*

「 ファイナンシャルプランナーとして 」 一覧

命がけ・・・

命がけ・・・

 

住宅ローンは命がけ。

 

と言うのも

 

住宅ローンは

健康を担保(健康であることが必須)に

団信信用生命保険という保険に加入し

住宅ローンを借ります。

 

簡単に言うと

 

住宅ローンの返済中に

住宅ローンを借りている人が

万が一お亡くなりになった場合

死亡保険によって

残りの住宅ローンがなくなると言う仕組み

 

ほぼ 民間の保険会社が

その保険を扱っているんですけど

 

夢あるマイホームには

健康なパパ、ママがいることが必須

 

と言う事は

保険に加入すると言う事に

 

まさに命がけ。

 

家族が更なる幸せになれるよう

検討するマイホームは

それと 同時に

パパ、ママが

万が一の状況になったとき

家族の今後を守るマイホームに

なるんです。

 

家族を守る

 

=(イコール)

 

今後の生活に

家賃や住宅ローンがなくなる

 

 

もっと言うと。。。

 

住宅ローンに

太陽光発電と蓄電池の設置費を

含めて借り入れすると・・・

 

万が一のときに

残された家族には

家賃、住宅ローンだけでなく

電気という光熱費まで

負担がなくなると言う事。

 

ハッピーだけで

建てる住まいではなく

家族を守るという観点で

住宅を見直す。

 

ポロシャツ ファイナンシャルプランナーからの

ご提案でした


医療費って老後怖い!

医療費って老後怖い!

 

全国の医療費が

なんと!40兆円を超えた

 

と 新聞に書いてありました。

 

すごい額ですよね

ビックリ

 

内訳を見るともっとビックリ!

 

平均で言うと

国民1人当たり

驚愕の314,700円

ざっと 1日850円/人

 

で 驚くのはここから・・・

65歳未満では

177,700円

田中家は3人なので

平均を合計すると533,100円

これまたすごい額だ・・・

田中家は ここまで使ってないなぁ~

 

あっでも 耀雅が1日だけ

NICUに入ったから

半分ぐらい使ってました・・・

一泊二日 212,800円でしたからね~

 

で ここから先が もっと怖い!

 

それは

65歳以上は724,500円

えぇ~ ってすごい金額でしょっ!

しかも 自己負担額は

3割負担で 217,350円

2割負担で 144,900円

75歳以上の1割負担で

72,500円

 

と言う事は

毎月18,200円の平均医療負担額に・・・

 

すごい事だと思います

 

年金生活になると言う事は

収入が年金しかなくなる・・・

 

年金から

住いを建てていないと家族だと

 

○家賃

 

太陽光発電などがなく

光熱費も出費する住いだと

 

○光熱費

 

そして

 

○医療費

 

そこから 生活費を負担する事になります

 

ゼロエネルギー住宅を購入した夫婦と

そうではない夫婦では

年金生活になると 大きな差が生まれる

と言う事になりますよね・・・

 

家賃+光熱費+平均医療費

50,000+15,000+18,000=83,000

毎月83,000円は生活の為に

必要な最低限の生活経費になります

 

けど

ゼロエネルギーハウスを建てて老後を迎える

とするならば・・・

 

平均医療費+固定資産税

18,000+平均7,000=25,000

 

83,000と25,000 では 大きな差ですね

 

ビックリです!

 

しかも 国の医療費を減らす為に

国が取る政策は なんと・・・

ベッド数を減らす・・・強引なやり方は

いかがなものでしょうか・・・

 

老後の生活を守るには

自ら 今、何をするべきかを

良く考えることだと思います


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・1

いつも 毎日いっぱい

子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・

 

僕にもまだ

4ヶ月の男の子の赤ちゃんがいます。

また 22歳になった娘もいます。

子育ての一部始終を見てきて、

そして また 子育てを最初から。

愛おしく可愛い我が子ですが

それ以上に大変なのは子育て、

家事を中心に生活をしている

ママさんだって事を僕は知っています。

 

アパート、マンションに住みながらの

家事は本当に大変だと思います。

 

狭いキッチン・・・

もっと 大きなキッチンだったら

もっと余裕をもって作れるのに

色んな料理したいし、

もっと料理に幅を広げたい・・・

中にはお菓子やパンだって

チャレンジ出来たら・・・って

 

小さなお風呂・・・

もっと 広いお風呂だったら

家族全員で入ったり

わいわい遊んだり。

色んな事出来るのに・・・

 

冷たくて寒い洗面所、

暗い部屋での洗濯、

洗面所に収納が欲しいなぁ・・・

清々と室内でも洗濯物を

干したり出来るはず・・・

 

小さな収納・・・

少ない収納、クローゼット

これからまだまだ

沢山、物が増えるのに

しまえる所がないし

家具を買おうとしても

置く場所がない・・・

 

