TANAKA

「 田中雅之が思うこと 」 一覧

チャレンジ!

チャレンジ!

 

男に生まれて来たのであれば

チャレンジしなきゃもったいない

 

そんな表現をするなら

最近では

アグレッシブな女性の方々に

失礼な感じになりますので

 

この世に生を受けたらね・・・

 

と言うことにします

 

今年の僕の最大のチャレンジは

 

と 言いますと・・・

 

レースでの耐久レース参戦

しかも 24時間耐久レースの出場。

僕なりのロマンです

 

憧れの聖地かもしれません。

 

富士スピードウェイで開催される

S耐久と言うレース

 

レース界では

素人レーサーで言うところの

最高峰。

 

その最高峰のレースで

しかも 24時間レース。

 

プロレーサーであれば

世界各国で開催されている

メジャーな24時間レースはあります

 

ニュルブルクリンクで開催されるレース

車をかじってなくても知っているであろう

ルマン24時間。

 

トップレーサーですら

24時間レースの冠は 大きな勲章。

 

でも

その場は プロであるものが

唯一経験できる場所。

 

素人レーサーが

24時間出場できるとなると

やっぱり おおごとです

 

限界走行内での夜間走行

結構ワクワクします

緊張はさほどないんですけど

その場に立てる事自体が

憧れであったんで

 

24時間か〜

 

46歳にして

すごく良い経験ができてよかったと

思える走りをしたいと思います

 

チャレンジしなけりゃ

こんな経験できないし

人生一度きりだからね

 

 

 

ふと 思いした

とあるアメリカの大学教師の言葉

 

あなたが望んでいることは何ですか?

あなたがしたくてたまらないことは?

どんな状況を思い描きますか?

 

私はよく学生の進路相談にのることがあります

学生は言います。

 

『もうすぐ卒業なんですが、

何したら良いのかわかりません。』と

 

そこで 私はいつもこう聞きます

 

『もし お金が存在しなかったら

君は何をしたい?』

『何をして君は人生を楽しみたい?』

 

すると

現代の教育を受けた若者たちは

皆、こう言います

 

画家になりたい

詩人になりたい

作家になりたい

 

でも それでは お金が稼げない

 

また ある学生は

『馬に乗ってアウトドアな生活がしたい』

と言います

 

そこで私は

『君は乗馬学校で終えしたいのかい?・・・

本当に何がしたいのか

もっと深く考えてみよう』

と言います。

 

何がしたいのかを掘り下げていって

ついにそれがわかったら

私は学生に

 

『それをしなさい。・・・

そして お金のことを忘れるんだ』

 

と 言ってます

 

もしあなたが

『お金を得ることが最も大事なことだ』

と言っているとしたら

あなたは完全に人生を無駄に

過ごすことになります。

 

なぜなら やりたくないことをする生活を

続けるために やりたくないことを

し続けるからです。

 

これは実に馬鹿げたことです。

 

そんな惨めな状態で長生きするより

短い人生でも好きなことをやって

生きる方がマシでしょう。

 

何でも良いんです。

 

あなたが本当にやりたいことをやっていれば

いつか達人になれるでしょう。

 

好きこそものの上手なれなのです

そのうちあなたにそれなりの

報酬を払う人も出てくるでしょう。

だから そんなに心配しなくても良いんです

誰か必ず興味を持つ人が出てきます。

 

あなたがやっていることに

興味を示してくれます。

 

自分がやりたくないことをして

人生を過ごすなんて実に馬鹿げた事です。

したくないことに人生を費やせば

子供達にまで 同じ様な道を辿る様に教え

受け継がせてしまう。

 

我々は子供達に自分が生きて来たと人生と

同じ様な人生を送らせる教育を

してしまっています。

自分の子供たちが彼らの子供達を

自分と同じ様に育て、

似た人生を歩ませる姿を見る事で

自分の人生を肯定し

満足しようとしているのです。

 

まさに吐き気がするのに

いつまでたっても

吐き出せない状態で生きています。

 

なので、

 

この質問にじっくり取り組むことが

とっても大切です

 

『私は何を望んでいるのか?』

 

なるほどねぇ〜って

人生の半分を過ごしてしまった僕が

再度この言葉を読み返すと

家づくりに関しては ほんと自分が

やってみたいことを 貫いてきた感じがして

嬉しくなるのですが

 

