜行くぞ!の

ちょっとまった・・・と言うお話

スクリーンショット 2018-01-06 0.46.50

さてさて・・・

 

今日が仕事始め

朝 9時からの出勤で

全員で 年始の挨拶

そして スタッフからの今年の抱負を聞いて

その後に 今年1年の田中建築工業は・・・

 

と言う 方針発表。

 

恒例のタカラスタンダードのスタッフ全員が

StudioLuxeに来場してくれまして

景気付けの3本締め。

 

ここから業務開始なんですが

僕は 耀雅の主治医へ耀雅を連れて

当番院で見てもらったインフルエンザの

最終チェックとでも言いますか・・・

 

結果は合格!

 

明日から全開で 何処へでもいけるそうな。

よかったねぇ〜

IMG_3436

と 僕はそのあと

午後から 久しぶりのOPEN 大諏訪officeで

4つのプランを作り上げました

初荷ならぬ 初プランでございます。

 

そのプランをしている中で

今日のブログは

 

敷地とプランの見極め方。

 

以外と知っているようで

知らない面々を語りますよ・・・

 

敷地というのは

実際僕らプロの目から見ると

色んな物語が見えてくるものなんです。

 

それは この土地に住む家族の

生活模様を映し出しながらプランするから

 

なので 一番肝と言えば “肝”

 

まず 近隣状況の把握。

隣の家はもちろんのこと

前面道路の交通環境まで。

 

その場所において

1番の最善を探します・・・

 

この1番の見極めを怠りながら

プランしてしまうと

プラン図面では完璧だったものが

実際に住んでみたら

とんでもないことになっていた。。。

 

なんて可能性が大だからです

 

もりろん住む家族の生活形態の影響も

すごく左右されます

 

例えば 最近流行った グランピング

庭で贅沢に春から秋にかけて

庭で たくさんの集いをしてみたい・・・

 

憧れる家族は本当に憧れで

もしかすると 家を購入しようと思った

きっかけになっている可能性も

 

けど 建物の配置の置き方によっては

グランピングはおろか

庭遊びすら出来ない可能性も出てきます

 

例えば このような道路付きの敷地

この場所で BBQ を計画したら

お酒を飲みながら 友人と大騒ぎしようと

計画したら どうですか・・・

スクリーンショット 2018-01-06 0.23.25

多くの方は 出来ますよね・・・

道路から離れているし

人目につくような場所ではないから

 

でも

 

同じ敷地の形状で 同じ建物で

南側にもう一つ道路が存在してたら

どうですかね・・・

スクリーンショット 2018-01-06 0.22.51

グランピングできますか?

わいわい 大騒ぎが

丸見え状態です

無理ですよね・・・

だって 道路から丸見えと

知らない通行人から

恥ずかしささえ覚悟しないとできません

 

このシチュエーションでも出来るという

家族の方だったら良いんですけど

中には 無理・・・と言う家族もいるはずです

 

けど・・・

 

普通に考えてプランすると

計画しちゃうんですよね・・・

図面上では 上手に収まって

あたかも 自分もできるかも・・・って

錯覚してしまうかもしれませんけど

 

引っ越してから後に

こんなはずじゃ なかった・・・と言う

典型的なパターンです

 

なので

 

敷地の見極め方って大事なんです

 

今回は 敷地と建物と道路の関係しか

触れていませんけど

これにプラスして 日照の問題

隣接建物の窓の位置の問題

ゴミステーションとか

生活に関わる全ての問題を解決しながら

プランをしていかないとならないのが

配置の計画であって

一番最初の “肝” と言われる由縁でございます

 

と言うことで 今日の4プランは

敷地の特徴をよく掴んで

そして 配置の提案も兼ねて

行うプランだったんで

少し 敷地の見極め方をご紹介しました

 

ぜひ 自分の家づくりに

少しでもお役に立てれば

よかったと思う年始のポロシャツでした

 


土地を生かすのも殺すのも。

土地を生かすのも殺すのも。

 

家を建てるんには

当然必要なのは 建設地。

 

土地です

 

