*

「 田中雅之が思うこと 」 一覧

本来の姿。

本来の姿。

 

今日は“キタキツネ”のお話。

きたきつね2

キタキツネは 母親から

もう大丈夫!って認められると

個々に子供ながらに

生活をし始めるといいます。

 

けど・・・

 

ここからが 険しい

 

けど・・・

 

この険しさを経験して

キタキツネは

長い長い寿命を得るといいます。

きたきつね

けど 近年。

 

キタキツネ と 人間 の

生活の境界線がなくなった・・・今

 

本来の”キタキツネ”が

やらなければならない事をせず

とある問題が多発しているらしいです

 

それは 『狩り』『餌付け』

 

本来であれば

厳しい自然界を生きなければならない

“キタキツネ”

 

寒い冬を どう乗り越えなければ

行けないのか・・・

どうやって 生き延びて

行かなければならないのか・・・

 

けど

 

小さな子供のキタキツネを見ると

人は “えさ”を差し出すらしい。

 

すると・・・

 

キタキツネは その“えさ”を食べる

きたきつね3

と言うか

 

その餌目当てに

本来の狩りをしなくなるそうです。

 

母親に『狩り』が出来ると

認められ・・・

個々に子供ながら生活を

していかなければならない大事な本能を

覆しちゃうんです・・・人間って

 

人間は 勝手な生き物です

 

怖い、恐ろしい、熊や

農産物をあらす 鹿、いのししには

目をくれず

 

見た目で かわいいと思う

キタキツネの子供に

 

与えるだけ与え

その後のことを考えない。

 

そうすると 餌付けられたキタキツネは

どうなるか・・・

 

人を襲う と言うよりも

車を恐れない・・・

逆に 人が乗っている事だけを理解して

よってくるキタキツネの子供まで

 

キタキツネだって

 

楽(らく)したいですよね・・・

狩りをせずに 食べ物を食べたい。

 

餌を与える事によって

自らの知恵で

生きることが出来なくなった

キタキツネが 増えているそうです・・・

 

しかも

 

その末路と言うと

ほぼ 車等々にはねられ

数ヶ月の命で 幕を閉じるキツネまで

 

餌を与える事で

実は キタキツネ にとっては

残虐極まりない行動なんだそうだ。

 

あるべき姿や

あるべき知恵を使わなきゃ

 

人も同じ・・・

 

最近 楽して儲ける話にのって

被害にあうニュースが多いですね

 

世の中 楽して儲けられるものなんか

ないと思っているポロシャツですが

どうなんですかね・・・

 

キタキツネで言うならば

無責任に餌を与えないこと

 

人で言うならば

美味しい話ほど 裏があるという事。

もうかりまっせ

しっかり前を見つめて

本来 あるべき姿を見せ付けましょう!

 

って 言っている僕が

なんらかの 詐欺に合ったと言う事実は

今の所・・・ありません(笑)


家を建てると言うのは・・・

 

家を建てると言うのは・・・

 

ほぼ 毎日 家づくりを

考えているポロシャツです。

 

お家を建てる家族方と

お話をしていると

 

僕が話している中で

共通点があることが

自分なりに 再度気が付いたり

感じたり 熱い思いを語ったり

していることがあります

 

その共通点とは。

 

家を建てるって事は

 

家を求めることではなくて

 

新しい住処(すみか)で

どのようにして

幸せな時間と空間

夫婦で、家族で共にするか

 

時間+空間=生活 をするか

 

だと思うんです。

 

僕が提供する住まいづくりの

どんな場面でも 存在する

共通点です。

 

どんな生活をするか。

 

どんな時間を過ごすか

どんな空間を望むのか。

 

であると・・・

 

ある家族は 癒し と言うし

 

ある家族は 使い勝手 と言うし

 

ある家族は 将来性 と言う。

 

 

せっかく 何千万円という

お金を掛けて

 

また 住宅ローンに紐づいてる

団信信用生命保険という

自分の命と引き換えに建てる住まいに

 