他にやってみたい楽しみは・・・と

聞かれると なかなかできていない自分がいて。

 

やりたいことだけをやり抜く人生は

なかなか うまくことが運びませんが

それでも 1日のうちに1時間だけでも

一週間のうちの数時間だけでも

一年のうちの数日だけでも

やり抜けることが大事だなって

 

それがチャレンジであって

できま線、やれま線と

人生に線を引いて

やらないよりは良いよねってね

 

僕が起業した時は

がむしゃらな1ヶ月

慣れの3ヶ月

反省の半年

工夫の1年

得意の3年 でやってきたなぁ〜(笑)

 

右往左往ありましたけど

もう少し 自分のためのチャレンジを

して生きたいかなぁ〜って思った

24時間耐久レースでした


世界で一番売れている時計。

世界で一番売れている時計。

 

問題ですっ!

世界で一番売れている腕時計はなんでしょうか?

 

それは

腕時計販売は 一番後発なメーカー。

 

Apple の applewatch

 

忘れて来たら困るリスト

 

時計

スマホ

Ipad

 

この3つなんですけど

一番 困るというか

ないと不便さを感じるのが

この applewatch

 

時計なんですけど

時計じゃなくて

 

時間を見るだけなら

腕時計でいいんですけど

実に便利なところが たくさん

 

その1

今いる場所に雨がやって来ますよ

かなり正確に教えてくれます

その2

高校まで ハードなスポーツを

していたので 心臓肥大な僕

少し徐脈気味 なんですよね・・・

安静時心拍数が低い傾向に

時には 30台の心拍の時も

時計をつけている間は

一定の間で ずっと測定してくれてまして

日常の心拍数がわかること

その3

スケジュールチェック

スケジュールアラームがついているので

スケジュール管理をしてくれる

 

その4

電話をかけるときは 面倒ですが

電話の着信、会話がとても便利です

電話機能だけ言えば

こちらから 電話をかける回数が

多くなければ applewatch で十分かなぁ〜

 

その5

お財布携帯ならぬ

お財布時計。

もともと 財布を持ち歩かない性格の

ポロシャツ君なので

スマホを 忘れて来てしまうと

コンビニで買い物までできなくなる始末

スマホ忘れが多いんですよねぇ〜僕(笑)

 

その6

置き忘れた時に

置き忘れた場所がわかる・・・発見できる

たまにあるんですよ

どっかに 置いて来ちゃったってこと

それでも 場所が特定できるし

アラームも鳴らしてくれる

その7

スマホのメッセンジャーになる

不要にスマホをいじることが

全くなくなりました

情報過多なスマホに対して

チェックをしなくても

時計で必要事項がわかるので

とても便利な機能だと思ってます

 

その8

タイマー

Siri

SNSチェック

各デバイスのロック解除を時計がしてくれる

一日の活動量計になる

 

その9

知らない場所に行く時

東京等に出張に行った時

スマホナビ人 の様に

スマホ片手に歩く

なんとなくのカッコ悪さがなくなりました

 

その10

エクササイズにとって

すごく良い機能が揃っている様なんですけど

未だ 未開拓。

 

等々

時計として使うのではなく

スマホの代わりをしてくれて

健康的な情報を集めつつ

便利な機能がたくさんで

おまけに 時計の機能がある

 

と言う感じなんです

 

ズボラなポロシャツにとってみれば

本当に助かるアイテムです

 

いずれは 健康チェックアイテムになる

とも言われていますし

色んな医療関係とも連携できるらしい

 

ファッションとしては

高級腕時計思考という形態は

薄いかもしれませんけど

バンドも交換できるし

デザインに関しても

あまり不満はないかも・・・

 

デザイン性というより

機能性がやっぱり上いくね・・・

 

僕の秘書代わりの時計です

こんな便利機能を

使わない手はないとダメじゃんって

感じです

 

一つだけ デメリットを言えば

 

それは

充電をしないといけないことです

脈を測ったり色んな日常をこなしたいと

思っているポロシャツは

充電期間中に時計をしていないことが

なんとなく そわそわ(笑)

 

そのぐらいの事ですかね

 

使っている人はわかると思いますが

絶対の1台だと思いますし

忙しいビジネスマンで

Iphoneホルダーなら

絶対の1台だと思います

 