少々狭いリビングだって

もっと大きな部屋だったら

もっと大騒ぎできるのに

将来 わんこにゃんこも飼いたい夢もある。

我が子が小さいときに

動物との触れ合いもさせてあげたい・・・

広いリビングで走り回ってもらいたいけど・・・

隣人に迷惑かけることなく家族で

満足できる生活をしないといけない・・・

アパート、マンションで

子供と遊びたくても隣の住いが

下階、上階の隣人が

気になって大きな声1つ出しづらい。

 

アパート、マンション生活って

こんな感じで とっても

きゅうくつですよね・・・

 

続く・・・

↓ここをクリック↓

がんばるママさんへ 2


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・2

今、僕の我が子も

夜鳴き、たそがれ泣き、

それにもまして

朝の夜明けにわけがわからない早起き。

僕は自分の家を持ち

戸建てに住んでいます。

 

もし自分たち家族が

今アパートに住んでいたら

寝静まった隣人に対して

大泣きしている我が子のことを

想像すると困っていたんだろうなぁ~って

想像します。

 

子供は遊ぶのが仕事。

また 毎日が運動会で

騒いだり大声出したり、ゲームをしたり

なにより 赤ちゃんにとっては

泣くのが仕事。

 

でも 近隣や周りを

気にしないといけない生活をアパート、

マンション住まいでは

困ってしまいますよね

 

本来の自由奔放の子育てが

万足に出来ない事も

仕方ないとあきらめてませんか・・・?

 

 

先日 友人の結婚式に

出席させてもらいました。

この歳になると

最後の友人の結婚式なのかも知れません(笑)

 

既にお子さんは誕生してからの結婚式。

それは もう幸せ満開の結婚式でした。

ほほえましいって 心から祝福を・・・

 

でも そんな幸せ家族を

見ていながら頭の中を

よぎったものがあります。

 

それは・・・

幸せでありながらの万が一の出来事です

 

新郎が数年後

万が一なんらかの原因で他界されたら

そんな生活面でのリスクを

考えてしまいます。

 

なぜなら

僕の知り合いでその様な

出来事があったからです

 

万が一・・・

アパート、マンション住いのままで

パパの身になにかあったら・・・

残されたママと我が子たちは

いったいどうなってしまうんだろう・・・

 

マイホームを建てた家族と

そのままアパート、マンションに

住み続けた家族では

大きな違いが出てきます。

 

これ 本当の話なんです・・・

 

つづく・・・

↓ここをクリック↓

がんばるママさんへ・・・3


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・3

 

 

住宅ローンって言うのは制度上

マイホームを建てた家族には

万が一パパが他界されても

住宅ローンは一切残りません

 

残ったローンは

無くなってしまいます。

家族の為にパパが

家族の為に残してくれた財産です

 

パパが元気でいるから

アパート、マンションの家賃を支払って

パパが元気でいるから

家族が養っていける。

 

けど 万が一があると・・・

残された家族は

いったいどうなるんでしょうか?

 

家賃を支払い、

家族を養っていかないと

いけないのはママの力のみ。

 

ぞっとしますね。

 

って言うか

想像すら出来ないと思います。

 

しかし現実は 30~35歳までに

お亡くなりになる若い男性は

130人に1人。

なんと 1000人のうち0.77%の方が

毎年お亡くなりになっています

 

自分の家族には

考えられなかった事態は

我が家には関係ないと

言いきれる数字ではありません。

 

毎日 一生懸命 家族の為に

がんばっているママさんたち

 

あかちゃんが 夜鳴きをしても

我慢してがんばるママさん

自分の時間をさいてまで

家事をがんばるママさん

子育てが中心で

自分の事もままならないママさん

 

そんなママさんたちを助けれたら・・・

 

そう思っています。

 

マイホームを建てる事によって

家事が楽しくなる・・・

楽(らく)になる

 

子供との生活も楽しくなる

家族の更なる幸せが膨らみます。

 

Myキッチンって

広いです、

綺麗だし、

好きな色も選べるし

好きな料理も出来る

 

My浴室って

浴室暖房がついてて暖かいし、

広いし、

家族でのお風呂の会話も出来る

 

My洗面脱衣室だって

広いし清潔感たっぷりだし

なにより

自分らしく洗剤を置く場所とか

下着を置いとく場所とか

アレンジできて使いやすい配置が

出来ちゃったりします

 

自分らしいLDK

子供との思い出

たくさん出来ますよね

憧れの対面キッチン

ママが見渡す限りの家族で

やりたい放題の家事

我が子とのコミュニケーションが

いっぱいいっぱい増える場所

 

ママさんが

家族全員があこがれる

夢のマイホームです

 

続く・・・

↓ここをクリック↓

がんばるママさんへ・・・4


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・4

 

でも みんな

こんな風に思うんですよね

 