でも その建物を目的とする土地は

自分の土地、もしくは

これから建てようとする土地だけ

見ていたら とんでもないことになります

 

周りの環境を駆使した利用。

その周りの環境と自分の土地との

関係性をしっかり見つめて

どのように家族の生活空間を

有意義にするかが 本当の設計になります。

 

当然と言えば当然なんですけど

 

なかなか 思うように設計できていない

建物がありますね・・・

 

代表的なのは

大手ハウスメーカーの規格住宅。

 

とか

 

ローコスト住宅の

よくありがちな プランナンバー○○で

決められた建物。

 

規格住宅とか ローコスト住宅の

すでに決まっているプランを

自分の土地にあてがうと言うやり方。

 

企業側から見ると素晴らしい事なんですけど

エンドユーザー側から見ると

お粗末そのものだと思うんです

 

確かに建築コスト的な面から考えると

設計とか構造計算とか

また 材料の発注など

プランさえ決まっていれば

建築に詳しくない素人でも

住宅の積算から 見積もりまで

簡潔にできる手法で コストが

あらゆる面で削減できると言う

建築業者側から見れば

とても お手頃な建物になります

 

でも ここで少しローコスト住宅を

検討している方も 聞いてもらいたいのが

 

一生の人生をかけて

住宅ローン35年という長い歳月を

かけて資産にしていくには

あまりにも 残念すぎる気がしてます。

 

例えば 自分の土地は 広大な広い土地の

ど真ん中に建築する人。

この様な方は 自由奔放な規格住宅で

逆に構わない様な気がします

 

けど・・・

近隣の土地があってこそ自分の土地の存在で

先に建築されている家の様子から

我が家の最高なプランを作る

というのが常識に範囲になりますよね。普通は・・・

 

コスト削減とは 受注コストを下がるのみで

オーナー様よりの発想というより

工務店やハウスメーカーよりの効率化であって

オーナー様の利得になるとは

考えにくい 規格型住宅なんです

 

僕らからしたら 規格住宅でさえ

安い建物ではないし・・・

 

注文住宅の真骨頂は

色んな法律の条件をクリアして

そして 現状周りに存在している建物を検討し

そして 我が家の設計に取り組む

それが ある意味プロの設計士の行う技術です

 

お客様やオーナーさんと打合せを

している時に一番最初に考えること

それは 建てるオーナーさんの住空間を

満足してもらえるように

周りの建物の配置、窓の位置、玄関の位置

寝室の位置、ベランダの位置、

子供部屋の位置などを 念頭に置いて

設計プランを僕は作り上げます

 

この選んだ土地で 最大限有効に

そして有意義に利用できる動線や

視覚的安心をどう作るかが 住宅設計において

一番僕が大切にしていること

と言う一生の資産を守る義務と責任を

僕はおいながら間取りを

常に作っています

 

どんな土地でも

どんな近隣環境であっても

その土地に隠れている

潜在能力を最大限発揮できる

可能性から考えて提案する・・・

 

これが 住宅の設計と住空間設計をする

最大の意義。

 

その建築地の特徴と性格を

生かすも殺すも全て

設計者側のスキルと提案量を提案内容が

全てを凌駕。

 

建築を初めて数年の経験だとか

施工社都合で規格住宅に収めるとか

人生の一生を左右する住宅に

経験値が浅いって

建設側の立場で行くと

なんとも無責任すぎると思った

クリスマスでした


良い土地発見。

良い土地発見。

 

僕の好きな沼津の地域で

すごく良い物件を

コンシェルジュの伊藤が

見つけてきてくれました。

 

沼津のグルメ街道から

一本西側の道を入った場所

IMG_A1D9D16E397A-1

岡宮で5物件が並ぶ分譲地。

少し高低差があるんですけど・・・

 

場所的には 最高です

伊豆縦貫道が出来てくれたおかげで

車が通る台数は激減で

商業的には マイナスなんでしょうけど

生活するには 満足へ

どこに行くにしてもアクセス良いしね

 

で・・・この土地には

少し高低差がありまして

普通に考えると

敷地内の高低差ってマイナスに

感じられるかも知れませんけど

僕ら デザイナーとしては

この高低差が すごく良い。

 

