TANAKA

「 田中建築を知る 」 一覧

今週のラストスパート!

今週のラストスパート!

 

明日、明後日の土日の打合せに

必要なプランを

設計部のスタッフが一生懸命に

ただいま 猛烈に仕上げ中。

全員が全員

全て違う案件を仕上げます!

IMG_4439

IMG_4440

その後ろで

経理の田中も

猛烈に処理をしています!!

IMG_4441

 

彼ら彼女らは

設計部のスタッフとして

なくてはならない存在なんです

 

僕がプランした間取りや

僕がデザインした住まいを

忠実にCADで再現してくれる

頼もしいスタッフです。

 

なんせ 僕がやりたい放題の

デザイン等をしてしまうので

そのものを形に変えて行くのは

本当に難しいと思います

 

もちろん設計部なので

打合せのプランの間取りを

書くことだけがメインではなくて

確認申請だとか

検査依頼だとか

 

実際の設計業務の心臓部として

日々頑張ってくれてます。

 

週末の金曜日ともなると

最終チェックにポロシャツが出陣!

 

窓の位置、外観パーツのバランス

 

社長!チェックお願いします!

社長!チェックしてくさい。

社長!社長!と連発気味(笑)

 

僕の無茶振り気味なデザインが

ちゃんと形にしてくれた後の

チェックなので僕は気持ちがいい。

 

お客様や オーナー様に

提出する図面とか

プランとかを 一通り見て

訂正部分やら 僕の設計の想いが

図面として通じていないようだったら

訂正して もう一度スパイスを

ふりかけるような感じですかね・・・

 

最近のリクエストは・・・

 

『社長がこの場所にランドマークを

建築するとするならば・・・』

 

とか

 

『もっとすげぇ〜のお願いします』

 

とか

 

『他では出来ないデザインください』

 

とか

 

先日のリクエストは・・・

『超絶かっこいい・・・』

 

超絶・・・って

 

でも 頼まれごとは 試されごと。

もっとチャレンジ頼みます。

と言うことだと思って

やっちゃうんですよねぇ〜(笑)

 

 

設計部のしっかり形を

整えてくれるから

無理しても作りたくなるんですよね・・・

 

しっかりとした

バックがついてくれているので

僕も はっちゃけちゃったり

できるんですけどね・・・

 

そんな設計スタッフが

いるから色んなチャレンジできる

ポロシャツがいます・・・

 

のと

 

もちろん 僕が作った

デザインをしっかりと形に変えてくれる

大工さんや 監督チームがいるから

安心して色んな提案ができます

 

いくら 提案しても

現実、施工が出来ないとなると

絵に描いたもちに・・・

 

全てがチームワークで

それぞれが責任を持って

仕事をしてくれるから

 

超絶(笑)も

受け入れることが出来るんですけど・・・

 

さぁ〜ドンと来いっ!!

不可能を可能にするスタッフは

揃ってるゼィ!

15545043 - jump v-shaped


約束。

約束。

 

今、全米の話題を独り占めにしている

メジャーリーガーの大谷選手。

スクリーンショット 2018-04-11 1.24.46

実は 大谷選手は

他の日本人メジャーリーガーの中でも

珍しいほどの年棒だそうで・・・

 

本人は

ピッチャーと打者の二刀流を

行わせてくれるチームのためなら

年棒を無視してでも頑張る計画で渡米。

スクリーンショット 2018-04-11 1.25.22

でも

 

オープン戦の最中

調子に乗れなかった大谷選手には

マイナーリーグからの出発になる可能性も

 

と チームから宣告されていたんですって。

 

その宣告にも 笑って・・・

それはチームが決めることですからと

言い放ったようです。

 

その時に交わされた約束。

46231581_l

投手での成績を上げなけれが

打者としての役目はない。

 

二刀流が叶うチームを選んだのにも

関わらず そのチームですら

プロの世界ですから当たり前なのかも

しれませんが・・・

二刀流に まった がかかりました。

 

