TANAKA

「 田中雅之が思うこと 」 一覧

専門家の言う事は聞くべきだ・・・

専門家の言う事は聞くべきだ・・・

 

髪の毛が うざったぁ〜い。

そう思って1ヶ月。

 

髪の毛を切れば良いじゃんって

話なんですけど・・・

 

11月1日にOPEN

オーナーさんの旗揚げの

御殿場の美容院 ALUNA

スクリーンショット 2017-12-08 2.05.36

人気絶好調でして

11月のひと月で

270人を超すお客様が来て

大賑わい。

 

そんな中 僕の髪の毛をよろしくとも

 

なんせ 急に予定が入るものだから

僕の美容院のせいで

突然入る予定は ほぼ断ることができません。

 

なので 必ずいけると言う

予定が立てられないのが

僕の美容院事情なんです。

 

なので 忙しいさなかのオーナーさんに

僕の予定を入れてもらうことも

なかなかできず・・・と言うか

頼めないのが実情。

 

なので いつも甘えてしまう

清水町のオーナーさんの美容院

ONE

スクリーンショット 2017-12-08 2.00.27

お願いしちゃうんです・・・

 

『今から2時間だけ 予定が空いたんだけど

髪の毛やりに行けるかなぁ〜』的な感じで

お願いしちゃうと・・・

ダメな時も当然ありますけど

数打てば 良いよ〜って返事があって

ONE に行きます

 

で 今回は時間がないから

カットだけで良いかなぁって。

 

こんなわがままな感じが 毎回続いて

 

あんちゃん・・・何か 最近困ったことある?

 

って聞いてくれたので・・・

 

本当に最近 参っていたんですけど・・・

 

最近 なぜかわからないけど

フケが すごいさぁ〜

頭がかゆいと言うか 程よく痛い。

 

って・・・

 

なんでかなぁ〜って

聞いたところ

 

頭皮が乾いてるのと

少々肌荒れがある感じだね・・・

ストレス?

季節?

それともシャンプー?

 

でも シャンプーは変えてないけどな・・・

 

そんな話で

でも 季節のかわりとか

生活習慣とか 食によっても

色んな条件で 変わるんだとか・・・

 

で 勧められたのが

ドラックストアとか言って

薬用じゃなくても良いから

低刺激。

耀雅のシャンプーが一番良いけどな

一番低刺激だから。

 

と 爪で洗わない

シャンプーでマッサージをする感じ

髪の毛を洗うんじゃなくて

頭皮のマッサージをすることに気を使って。と

 

で 早速、耀雅のシャンプーで洗ってみたものの

泡の立ちが すごく悪くて

これは 良いものなのかもしれないけど

洗った気がしない・・・と言うことで撃沈。

 

ドラッグストアに行って

あれこれ探すも 自分が思っていることを

ズバっズバっっと書いてあった

シャンプーを発見。

 

でも 少々と言うか

シャンプーの部類では 超高い。

 

でも この頭皮を考えれば・・・と思い

買い物カゴの中に入れると

奥さんが・・・

ねぇねぇ お試しあんじゃん。

スクリーンショット 2017-12-08 2.02.28

3日分。

 

高いシャンプー使って

ダメだったら勿体無いし・・・と言うことで

なるほどなと・・・

 

でも 3日間で この結果が出るのかよ

 

と 思いながら

すごい自信だなと思いながら

そのテスターのような 3日分の

お試しを購入・・・

 

で 使ってみると

 

1日目 ん〜よくわからないけど髪の毛が良い感じ

2日目 ん〜なんとなく 思い返してみるとフケなし

3日目 ほぼ 痛みもなくなり完治の状態。

 

えぇ〜って驚きましたけど

まじなんです。

 

で その3日分が終わったんで

奥さんのシャンプーを借りてマッサージ。

 

でも 次の日から だんだんとまた

頭が 痒くなりました。

 

へぇ〜ほんとマジかよ

シャンプーで 治ったのかなぁ〜って

 

シャンプーの3日間お試しを売っている

メーカーの自信が すごいなぁ〜って

 

ともう一つ。

 

スタイリストオーナーの一言が

この効き目を呼んでくれたんだと思うと

 

専門知識は本当に必要なんだと思いました

 

自分のお店の商品を売れば良いのに・・・

とも 思えるし

自分のための商品を売らずに

ドラックストアを紹介してくれた

そのオーナーさんのサービス精神もすげぇ。

売り上げじゃないんだ

サービス精神なんだと・・・

 

感謝感謝でございます。

 

専門家の意見って すごくわかりやすくて

すごく 良いことなんだと改めて思う。

 

高価なシャンプーですけど

安心して買えて

少しだけ 心弾ませて

家路に着きました(笑)


反省

反省。

 

今日のスタッフのブログにも

ありましたね・・・

 

反省。

 

まだ お読んでない方は

↓ここをクリック↓

スタッフの反省。

 

 

うちのスタッフの中でも

絶大な信頼を誇る真さんなので

間違ったことは 言っていないと思います

お互いの主張の中での

気持ちのすれ違いなんだと・・・

反省の心もなく 下を向いて

舌を出してひたすら謝っている人

比べると僕が言うのも何ですけど

素直な心で対話をしている純粋さゆえの

行動だったのかなぁ〜って推測します

 

