TANAKA

「 田中雅之が思うこと 」 一覧

5~10年前に家を建てた人、必見!

5~10年前に家を建てた人、必見!

 

今日は 超~短文。

 

5~8年前に家を建てた人、必見!

 

5~8年前に家を建てた人で

太陽光発電をまだ

設置してない人

 

特に 必見!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

今、支払っている住宅ローンの

金額が変わらずに…

 

 

太陽光発電 と

蓄電池 と

HEMS が

設置できるかも知れません・・・

スマートに行こうよ

という事は・・・

憧れの 我が家もスマートハウスに・・・

 

ひと昔は 500万円以上した

設備ですが・・・

もしかしたら

今の住宅ローンの支払額が

変わらずに 手にはいるかも・・・

 

詳しくは

コンシェルジュの 石堂くんまで

コンシェルジュの 木村くんまで

 

 

ほんとに 驚き(驚)

 

 

僕のブログでは

 

ないしょ(笑)

 

 

 

ではっ!

 

 

5~8年前に家を建てた人、必見!


体内記憶って知ってますか?

母親って 大変だなぁ〜って

最近 ほぼ 仕事どっぷりのポロシャツは

奥さんを見ていると感じます。

 

のと 同時に

いそがしさに 翻弄されてるのか

耀雅をしかる度も 大きくなって

叱っている様子を聞いてても

そんなに 怒らなくて良いじゃんって

思うほど・・・

 

そんな中 ある動画を

LINEで そっと送信。

 

『かみさまとのやくそく』

 

 

体内記憶って知ってますか?

 

赤ちゃんが生まれる前

お母さんのおなかの中に

居るときの記憶のこと

 

胎内記憶

びっくりな事に

なんと 調査をしたら

約3割の子供が

おなかの中の記憶を

持っていたそうな…

 

すごいですね

 

オレは ぜんぜん

記憶にない

 

記憶にないどころか

僕自身の小さなときの

記憶すらない…

 

もっと 深く調べてみると

 

な~んと

 

赤ちゃんのになる前

しかも

前世から次回生まれるまでの間

 

この期間の事を

中間性記憶 と呼ぶらしいんですけど

 

物理的な話だと

前世の終わりから

受精までの間の記憶

 

ん~

話がそうなってくると

なんとなく

想像の世界に入る感じだけど

 

けど

 

調べると

ある共通点が

あるらしく

 

細かい点は違うけど

 

生まれる前は雲の上にいて、

どのママにするか、

お友達と眺めていた

 

とか

 

やさしそうなママだったから

選んできた

 

とか

 

次の兄弟と出会った

 

とかとか

 

本当かな~って思いながら

 

で、その共通点は

 

子供が母親を

選んで生まれてきている

ということだそうです

 

その中間性記憶を

持っている子供に

さらに調査を進めて

 

なぜ 生まれてきたの?

 

って問うと

 

またまた 共通点があって

 

ほとんどの子が、

『人の役に立ちたかったから』

 

だそうです

 

その人とは

 

ほぼ 母親のことを

示していたと言うことですけど

 

お母さんが悲しそうだったから

お母さんに笑ってもらいたいから

お母さんの役に立ちたかったら

 

と言う表現での話しですけど

 

と言うことで

今回は 胎内記憶のお話でした

 

田中建築工業の

またの名は…

 

子宝工務店 と

言われています(笑)

 

家を建てたいかも…

と 思ったら

とりあえず ホームページ

訪れてみてください…

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

田中建築工業のホームページ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

地域密着工務店 清水町 も エリア

自然素材 と デザイン住宅

注文住宅 の

幸せ家族応援工務店

田中建築工業 田中雅之


寒くなりましたね…だから気密は大切です

気密

 

なかなか 外の気温は

下がってきましたね・・

 

御殿場、小山町を行ったり来たり

しているポロシャツは

沼津と小山町の気温の差を

結構感じてますよ・・・(笑)

 

これから寒くなる日だからこそ

これから 住まいを検討している家族へ

 

今から住まいを建てるオーナーさんは

引き渡しの時期と言いますと

ほぼ 季節は

夏が過ぎ

秋が足早に流れ

冬の到来を身構える季節に

 

暖かくなるとついつい

人は 寒い日のことを

忘れがちですね・・・

 

ユニットバスの浴槽の色は

ほんと 季節に顕著となって

その選択が変わるんです

 

冬 色極めする家族は

暖色系のピンクだとか

薄いブラウンへ・・・

 