大谷選手。

 

ただただ OK。

 

その宣告を受けた時に

自分に自信があったのか

それとも

その笑いはなんだったのかと

今でも 多くの専門家は

不思議に分析をしてます

 

でも 大谷選手は

今の段階では

 

約束どおり

 

投手で成績を上げたからこそ

打者に抜擢され

そして そこでも

約束どおり 成績を収め

そして 再度登板した時には

圧巻の2勝目。

 

約束って

実に重たいもので

そのプレッシャーに勝てる人が

ここにもいる。

 

そう思った話でした

スクリーンショット 2018-04-11 1.28.21

スポーツの世界ですから

すべてが 結果主義。

プロセスは みんな努力をしています

努力量は 選手それぞれ

みんな違っていて当然で

誰もが 一番努力していると

自負しているはず。

 

でも いくら努力しても

叶わぬ選手もいたりして

 

そう数はいないと思いますけど

努力もせずに結果を残せる選手もいます。

 

けど

結果いかんでは その努力せずも

認められてしまう。

 

それと 相反するのが

過去のスーパーメジャーリーガー

松坂選手。

スクリーンショット 2018-04-11 1.30.10

故障してからは 全くと言っていいほど

成績すら残せない。

けど・・・

 

誰よりも野球をしたい気持ちは大きい。

 

スーパースターの松坂選手だから

看板選手として プロとしてなお

君臨をしていますが

登板すれば やっぱり成績は残せません。

 

プロの世界では

気合いと根性のような

気持ちだけの勝負は認められいんですね

 

先日 うちのスタッフと

話をすることがありまして・・・

 

こんな話をしました。

 

結果主義は基本なんだと。

練習量となるプロセスとは違う次元。

 

結果は 自分以外の人を幸せにするもの

プロセスは 自分の宝を作るもの。

 

個人種目でもない限り

また 個人種目でも

その個人に時間を惜しむことなく

費やしてきてくれた人たちがいる

その人たちのためにも

勝利を手にした・・・と言う表現は

 

平昌オリンピックで

スノーボードハーフパイプで

銀メダルを獲得した平野歩夢選手が

しきりに言っていた言葉でしたね。

スクリーンショット 2018-04-11 1.31.30

僕を作ってくれた周りの人が

いなければこの銀メダルはなかった・・・と

 

結果は 人に幸せを与え

自分が努力したプロセスは

数が多い分だけ自分の宝の時間になるが

自分の築きあがたプロセスだけでは

人を幸せにしない

 

もりろん 成功のプロセスを

描けない人は論外になります

成功のプロセスの向こう側に

結果が出せるか出せないかが

大きな問題なんですよね・・・

 

結果の良し悪しは

人が判断できますけど

プロセスの良し悪しは

自分にしかわからないことなので

人にはわかりづらいことなので

結果で表現されてしまうことが

頑張った人ほど 勿体無い。

 

プロセスがなければ結果はなし

プロセスだけでも結果はなし

プロセスから さらにもう一歩の

努力で結果が出る

と言うことを

夜な夜なスタッフと語り合った

 

そんなポロシャツの1日でした。


田中建築のニューウェポン。

田中建築のニューウェポン。

 

田中建築の真兵器。

IMG_4303

この赤い物体。

IMG_0913

なんでしょう~か?

IMG_0914 2

答えは秘密。

 

 

外観まで こだわる

世界でひとつだけの

オンリーワンの住まい。

 

 

もっと オンリーワンに見えるように

そのオンリーワンの建物が

もっと もっと

 

引き立って見えるように

 

する ため の ・・・

 

 

見る人も魅了する

まさに ゲストを悩殺できる

 

田中建築の

 

リーサルウェポン!