ポロシャツのオススメアイテムの1つでした

 

 


アメリカンスタイル・・・

アメリカンスタイル・・・

 

色んなテイストを

持ち合わせるTANAKA KENCHIKU

 

その中でも

最近盛り上がっている

 

アメリカンスタイルの家

本場のアメリカンハウスの

特徴を解説・・・

 

日本とアメリカでは

お国柄の色んな違いがあるんです

その中でも

日本人向けに手直しされているのが

 

日本風アメリカンハウス。

 

和食“寿司”が

アメリカで食されている“Susi”ぐらい

違ったスタイルです。

 

僕も デザインの勉強や

家の勉強のために

何度か 渡米していて

アメリカ西海岸の家のチェックをしてます

 

昔ながらの家

当時建築中の建物・・・色々

 

アメリカの家の玄関は

 

ほとんどが 内開きなんです

日本は 外開きです

 

ウェルカムの意思や

防犯のため 等々言われてますけど

新鮮でした。

 

窓もほとんどの窓が小さく

これも 銃社会ならではのもので

家の中の様子が 見えにくくしているためと

現地のアテンドから聞いた感じです

 

ガレージは まぁまぁ中級層の家になると

当たり前についていて

贅沢品というより 日常品のイメージ

 

 

 

逆に 玄関前に設けるウッドデッキ

本場では フロントポーチ、ガバードポーチ

呼ばれているんですけど

映画では よくシーンに出てくる

イメージですが 実際には

あまり使われている家は少なく

日本人ゆえの 憧れのイメージなのかも

和製の子供、耀雅 とフロントポーチ(笑)

 

室内に関しては

アメリカの階級分けが

本領発揮されていまして

高級な家になると 日本の高級と

言われる家よりも はるかに高級に

仕上げられてました

 

一般的な家になると

あまり日本の一般住宅と代わり映えがしなく

しいて言うなら 工業製品の内部建具とか

フローリングと言われるものではなく

本物の無垢の木を使って建てられてましたね

 

工業製品よりも 無垢材の方が

安価なのかもしれません

 

庭は どの住まいにも

当たり前についていて

プールなんかも 普通についてました

プール = セレブ 感が強い日本とは違い

プールも 普通にあるものの一つなんですかね

敷地もアメリカは広いし

プールの値段も激安でして・・・

日本円で200万円しないとか・・・

 

洗濯物も乾燥機で乾かす文化の

アメリカでは

選択を干すための2Fのバルコニーは

ほとんど少なく・・・

その代わり 1Fで家族で行うBBQガーデンは

必須なぐらいに 広々、豪華にありました

 

本物と 日本風アレンジのものと

多少違いはあるものの

建築するのは 日本なので

 

日本人らしくイメージされた

アメリカンスタイルの家が

見栄えが良くて

受け入れられる感じなんだと思います

 

究極を言ってしまえば

ラフっぽさのイメージが強いんですけど

インダストリアル感たっぷりな

内装デザインの住まいは 僕の見てきた家には

ほとんどなく

(工業系デザイン、産業系デザイン)

日本独特のアレンジ方法ななのかなぁ〜って

でも これから始まる

アメリカンスタイルの住まいは

このインダストリアル感を

リクエストなので

 

楽しみながら頑張って

デザインしていこうと思います

 

 


自分が忘れてる過去を知ってる奴。

自分が忘れてる過去を知ってる奴。

 

昔は きっちりかっちりやっていた

めっちゃ流行っていた FaceBook

最近では めっきりやらなくなってしまい

 

時間がなぁ〜い(笑)

 

まぁ facebok を細かくやっていた時も

時間は今と同じなかったんですけど

自分の時間割の中で

やらなければならないものの

当時は一つだったんでしょうね・・・

 

でも

 

スマホでも パソコンでも

ズゥ〜っと ログインをしているせいか

たまに・・・・

 

“◯年前の過去を振り返りましょう〜”

 

的な バッヂが届きますよね・・・

 

過去の自分を振り返れる意味でも

そのバッヂだけは チェックしているんです。

 

と・・・・

 

今月

 

5年前の過去を〜 なんてものが届き

 

その内容を見てみると・・・

 

『小松空港にいます・・・』的な

 

的な

的な・・・

 

あれ 俺・・・小松空港には行ってないぞ???