春から夏のタイミングで

色極めする家族の方々は

ホワイトとか

パステルカラーの寒色系を

選ぶ方々が増えます

 

四季によって

人の心と感情は入れ替わると

言っていいほど わかりやすいです

 

だから これから寒くなるこの季節こそ

その機密性のことを

怠ることなく お客様には

こだわって頂きたいところなんですね

 

この1枚の写真。

これは 冬の最中

引き渡しをしたオーナーさん宅の機密試験に

立ち会った時の写真です。

僕らに家づくりを託された時から

気密のことは 御殿場市内ということもあり

すごく気にしてました

 

『気密も しっかりと

よろしくお願いしますよ』って

 

気密は 原理原則を しっかりと

守っていれば難しいことじゃないんです。

知識が少なかったら

難しいことなのかもしれませんけど

 

適材適所にしっかりと

やらなければならないことを

しっかりと確実にすることが

原理原則なんです。

 

気密をしっかり保つことは

これからの住宅に

間違いなく必要なことの一つです

 

冬暖かく

夏涼しい住まいを求めたい方は

気密をしっかりと・・・

 

というお話でした

 

あと断熱材の性能もね・・・忘れずに。


ジリジリ。

ジリジリ。

 

ジリジリと言うと

 

金利の上昇。

 

特に 今日僕が言いたいのは

すでに 住宅ローンを

支払っている家族の方々。

 

もしかすると

 

住宅ローンの借り換えをする

最後のビックチャンスは

すでに到来しているかもしれません

 

100% 今、借り換え。

 

と言う絶対的な証言はできませんが

90%以上 今よりも

金利が下がることは

ないと断言できます。

 

今 ご自分が支払っている

住宅ローンを借り換えすることによって

将来的に 数百万円得するかも

しれません。

 

これほんと。

 

各銀行に問い合わせをして

今の支払っている金利よりも

0.5%以上下がるようでしたら

これは 借り換えモードです

 

と言う感じで

ひとまとめしたいと思います。

 

 

それでは

ファイナンシャルプランナーの

ポロシャツよりのお便りでした。

 


もはや 鬼才。

もはや 鬼才。

 

ポロシャツの趣味の一つして

 

書く。

 

書道があります

 

と言っても

綺麗な字を書く書道ではなく

 

心で書く書道。

 

思いのまま

思うがままに

思った通りに

 

書き記す書道です。

 

 

この書道をすると

今の自分の心が

深いところから

わかるような気がして

書いてます。

 

今の僕の状況が

はっきりわかっちゃったりします。

 

その書道の中で

僕の師匠がいます。

 

 

書道をする人の中では

今や 知らない人はいないと

思われる書道家

 

武田双雲

 

 

僕が先生と初めて会ったのが

17年前。

 

僕と同じ誕生日なんですけど

年齢的に言うと 5歳年下。

 

初めて会った時に言われたことは

 

戦うのは 自分との戦いで

自分以外の人と戦って

利と知を 得るものはない。

 

って そう言ってくれました。

 

多分ですけど

その当時の僕には

他人と戦っている姿が

そこには 見えたんでしょうね。

 

だから

 

あえて そう僕に伝えてくれたんだと思います。

 

その当時の双雲さんは

今ほど 当然に有名ではなく

ひょっと伺った時に

直接話をしてくれるような人でした。

 

その言葉が今でも

僕の心に刺さっていまして

僕の人生の教訓でもあるんです。

 

自分と戦うって

 

とても難しいことなんで

他人と戦うことは

いとも簡単なことなんです

 

そんな武田双雲先生の

ブログの中で

久しぶりに

 

“戦う”

 

と言う字を見つけました。

 

勢いがあって

いつもすごいなぁ〜って思う字でした。

 

この字を読むと

まだまだ

 

自分との戦いは

浅いものだなぁって思った今日この頃。

 

自分で気を引き締めるために

送られた遠くで書かれた“戦う”の字

 

 

もはや 鬼才ですね。

 

 

さぁ〜

僕の人生もまだまだ

頑張れるところはあるようです。

 

そんなメッセージが

偶然のごとく届いたように思いました。

 

 

 

 

まる


プロの技。

プロの技。

 

建築一筋もうすぐ30年になります。

長いですねぇ〜って

思いますけど

その長さゆえ その一筋さゆえに

自分の中では 住宅のスキルでは

本当に 普通に僕のスキルを

持ち合わせている人は

世の中にそう何人もいないだろうなって

思うほど 建築に携わってきたと

 