良いのはわかってる・・・けど

 

まだ無理

 

頭金ないし・・・

住宅ローンに束縛されたくない・・・

 

けど 実際は無理じゃないんです。

田中建築でも

平成生まれの若い夫婦で

マイホームを建てる家族が

多くなりました。

 

楽しい家族との生活が出来る

パパが万が一のときの

家族を守る事が出来る

 

しかも・・・光熱費がゼロ円になる。

 

光熱費がゼロになる住いが

これから標準になります

 

今の住まいは

光熱費をなくす住宅です

電気代、ガス代が

圧倒的になくなります。

エコでスマートな住い

エコスマの家 です

 

アパート、マンション住いだと

ガス代だってすごく高いし・・・

電気代だってすごく高い

しかも これから電気代は

どんどん値上がりします

 

2年前と比べても

今の電気代は約20%も

値上がりしてますし・・・

光熱費を気にしながらの

生活してませんか?

 

光熱費を気にしないで

生活することも

これからのエコスマの家

 

話をもとに戻しますが

このままアパート、

マンション生活だと

家賃+光熱費+追加駐車場代。

この3つが実際に住居費として

かかっている総費用になります

 

でも 新しい夢のマイホーム!

エコスマの家は

住宅ローンだけ 。

 

そして パパが万が一のときに

残された家族を守る保険付。

 

そして

庭がある・・・BBQ出来るし

家庭菜園だって出来る

 

そして

なにより夢のマイホームで

全てが自分流。

家事だって 料理だって

そして 家族のコミュニケーションだって

夢が膨らみます

 

最近では

本当にがんばるママさん達が多く

子育てしながら 家事しながら

パートやフルタイム、

仕事に行きながらの

一生懸命な生活を家族の為に

がんばってます

 

だから 余計に応援したい・・・

 

ママが笑ってるから

家族が幸せになる

そのママが笑えるお手伝い・・・

ママががんばって、がんばっても

万が一 パパが・・・

 

でも 今のがんばっているママには

何も 残らない・・・

それどころか

もっとがんばらないといけなくなる

 

だから 少しでも

がんばるママさん達に

幸せになってもらいたくて

もっと これから先の

安心できる生活の為に

幸せになってもらいたくて

 

僕たちは 応援したいと思います

 

最終回へ続く・・・

↓ここをクリック↓

最終回へ


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・5

もうひとつ

夢のマイホームの現実を

さえぎるもの・・・

 

それは

これから先には

消費税上がるし・・・

わかりづらいと思いますけど

住宅ローンの金利だって上がる・・・

 

住宅ローンの金利が今よりも

たった1%上がるだけでも

約700万円も支払う金額が

変わってしまいます

 

誰も 得しない住宅ローンの金利

 

次の事を話す専門家もいます

 

3年後に建てる家の金額の違い

 

家賃3年分と金利の違いで

なんと

1000~1200万円も多く支払う事になる

 

しかも 先ほど話をした内容で

パパに万が一あった時の

残された家族の悲惨な生活。

 

マイホームを建てるタイミングが

間違っただけでも

ママさんには

残酷とも言える生活が

待っている可能性を3年間も

心配をしないといけない・・・

という事。

 

マイホームを急がしている訳で話を

しているのじゃなくて

本当にがんばっているママさんに

少しでも 応援できたらなって

 

可愛い我が子のためのプレゼントが

出来たらって

パパにいつまでも元気で

家族で本当の満足が得られる

実感した生活を

おくってもらいなたいなって

 

でね

 

最近の住い、エコでスマートな

エコスマの家

 

スマホで家の管理が

出来ちゃうんです!

 

我が家の電気の使用量、

ガスの使用量、

太陽光発電の発電量、

エアコンを外出先から動かすとか

すごい時代になりましたよ(笑)

 

最後に

がんばっているママさん達が

どんな時でも いつでも

また どんな状況になっても

安心した生活と

更なる家族の幸せを

感じて頂ける様に

応援していけたらと思います

 


FPの勉強会で富裕層の話

FPの勉強会で富裕層の話

 

今日は FP講習会で

富裕層を知る!

 

と言う講習会に行ってきました

すっげーな

富裕層になりたいわけではなく

これから 確実に広がっていく

格差社会・・・

 

その富裕層は何を考え

何を思っているのかを

知りたくて・・・

 

今日の先生は

富裕層をクライアントに持つ

独立ファイナンシャルプランナーの方で

色んな事を紹介してくれました

 

先生の話す富裕層の定義とは

 

すぐに現金化できる

お金、債権、等々を持っている方で

1億円以上 の事を言ってました

 

で 驚くなかれ!

なんと その人の数は

256万人 とな!

50人にひとりは 富裕層らしい・・・

しかも

2018年には 倍に増える!