 

 

と ここで 少し雑学。

 

リーサルウェポンって

最終兵器という意味と

間違えている人がいるようで・・・

 

実は 殺傷能力がある凶器という意味って

知ってましたか(笑)

 

どうでもいいか・・・

こんな雑学(笑)

 

だから

 

オーナーさん宅へ

ゲストの方がお見えになったときに

 

家のデザインに

悩殺できるデザインの凶器

 

とでもいいましょうか・・・

 

とにかく

田中建築の新兵器。

IMG_0915 2

赤い彗星のシャア

 

ならぬ

 

赤い物体のタナケン

 

で ございます。

 

完成したら・・・

発表しま~す!


試住会

2018/03/27 | 田中建築を知る

試住会

 

試す

住む

 

で 試住会

 

なんですか・・・それ?

 

って 思いますよね

 

でも

 

家に限って言わなければ

日常的にあるもの

 

それは

車で言うところの

 

試乗会。

42936725_l

 

車の世界だって

購入する前に

体験してみたいもの。

 

なのに

人生で一番大事な

イベントの一つでもある

家づくりに

試乗会なくていいの・・・?

 

家の間取り、デザインをするのに

試さず住むって

一体どんな感じに

思えるんだろうなぁ〜って

思っていたポロシャツ。

 

僕は 建築のプロであり

そして 図面を年間・・・

1000を超えるプランとデザインを

しているので・・・

 

と 自分がそのデザイン画を

制作している側として

頭の中によぎって限りない

完成度が高まるのは

職業柄 普通。

 

でも

 

一生に一度とか 数回しか

味わうことがない家づくりに

プランをして 間取りを決定して

デザインをする

 

って すごくオーナーさんにとっては

現実的にわかりにくいところが

多いのが普通だと思うんです。

 

なら

 

プランした デザインした

部屋の中を そっと覗けたらって

思うんですよね・・・

 

その体験版が

 

試す

住む

 

なんです。

 

詳しく書くと

とめどもなく

書き綴ってしまうので

やめときます。

 

と言うのと

 

少しだけ・・・

 

もったいぶらせてください(笑)

 

普通なら

そのことに気がついて

然るべきな感じだと思うんですけど。


外観。

外観。

 

今週も多くのプランを

粛々と仕上げています。

 

最近多いリクエスト。

それは 外観。

 

外観をオリジナルに特化したものを

我が家に採用したい・・・

 

そのようなリクエストが多いですね。

 

その分 僕のプランも

2度3度の手直しをするわけなんですけど。

 

多くのプランに手を加えるのは

苦になりません。

楽しいからなんですけど・・・

 

その分 感情、愛情も増すわけです

 

間取りのテクニック論としてしましては

当然 住むのは 自分、

使いやすさ、過ごしやすさを

十二分に検討しながら

間取り、動線を考えます

 

その上で 納得できる

スタイルの外観ができるかどうかの

2度目のチェックをするわけです

 

2度目のチェック項目は

住みやすい、生活しやすい

その内容を駆使しながら

外観に 住まい方の影響がないように

外見を検討していきます

 

もちろん 1度仕上げた間取りが

優先するのですが

さほど影響がないような

間取りの変更でが外観を整えていきます

 

整えるというデザインは

無数の知識がいることでして

間取りを形成するよりも

難しい分野です。

 

特に田中建築のオーナーさんにおいては

独創的な感じのデザインを好むので

当たり前のスタイルで

構築するとダメなんですよね〜

 

僕も一邸一邸試されているような

緊張感で 外観を作っていくので

とても繊細なものになります

 

外観作成には CADを使いながら

作り込んでいくんですけど

実に 何通りの外観を一邸に

作ったのか定かではないぐらいの

膨大な量になります

 

僕の中にも もちろん妥協点はなく

妥協するぐらいなら『寝ないでやれ』が

僕の心情なんで ダメなんですよね〜

 

自宅に作業スペースがある分

時間が無制限な状態になるから

結果どうにもならない時間まで費やします。

 

会社のみでやればいいのにって

自分でも思いますけど

 

そうなると 帰宅時間に保証がないので

もちろんNG

 

一つ一つ 丁寧に仕上げていく

プランに 無形の財産という

スキルを費やしていきます。

 