そのプロの技なんですが・・・

 

僕は建築、主に住宅という分野で

一生懸命にやらせてもらってますけど

違う分野でいうところのプロの技って

すごいなって思います。

 

僕の思いもよらないところで

色んな結果が出ているし

そして 色んな発想が生まれてくるなって

感動すら感じます。

 

僕も 日々こんな感動を

受けている方々がいるんだって事で

さらに 上を目指せる感覚で

頑張りたいって思いました。

 

その分野のプロって言うのは“すごい”

 

もっと言うと

 

その分野のプロに任せる事で

自分の想像を超える色んな答えが

世の中にはあるもんだなって思います

 

 

プロは 色んな問題解決と

色んな答えを持っているなと

そう思った今日この頃。

 

なんの分野でも そうなんでしょうけど

専門業には 敵わんなと思った今日この頃。


49歳

49歳

 

身近には 上には上がいるものですね。

 

先日 自分の子供のことで

盛り上がった時の話。

 

耀雅は 晩婚ゆえの

年の行った子供でして・・

 

ポロシャツは 43歳のパパ。

 

耀雅の成人式 ポロシャツは63歳

 

なんとなく イメージつくなぁ〜って

語っていたら・・・

 

なんと

 

僕よりも6年も年の行った子供を持つ

パパに遭遇。

 

しかも 超間近(笑)

 

77歳の平成2年の子供を持つパパ

49歳で 子供を授かったパパでした。

 

へぇ〜ってすごい

 

やっぱりいるものなんですね。

 

今の耀雅が 可愛くて仕方がないのに

もっともっと

可愛かったんでしょうね。

 

僕が今 47歳なので

あと2年後にもう一人子供ができる感じ

すごいし 凄すぎる。

 

まだまだ 頑張れるものなんですかね・・・

 

 

と奥さんに言うと。

 

 

 

 

 

無理。

 

 

の一言。

 

 

で 無理ですよね(笑)

 

もっと 若い嫁を捕まえてこいとのこと。

 

はいはい。


天才

天才

 

世の中には 天才っているもんですね。

 

普通にしているのに

人と違った考え方を持って

しかも

 

僕が想像することよりも

ぶっ飛んでる・・・

 

どう言う頭の持ち主なのか

 

そんなことすら思いながら

 

こいつには この分野では

叶わない。

 

当然のことながら

お医者さんとか

弁護士

そして 専門分野での

世の中のためになっている人の

おかげで 僕も健康でいられるし

色んな知恵の元

生かされているなぁ〜って

思うんですけど

 

それでも

僕に近い分野で活躍している人の

経歴を知ると

 

知れば知るほど

すごい経歴しか見えない。

 

やっぱ すげぇ。

 

って 感じることないですか?

こいつの頭はどんなになってんのか???

 

そんな天才に

久しぶりに会いました。

これだけ

自分との乖離を見せつけられると

もはや・・・

惨敗。

 

こいつなら仕方がないか・・・

 

そう思う1日でした。

また 一つ 得られるものが

あったように思えます(笑)

 

世の中すごい人が

まだまだ

ゴロゴロしてるもんだ


夢叶う。

夢叶う。

 

今日は 一つの僕の目標だった

プロジェクトが成功しました

 

いろんな努力はしましたけど

いろんなスタッフの協力が

ありましたけど

なんとか 第一歩を踏み出すことが

できました。

これも 人の出会いと

それと 出会いを生かす努力と

最後に 達成するまでのプロセスを

出来るまでやり通すと言う

 

その4つの合計の賜物だと思った

本当に色んな人に 感謝が心の底から

出来た1日でした。

 

毎日 お酒をたしなみがら

夜のひと時を過ごしているんですが

今日は 美酒。

 

プロ野球のビールがけまでは

まだ 盛り上がれませんが

4ヶ月後 さらに達成する努力をして

最高の美酒をいただこうと・・・

 

なので 更なる努力は続きます。

 

男47歳

 

4年越しの夢が

ある出会いがきっかけで

盛り上がり その盛り上がりを

見逃さず さらに出会いを求め

そして 次、次、次。

 

正味 動いた期間は

2ヶ月程度でしたけど

その集中力が 決めてです。

 

温めてきた夢

叶うための糸口が見えた時の瞬発力

そして 結果を求めう愚直さ。

 

二頭追うも一頭も獲ず

 