でも

近隣の方には 工事と言う迷惑を

おかけしているので 申し訳ありませんと

僕の方から お詫びさせて頂きます

 

と 今日のブログの反省と言うお題。

ほんと 反省反省なんです。

 

最近、業務多忙でして・・・

いつも時間が足りないと思っているポロシャツ。

 

ついつい 耀雅と一緒にいると

僕のペースで 事を進めることが多くて・・・

 

それでいて

耀雅の行動を急かすんですけど・・・

 

普通に聞き分けはありません。

僕だって 人の行動パターンの中で

生活をしていれば反発をしたくなる。

 

でも 言う事を聞かせたくて

ついつい やってしまうのが

 

“鬼からの電話”

IMG_3319

耀雅にとっては やばいくらい怖いらしく

気違って “鬼からの電話の着信音”を鳴らすと

泣きじゃくります。

IMG_3320

で すぐに言う事を聞きます。

 

だから 僕としても

非常に 良いアイテムなので

やっちゃいけないと思ってはいるものの

やっちゃいます。

 

高校生活からの集団活動の中の

ルールというものは 僕にも必要かつ

大事な事だと思うんで

決められたルールは 決めたことで

他人が決めたことであっても守る意思と

守る約束の心は持ち合わせています

 

恐怖という束縛と

個人的な感情の束縛に関しては

もっとも嫌いなタイプであって・・・

 

鬼からの電話で 耀雅に言う事を聞かせる

ということに関して 良いイメージがない

 

でも

朝出かける時、服を着替える時、

寝る時、ご飯を食べる時、

自分の仕事都合で 耀雅と一緒にいることが

出来ない時など・・・

 

鬼からの電話アイテムを

 

このアイテムを使用した直後に

しまった・・・と思うんですよね

 

間違ってるって 反省します

 

耀雅だって

耀雅のやりたいことがあり

耀雅の行動パターンがあり

 

親の行動に即して 行動する必要もない時もあり

耀雅の身になったら

僕が理不尽だということもわかります(泣)

 

父ちゃんと一緒にいたいって

ジェスチャーするんです

けど 仕事の関係で 一緒に入れないんです

でも 一緒にいたいから

いつもより 泣きじゃくるんです

 

だから 鬼くるよ・・・と

言ってしまうんです・・・

 

そうすると

泣きながら わかったと 耀雅が言うんです。

 

って この会話の後

車に乗りながら ごめんねと反省するんです

 

こんなことが 度重なります。

 

この様な事が重なると

奥さんから

『いつ耀雅と一緒にまともな時間を過ごすの』

って 怒られます・・・

 

はい わかりました・・・と言うものの

子供は耀雅は無邪気。

自由奔放で

それが 許されている時で

これから許されない時へ進むのに

今しか出来ない事を

今やらせてあげたいと言う親心もありますが

なかなか うまくいかない。

 

やっぱり反省ですね・・・

 

もっと 仕事にメリハリをつけて

耀雅のわがままを少しでも

聞いてあげれるように・・・

耀雅からしてみたら

今の僕が わがままだと思うからなぁ。

 

反省反省

 

もうすこしで ゆっくり出来るからって言う

言い訳は 出来ないし

現実出来ないし・・・

 

と言う反省の日々の今日この頃。

 

 

時間を作るってことは

難しいねぇ・・・

 

 

鬼からの電話 を すこし封印したい

ポロシャツでした。

 

まじ 怖がりますよ

言う事を聞かない我が子のためのアイテム

 

鬼からの電話は すこしぐらいなら

良い事なのかもしれませんが

毎回毎回だと・・・子供がかわいそう

 

いつも 奥さんにも

”鬼からの電話”を 使ってやりたいっ!って

思いますけど・・・

逆に 僕が 本物に近い鬼に

やられてしまします(笑)

 

誰か・・・

嫁版・・・『鬼からの電話』知りませんか?

 

って言う・・・この今でさえ

反省です。

 


社長の理想の平屋って・・・

社長の理想の平屋って・・・

 

コンシェルジュ大木さんからの

リクエスト・・・

 

けど

 

理想の平屋なんですけど

ガレージは抜きにしてください

 

理想の平屋なんですけど

一般的なサイズにしてください

 

理想の平屋なんですけど

現実味があるものにしてください

 

と言う 3つの条件をつけられての

平屋づくり

 

僕の家ではなく

社長個人ではなく 

理想と思える平屋です

 

ですって・・・

 

勝手に妄想シリーズなんですけど

僕の妄想ではなく

あり得る限りの理想のタイプ。

 

了解と言いながらも

夜な夜な3時頃まで

取っ掛かりも遅かったんですけど

こう言うの結構ハマってやっちゃうタイプです

 

僕自身 ゲームとか漫画とか

夢中になってやる人じゃないんで

わからないんですけど

きっと 似たような夢中っぷりなんだと思います

 

で 完成した平屋がこちら

 

ジャン!