その妥協がなくなると

僕らの設計スタッフにバトンタッチで

細部の修正をかけていきます。

ここは CADマスターのスタッフに

任せた方が 当然ですけど

僕よりも提出する画面では

完璧に仕上げることができるので

僕から バトンタッチをされたスタッフは

ここから根性論で仕上げていきます。

 

僕のやり散らかしたCADから

完璧に仕上げるから

スタッフもきっとてんてこ舞いなんだろうなぁ〜

 

って想像しながら

会社のサーバーへ送信

 

あとは頼んだぜ! 的なね・・・

 

もちろん間取りありきの

設計から 外観デザインの話を

させてもらっているので

難しくなっちゃんですけど・・・

 

外観のみを優先して作り間取りは

楽ですけどねぇ〜

 

って いつも思いながら作ってますけど

 

その間取り自体は オーナーさんにとっては

一生ものなので 夜夜中は問いません

 

これが 田中雅之流。

 

今週末も たくさんの打合せが

待っているので もう少し頑張ります!

 

それでは!


デザイン住宅完成間近!

デザイン住宅完成間近!

 

田中建築さんにお願いする理由は

デザイン性を求めて です!

 

きっぱり さっぱり

 

そう話してくれたオーナーさん

 

その当時のことは

本当に今でも 心に良〜く刻まれてます

 

気合いを入れてお願いします。。。と

 

デザイン120%重視の

一邸が完成を迎えます。

 

ここ最近の一週間は

入り浸り状態で

 

社長が選んでくれたものが

最高だと思ってますんで

と デザイン性、テクスチャー性を

信じ込んでくれた住まいが

誕生します。

 

僕も 一つ一つ出来上がってくる

その雄姿に やばい・・俺が住みたい。

 

と思うほど。

 

僕の家をデザインするときの

ポリシーは

 

カメレオンのポロシャツ

 

家のデザインをするときには

僕が住みたいと思うデザインを

優先するのではなく

住まわれるオーナーさんの

好きなデザイン、テクスチャー優先で

完成度を高めて行きます

 

僕の主観的な意見よりも

オーナーさんの好きなものを

100%理解し 飲み込んで提案。

 

なので色んなテイストのデザインが

豊富にあるんです。

 

でも

今回のオーナーさんの望まれるテイストが

何となく 僕と似ていて

僕自身が 自分で使いたい材料だなぁ〜

って思うとほぼ オーナーさんも

どんぴしゃ。

 

なので

現場に張り付いていても

我が家ではないものの

我が家のような感じがして・・・

 

なんかいつもと違う感じ。

 

さあ〜 ラストスパートです!

 

我が家を 早く完成させたいと思った

久しぶりのポロシャツでした。


夢追い人

夢追い人

48020639 - housing image

今日の打合せでは

すごく嬉しい気持ちになりました

 

それは

 

打合せの中で連発した

あるキーワード

 

それは

 

“夢”

 

長年追い続けてきた僕の夢だから。

 

とお客様・・・

 

こみ上げる気持ちが

抑えることができなかった

自分の感情が今でも思い出します。

 

夢、憧れに対する気持ち

すごいな。

 

終始笑顔で

それでいて すごく冷静でいて

 

みなさん 夢って見てますか?

憧れを抱いていますか?

 

その夢に向かって

一歩ずつ 歩んでいる自分の姿を

想像してますか?

 

家づくりって

やっぱり 夢追い人を応援する

特殊な仕事だなって思うんです

 

図面を見ながら じっと・・・見つめ

そして 『そうだな・・・』と

重い、想い、念い言葉。

 

その姿を 打合せながら見ながら

全力でお手伝いします・・・

決意のような気持ちが 込み上げてきます。

 

お客様が去り際の最後

僕に語りかけた言葉。

 

『社長さん 家づくりは憧れですか?