『安易』と言う言葉は

 

存在しないと思います。

 

家を所有するという事に

安易はない。

妥協はない。

 

だけど 予算と言うものもある

 

無限ではなく 有言と言う世界の中で

どんな生活模様が達成できるか・・・

 

託さす方も

託される方も

 

ともに命がけ・・・

熱意とか

 

多くの方に

『社長は趣味が仕事になっていいですね』

 

って 言われますけど

 

趣味の範囲は 非常~にひろくて

 

なんとなく 始められる趣味から

命を削ってまでもする趣味まで。

 

プロスポーツ選手は

寿命という命を削りながら

勝利を目指します。

それが プロの仕事だから。

 

僕らは プロスポーツ選手みたいに

旬な時期はない分

常に 命は引き換えにしない分

オーナーさまの命を感じながら

家づくりをしています。

 

だから 色んな意見や提案をするし

ビジネスの一環として 捕らえることなく

正面から受け止めて

家づくりをしています。

 

家づくりと言うのは

家を建てるのではなく

その人らしい最高の生活を提供すること

 

家づくり=最高の生活づくり

 

家づくり=最高の人生づくり

 

だから

 

あるものではなく

その人、その家族の方々の為だけに

提案する命がけの仕事です。

 

最高の時間 で 最高の空間

 

そんなポロシャツがいつも

感じながら提供している

“住まいの設計”でした


楽しい!

楽しい!

 

家づくりの打合せしている時って

やっぱり楽しい!

 

何が 楽しいって

 

幸せを望むオーナーさんや

お客さんと話をしているので

 

僕も 幸せをもらえる。

 

いっつも元気なポロシャツですが

いつもより元気になれます!

 

幸せの量は

人生のバケツ量

そのバケツの大きさは

みな同じって

良く耳にしますけど

 

僕はそうは思わないなぁ~って

 

なんせ

 

打合せをしに

来社してくれる家族の人々は

みな 幸せだし

その幸せの連続の中に

自分がいる。

 

これで 僕も幸せって

感じると言うことは

人より多くの幸せをしている事になる

 

けど 人生の幸せの量を

減らしている様には

感じませんからねぇ~

 

住宅に携わる仕事が出来て

幸せと ひしひしと

感じるポロシャツです。


久しぶり。

久しぶり。

 

久しぶりに

親父と喧嘩しました・・・

 

殴り合いじゃないですよ(笑)

 

お互いに 会社を

良くしようと思っての

発言なんですが・・・

 

それでも

 

親子の関係って

おかしなものです

 

お互い が お互い

 

言いたいことがあり

でも

言いたい事を言える

 

言えるから

発言も盛り上がっちゃうんですけど。

 

母親が その中に入って

仲裁的な緩衝材に

なっていましたけど

 

どこまで行っても

 

父親は 父親

 

母親は 母親

 

子どもは 子ども。

 

なんだなぁ~

 

 

今日の想いでの中での 一曲は

 

ハナレグミ の 深呼吸(笑)

hanaregumi

↓ここから聞けます↓

ハナレグミ 深呼吸

 

なんとなくは 僕なりに

反省してるんです・・・w

 

でも

 

本人 目の前にすると

本気?強がり?自信?モードに

 

 

少し離れて話を変えると

 

車に乗っている耀雅が

 

信号機の色を見ては

 

ああっ(赤)

 

おおっ(青)

 

○★※□☆△・・・(たぶん黄色)

 

 

昔の僕も こんな感じだったんでしょうね・・・

 

はやく 耀雅と張り合いたいと思う

 

パパなのだ・・・(笑)


正しい選択。

選択。

 

とある教師の本を読んでいて

本当に心打たれたノンフィクションの

話に直面。

 

あなたが教師だったら

怒りますか

 

それとも どうしますか?