IMG_D86A126ECA81-1

IMG_5E396067DA51-1

想定家族は 夫婦、子供2人の4人家族

長男10歳

長女 8歳

 

テーマは

 

家で遊ぼう!

 

日曜日は 朝からガーデンで

モーニングで始まり

長男は パパと庭遊び

長女は ママと家の中で読書に夢中。

 

パパ、長男、長女は

囲まれた塀の中の庭とLDKで

なにやら 大きな笑い声が聞こえます

 

その間 ママは 少しの時間を

満喫するのに 好きなミルクティーとともに

テレビに夢中です

 

お昼の時間に近くなるにしたがって

パパと子供達は お昼のBBQの支度を

始めています。

 

ママは キッチンで BBQの下ごしらえ。

支度に飽きてきた 長女はママと一緒に

キッチンで ママのお手伝いを・・・

 

パパと長男は 炭に火を起こしています。

悪戦苦闘の中 やっとの思いで火がつきました

 

そして ここから始まる

パパのオンパレード。

今日は 休日だし 夫婦でお酒も少し。

 

食べ終わった後は

ささっと 片付けて

家族4人で 日向ぼっこをしながら

子供達は お昼寝しちゃいました。

 

少し冷たい風に

パパは 庭で寝込んだ子供達を

そのまま 子供部屋のベッドに運びます。

 

ママも ソファーの上で うたた寝を・・・

 

パパはひたすら元気で

もう一度 庭に出て

4時頃になる夕方を感じて

もう一度 お酒を ぐびぐびっと。

 

そうしているうちに

子供達が お昼寝から目覚めて

LDKに集合し始めました

 

ママも 子供達に起こされて

色んな会話をしています

 

パパは 昼間から飲みすぎだと・・・

長男に 少々、怒られてますね(笑)

 

すっかり 陽も落ちて暗くなり

子供達も テレビを見ながら

 

お腹が空いた・・・と騒ぎ始めます

 

LDKと庭をつなぐ 大きな窓を閉めて

部屋の中の明かりを最大にして

ママと長女は キッチンに立ちながら

楽しそうに 夕ご飯を作り始めました

 

パパと長男は お風呂の掃除、

近くにあるコンビニに

足りない調味料のお買い物に行きます。

 

帰ってきて

お皿も盛り付け

またまた 夫婦で少量のお酒を口にしながら

家族団欒の晩御飯が 始まりました

 

来週の日曜日は なにしようか・・・

庭にブランコが欲しい、

庭に小さなガーデンが欲しい

来週の日曜日は DIYだな・・・

 

そんな会話の中 楽しんでます

楽しい夕飯も終わり

ママは お片づけ・・・

パパは 子供達とお風呂に入って

今日の家族のホリデーイベントは終了。

 

片付けも終わり、お風呂も入って

夫婦だけの 時間をそれぞれ

やりたいことを 過ごして・・・

 

LDKの 灯りが消えます。

 

 

これが 僕の理想の平屋の生活。

階段を上らない

平面で過ごす 家族団欒の1日が

大木さんからのリクエストに対する

僕の答えかなぁ〜

 

そんな家族を頭に描きながら

平屋の 理想のプランを作って見ました

 

平屋のプランなんですけど

なかなか コンパクトと

大空間ができまして

50坪の敷地があれば このプランは

あてはまりそうです。

IMG_D86A126ECA81-1

IMG_E134C314674D-1

IMG_3D49462B766A-1

 

贅沢な平屋ですけど

でも 手の届くお手頃サイズ。

無理して叶うものではなく

無理せず叶う平屋建て

 

おひとつ いかがですか?(笑)

自分で言うのもなんですけど

なかなか 上手にできました

 

 

 

 

まる


ライバル。

ライバル。

 

今日は 家づくりに関係ないお話

 

人生において

色んなことにチャレンジしたい人

安定に特化したい人

底がない人

 

色んな考え方を持つ生物ですよね

 

そんな中で

僕という性格は

 

チャレンジ精神。

 

何にでも チャレンジしてみたい

試してみたい。

 

そんな思いで

生を全うしているかも知れません。

 

人は 弱い生き物で

弱い方向へ 向かいたくなくても

苦しい時、悲しい時、虚しい時

向かってしまう習性が

あるように思ってます

 

特に経営者ともなると

ライバルと言うのは

形として 同業他社、

また その個人の思っている

目指すところの会社、人に

嫉妬をして

毎日が チェレンジすることで

自分らしい生き方をしていると思います

 

プロ野球選手のように

今の自分を 端的に評価してくれる

機関や期間がない分だけ

自分との戦いの日々を

送ることになるんですけど

 

最終的には 何に打ち勝つかと言うと

 

それは

『昨日の自分』 だったりするんですよね

 

昨日の自分より

今日の自分はどれだけ成長しているのか

 

それは

心の優しさだったり

心の厳しさだったり

 

あくまでも

標的は 自分。

 

 

相手がいれば

勝った、負けたの勝敗はすぐに

つくものですけど

相手が僕自身だったらと考えると

 

自分自身に 甘えが出た時に

チャレンジは 終わってしまいます

 