それとも 夢を再現するものですか?』

 

そっと 誰もいないところで

そっと質問をいただきました。

 

その時の僕の答えは

 

『憧れを表現し “幸せだ”と感じる玉手箱を

手に入れることだと思います』

 

お客様は

 

『叶いますかね?』 と続き

 

僕は

 

『僕らは そのための存在です』

 

その後 深々と礼をして頂きまして

お見送りをさせて頂きました

 

不思議な質問でした

 

今 思えば 僕の答えも

心の言葉として出た言葉だと思います

 

夢を追いかけるって素晴らしいことですね

それと

夢追い人を応援する僕らの家づくりも

凄い事だと思い返された瞬間でした。

 

夢って良いですね。


ありがとうございました

ありがとうございました

 

今日 ご契約頂いたオーナーさんより

バレンタインを頂きました

IMG_4007

ありがとうございます

嬉しいっすね!

 

何が嬉しいって

この日のために準備をしてくれていた

そのお気持ちがすごく嬉しい。

 

僕も 次の打合せのための

準備をしているときに

相手の気持ちを考えながらしている

プランニングとか

デザインの仕上げとかしていると

本当に仕事じゃなくて

気持ちを込めてやっていることなんだと

自分自身思うことがすごく嬉しくなる。

 

どんな反応してくれるかな・・

喜んでくれるかな・・・

幸せを感じてくれるかな・・・

 

等々。

 

相手を思いやる気持ち

その時間を過ごすのが楽しい。

 

打合せ後・・・笑顔がもらえた時には

僕自身が一番幸せなのかも知れません

 

その笑顔のために

毎日を生きてま〜すって

思わず話したくなっちゃいますよね・・・(笑)

 

 

それと

それと

 

準備の話じゃなくて

ハプニング的な話もありまして・・・

 

 

 

やっちまったなぁ〜

って 思っちゃったわけですよ(笑)

 

 

今日の打ち合わせのワンシーン。

 

僕の鉄則の中の一つ

名刺は全員配る・・・

 

たとえ 名刺の意味を知らずの

乳飲み子だったとしても

全員に手渡しを徹底しているポロシャツです

 

幼稚園に通う女の子・・・

いやいや もはや女子(笑)

 

のレディーに名刺を

手渡した瞬間。

 

思わずの言葉。

 

それは

 

『あぁ〜ごまかしてるぅ〜』

 

って 5歳の少女に・・・

 

確かに 確かに

 

 

ポロシャツ名刺には

数年前の顔写真が・・・

 

もはや HPに掲載されている顔写真も

数年前のもの・・・・(笑)

 

で 小さなお子さんにも

いつでも 全力投球のポロシャツ。

 

『永遠の18歳を忘れないようにねぇ〜』

 

って 返しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『その答えに無反応の少女。』

 

やったぜ!

 

言葉合戦に勝利を確信したポロシャツ。

 

ぴーすですよ ピース!

 

そのあと・・・

ひたむきに 一生懸命

スマホの動画を見て

僕の話しかけに

一切応じなかった少女の姿に

 

思わず・・

 

Vサインをしてしまいした。

 

最近の幼稚園生は

なかなか あなどれないです・・・

 

名刺に乗せている写真が違うと言う

 

あ・り・さ・ま

 

今も写真の僕も

本人だと言うことに間違いは

ないんですけどね・・・

 

小さなお子さんが思うと言うことは

みんなが 思ってるってことですよね???

 

早速 写真を変える段取りしまーす!

 

新しい名刺を

次回にもう一度 手渡したいと思う

ポロシャツと・・・

 

貴重なご意見ありがとうございました。

 

と 思ったワンシーンでした


人と同じで良いですか?

人と同じで良いですか?