 

へっ まじで???

 

奥さんに聞いても

 

『しらねぇ〜よ』

 

『だよね・・・』

 

で スマホの過去の写真を

洗って見ても

 

5年前までの写真が 残っておらず・・・

 

確認しようがない。

 

で 仕方がないfacebookでたどってみるか

 

と言うことになりましたが

5年前ともなると 永遠かかる・・・感じ(笑)

 

数年前までは

1日に いくつもの投稿をしていたので

まじで 時間がやたらかかりました

 

で やっと出てきたゼィ

 

と みると

 

やっぱり いましたね

田中さん 小松空港に。

 

で 空港の思い出シーンはないんですけど

加賀ホテルで研修をしていたシーンは

記憶にあるし その時のカリキュラムも

しっかり覚えてまして

 

やっぱりいたんだね

田中さん 小松空港に。

 

俺の記憶がないところで

Facebookの奴は 覚えてやがった的な(笑)

とっても不思議な感じでした

 

降り立った空港ぐらいは

覚えていたつもりでしたけど

全く 覚えてない。

 

記憶を消そうとしたのか

それとも 曖昧な感じだったのか

 

当たり前のことなんですけど

『facebookの方が正しかったよ・・・』

 

と 奥さんに伝えると・・・

 

『あんたの記憶の方は あてにならぬよ』

 

と バッサリ。

 

 

記憶を読みがえせたのは 良いことですが

僕の中の 遠くもなく近くもない

記憶が 飛んじゃってることが

 

ショック・・・

 

永遠の18歳のはずだったのに

 

途方に暮れていたポロシャツでした

 

近くには 神経衰弱を

ガチ勝負で勝てない3歳の耀雅が

 

『ねぇねぇ 父ちゃん・・・』

 

新幹線のプラレールを持って

 

『新幹線の駅 行ったよねぇ〜』と

 

話しかけてきました

 

このタイミングで その話?!?!?!

 

と 思いながらも

 

『行ったよねぇ〜』って

 

話たら そのままプラレールを持って

僕の側から 立ち去りました・・・

 

 

ただそれだけを伝えに来たの耀雅くん?

って 思いながらも

 

耀雅には わからないタイミングでしたけど

 

『そのぐらいの事は 覚えておるわいっ!』

 

と 語りかけましたが

気がつけば 耀雅は隣の部屋に

 

すでにここに居ず・・・

 

 

笑っちゃいましたけど

心の中では

 

マジかよ・・・と思いを詰めるポロシャツでした


ナインドット

ナインドット

 

知る人ぞ知る

知能テスト 何本で書ける?

 

問題です

3つの点が 3列に並んでます

これらの点を線でつなぎます

最小の数でつなぐ

 

ルール

  • 1つの点を二度通過してはダメ
  • 線は直線 曲がってはダメ
  • 線は紙からはみ出してはいけません

 

 

考えてください。

考えてください。

考えてください。

 

と 僕が導き出した答えに

かかった時間は 2分。

 

5本 普通じゃないですかね

 

4本 まっ そんなもんかな

 

 

 

 

 

僕の答えは

あっているのかどうかわかりませんが

 

つなぐ気がない(笑)

 

 

うちのスタッフに

やらせている様子を見ていたんですけど

どちらかと言うと

ナインドットの●を

真剣につないでいる方が

僕の中では 新鮮でした。

 

その姿を見ていて

 

僕も本来の???

正解であろうやり方で

行った方が 難しかった(笑)

 

3本でつなぐ方法の方が

5分以上かかってしまいました(笑)

 

 

基本 性格上のものなのか

どうかわかりませんけど

このような問題を出されると

まともに解こうとしないのが

ポロシャツ流。

 

固定概念がないんですよね

 

なので

答えは ゼロ。

1本とか・・・

 

たくさん方法がありました。

 

問題の解説を読んでみると

やはり 答えは考えようで数多くと

書いてありました

 

 

調べてみると

色んなナインドットがあるんですね

一筆書きバージョンもありましたね

 

 

へぇ〜って思いながら

色々読んでは見ましたけど

僕が出した回答が

 

ないっ

 

間違ってるのかな???