チャレンジとは

たくさんの人々と生活していると

評価や成果が 答え

 

弱い人間ほど

言い訳をして

強い人間ほど 今日を反省し

悔しさを自分自身に脇立たせます。

 

甘えのある人ほど

『今日の自分はよくやった』と言うし

個人の持つ 自己評価点が高い。

 

これで 十分と思ってしまうんでしょうね・・・

 

でも それでは

明日の自分に何の花も咲かない。

居酒屋に通っているサラリーマンの

上司、社長の愚痴を言って

勝手に酒飲んで気持ちよくなってるだけで

何の解決に向かってないことがほとんど。

 

弱いほど 自分自身に甘え

弱いほど 今日の自分に小さな満足を覚える

 

強いほど 自分は常に 足りない人に思い

強いほど 今日の自分に足りないものを探します

 

だから

 

夢を持って 動き続ける人の中でも

結果が出る人と 出ない人の差が

あるんだと思います

 

人生一度きりだもの

何を 生きている証しだとするのは

自由で 誰にも否定はできませんけど

 

一番 自分の事を知っているのが

自分だと言う事を念頭において

行動できると 計画、目標というものに

達成する時間が時短なんでしょうね

 

安倍首相も、ソフトバンクの孫社長も

ガクトも 北野武も

誰もが同じ1秒1秒を

不利、有利関係なく流れて生きます

 

けど

僕を筆頭に 誰も この人たちを

同じ価値をうんでいる1秒を過ごしていない

 

もう一人の 田中雅之が

存在するのであれば

そこに 強敵、ライバルを感じ

今日の自分より 明日の自分を

奮い立たせて生きている方が

 

僕らしい。


スマホ依存症だった・・・ポロシャツ。

Applewatchがやって来て 1ヵ月

 

僕の左手に

applewatchがやって来て 一月。

IMG_3218

してみて

 

思ったこと

 

時間が 有効に使えるように

なったとさ。

 

何が違うかと言うと

何がわかったかと言うと

 

それは

実は僕・・・

携帯依存症だったのかなぁ〜って

 

情報社会の中で

スマホは 必需品だと思い

肌身離さず存在

 

でも この時計をし始めて

スマホが 必要な時にしか

いらなくなった。

 

必要な時にしか

スマホを持たない生活へ

 

何と 余分な時間を

浪費していたかと思うとびっくり。

 

電話もかかって来ます

(けど なんとなく 通じない?

連携が機械的にうまくいかない時も・・・)

 

メールもとりあえずの

着信連絡も あり

 

時計自体に

自分への連絡制限もできるので

僕への連絡選別もできて

 

もちろん

お財布携帯ならぬ

お財布時計だし

 

おかげで

本当にスマホを持ち歩かなくなりました

 

共に生活しなくても

一ヵ月無事でしたので

多分 これからも大丈夫。

 

Applewatchは

時間を確認できるだけじゃなく

スマホもいらなくしてくれて

その上 とても時間を有効に

使えることを 教えてくれました

 

僕自身 時給換算ができませんが

それでも だいぶ田中雅之的な感じでいうと

作業効率が とても上がったし

時計代金の元は取れたように思います

 

スタッフに一台づつ持たせて

スマホ禁止令を会社で

可能にしたら だいぶ会社全体の

生産性は 上がると思ったっす。

 

やっぱり すげぇ〜

 

 

俺って 今、流行りの

携帯依存症だったのね・・・

 

この時計は そんな今時の

依存症という病を 解消してくれる

時計でもあるなぁ〜って

 

すげぇすげぇ

 

おかげで またまた

今以上に『スマホ 何処行った率』が

上がったことに間違いはありません。

 

が・・・

 

このボタンを押すと

IMG_3217

スマホが コ〜ンって鳴って

『ここにあるぜぃ〜』と教えてくれる

僕にとっては とても

便利な機能つき。

 

至り着くしの時計なのだ。

 

肌身離さずになったのは

スマホじゃなくて

文明の利器の時計でした


11月22日は 我が家の日。

11月22日は 我が家の日。

 

11月22日は

世間体では

 

良い夫婦の日。

 

車のナンバーも

1122は 多いねぇ〜

 

大諏訪の田中家に

11月22日はあるのでしょうか(笑)

 

と もう一つ

 

11月22日は

 

わんこ と にゃんこ の日。

 

わんわん にゃんにゃん の日

 

これまた

大諏訪の田中家には

多いに関係のある1日です

 

なんたって

たいよう君

そら君

かい君

くう君

ぽぽちゃん

 

の5わん

 

月子ちゃん

テラ君

ようこちゃん

ひろし君

ふじお君

てん君

うみちゃん

おはなちゃん

あきこちゃん

 

と 9にゃん。

A3767759-BE6F-4893-878D-E0BD8509809A

↑ この腑抜け姿は ふじお君。

 

と ズラ〜っと長く並んだ名前は

 

わんわん にゃんにゃん。

S__26066987

↑ これだけ居ても 過半数以下(笑)

 

にゃんにゃんは

我が家近くで 助けてあげて

嫁入り前の修行中がいるので

全員が 田中家に居続けることは

ないと思って居ますが

これもまた わからず(笑)
今のところ

人間3人と わん5 にゃん9の

大所帯でございま〜す。

 

で 11月22日は

なんで 我が家の日かと申しますと

 

我が家を建築するにあたり

まず 主人は誰だ?