僕が得意とする高低差。

 

高低差を逆に利用して

プライベートな空間を作る間取りに対して

さらにプライベート感を演出できます

 

価格もすごくお求めやすい。

多分仕入れの金額が低かったんだなぁ〜

 

歩いて1分の場所に同じような

分譲地があるんですけど

その価格差 なんと400万円。

 

こんな近くてこんなに

お求め安いなんて・・・

絶対に 岡宮で探している家族の方は

 

ポロシャツが分析しても“買い”な物件。

 

僕が手がけるプランとかデザインに

土地の形状や、環境は

関係なく、その時にベストな状況を

建物に反映させるのでありまり

土地の良し悪しを差別しないで

色んな提案をするんですけど

 

珍しくこの物件だけは

土地を見て 花まる。をあげたくなっちゃいました!

スクリーンショット 2017-12-13 12.18.42

5物件あるので

全部の敷地に僕なりの妄想提案プランを

作ってます。

 

こうなったら 良い感じだよねぇ〜って

 

そのぐらい 久しぶりにワクワクする

分譲地がありましたって・・・

 

この高低差を利用した

最高のプランを作成中(笑)

と言っても・・・

 

あまりにも 少々惚れ込んでしまったために

5プランのドラフト・・・下書きは

完了しておりまする。

 

まさに 妄想プランなんですけどね・・・

 

一番の良いところは

幹線道路に近くて生活に便利。

 

ひと昔なら 坪50万円強の値段が

付いていたところで

何人もの オーナーさんが住む場所。

 

現在の価格は

50坪で 1400万円強。

まぁ〜ありえないかも・・・

整形地

 

プランする人によって

こんなに素晴らしい環境になるんだ・・と

思わせる感じで 張り切ってます

 

誰がこの土地を購入するんだぁ〜って

名乗りは誰もあげてもしない

分譲地に デザインしちゃって・・・

 

自分でも 笑ってしま・・・う。

 

 


土地探しの失敗って その7

土地探しの失敗って その7

 

近隣調査の続き・・・

%e3%82%82%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%97%e3%80%80%e3%82%82%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%a6

1ヵ月ぶりの家づくりシリーズなので

もし良かったらこちらを見て

復習してもいいかも知れません

 

↓ 今までの総まとめ ↓

家づくりシリーズ土地探し編(保存版)

↑↑↑↑ ぽちっとな ↑↑↑↑

 

で 今日は土地探しの失敗シリーズの最後。

 

近隣調査の続きです。

 

さて 近隣調査は前回にも

書きましたが 前回は 近隣施設について

 

近隣施設のみ調べても

調査達成度は 50%です

 

残りの50%と言うのは・・・

ソフトとハード の関係性

 

ハードとは 近隣施設

ソフトとは 近隣住人 と その他

 

近隣住人は 本当に大切。

近隣施設は年月と共に

色んな変化を見せます。

 

大型ショッピングモールでさえ

10年後に存在しているかどうかさえ

わかりません。

 

コンビニしかり

民間と言う名の下の

施設は わかりません。

公共施設は 黙ってなくならないので

なくなってしまう恐れのあるもは

市役所等々に行けばわかります。

 

けど ソフトである近隣住人は

そうは行きません。

 

一生のお付き合いをしなければならない

 

ともすると・・・

こんな言葉が 一番わかりやすいかも

知れません・・・

 

『近所に変な人が住んでいた』

と言う事が土地を購入し引越してから

わかってしまったと言う失敗。

 

変な人って言うと様々ですが

『ゴミ屋敷』

gomiyasiki

『お隣が何かにつけクレーマー』

『ご近所同士が仲悪し』

oiomae

『ひと昔 有名だった“引越せおばさん”』

hikkose

 

家を建てて これから新しい生活だぁ~って

心弾ませている時に トラブル等に

合うと散々です

 

トラブルの原因となるものは

購入の意志の決定事項に

近隣や隣の住人などに

挨拶等かねて 情報収集するのが

一番大切です。

 

中々 普通の人は いきなり

お隣さんや近隣の方の聞き込みを

すると言うことは難しい事なのかも

知れません・・・

 