 

固定概念がないんですけど

なさすぎなのかもしれません(笑)

 

僕らデザイナーって

僕だけじゃないと思いうんですけど

枠にはまったことって

嫌いなんですよね・・・

 

人と同じみたいで

 

自分的には

型にはまらず

固定概念を外して

見えないものを

見えるようにするのが

好きかなぁ〜

 

型の中から

答えは導き出せると思うんですけど

その中からだけで

導き出そうと思えない(笑)

 

ぜひ 皆さんも

枠に当てはまらない形で

答えを導き出して見てください

 

ちょこっとだけ

僕の本質を 公表して見ました

 

ナインドットの答えは

ゼロ と 一本 でした。

 

 


厳しさなのか 愛なのか

厳しさなのか 愛なのか

 

いきなりですけど

人生は色々ですね・・・

 

僕も 一生懸命

経営者をみなさんに支えられて

18年やってますけど

その中では 僕にも

一緒に働いていたスタフッフにも

色んなことがありました。

叱ったり

褒めたり

教育したり

期待してり

突き放したり

相談したり。

 

僕の中では

経営者の仕事の一つとして

教育とスタッフの発展というものが

ありまして・・・

 

一人一人のスタッフに対しても

後継者になれるような端的なことも

自分なりにチャレンジしてきました

 

こんな感じで

オーナーさんと向き合い

スタッフと向き合い

協力業者と向き合って

そして 家族と向き合って

 

色んな経験と色んなチャレンジを

積んできました。

 

耀雅を見ても 思うんですけど

 

教育って

人は必死にならないとダメですよね

中途半端だと もっとダメ

 

教育は 当たり前ですけど

発する側と 受け取る側があって

初めて成り立つものですよね・・・

 

ここで もっとも大切なものは

受け取る側の感じ方だと

ここ数年思ってきました。

 

それは

 

教える立場側の言っていることが

同じことだとしても

受け取る側の感じ方が

 

厳しさ なのか

それとも

成長を促す愛 なのか

 

単純に厳しさだと思えば

苦痛になり

成長を助ける愛だと思えば

成果につながる

 

ほんと大きな違いですよね

 

厳しさだと思っても間違っていないし

愛だと思っていても間違いではありません

 

受け取る側が

厳しさだと感じれば

ネガティヴな発想しか生まれなく

抵抗が生まれたり

素直に受け取れなく感じたり

 

愛だと感じれば

ポジティヴな発想が生まれ

協調が芽生えたり

愚直な行動が生まれたり

 

教育側にも 難しい面々。

 

褒めることが 大切なのか

厳しくすることが 大切なのか

 

僕の知っているあるエピソード

見るに見られない恥ずかしい試合をして

戻ってきた選手。

見ていた観客は

『もうやめちまえ!』

そんな罵倒が飛ぶ中

選手は反省をした

その翌朝から 猛練習をして

1年後 同じステージに立つ

そして 史上最高のプレーをして

超一流の選手の仲間入りをしていきます

 

でも 1年前のその時に

周りにいる監督から

『大丈夫 平気だよ 上的だ

明日また頑張ろう』って

優しく接していたら

1年後の彼はいただろうか・・・

 

多分 後者の彼は 1年後も

同じ恥ずかしい試合を

していたかもしれません

 

褒めて育つ と

褒められて育つ は

違う意味。

 

これが 恥ずかしい試合をしたと言う

受け取り側の感覚なんだと思います

 

 

自分に厳しさが降り注ぐ中

その事実にどう向き合って行くのかが

一番大事なことだと思います

 

やらずにして 諦めるのは

もっとダメ

やって結論出して そして反省

そして 次 そして 更に上

この向上精神がなければ

いないことだと思います

 

厳しさは どこの世界に行っても

必要なことだと思います

その厳しさを 愛だと思うことは

必要なことの一つだと思います

 

厳しさと言うことから

背を向けたり

逃げたりしたら

何も 本人には成長も誕生もしないのが

本当の“人の成長”だと思います

もし 皆さんの中で

同じような教育の受け取る側にいる方なら

今の教育は 厳しさより 愛を感じて

行って行けば 自分の成長に

確実につながって行くんだと思います


打合せ

打合せ

 

今日は オーナーさんとの

打合せDAY

 

ワクワク感 1000%の中での

打合せ。

 

時折 やばいなこれ

 

楽しすぎる・・・と

オーナーさんと打合せのあちらこちらで

盛り上がる姿は

 

少し異常なテンションなので

一般の方の覗き見は

ご遠慮させていただいております(笑)

 

家づくりって

本当に楽しいですね

 

この役に立ってからというもの

28年.