 

なんて 打合せを僕としたことが

ある方には 質問をするんですけど

 

我が家の主人

住む=主+人 ですよね・・・

 

なので 主人のために建てる家が

本当の家づくりなんです。

 

じゃぁ〜主人は だぁ〜れ?

 

と言う質問に対して

答えは と 言いますと・・・

 

まず 我が子。

S__26066988

では ありません。

↑『僕では ないのか・・・』と

言っております・・・

 

我が子は 数年後、十数年後には

我が家から巣立って

自分の生活を 始めます。

なので 我が子の為の家づくりを

してしまうと・・・

いずれ 主人が居なくなってしまうので

もぬけの殻の住まいに なってしまうんですね・・・

 

わかりますか〜?

 

 

では もう一度 質問です

 

家づくりの主人は 誰でしょう〜?

 

はいっ それは

 

夫婦”です。

 

夫婦は 命ある限り

ずっと 住まいとともに その場所で

生活をしますよね・・・

 

だから 子育てに忙しいママも

仕事に忙しいパパも

子育て、仕事の両立のパパ、ママも

家づくりの時には

少しだけ 夫婦の時間を見つめ直して

家づくりに取り組んで欲しいんです。

 

これ ほんと。

 

今 僕が言った

『家づくり主人は夫婦の法則』

 

を 無視して家づくりをしてしまうと

とんでもなん結果に数年後なってしまうので

気をつけましょうね・・・

 

と もう一人、 と言うか

まだ 特定の家族には“主人”が居ます

 

それは・・・

S__26066986

ペット

↑『この家の主人は 私でしょ』

と 言っております

 

えっ?って 声が聞こえましたよ

 

でも 本当なんです

今 僕らのように すでにペットがいる家族。

これから 家づくりに向かって

ペットを検討している家族の方は

 

もう一つの主人は ペットと理解してくださいね。

 

我が子じゃ ありません

ペット です。

 

何故ならば・・・

ペットも 夫婦と同じで

ほぼ 一度 ともに生活し始めると

ず〜っと一緒にいることになる可能性が高いから

 

ペットは 人の寿命と違って 短い

 

だから また 人は 夫婦は

亡くなってしまったペットの代わりを

もう一度 手にする事になるんです。

 

我が子のように

神から授かった命ではなく

いとも簡単に 手に入れる事ができる命と

家族になる事ができるから・・・

 

家とともに 長〜く生活をする人が

主人なんでございます。

 

現在では わんニャンの飼育頭数は

合計で 2000万頭を超えているらしい

 

う〜ん これは 人口の1/6の頭数ですからね・・・

 

まさしく

家づくりの主人は

 

誰でしたっけ?

 

夫婦・・・ですよね

 

ペットのいる家族では

 

主人は 夫婦とペット。

 

だから 11月22日は

 

良い夫婦の日

わんにゃんの日

S__26066990

そして

 

我が家の日

 

わかってくれましたかぁ〜

 

夫婦の家づくり

夫婦とペットの家づくり なら

 

ともに 大所帯に住むポロシャツに

お任せあれ!


立場変われば・・・

立場変われば・・・

 

僕が高校の3年間

お世話になっていた

サッカーの監督のお通夜。

 

まぁ〜鬼神のように怖かった思い出。

 

当時の工業高校だったんで

まぁ〜ご想像の通り

悪たれ高校でした

 

でも そんな悪たれ小僧達も

サッカーだけは 真面目に取り組んで

今考えると恐ろしいぐらい

体を動かし、そして 歯を食いしばったか

 

神様の3年生

殿様の2年生

奴隷の1年生

 

そんな 良き昭和 縦割りの社会の景色も

当然のように認めた監督でしたね(笑)

 

だから 今の僕があるんです

 

それと・・・

 

今思えば

静岡県東部からやって来た新米を

1年生の時から レギュラーで抜擢してもらい

2年生の時には 背番号をレギュラー番号で頂き

3年生の時には 県選抜の推薦、

行きはしませんでしたけど トヨタのチームへの推薦など

デタラメな厳しさでしたけど

ある程度お目にかけてもらってたと言うか・・・

 

それから どれだけ僕がやんちゃをして

停学、退学まがいなことをしても

監督が 僕に裏の取引みたいなことをして

学校に通報しない取引として

坊主頭に何回なったことか。

 

それで ある程度許してくれた

今では ほんと ありえない学校でした。

 

当時は 監督のことが嫌いで嫌いで

というか サッカー部の部員で

監督のことを 好意的に思ってた生徒なんて

いなかったよ・・・と

 

でも そんな監督が

空高く飛び立って行きました。

 

喪主は 監督のご子息。

偶然にも僕と同い年

当時は知るよしもなく。

 

今日 初めて会いました

 

沼津から来たです・・・と言うと

いろんな話をしてくれました。

 

『やっと 可能性のあるチームができる』

 