けど その聞き込みがあっての

結果が大事だと思いますので

是非 情報収集をしてみてください

 

一生のお買い物ですからね。

 

でも 土地の案内等をしてくれた

営業の方に お願いをすると

気軽に引き受けてくれる人も・・・

%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%a7%ef%bd%8f%ef%bd%8b

 

大事な調査なので

一緒に同行してもらうとか

調査全般を

頼んでみたらいかがですか・・・


土地探しの失敗って その6

土地探しの失敗って その6

 

土地を検討する時

近隣の調査って大切です

 

でも 更に検討する時に

検討して頂きたいこと。

 

それは 近隣だけでなく

主要な道などを歩くこと。

 

子供との同居を考えているのであれば

その通学路。

 

生活環境で その家族で重要視している

ポイントまでの道

例えば・・・

スーパーマーケット

ショッピングモール

バス停

公園

ゴミ収拾所

 

もっと細かく言えば

いつ無くなってしまうかわかりませんが

今現存している便利な場所。

コンビニ

クリーニング

 

などなど

 

今は google map などの機能で

擬似体験できる感じではありますが

自分が一生の土地を選ぶのであれば

その土地の顔を見るのと同時に

近隣環境はライフラインの環境などを

調べておいておくと 段々と

愛着や また 汚点などが

不動産会社よりの紹介よりも

良くわかると思います


土地探しの失敗って その5

 

土地探しの失敗って その5

 

土地の検討をする時 見に行きますよね

 

でも その見に行ったときの

見方を間違えている方がほとんどなんです

 

それは

一般的に 気に入った不動産を検討する時

その不動産を 外から見るということ

%e3%81%9d%e3%81%a8%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%82%8b%e5%9c%9f%e5%9c%b0

これは あくまでも 周りのとの

環境を見に行くのであれば

間違ってはいませんが

本来であれば その土地に住んだ時の

周りの環境が自分の土地になったとき

どの影響が出るのかを検討しないといけません

 

その検討する内容とは

自分がその土地で

計画している家の中から

どう見えるかが大事です

%e4%b8%ad%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%82%8b%e5%9c%9f%e5%9c%b0

家を建てたいと思っている人のほとんどが

家族が集まるLDKには

風通しが良い 明るくて大きな窓が

欲しいと万人が思うはずです

 

けど 実際 その家に住み始めたら

道路からの視線が気になって

大きな窓には 常にカーテンを

閉めないと生活できない

 

とか

 

目の前の家の大きな窓が

自分達の家の方向の向けられていて

隣からの視線を常に感じながら

生活をしなければならなくなったとか

 

このようなことは

道路から検討している土地を見ても

わからない事が多いです

 

だから 実際に住む家と

その土地に関係する配置を元に

家の中から 周りの環境は

どう映るのかを検討しないといけません

%e6%88%91%e3%81%8c%e5%ae%b6%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%a9%e3%81%86%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bc%9f

 

日照時間の検討も同じことですが

どのくらい 自分達の部屋の中に

日当たりを確保するのかが大事です

 

家の日当たりが良くても

常にカーテンをしている部屋の環境では

家の外壁には沢山の日当たりが

確保されているだけで

部屋の中の日当たりは確保が

できていない事になります

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%92%e9%96%89%e3%82%81%e5%88%87%e3%81%a3%e3%81%a6

日当たりが欲しいのは

外壁ではなく 室内だと言うことを

しっかりと検討しましょう

%e6%98%bc%e9%96%93%e3%81%a7%e3%82%82%e9%9b%bb%e6%b0%97%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b%ef%bc%9f

南側の窓なのに 

カーテンを閉め切って

昼間でも電気をつけるような

生活って 理想ですか?