スクリーンショット 2018-02-13 20.13.01

今日もたくさん

打合せさせてもらいました

 

オーナーさんとの打合せ。

 

これから始まる家づくり。

もうすぐ終わる家づくり。

 

ワクワクの中にいる事で

忙しさも吹っ飛ぶ楽しさ

 

今日の打合せの中で

ちょいちょい出てきたフレーズ。

 

『人と同じじゃ満足できないっすから・・・』

 

人生の中で もっとも

大きなお金を必要とする家づくり。

満足のためには

人と同じでは 満足できないと言う

特別感は やっぱり絶大なものだと思います

 

人と同じじゃ嫌だ・・・

 

と言う価値観に 特別高い費用は

必要がないんですよね

 

デザインとアイデア

そして 人と違うと言う

本人の感性を聞き出し提供する

スキルでできた賜物。

 

そうそう無形の財産。

 

au の宣伝に出てきている鬼のご子息

“赤鬼くん”

学んだことは 誰にも奪われねぇ〜から。

 

そんな今までの経験で提案する

オンリーワンの家が特別感なんです!

 

建物が完成して オーナーさんからは

 

『超〜かっこ良い。ほんと自分らしい

家が出来て感動する。』

 

そんな言葉をもらえると

本当に僕も嬉しい。

 

注文住宅の真骨頂。

 

人と同じ建物を作らない。

 

それは

 

人と同じ生活はこの世の中には

二つして存在しないから。

 

自分らしく生きるためには

自分らしいステージの中で

生活をしてもらえることが

やっぱり人生において必要なんじゃないかと

ポロシャツは思います。

 

外観。

 

まさに 己を表現するのには

ふさわしい表現だと思いますし

特徴というものを

我が家に仕事から 旅行から

戻るたびに 我が家という家の

存在に感動が。

 

そして 内観

 

玄関をくぐり

LDKに入ると

そこにもまた 我が家という

自分らしさの塊が表現されて

明日の活量を生み出すことが出来ます。

 

それぞれの家庭で

それぞれの人生が生まれて

思い出が誕生するんでしょ。

 

なら 特別って良い事だと思う

人と違ってるから良い事だと思う

 

今月も

世界で一つだけの家 が完成を迎え

世界で一つだけの家 が誕生しようと

始まります。

 

右習えの住まいじゃない

どこにも存在しない家。

 

見つけましょう!

自分らしさ。

スクリーンショット 2018-02-13 20.17.35


注文住宅。

注文住宅。

 

残念ながら 田中建築工業では

規格住宅というものがありません。

 

それは

 

土地という白いキャンバスから生まれるスクリーンショット 2018-02-05 11.08.37

自分自在の住空間を手に入れる事ができる

 

これから何十年ものの時間を

ともにすごく自邸を

自由に自分らしく

そして 可能な限り

わがままを取り入れた

建物とともに生活を

して頂きたいと思いうから。

 

規格住宅や 分譲マンションっていうのは

決まった箱の中に

自分らしい空間を自らが作り出す

 

表現が難しいですが

思いを無理に詰め込み

形取った間取りの中で

自分らし住空間を家具、小物等で

作っているっていうことに

 

隣の人と同じ間取り・・・

数週間前に始まった工事の

建物と同じ住まいに

決まった同じ間取りで

住むことになるのが

規格住宅であり

スクリーンショット 2018-02-05 11.10.32

分譲マンションです。

スクリーンショット 2018-02-05 11.10.16

その間取りで満足できる家族もいると思いますが

全ての人が満足できるわけもなく

住むと言うことに妥協する人もいるはずです

 

その決った間取りで何不自由なく

生活している家族がいるのであれば

注文住宅という選択をすれば

今よりもっともっと 自分らしい

住空間、住まいというのは

生活ができる可能性が高いということ

 

規格住宅という住まいは

会社都合や 販売都合

住宅に関してスキルがなくても

販売できるスタンス

 

夢は 注文住宅だけど

値段が高いし・・・

よくわからないし・・・

 

と言う家族の方々がほとんど

 

ですけど そんな事はありません。

だって ちゃんとした資金計画をして

しっかりとした打合せをすれば

難しい事は 僕らがお手伝いしますし

何と言っても 世界で一つだけの

自分らしい住空間が手に入ります

 