30年前そう語っていたそうです。

 

僕らにも 3年間お世話になる過程で

ベスト4という 当時の静岡県内では

神の領域と言われた夢さえ与えてくれました。

 

監督は 僕ら卒業後、学校を転勤し

夢でもあった県内NO1も手に入れました

 

で・・・

 

十数年サッカーの監督勤め

そして初めて

『可能性のあるチーム』

僕らの事を

言ってくれてたんですね。

 

と 当時の気持ちも知る余地もなく

 

厳しい監督の気持ちに

答えられなかった歯がゆさが

今では 申し訳ないと

ただただ 今日は小さくなってしまった監督と

話をして来ました。

 

監督をすると言うことは

今思うと 凄いことだと思うんです

 

僕がお世話になったのは

監督が 42〜44歳。

我が子と僕と同じ年なんで

監督の生活を省みると

私生活なんて なかったんでしょうね・・・

1月1日とお盆の1日だけしか

練習のない日がなかったということは

監督にとっても同じこと。

 

それだけ 目をかけてくれて

いたんだと思いました

 

その可能性のあるチームは

3年生の選手権の時に

クーデターを起こします。

一人の部員の扱いについて

不満を持った僕らイレブンは

練習をしなくなりました

 

それでも 監督は

一切 好きにしろ。と

 

残った部員で 練習を続けてました

 

可能性のあるチームだと思い

年に2日しかない休日と

家族の犠牲をもとに

戦うはずだった部員には裏切られ

しかも 当時のことを

今の今まで知らなかった僕らと

それを口にしなかった監督。

 

辛かったろうな・・・

 

今、僕はチームの代表として

田中建築工業をしていますが

親の気持ち子知らず的な事を

僕らは 平気でやっていたんだと思うと

監督って やっぱ強いと思うことばかりです

 

悪たれていた10代から

30年経って 人からの感謝を

覚えて、身にしみて

やっと 僕が高校生だった頃の監督の歳になり

休日2日しかなく それでも

言う事を聞かない生徒たちと

共に過ごして来ていたんだから

 

やっぱり すげー。

 

明日は お葬式ですが

今日のお通夜は いつもと違う

人生の中で“犠牲”と言う事を

高校卒業後 30年の月日が流れて

最後に監督から教えてもらったお通夜でした

 

この気持ちが 30年前に

生徒全員がわかっていたら

もっと強いチームになれたな・・・

 

泣き、笑い、感動 そして

いろんな当時の青春がありました

 

でも 今日この場所で

最高の“犠牲”と“裏切り”を

ご子息から 伝えてもらい

なんとも 偉大さを感じた夜だった

 

当時の3年間本当にありがとうございました

 

病の中で 酒豪だった酒を

1年間我慢してたそうですね・・・

 

酒は飲め、タバコは吸うな

そして なんでもいいから強くなれ。

 

なんとなくですが

祭壇に飾られた写真を見て

思い出しました。

 

これが 僕らに伝えた高校教師で

僕も数回一緒に 高校生ながら

お供させてもらいましたが

(たしなむ程度です・・・笑)

 

今日 この日

本当に感謝しか言い表せない最後の日でした

 

その思いで最後に

この祭壇の写真を撮らしてもらっても

いいですか・・・

 

と聞くと・・・

 

IMG_3055

 

 

 

 

 

本当に 3年間

ありがとうございました


今日は家づくりシナリオの日

今日は家づくりシナリオの日

 

今日1日

住まいのプロセスを味わう1日でした。

IMG_3043

家づくりのプロセス。

 

出会い

着工

上棟

完成間際

完成

引渡し

末長いお付き合い

 

そんなプロセスを1日通して

味わえた月曜日。

 

行動の順は不動でしたけど

 

出会いの日

お客様と すこし話合いをして

 

オーナーさんと着工の段取りをして

 

先日上棟をした現場の視察&大工さんへの指示

 

完成間際の 完成を控えた

住まいの最終チェックへ

オーナーさんはいませんでしたけど

デザインの最終チェックです

 

引渡しをしたオーナーさんのところへ挨拶。

すごく喜んでました。

ポロシャツと出会えてよかっ〜って

言ってもらえて 大満足。

 

そして・・・

末永くお付き合い・・・

引渡しをしたオーナーさん宅へ

アフターへ・・

 

旦那さんは

ポロシャツ来たよ〜ってことで

仕事を早く切り詰めて

家に戻って来てくれまして

本当に 申し訳ないと思う気持ちで

いっぱいの中 お話をさせて頂き。

 

今日1日で

 

家づくりの全てのプロセスに

一気に立ち会ったポロシャツ

 

なんとなく

 

ほっこり。

 

やっぱり

フェイスto フェイス の

お付き合いって 最高です。

 

笑顔あり・・・

期待あり・・・

満足あり・・・

 

そんな一日だったなぁ〜

 

今日は 朝9時過ぎに家を出て

会社に戻って来たのが 夜7時半。

 

一日会社にいませんでしたけど

おかげさまで

家づくりの いろは を見させて頂きました。

 