では なく

 

二頭追うもの二頭を獲る

ひたすらに

ただ 今より2倍3倍頭に汗かいて

結果が出るまで

一人 頭と足の裏

そして 究極の手に汗握る交渉力

 

止まることを考えず

そして 突き進むことと

気持ちを 何があっても

離さない気持ちが

今日の1日を作ってくれたと

 

難しいけど

 

だから 夢って諦められない。

 

面白いよね。。。

 

 


昭和だなあぁ〜

昭和だなあぁ〜

土曜日から月曜日まで

 

引き渡し前の完成見学会を開催してました。

 

コンシェルジュも忙しく

完全予約制に関わらず

引っ切り無しの対応で

最終日の月曜日の今日は

朝から 夕方まで

会場に付きっ切りでした。

 

来場者と来場者との間の時間

 

なにやら 元気な大きな声

子供とご年配の方が

遠く通しで 会話をして

 

なにを言っているのかは

よくわかんなかったんですけど

 

そのお年寄りの方が

干物を干す網を 広げ始めます。

あれぇ〜懐かしいなぁ〜

 

実家の近くの魚屋さんで

よく目にしていた光景。

 

でも スーパーの発展で

近くの魚屋さんは バタバタと

店を閉めて 干物の干網を見るのは

本当に久しぶり。

 

懐かしなぁ〜

 

で 大声で叫んでいた耀雅より

少し大きな子供に向かって

 

○○ちゃん 持ってけっ

 

って 言っていたのを聞いて・・・

 

『懐かしいっすね〜』

 

なんて 話し込み

 

もしかして これは分けてくれるかも

って 聞いて見たら

 

いいぞ 俺の干物は最高だからさ

 

なんて 会話をしてました。

 

いや 本当に美味しそうだったんです。

 

じゃぁ〜3000円分けてくれる?

 

って聞いたら いいさぁ〜

 

さば1枚250円

あじ1枚180円 だぞ

 

 

で そんな会話をしていたら

見学会の予約のお客様が来場してくれて

 

適当に詰めて 車の中に

入れといてくれる・・・

 

なんて

 

で 打合せも終了して

干物のお父さんとしばらく会話。

 

どこでお店開いてるんですか・・・

 

って聞くと

 

『ん・・・ネット販売』

 

わぁっ すげ。

 

どこから見ても ネットで販売している

様子はどこからも見えず

でも お店は今はないとかで

 

お父さん ズゥ〜っと干物を見ながら

小さな子供を相手にしてます。

 

猫とか 持ってかれないの?

 

って 聞くと

 

あぁ〜猫とカラスとの格闘の毎日だよって

笑いながら。

でも 干物を積む軽のワゴンの中には

数匹の猫がいたりして(笑)

 

で 実は 子供との話を楽しんでるわけじゃく

干物の出来具合を見てるんですよね

 

何時間干すんですかって

どんな感じなのって聞くと

 

風が吹いて 陽が照って

1時間くらいかなぁ

 

曇りの日には 3時間とか・・・

 

職人芸なんですね

猫とカラスとの格闘もそうですが

干物の状態を見ながら

完成させるって

熟度を見てたんだって思いました。

 

泥棒猫を見張るのが仕事じゃなくて

熟成を見逃さないのが仕事。

 

さすがだなぁ〜って

思いながら 色んな会話をしてると

 

次の予約の方が来場されて

しばらく打合せをしていると

窓の向こうから

『車の中に入れといたぞ』って言う手の合図。

『サービスしておいたから』って言うところは

でかい声で語りかけてくれました(笑)

 

そこは 大声なんだって思いながら(笑)

 

で 打合せを終了して

オーナーさん宅訪問へ続き

 

家に戻って

これ買ってきたよって

報告すると・・・

 

さば 9枚

アジ 18枚

 

ん。

確か さば1枚250円アジ1枚180円のはずじゃ・・・

 

合計5490円が 3000円

 

すごいサービスだなって

思いながら・・・

 

うちの奥さんと

こんな話をして

ん〜 ごっつサービスなのか

掛け算が できなかったのか

 

娘さんが ネット販売手伝って

お勘定も 娘さんがやってくれて

現地販売は 本当にやってないのねって

空想の結論に至ったところ。

 

儲けを考えずに

今日 食べれるだけの干物を作り

そして 販売してる

無欲の職人芸が作り出す干物は

やっぱり 機械乾燥や

大きな会社が作った干物と違って

本当に 美味しかったです。

 