自分の会社として 向き合ってから

18年

 

家づくりの話を共にしていて

つまらない・・・と思ったことは

全くありません。

 

まじまじ。

 

夢を形に変えるお手伝い

夢を形に変える提供

夢を形に変える瞬間をともに

過ごせるというのは

本当に 満足極まりない感情です。

 

土曜日ということもあり

時間が決まっている中での

打合せでしたが

とっても 内容が濃いものとなりました

 

そうそう

 

皆さんは 夢 というものを

共に考えることができる

パートナーって近くにいますか?

 

家づくりでは

夫婦となるんでしょうけど

 

家づくりではないところでの

パートナーと言いますか

夢を共に語れる親友と言いますか・・・

 

夢を語るということは

すごくエネルギッシュなことだと

 

エネルギーが集まるところと

人が集まるところには

不幸せはないと思っています

 

夢は 将来

将来は 計画

計画は 実行の源。

 

その力の 源っていうものは

生命の中では ほんと大きな役割を

持っていると思います

 

生きている実感が湧き出してくるというか

 

充実 充実 ・・・

 


決断。

決断。

 

人生は 常に

判断

そして

決断

そして

結果

その後

反省

 

そして

 

判断

決断

 

その流れが

常に存在して

 

何事にも

同じことが言えて。

 

仕事をしていれば

仕事の流れの

ルーティーン

 

家族のことになれば

成長過程の方向性。

 

人生は 常に

次のこと

前回の反省

次のこと。

 

難しいですね

 

でも

どんな立場の人でさえ

1つ1つの判断を経て

いろんな人生を過ごします

 

成功、

そして

失敗、

そして

挫折

そして

回復

 

小さなことでも

大きなことでも

 

しっかりと

前を見つめて進むことって

本当に大事なことなんだと

 

ひしひしと思う今日この頃

 

 


GWからのお便り

GWからのお便り

 

と言うか

本当は 1日休みを

ほしかったところですが

やっぱり 時間が足りない

 

ポソシャツでして・・・

 

でも 今夜は

 

久しぶりに有意義な時間を

過ごさせて頂きました。

 

それは・・・

 

トレインビューのホテル内。

耀雅の相手をして・・・

お風呂に入って

最後の新幹線を見て

やっぱり 仕事のことが

抜けきれず

ホテルに Barがあるので

そこで 部屋から場所を変えて

Bar内で ゆっくりとした

時間を過ごしながら

プランをさせて頂きました

多分 過去の経験から言うと

プランも何も 仕事のはかどりが

違うとピンと来たんで

Macも持ち込んで

CADまで一気に仕上げようと・・・

 

周りの環境って

やっぱりすごく大事ですねぁ〜と

感じる時間でした

 

ホテルのロビー内にあるBarは

やっぱり 良い香りがして

当然ですが 少し暗めで

非日常的な空間の作りになってまして

 

また 本格的なカクテルまで

楽しめちゃうと言う特典付き

 

プランは 程よく完成てしていたので

あとは 仕上げをこの場所で

行うぞぅ〜って

 

約2時間の時間でしたけど

すごくすごく 感じ良かった

心はやっぱり 場所、空間に

支配されるものなんだなぁ〜って

“実感”

 

過去にも オーナーさんでも

この非日常空間を

別宅と思わせるくらいに感覚で

一つ部屋を作ってくれないかなぁ〜って

リクエストがあり

そんな空間を作ったなぁ〜って

思い出しました。

 

3Fにその空間を作ったんですけど

 

わざわざ わざわざ

遠回りをして 家の中でも

端っこにある階段を登り

わざわざ その場所に行かないと

その部屋に行けないと言う動線を

作りました。

 

LDKの延長で

わざわざではなく

すぐに行けちゃう場所だと

同じ家の中なわけなんで

別宅のような演出には

ならないわけです

 

少し家の中の移動を

めんどくさいぐらいが丁度いいなって

思ったからです

 