嬉しかったなぁ〜

今日もすこし

喋り過ぎて はしゃぎ過ぎて

喉が痛い・・・けど 嬉しい痛み

 

昨今 AI、 デジタル社会・・・

色んな物、事が 進歩する時代ですが

家づくりに関してだけは

まだまだ ずぅ〜っと

アナログの この様な笑顔がたくさんの

ジャンルだと思います。

 

大切にしたいですね

 

このアナログ感。

 

今日1日は

忙しかったですけど

色んな場面の楽しい思い出と

共に過ごすことができました

 

 

 


時・・・刻(とき)

忙しさ紛れて

なかなか 家族の時間を取れない

ポロシャツ。

 

すこしの時間を見つけて

耀雅と一緒に 風呂入ったり

奥さんとご飯を食べに行ったり・・・

 

少ないよね そういう時間。

 

頭が上がらんなぁ〜って

反省をしている今日この頃。

IMG_6244

事務所の中で流れている

BGMが なぜか・・・

2000年ベストヒット。

 

2000年の歌を聴いて

盛り上がるのは 多分

僕を含め数人のはずなんですけど(笑)

 

そんな中で 流れる曲って

意外と この家族のことを

深く考えさせられる曲が多くて・・・

 

仕事をしている中

耳の中に入ってくる歌詞に

いちいち びくっびくっ

反応しっぱなしなんです。

 

先日・・・みた夢。

と言うか

一泊二日の人間ドックの

宿泊した旅館で見た夢。

 

なんと・・・

 

耀雅にビデオレターを

作っている自分の夢で・・

 

しかも かなりリアルだった(笑)

 

4歳の耀雅・・・

幼稚園入園おめでとう

まだ 右手には ぶんぶんぶんって

言いながら トミカを持ってんだろうなぁ〜

 

7歳の耀雅

小学校入学おめでとう

一人で ご飯たべれるよな・・・もう。

それでも チャーちゃんに

怒られっぱなしなんだろ・・・

 

10歳の耀雅

そろそろ 一人で寝てるんだろっ?

さみしくないか

鬼??? もう怖くないか?

 

とかとか・・・

 

なぜか

病室にいない

自分の家の台所で

録画をしている自分がいたりして

 

正直 朝起きた時は ちょいと

現実と夢の境がわからなくて

泣きそうになりましたけど

くどく鳴る目覚まし時計で

夢だとわかり 安心した自分がいたりして。

 

時間と 共に一緒ひ過ごせる時間は

有限なんだと思い知らされた夢

そう思うと

今を 一生懸命生きているか?と

聞かれると

一生懸命に生きてますと

言い切れる感じがするんですけど

家族に対して同じ事が言えるかと言うと

すこし 不安なポロシャツです。

 

時間は 巻き戻せないし

ましてや 自分自身でなくて

嫁に対しても

耀雅に対しても

母や父、弟に対しても

満足にできてないですね

 

この辺を 思い浮かべると

反省しかなくて、

もっとこうしなきゃって

 

でも・・・時間が・・・ね

 

選択肢の範囲だと思うんですけど

時間と人生を削っても 今やってる事が

本当に正しいのかと言われると

難しい話です

 

時間がないなら 時間がないなりに

もっと 大切にしなければいけない時間を

もっと大切に 過ごそうと思いました

 

目の前で いろんな歌で

踊りまっくっている耀雅も

それを 一緒に見て楽しんでる嫁との時間も

来年には ない事かもしれないので

当たり前のことと思わずに

味わって過ごせる時間にしたいなぁ〜

IMG_9921

そんなね

今の自分を振り返る事ができる

2000年のベストヒットのBGM。

 

僕のための流してくれてるのか・・・と

思える選曲でした

 

今の時間を大切にしよう。

 

だろっ???

雅之???

 

当たり前の生活が

当たり前でない事を感じなさい。


1年に一度の辛口先生。

1年に一度の辛口先生。

 

昨日と今日、

2日間かけて 毎年恒例の人間ドックに

行ってきた。

IMG_3032

経営者の多くは・・・

体が資本。

健康が責任。

 

健康である事が仕事。

 

なんですよねぇ〜

 

って 思ってはいるものの

ダイエットに励んでいた

2ヶ月前。

 

オーナーさんの店舗オープンに伴って

時間との戦いもあり

ダイエットそっちのけで

仕事をしていたら

なんなく撃沈。

 

ダイエット前までの体ではないものの

近くなっちゃったよぉ〜って

 

思いながらの人間ドックでした

 

ダイエットすると

本当に体は正直ものでして

整ったように体の機能が回復。

 

血液検査は 3ヶ月に一度

行っているんですけど

まぁ〜

2ヶ月もダイエットすればオールA

なっちゃうんだから体は正直者。

 

ダイエットと言っても

基本のダイエット!