 

 

学校の先生と言う職業につくと

色んな生徒に出会い

そして 色んな出来事があるそうです。

 

その中で どのような教育方法が

いいのか・・・と言う一文がありました。

 

その教育が正しいのか

間違っているのを客観的に判断せず

生徒の状況をよく判断して指導する

 

そう 著者は言ってました

 

 

ある生徒が

コンビニから 焼きそば と イカ焼きを

万引きしたそうです・・・

 

万引きした生徒は

本当に貧しく 学校に来るにも

自分が 高校生ながら

バイトをして 学費をまかない

良く頑張っている生徒のひとりで

 

また その先生は

その生徒の家庭環境も

調べて 学校の中では

生活環境的要注意生徒 だったらしい。

 

その要注意生徒が

コンビニで 万引きをした。

 

先生は どのような行動を取ったのでしょうか?

 

普通で考えると

『何をしたんだ!自分でやっていることが

何をやっているのか

分っているはずだろ・・・』

 

って 当たり前のように

怒っていたかも知れない・・・

 

けど この先生が取った行動は

 

万引きをした生徒に

警察署内で ハグ をしたそうです

 

一般の高校生の万引きといったら

化粧品等の

ほとんど どうでもいい様な

また 今の自分の生活に

必ずしも必要とないものを

万引きするそうです。

 

けど この子供が万引きしたのは

焼きそば と イカ焼き

 

本当にどうにもならない

自分の生活状況で

考えて考え抜いた選択だと

先生は 悟ったそうです。

 

生きなければ行けない。

生徒の壇上の思いだと悟ったらしい

 

世の中を否定してらいけない。

ましてや

社会の中で生きている状況の中

やっぱり 最後の手段として

取った方法が どうであれ

万引きと言う行動に

賛成したのではなく

生徒の今の状況をみて共感をした・・・

 

そう書いてありました。

 

まさしく僕が取る行動は

その生徒の環境や

生徒の生活の経済的存在。

 

万引きした事をしかるのではなく

元にある根元にある本当の間違いを

正す為に指導してきた。

 

未来ある指導の仕方だなぁ~って

共感しました。

 

僕もスタッフの生活を預かる身。

本当に その考え方に賛成です。

 

深く調べて本人が取った行為に対して

共感してそして

負を正す。

 

本来の先生の姿だと思いました

 

 


室内の空気環境・・・

 

 

室内の空気環境・・・

 

TANAKA KENCHIKU の

LDKと 寝室の室内壁は

シラス壁という塗壁を

仕上げ材にしています・・・

 

九州にある”シラス台地”と

言われる場所で取れる

火山灰で作られてます

sirasu

理由は・・・

 

人は空気を食べて生活している・・・

と言うことから。

すーじゃ¥

特に健康おたく・・・と言うことではありませんが

でも 家の中で生活をすると言う事は

家の中の空気を食べて 住人は生活を

しているということですよね・・・

 

食料がなくても 水のみで

ある程度は命を存続できる人。

 

でも 空気がなければ

いくら 長く息を止められる人でも

5分が限界。

5分空気を食べなければ 死んでしまう人。

 

なので 室内の空気環境には

家づくり人として

考えなければいけない事だと

僕は思います。

 

で 特に僕が目をひいた材料が

シラス壁 と言うものだったんです

 

空気を浄化する

室内の空気の環境を

整えてくれるという材料。

 

調湿機能

大自然界の50~60%の湿度に

勝手に保ってくれる・・・

室内の湿気が増えると 勝手に吸入し

室内の湿気がへると 勝手に排出。

 

消臭機能

特に驚くのがこの機能で 引渡しをした

オーナーさんの声を聞くと一目瞭然

『昨日の夜 焼肉を家でやったけど

 次の日に臭いが残ってないんです。』

全員のオーナーさんが話してくれます

 

マイナスイオンを放出。

 

遠赤外効果・・・ 

 

等々色んな作用があります。

 

 LDK とか 寝室 に使う理由。

 

それは その家の

一番長く居る 滞在時間が長い場所。

 

特に寝室は 人が唯一

無意識になる部屋。

 

と もう1つ

寝室で 人は1年間に

どの位の空気を

食べると思いますか・・・?