残念ながら

干している場所は知っていても

そのお父さんの家がどこか わからず。

もう一度食べたいなぁ〜って思っても

 

今日のオーナーさん宅へ

メンテナンス等で出かけた時の

偶然の再会にかけるしかないようです(笑)

 

無欲が生んだ本物の味。

 

うまかったなぁ〜

 

 


現況視察。

現況視察。

 

住まいをデザインと間取りの設計をするに

当たって大事なことの一つに

現況視察というものがあります。

それは

 

田んぼの真ん中に家を

建築するわけでなく

 

近隣状況を考えながらの

間取りが最も重要だからです

 

今日は 日曜日ということもあり

たくさんの建替のオーナーさんの

最終提案もあり

オーナーさん立ち会いのもと

現況視察へ行ってきました。

 

今あるこの不動産を

新しい間取りの設計によって

環境を生かすも殺すも

言ってみれば 僕のスキルが

一番大切なところ

 

現行の建築基準法で建築する家は

建売やローコストと言われる

住まい以外の建物は

90年長生きする建物が

標準として建築されています。

 

自分の命よりも

長い命の住まいを

託されるわけですから

スキルと経験を持った人が

やっぱり 真剣に向き合って

建築しないといけないと思います。

 

僕だけが 住まいの設計に

長けているスキルの持ち主だと

思ってはいませんけど

やっぱり 真剣に取り組んでいる人と

そうでない人が混在する中

しっかりとした建築理念を

持ち合わせた人が設計する家と

そうでない人が設計する家では

出来上がった後の住まいは

月とスッポンのように思います。

一つ一つの現況の視察を

丁寧に見ながら

そして 持てるだけのスキルを

フル活用して そして

新しい住まいと言うものに

丁寧に 提案していくことが

今 本当に求められている

真の住宅の姿だと思うんですね。

 

ただ何も考えずに性能を求めたり

また流行りの材料を使って

良い雰囲気を作って見たり

 

色んな提案方法はあると思いますけど

 

まずは 肝心の間取り

そして その住空間が満たす自分らしい姿

そして 最後に住宅性能だと

 

僕はそう思ってます

 

間取り一つで 大きく変える

その住まいに住む家族の人生。

 

なら

その生活を 満足を大満足にかえる

方法が設計にあるのであれば

労を惜しまず提案していきたい

ポロシャツです!

 

 


懐かしい・・・なぁ

久しぶりの・・・

 

昨日の久しぶりの B to B の打合せ

 

その後 僕の打合せに協力してくた方と

新橋へ・・・

 

新橋で 打合せ&打上げをしたのって

何年振りだろうって

記憶をたどっても

いつのことだか 思い出せないくらい

久しぶり。

 

さすが サラリーマンの街

 

右を向いても

左を向いても

前を向いても

 

サラリーマン

サラリーマン

サラリーマン、

昔と少し違うなぁ〜って感じたのは

 

女性のサラリーマンの数が

たくさん居たのに少し驚きが

あったかなぁ〜って感じです

 

隣の人の話を聞いていた訳ではないですけど

なんとなく 活気がありましたね

 

これも アベノミクスのおかげなんですかね。

 

悪い話を周りでしていた人は

いなかったような感じ

 

誰かの悪口を言ってるわけでもなく

明るい未来の話をしていたのを

なんとなくですが

聞こえてきた内容かな・・・

 

雨も降っていましたけど

帰宅の心配をしている人も少なく

一生懸命に 飲みニケーションしてました

僕も負けじと

新幹線の中では 打合せの内容をまとめて

次のアポどり そして

関係協力業者とのやりとり

また 先につなげるプロジェクト案などを

まとめるなどの

新幹線の中で仕事をしてました

 

明るい話、明るい計画を立てるということは

楽しいものですね。。。

 

三島駅で 降りると

耀雅が ホームで 僕の帰りを

奥さんと待っていてくれたりして

幸せ真っ只中な感じで

地元に着きました。

 

ベッドタウンと言われる三島。

 

この仕事の後の新幹線の1時間が

有意義に過ごせるということが

1時間の乗車時間が 三島駅というか

三島市という街が 活気だった市という

由縁なのかも しれませんね。

 

久しぶりに 有効活用できた

打合せが終了した時から

三島駅にたどり着いたまでの4時間でした。

 

東京は やっぱり近い。

そう思えた 三島駅物語でした。

 


総記事数4,726件

PAGE TOP ↑