気合いで食わない、気合いで運動はNG

 

2〜30代と違って

体に無理すればつけがくる(泣)

 

で 2ヶ月不摂生をすれば

これまた元に戻る体の中身(笑)

 

年に一度の人間ドックは

担当医が脳内科先生の日に行くんです

 

理由は すこし

僕の脳の血管が少々珍しくて

病気じゃないですよ・・・

先天性のもので すこしだけ

注意をしてるんですけど・・・

 

担当医は 脳内科の先生で

若い女性の先生なんです

昨年も同じ先生でして・・・

 

と・・・この先生

結構辛口なんです。

天然なんでしょうけど

 

ズバズバと ものを申してくれて

まっ 先生だから仕方がありませんけど

 

今回の人間ドックの結果と所見では

 

『田中さん 反省してないよね・・・』

 

ですって。

 

メタボリックに要注意なんですけど

昨年から 変わってないですよ・・・ですって

 

なんのために 健康診断をしてるんですか?

 

と マガオ。

 

もう僕も

『はい、すみません』

としか言いようがなくて

 

全体的な話をすれば

問題ありの箇所はなかったんですけど

 

帰り際に 先生に・・・

 

『お大事に・・・』

 

と言われ

 

『先生 僕 ひどく悪いところなかったすよね

なんで お大事になんですか?』

 

と返すと

 

『だから 年末年始の暴飲暴食を

  気をつけてください・・・と言う意味』

 

って 言われたので

 

『けど 病気じゃないですよね・・・』

 

と笑いながら言い返すと・・・

 

『メタボリックは病気じゃないですけど

 病気を呼ぶ原因なんです』

 

と言われ

 

『だから お大事にと言うことです

  来年は 変わっていてくださいね』

 

と また 最後に

 

『お大事に・・・』

 

と言われてしまった・・・(笑)

 

メタボリックと言われても

10000という数値が境界らしく

今回の結果は

10300。

昨年は 13000。

 

ちょっとは 改善に向かってない?!?!

だから そんなにムキにならなくってと

思ったり・・・

 

まっ 経営者として

結果が出て、改善をして、結果を出すと言う

ルーティーンが なっていないと思って

 

素直に受け止めました。

 

ち・く・しょ・う・・・

 

見てろよ 来年。

 

と 思いますけど

 

達成したところで

来年も辛口先生かどうかわかりません。

 

自分の体と思って

ダイエット再稼働〜〜

以前のダイエットでは

イ・ビョンホンを目指して

なんとなく 和製 イ・ビョンホンに

慣れたと思っているので

またまた 頑張りますか〜

イ・ビョンホンは 僕より1歳年上。

人が出来て俺が出来ないわけがない。

やる気の問題さ やる気の・・・

スクリーンショット 2017-11-11 21.12.37

と自分を奮い立たせて やったるで


結婚式。

結婚式。

11月4日・・・

IMG_2973

結婚式って

良いですね・・・

 

今までの 親としての苦労を

忘れさせてくれる親としての安堵。

 

これからの 若い夫婦を

見届ける親としての希望

 

我が子の誕生から

嬉しいことも

悲しいことも

そして

悔しいことも

 

全てを 流してくれるのが

結婚式。

 

若い夫婦のために

行うのが結婚式と思われがちですが

 

本当は 親の為の結婚式でも

あるんじゃないかなぁ〜

 

子は子で 思うこと、夢、将来

親は親で 思って来たこと、叶ってきた事

想い出を振り返る事ができる時

なんだと思います

 

いろんな気持ちが

込み上げる結婚式

 

今まで ご苦労様でした

これからは 幸せに

 

共に過ごしてきた時間を

例えお互いに 良い事も、悪い事も

リメイクしてくれる儀式ですね。

 

 

末長くお幸せに


自分の理想の寝室・・・

自分の理想の寝室・・・書いちゃいました。

IMG_0547

僕ら夫婦は 空気感夫婦。

 

お互いがお互いに好きなことを

ながらにやって

そして 疲れた順番で

布団に入って・・・

 

と言っても

僕の深夜は ほぼ 仕事なんですけどね

 

その仕事中に

邪魔されるのも なんだし

奥さんも 何かに夢中になっている時に

話しかけると 不機嫌になるし

 

だから

 

そっと 何気なく

なんとなく お互いいますよねぇ〜って

雰囲気がとても良い感じ(笑)

 

 

家の中で一番長く居る時間が

寝室の横にある

自由空間だったらと思うんですよね・・・

 

意外と 家でも仕事とか

調べ物とか 読書とか

しちゃうんで

リビングにいる時間って短い。

 

耀雅といる時ぐらいかなぁ〜って

今の我が家には

ダイニングと言うものがないので

ご飯を食べる時も

ほぼ、キッチンでサクッと

リビングで耀雅と

こんな感じなんですよね・・・

 

 

だから

 

どちらかと言うと

こんな寝室があったら

お互い幸せだよねぇ〜と言う

僕の夢の寝室を デザインして見ました

 

引渡し間際のオーナーさんの住まいを

チェックしに行くと

これが オーナーさんの理想の家だ。

 

と 自分自身納得いくんですけど

 

それと同じくらいに

 

“俺の理想の家は〜〜”って

 

考えさせられることも多く・・・

今日は 寝室をデザインしてみました

 

 

なんとなく

空想の中での 僕自身の家づくりを

求めてしまいます・・・

 

あぁ〜欲しい・・・(笑)


総記事数4,399件

PAGE TOP ↑