その空間って僕も憧れる空間でして

9畳ほどの空間でしたが

部屋には 香りを炊いて

わざと 暗い空間を作り

そして 一人でも二人でも

ゆっくり出来る 非日常的な空間

 

当然 半隔離されているような場所なので

生活音も聞こえて来ません

 

今日泊まった トレインビューの部屋は

地上29階部分。

 

東京の夜景は 流石に東京駅の真上とあって

新幹線ホーム以外は

同じ高さのビルが建ち並ぶだけあって

さほど 綺麗さは感じられませんでした。

 

けど・・・

 

この時間と この音楽と この雰囲気が

なんとなくですが

心地よく ほんと久しぶりの

仕事 + 一人の時間 + 非日常 が

過ごせることができました。

仕事も終わり

夜中の12時過ぎ・・部屋に帰ると

耀雅は寝ていて

プラレールも一通り並んでおって

まだ奥さんが 起きていて・・・

自分も 少しだけ

もう少し呑みたいなぁ

 

って事で

このホテルには

室内のminiBarが設置されていなかったんで

コンビニ探しに出かけたんですが

東京駅直周辺って コンビニって

ないものなんですね(笑)

 

12時過ぎた 東京駅の人の少なさにも

びっくりしましたけど

コンビニがないのは もっとびっくり

 

夜の街と言われない

東京中心のビジネス街。

 

短パン Tシャツで 何気に

ぶらぶらとコンビニを携帯片手に

探しましたけど・・・

よくよく考えたら

 

“よく職務質問されなかったな・・・”と

反省ぐらいの格好でした。

 

それには 奥さんもびっくり。

沼津じゃないんだからさぁ〜

世界の東京の駅の中心だから

もっと けじめを持って行動しなさいと

 

そりゃそうだね・・・と

反省をしながら おやすみしました。

 

あぁ〜今日の仕事は

 

気持ちよかったなぁ〜

 


経営者の責任と言う考え方

経営者の責任と言う考え方

 

先日 TOKIO の不祥事

その後 残りの4人のメンバーが

謝罪会見をしましたね

その中の 一言。

辞表は責任の現れではない。

もし 逆の立場になって

考えたら 今の状況をどう真剣に

向き合えるかが大事。

悲しいと思うけど

経営者って

こう言った捉え方しか

できないんです。

 

辞めたら責任が取れる

 

辞めるって本当に楽で

責任を捨てることが出来る

 

けど

 

社会人として 一番の大事は

全て責任というものを

信じて 動いてます。

 

被害者側から見ると

辞めるということが

責任を取ったという感じに

受け止めることが出来そうですが

 

社会的には 何も解決はしてないと

僕は思います。

 

社会の責任を取れる人は

ちゃんと今の状況と向きあって

問題解決をして

そして ちゃんと更生そして

責任を果たせた時に

初めて 辞表が出せるか出せないか

だと 思うんですよね・・・

 

常に毎日 責任者とトップとして

また 逃げることが許させれない

状況の立場の責任者として

思ってしまうのは

ただ 責任は辞めて取るものではなく

責任は 果たして取るものだと・・・

 

TOKIO のメンバーは

難しい環境にいますが

 

僕なら 信頼回復のために

何が出来るかを考え

そして 信頼を回復した時に

メンバーとして 何を判断するのか

 

が 一番大事なように思った会見でした。


オアシスデイズ

オアシスデイズ

 

Oasis Days

 

GWは 僕にとって

アオシスデイズなんです

僕にとっての

オアシスとは・・・

 

田中建築の今後の行方とか

この先のことを見つめるためとか

スタッフがいない時間で

どれだけ 自分流の時間が使えるかが

本当の オアシス。

毎日 スタッフからの要望や

いろんな要請で

なかなか 足元を見つめる時間って

見つけられないのが本当なのかも・・・

 

大型連休になると

スタッフいないし

また

電話も 会社のHPで予告もしているのと

コンシェルジュへの転送電話にも

対応するんで

事務所の中や 僕の携帯電話は

ほぼほぼならない

時間になります

 

大きい会社の経営者になると

こんな時間が毎日あるんだと思いますが

僕らのような中小企業だと

経営者自らが 現場の先端に行き

なんでもこなしているので

なかなか自分流のタイムスケジュールとか

また 環境の応対でそのような時間が

取りにくいのが現実。

 