 

でも 検討している土地に

まだ 既存の建物が建っていて

土地の中から 検討できない時も

あると思います。

 

その時は その建築の設計をしている

設計士にアドバイスをして頂くか

もしくは その既存の建物に

入らしてもらえるように

不動産会社にお願いをしてみましょう

 

 

失敗しない土地選びのポイントは

○  検討している土地は外からでなく内側から見る事

○  もし 既存建築物があるなら設計士のアドバイス

○  既存建築物に入らしてもらって検討する


土地探しの失敗って その4

土地探しの失敗って その4

 

季節で変わる土地の顔

と言うお話ついでに・・・

 

近隣に植えられている樹木にも

注意してほしいもの

 

以前の経験から相談頂いているのが

隣の土地に植えてある“木”

 

木は針葉樹、落葉樹

また 年月が経つにつれて

大きくなる木

大きくならない木

 

隣地の方が 家を建替えた

と言うことは防ぎようがないですが

今、植えられている木を

住宅設計の計画に検討することは

大事なことのひとつです

 

木の剪定は 

木の所有者が行うものですが

落ちた葉とか 

そのような片付け仕事は

中々 隣の人が

やってくれる事は少ないです

 

日差しにも関係することなんですけど

落葉樹に関しては 冬は葉がなく

夏に掛けて 葉は生い茂ります

 

そんな環境を

無視することはありません

 

針葉樹の場合は

冬にも葉がある状態なので

我が家の設計を取り掛かるときには

しっかりと 影を考えて

計画する必要があります

 

また 土地選びで失敗する例として

購入する時に現状の把握と

将来の約束事、

また 約束出来ないのであれば

将来の予測をすることが大切です

 

購入したい土地に 既に枝葉は

越境している場合は

剪定してもらう事を

不動産業者にお願いすること

 

また 大きな木が

植えられているのであれば

どの位まで影が出来ているかを

隣人の方などに

ヒアリングすることが大切です

 

大きな木に関しては

既に大きな木が

生えてしまっている土地

選ぶことを避けたほうが

無難だと思いますが

どうしても

その土地が気に入ったのであれば

以上の事は 確認事項として

考えて頂ければと思います


土地探しの失敗って その3

土地探しの失敗って その3

 

土地探しは 失敗したくないものです

でも・・・

 

次のような相談を受けると

相談した相手によって

大きく住んだ時の環境が変わると言うのも

頭の中に入れておいて頂きたいと思います

 

それは

日本には四季があると言うことです

 

土地を購入して 家を建てるとき

誰しもが思うこと

それは・・・日当たり。

 

しかも 四季だけではなく

時間によっても大きく違う特徴をもつのが

土地になります。

 

 

 

時間、平日、休日で変わる土地の顔

 

選ぼうと思う土地があるとき

必ずお施主様は その土地を見に行きます

しかも 休日とか

自分の時間が空いたとき。

土地を見る環境としたら

偶然出来た時間や 限られた時間で

その土地の良し悪しを決めてしまいます

 

しかも 土地を見に行く時は

晴れの日を選んで家族全員で見に行くことが

多いようですね・・・

 

でも これでは 一生その場所に

骨をうずめるつもりで購入するには

判断が甘すぎます。

 

最高の条件でみるより

色んな角度から検討するほうが良い

 

朝・昼・晩

晴れの日・雨の日

 

もっと言うのであれば

平日・休日。

 

交通量・信号待ちの停車量

 

 

季節で変わる土地の顔

 

四季で変わる太陽高度

冬の正午の太陽高度は 31.2度

夏の正午の太陽高度は 78.0度

 

と言うように 太陽の高さが変わります

太陽の高さが変わると言うことは

LDKや建物内部に陽を落とす日当たりが

四季によって変わると言うことになります

 

また 道路の方向により

隣地の家との距離が変わってくるなど

様々な用件で 変わります

 

一番 日当たりが欲しい時間・季節に

近隣の建物の影の影響で

欲しい日当たりが 望めなかったとか

天気の良い日の数日 土地を検討しに

見学に行ったとしても

中々 わかりづらいものです

 

検討したい土地があり

見学に行く時は

 

この四季と太陽の問題と

時間帯と休日、平日の差を

検討する事は大事なことになります

 

実際に 日照の検討をする時には

専門的な知識が必要になりますし

時間帯等の検討は 実際に足を

運ぶことが出来ないのであれば

近隣の住人にヒアリングすることも

ひとつの決め手になるはずです

 

 