 

10Kg?

100Kg?

 

いやいや 人は寝室で 1人なんと

1000Kg もの空気を

1年間で呼吸し放出します

 

その 5分息をしないと

死んでしまう空気の

良し悪しで 食べ物同様

身体への影響は

計り知れないものがあると・・・

 

なので 寝室の空気環境を

整えようと言うのが

TANAKA KENCHIKU のこだわり。

 

でも ここからが

真骨頂・・・

それは 材料だけでなく

家の中で一番

癒される場所にしたい・・・

 

仕事で疲れて帰ってきた身体を

回復する場所ですからね・・・

 

だから 寝室のデザイン

特に大事だと思っています。

sinnsitu

材料を使用すると言う事は

だれでも 出来ること・・・

し・か・し・・・

材料だけでは

身体と心の癒しは 完成しません!

 

だから TANAKAの家の寝室は

どこのお家でも しっかりデザインされて・・・

空気も 心も そして

色んな意味で 住む人を守る。

sinnsitu2

僕の自論ですけど・・・

子宝工務店といわれる由縁も

空気環境と癒される空間によって

生まれて来たものだと思ってます・・・

 

あと・・・

 

男性は より男性らしく

女性は より女性らしく

演出できる住まいを

住む人・・・オーナーさんと

一緒に考え提案させてもらってます

 

そんなオンリーワンの家づくりからも

生まれて来た TANAKAの家です


長谷園。

長谷園。

 

長谷園(ながたにえん)と聞くと

一般的世間的には

 

永谷園 ですね

 

お茶漬けの・・・永谷園。

 

なんですけど

 

僕が 今日紹介する永谷園は

“ながたにえん”でも

 

長谷園 です

 

伊賀地方で 土鍋を製造している

会社です。

 

先日 テレビ東京の『カンブリア宮殿』の

ビジネス番組で 登場してました

 

究極の物づくり・・・的な存在ですね

 

僕が なんで 長谷園の事を

このブログで話をしているかと言うと・・・

 

生活に欠かせないアイテムの1つが

この長谷園の製品をこよなく

お世話になりながら感謝しているから

 

その名も

『かまどさん』

 

ガスレンジで炊くご飯。

 

なんですけど

土鍋ご飯で・・・

 

10万円近くする

電子ジャーよりも

はるかに美味い。

 

と言うか・・・

書く電機メーカーは

この土鍋の味のしのぎを削るべく

土鍋の味を再現するには

10万円近く ジャーにお金を掛ける・・・

と 言った日本人向けの

高額商品だからです

 

けど・・・

 

土鍋自体は 1万数千円

 

だけど・・・

10万円ちかく費用が掛かる

電子ジャーより数段美味い。

 

で 根っから長谷園ファンなんですけど

 

カンブリア宮殿を見たら

なおさら 好きになりました

 

『作り手は真の使い手であれ』

 

自分が伝えたいものを作るより

求められる物を真意になって作れ

 

家づくりでも共通する部分が

目白押しのようにあって

とっても共感できました


最近 僕がはまっていること。

最近 僕がはまっていること。

 

それは

 

セルフコーチング。

 

自分自身を自分自身で

見つめなおすことによって

自分自身の成長を促すこと。

 

いわば 自分自身の

自分自身へのコーチングです

 

自分を見つめなおして

改善点を見つけ

そして 明日へつなげる

 

そんな  感じですかね・・・

 

究極の先生と

究極の選択は

自分自身の中にあり

そして 自分自身の中に答えがある。

 

難しいんですけどねぇ~

 

けど 意外と簡単だって

気付かされるんです。

 

常に自分の中には

自問自答したときに

善と悪

ポジティヴとネガティヴ

と言う相反する答えがあります。

 

けど・・・

 

一般的には その相反するものさえ

気が使いない日常がありますよね

 

良いことなのか 悪いことなのか

 