予算というものもあるかも知れません

けど 思っているほど

注文住宅って手に入りにくい

住まいではない事を 知って頂きたい。

 

人生の選択肢の中で

賃貸アパートで生活を

ずぅ〜っとしていくことを

考えている家族も少なくないはず

スクリーンショット 2018-02-05 11.13.33

賃貸住宅でお住いのことを考えれば

規格住宅も 数倍もスマートな

考え方だと思います

 

けど もう一つ生活に

“自由”や“らしさ”を求めて

注文住宅っていうのは

人が家に住むという

必要不可欠な選択だと思っています

 

注文住宅って 自由気ままに生活すること

注文住宅って 自分らしいを表現すること

注文住宅って 理想の生活をすること

 

なんです。

 

難しそうって思って

ためらわないでください。

 

高そうって思って

引かないでください

 

自分たちには理想がないって思って

立ち寄らないことを

選択しないでください

 

家族の本音を

自分の知らない本音を

 

ヒアリングをして 引き出して

わがままになってもらうのも

注文住宅の大きな使命です!

 

お気軽に

お越しいただけると

注文住宅の素晴らしさが

わかると思います

 

けど・・・一つだけ

デメリットが

それは 工期。

お引き渡しの時間だけは

注文住宅は 一つ一つ 違う建物を

職人さんの手で作り上げていくので

時間はかかります

 

間取りが決まってから 約半年。

 

その分家づくりのプロセスを

楽しんでいただけることと思います


左手首の秘書。

左手首の秘書。

 

こんにちはっ!

 

まだまだ 半袖で歩き回っているポロシャツです。

外は寒いですけど・・・

上着を着ると暑くて おかしくなりそう・・・

 

半袖で十分、けど 外は寒い

 

長袖を着たり、脱いだりの今日この頃です

 

さてさて

 

秘書が欲しいぃ〜よ〜って

以前のブログに書きましたが

 

あれあれって

 

私の事を忘れてない?ばりの

左手首の秘書の話。

 

それは 世界で一番売れている腕時計。

についてくる AIさん。

 

僕のSiriさんは 女性です(笑)

IMG_3415

この秘書さんは

1時間後の予定を教えてくれたり

雨がやって着ます を伝えてくれたり

音楽だって流してくれて

ピピって押せば

電話を応対できる。

 

しかも 余計なメールは飛ばしてくれるし

挙げ句の果てに 健康管理まで。

 

タイマーになってくれる。

 

アプリが動くんで お知らせの幅も広い。

もちろん お財布時計でもあります

 

とにかく 僕が便利だと思っているのは

僕がどこかに おき忘れたスマホに

瞬時に音を鳴らさせて

スマホの居場所を教えてくれます。

これすごく便利。(笑)

 

その秘書さんなんですけど

 

ここ最近 本当に和やかな空気を

作ってくれるんです。

 

スタッフと打合せをしていて

少し僕がエキサイトしてスタッフに物申すと・・・

 

チンっ って タイミングよく鳴らします・・・

 

一緒にいるスタッフだって

エキサイトしている僕の腕時計で

チンっってなれば そりゃ クスクスって

 

何回も同じ事を話しをしている事を

僕自身が 忘れてしまうと・・・

 

『何と おっしゃっているかわかりません』

 

やら

IMG_3414

『もう一度 おしゃってください。』

 

とか

 

ほんと いいタイミグで

何から何まで・・・

 

ほんと この時計の中に

誰か住んでんじゃねぇ〜のか・・・と

疑いたくなるぐらいです。

 

そんなある日

 

お客様と 資金計画と土地の件で

相談に Studio Luxeへ来社してくれました

資金計画の件 そして

土地の探し方レクチャーなど

 

で・・・

 

そのお客さんが 自分の気に入っている

不動産があるとの情報で

この土地どうですかね・・・

 

なんて 話に繋がったんです。

 