住んでからの土地の違いを少なくするには

○  出来るだけ多くの時間帯で検討する

○  日照に関することは建築のプロに聞いてみる

○  出来る事なら近隣の人たちにヒアリングしてみる


余分なお金が掛かる土地

余分なお金が掛かる土地

 

インフラ整備がままならない土地

各市町村では 水道などの

道路から敷地に入っている水道管の

設置年数や 設定期日より前期日など

古い水道管が 利用できないケースが

多々あります

%e4%b8%8a%e6%b0%b4%e9%81%93%e5%bc%95%e3%81%8d%e8%be%bc%e3%81%bf

その場合は 売主サイドではなく

買主サイドで 新しい水道管を

道路より引きなおさないといけません

“上水道引き込み工事”と言うものです

これは 市道、県道、国道によって

費用がまったく違うので一様に

○○万円掛かりますといえないので

注意をしておきたいところです

 

 

前面道路や隣地と 高低差のある土地

%e3%81%95%e3%81%a6%e3%81%95%e3%81%a6

雨水の関係、また 高低差を超えて

家のアプローチを計画しないといけないので

ヨウ壁や 土盛り、また 掘削などを

余分に費用がかかります

%e3%81%95%e3%81%a6%e3%81%95%e3%81%a6%ef%bc%92

 

“がけ条例”の適用がない土地

%e3%81%95%e3%81%a6%e3%81%95%e3%81%a6%e3%81%8c%e3%81%91%e3%81%98%e3%82%87%e3%81%86%e3%82%8c%e3%81%84%ef%bc%91

高低差のある土地にはもうひとつ

静岡県や各都道府県の条例で

“がけ条例”と言うものがあります

近隣や道路と接している敷地と

2m以上の高低差があるときには

法律的な指導により

地盤改良やヨウ壁を 必要と感じなくても

施工しないといけない と言う条例です

 

自分達の土地が周りの土地より高い場合

一番底辺より 30度のラインを想定し

そのラインを超して建築する場合には

地盤の補強をしてください

 

自分達の土地が回りの土地より低い場合

相手側の土地が2m以上の高い時

自分達の隣接する境界より

高い敷地側の敷地へ同じく

30度のラインを引き そのラインより

超えている相手側の敷地は

万が一その相手側の敷地が

崩れても大丈夫なように

ヨウ壁を施工しないといけないという法律

 

この“がけ条例”は

自分が必要か必要ではないか関係なく

かかる費用なので お金は掛かります

 

 

売り土地の案内を見たときに

一番見えにくい 右下の案内を

見てください

 

『がけ条例』と記載があるはずです

がけ条例の回避方法は

その土地の形状や建築の計画にあり

無理な場合 回避できる場合

その面々で違ってきますので

一概に お金が掛かるとは 言いませんが

出来るだけ “がけ条例”は避けましょう

 

 

現状引渡し・・・と言う物件

%e8%a7%a3%e4%bd%93%e3%81%8c%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%a7%e3%81%99

これは 古い建物が建っていますが

このままでお引渡しをしますので

買主が 家を解体してから

家の計画をしてください と言うもの

当然ですけど 解体費用が

余分に発生します

 

 

軟弱地盤の恐れのある土地

%e5%82%be%e3%81%8f%e3%82%88%e3%83%bc

昔 この土地は○○だった

田んぼ・畑・沼地・埋立地

川が 近くにある とか

水にまつわった土地だった

おおよそですが 地盤改良を

費用として計上しておかないと

いけない地域は 沢山あります

 

ですが 過去の土地の計上によっては

普通の地盤改良の費用と

大幅に増額したケースもあります

なので 特に軟弱地盤が想定される

場所や地域であれば もう少し

詳しく調べて 費用的に

地盤改良費が掛かることを念頭に

 

 

 

土地には土地価格だけでは

必ず購入することが出来ません

土地価格以外の費用を計算して

費用合計が土地価格と言っても

過言ではありませんので

しっかりと 覚えておいてください

 

次回は 軟弱地盤かどうかを

調べる方法を 書きたいと思います


総記事数4,753件

PAGE TOP ↑