と言う簡単なものに判断をするのは

出来ますけど・・・

 

進んでいる道が

正しいのか 間違っているのか・・・

って 聞かれると難しい問題になります

 

目の前のことを済ます能力

先を見据える能力

 

は・・・言ってみれば 全く違うもので

 

どちらかに 偏ってはダメ。

 

人の考えることの全ては

相反するものではなくて

相するものなんです。

 

自分自身とは

一番難しく考えて

一番適正な答えを導く道しるべ

 

どの瞬間でもいいんですけど

とある問題点に

気が付くか

気が付かないか・・・

 

気付いたならば

何を第一優先に

しなけえばならないか・・・と

一番最初の整理をしないといけない

問題点・・・

 

だとすると

 

色んな視野で

気が付きたいですよね。

 

セルフコーチング

 

自分自身と語り合い

そして

見つめ合う時間のことを言うそうです

 

自分を見つめなおす時間

大切な時間ですよね・・・

 

1日1回 15分の見つめなおしの時間

結構 有意義です。

 

 

皆さんは 自分自身・・・・

見つめなおしていますか?

 


我以外皆我師

 

我以外皆我師

 

ある有名な作家が残した言葉。

「我以外皆我師」

haiyo

という言葉を残しています。

意味は 読んで字のごとく

 

自分以外の、人でも物でも皆、

自分に何かを教えてくれる先生だ

という意味です。
私達は皆、この世に

生を受けるときには、

言葉も何も知らない純粋な心で

生まれてきます。

そして、親から、

友達から、学校の先生から、

自然から、いろいろなことを吸収し

学んで成長してきます。
ところが、いつのまにか

「学ぶ心」を忘れ、

人の未熟さが気にかかるように

なってはいないでしょうか。

 

と言う問いかけに

もう一度

 

我(われ)以外、

皆(みな)我(わが)師。

 

すべて、携わるものから

吸収し、成長しよう。

 

僕は 昭和46年いのしし年の血液型O型。

猪突猛進の まっすぐになればなるほど

周りの事が見えなくなるタイプ。

 

なので この言葉、自分が何かに

一生懸命になりすぎたときに

もう一度 周りと強調しながら

師として耳を傾け

学んでいこうと言うあらわれ。

 

耳をすませば・・・と

心を開けば・・・と

目を疑えば・・・で

 

我以外皆我師

 

皆さんも たった5分でいいので

自分の身の回りの環境から

先生として受け入れてみたら

どうですか・・・

 

きっと 違う見方が

出てくると思います


色んな経験をすることは大切な事

色んな経験をすることは大切な事

 

人生豊富とよく言われますが

本当に 最近…

 

『オレって 経験豊富やなぁ~』(笑)って

 

思う・・・

 

経験 = 人生 の長さと言う

物差しがあるとしたら

 

『きっと このまま行ったら

 人生どのくらい 普通の人からみると

 縮でるんやろか…』(笑)

 

関西弁風…(笑)

 

良くも悪くも…

 

何も経験しないのは 物足りないし

つまらないと思う

 

出来る限りの 色んな経験をして

出来る限りの 結果を出して

人生を走らせたいと・・・

 

何せ 僕の理想の人生は

この世から去ってしまった

僕の亡骸を見る事になる 僕の魂。

その魂が 僕の亡骸を見て

魂

人生いろいろで 本当に

お前(僕)の体は傷だらけだなぁ~

 

って 魂になったときに言いたい。

 

40歳半ばになって

これからの人生は折り返しを

過ぎてますけど

まだまだ 残りの人生を謳歌したい

気持ちは 盛りだくさん。

 

もちろん人生なんで

良い時もあれば 悪い時も

悪い時もあれば 良い時も

バランス良くあるものと信じてます

 

色んな新しいチャレンジしてきたし

色んな事、物も見て…

経験豊富なポロシャツですけど

まだまだ まっしぐらに

 

突っ走りたいぜょ~(笑)

 


総記事数4,172件

PAGE TOP ↑