なので

 

お正月休み、GW、お盆休み の

年3回ある大型連休は

自分だけの 将来像を見つめ直す

すごく自分にとって大切なことの一つ

 

今回も すごく

自分にとって大きな伸びしろを感じた

GWとなりそうです

課題は決まっているので

そこに 一点集中して楽しみたいと思います

 

一人で ニヤニヤするんですよね・・・

別に遊ぶわけでもなく

別に休暇をとるわけでもなく

 

けど 一日のうちの数時間は

家族のために使う時間ももちろんありますけど

 

そんな

 

ポロシャツ本人にとって

ホント大切な時間が これからやってきます

 

と言っても

今年の連休は3日間しかないので

内容もぎゅぅ〜〜〜っと短縮しての

オアシスになりますけど

 

とても楽しみです・・・

 

大型連休も 自分がこんな時間の

過ごし方をするんで

反感も買いそうですが

理解ある家族で良かったです

本当に感謝しています

 

ではでは・・・

 

明後日から 楽しみです

 

それでは


クタクタ。

クタクタ。

 

今日は たくさんのプランやったぜぇ〜

仕事的には 大満足

 

の 反面

 

クタクタ・・・

 

はははっって

笑いたいぐらい。

 

僕の仕事は 考えること。

体を動かして

結果が出る内容では・・・なく

考えて考えて

結果を出すことなんですよね・・・

 

無形なんです。

 

10時間仕事をしたからといって

満足できるかと言えば

そうではなく

15分仕事をしたら

満足できた・・・って言う

ある意味自分との戦い。

 

満足できるまで

僕自身納得はしないので

 

まぁ〜これで良いや・・・って事は皆無。

 

一生のお家になるオーナーさん宅の

デザインと設計ですからね・・

妥協はありえなし

妥協は 自分自身許さんよ。

 

それが 僕の立ち位置なんです。

 

結果が出るときもあれば

もちろん1日考えても

ダメな時はダメだし

 

けど 期限があるし

けど 期限っていう言い訳で

妥協はしたくないし・・・の連続です

 

オーナーさんとの打合せの後

何件のデザインしたかなぁ〜って

言うか・・・

今日は自分なりの ボツ案が多くて・・・

しっくりこなくて

出来上がった時に 脱力感もあり

今日は クタクタ です。

 

自分が設計した建物が建つんですからね

気合いと根性とスキルは満点です。

 

そう言えば 昔ね・・・

僕が まだ小学生の頃だったかなぁ〜

父親から こんなことを聞きました。

 

それは

 

地図に乗る仕事は

誇れる仕事だって。

 

今は もう地図どころか

Googlemapで探せば

四方八方から 設計した家が丸見えで

それはそれで 満足できる証。

 

人は何かを背負って

この世に生を受ける・・・

俺は 地図に自分がやった仕事を

残すことが 使命かな・・・

 

と 酔っ払った時に

父親が話をしていたことを

思い出します。

 

父親は お酒は強い方ですが

酔ってくるとなんとなく

わかります。

一緒には数こそありませんが

僕とたまに飲むと

酔っ払うのかわかりませんが

ほんと・・・昔はよく口ずさんでました

 

地図に残る仕事か・・・とか

そこで新しい幸せが宿るのか・・・とか

色々想像して結果が出ると

図面を書いている時は

疲れなんて忘れて没頭できるんですけど

 

今日はもう、終わろうかな・・・と

思う時に どっと 疲れがね

やってくる。

 

と言っても

 

いつも深夜の2時過ぎなんで

疲れがどっと来て当然なんでしょうけど。

 

経営者って

自らブラック企業役員で

仕方がないって言えば

仕方がないことなんですけど・・・

 

その分 楽しい仕事を

させていただいているので

時間を犠牲という言葉は

正しい表現じゃないかもしれませんが

時間を使命に費やすことが

己のご褒美なんですね

 

きっと。

 

あぁ〜またまた 時計は2時20分です・・・

 

今日もたくさん

満足を作ることができました

寝るとしましょうか・・・

 

また 明日は 今日は???

朝の8時過ぎから

打合せがあります・・・

 

またまた

幸せの大輪を咲かせますので

ご期待くだされ・・・


総記事数4,565件

PAGE TOP ↑