で 僕は お客様の土地に関するヒアリングを

聞いていましたが

本当に適切かどうか・・・

第三者的に見て・・・と

僕がこの土地に住んだらと言う

メリット、デメリットを話しました。

 

土地は 万人が欲しがるような

飛び級の不動産って少ないんでせす・・・

と言うか まず見つかりませんよ〜

なんて 話から

 

ポイントを押さえて話をさせてもらって

お客様から見た 僕の主観的な意見を

並べさせていただいたんです。

 

そして 深くお客様も考えていて

僕の方も総括してまとめようとしていたら

 

いきなり・・・

 

ほんと 前触れもなく・・・

 

『そうですね、少し考えさせてください…

やっぱり、やめておきます。』

IMG_3861

って 勝手に左手首の秘書が

話し始めたではありませんか・・・

 

はぁ〜って 腕時計を見たら

 

話た言葉が そのまんま残ってまして

お客さんとコンシェルジュ石堂と4人で

大爆笑ですは・・・

 

まじかよ〜って

思えるほどのタイミングでせして・・・

 

ほんと この小さな時計の中に

誰か 絶対に住んでるよな・・・って

思える回答。

 

ぜひ 皆さんも 秘書を腕にはめて見ませんか・・・

 

絶対に悪いような方向には 進まないと思う

 

一家に一台ではなく

一人に一人のAIさん。

 

ちょこっとだけ

なかなか 僕の言う事を

聞いてくれなくなるところもありますが

そんなところが 何となく

人間らしい・・・(笑)


子供の心を育てる家。

子供の心を育てる家。

 

子供の心を育てる

ママの動線の近くに

子供の動線を置くことで

常に 親子のコミュニケーションが

取れる様に家の設備を配置する

 

忙しいママが

わざわざ 子供に近寄って

世話をしたり

コミュニケーションを取る事は

やっぱり大変な事ですよね

 

ママが 家事をしながら

パパが 家事の手伝いをしながら

近くに子供がいてくれるように

設計の段階で取り組むと

自然とわが子の心が育む場所へ。

 

わざとではなく

自然な流れで

我が子に家事を手伝ってもらったり

我が子がママ、パパの近くにいたり。

 

その間取りのひとつが

センターキッチンと言うもの。

IMG_0766

誰のリクエストも無く

ポロシャツが勝手に想像して

理想のセンターキッチンを作ると

こんな感じになりました。

 

 

家の中心が LDKの中心が

キッチンと言うスタイルのもの

IMG_0767

 

 

たとえば

 

キッチンの前には ダイニングテーブル

IMG_0768

 

 

キッチンの隣には 子供の勉強机

IMG_0769

 

 

キッチンの横には 家事テーブル

IMG_0770

キッチンの仕事をなんなくこなす

パントリー

 

 

 

最短ルートの

キッチン→水周り

IMG_0771

我が子が 家事の手伝いもしやすい様に

ダイニング、リビングから至近。

 

 

 

和室もキッチンから 45度の角度で

見渡しやすい環境

IMG_0772

 

 

 

玄関からLDKの扉をあけると

目の前に広がる直線的なLDK

どこに誰がいても

『ただいま、おかえり』が言いやすい

正面に配置して

IMG_0774

 

 

 

家族の思い出や パパ、ママ、子供へ

伝達できるようにLDKの中心に

大きな飾り棚。

IMG_0773

 

 

こんな間取りがあれば

普通に 親子でコミュニケーションが

取りやすい環境になりますよね~

 

間取り一つで

生活しやすい環境なのか

コミュニケーション取りやすい環境なのか

 

全然違いますね・・・

 

同じ建築面積なのに

大きく違う。

これが 注文住宅が可能にする

子供の心を育てる家 なんです!

 

この間取り一つで

叶うものもありますけど

もっと詳しく マイ家族と言う環境を

付け加えて完成させるのが

世界で一つだけの家。

 

無限の可能性を秘めた我が子に

愛情を注げる我が家のプラン。

 

と言うお話でした。


総記事数4,533件

PAGE TOP ↑