驚愕の492万人

という事は

25人に1人は 富裕層!

 

すっげな~って

 

さらに掘り下げて

超富裕層といわれる

5億円を越す方々は

なぁ~んと

5万人!

2400人に一人は

超~富裕層だとな・・・

 

あるところにはあるんだね~

 

で ビリオネア!

10億円を超える人は

なぁ~んと

 

26386人。

 

4615人にひとりは

ビリオネア!

 

あるところには あるんだね~

 

で・・・

 

富裕層(1億円)の年齢層は

80%強は 56歳以上で

50%弱は 65歳以上!

 

という事は

富裕層の50%は シニア層なんですね

 

しかも

何に使いたいのかわからない方が

ほとんどなんですって・・・

 

だから 先生のような

ファイナンシャルプランナーを

雇って正しいお金の管理を

しているんですね~

 

世の中 すばらしい世界も

あるんだなぁ~って感じです

 

そんな方々の

考えている事などなどを

勉強してきました・・・

 

で ほぼ全員 世の中に為になる事に

関しては お金を使いたいと

思っているそうです・・・


住いを建てるのはメリット・デメリット?

住いを建てるのはメリット・デメリット?

 

昨日は東京で

ファイナンシャルプランナーの

講習会に行ってきました

 

住宅ローンについての

講習会だったんですけど

 

大変勉強になりました

 

勉強と言うか

ほぼ 毎日接していることなんで

新しい情報と言うより

復習をかねて・・・と

言った感じなんでしょうかね

 

メインには

住いを建てることは

将来の人生設計にわたり

メリットが大きいのか

それとも

デメリットが大きいのか

 

それが 一番僕の中では

印象が大きかったですかね

 

今日 話をしてくれた

先生の話を聞くと

どちらとも言えない・・・が

答えだったんですけど

僕は 先生の考えと違い

デメリットが大きすぎると

そう考えてます・・・

 

例えて言うと

生涯家賃の問題

 

いったい家賃って

いくら払ってるんでしょうか?

 

と言う質問に・・・

 

30歳で子供を育てる

一般的な家族4人だと

65歳退職を想定

平均余命86歳まで健在を想定

80000円×12ヶ月×35年

50000円×12ヶ月×31年

そうすると 5220万円。

 

これならやっていけるかも

知れないって先生は

言ってましたけど

でも 人生のリスクって

あるじゃないですか・・・

 

パパが健康な状態なら

いいですけど

万が一のときも想定するわけで

パパがいなくなったら

母親一人で 家賃だけでも

大変な事になりますよ~

 

先生もその辺りは

はっきり言ってましたけど

専門分野になると

その為の保険があるだの

年金があるだの・・・で

 

先生に向かって

釈迦に説法なのかも知れませんが

 

先生みたいに

FP専門で生活をしていると

保険も売らなければならないし

貯蓄もさせないといけないだろうしと

まぁ 色んな角度からみて

その人その人にあった

内容を分析すると

どちらが正しいかわからない・・・

と言う答えが出るんでしょうね。

 

パパがいなくなった時に

もらえる年金で

家族全員が生活できるなら

いいかも知れませんが

年金だけでは

やっていけないのが

日本の年金・・・

 

そこに保険を当てるのか

住宅をあてるのかによって

リスク回避をとるようですが

保険だけを提案しても

 

パパが早期に

お亡くなりになれば

お金になりますが

健康でずっといてもらいたい

家族にとって

早く亡くなって欲しい

パパなんていないし

また

健康で過ごしきった後には

保険だと何も残らないしね・・・

 

そう考えても

住いを残すほうが

僕は良いと思うんですけど・・・

 

決して住宅を薦めたくて

書いているブログではなく

いち FPとしての意見。

 

住いを選択すれば

健康でい続けた後には

立派な 住宅ローンと言う

負債がなくなった

資産・・・我が家が残るわけですから

メリットデメリットを

比べることないと思うんですけどね

 

 


パパが亡くなった時にもらえる年金

 

パパが亡くなった時にもらえる年金

 

パパはいつまでも

元気で家族を守って

あげるのが父親だし

 

いつまでも元気でいてね!

 

って思っていても

 

中には うまくいかず

残念な事になる可能性も・・・

 

先が見えないのが

生きている証拠なんですけど

 

その万が一の場合

 

国からもらえる

ママへのプレゼントが

年金になります。

 

詳細には書くことは

できませんが

(個人個人で計算後の金額が

大きく変動するため)

 

だいたいのさわりの部分を

少しお話したいと思います。

 

まず

子供2人とママ

こんな家族から

 

下の図

簡単に作ってみました。

年金の説明

パパがお亡くなりに

なった時から

ママは国から

遺族厚生年金と

遺族基礎年金と2種類もらえます

 

遺族厚生年金

おおよそ 旦那さんの収入の10%

厚生年金の全期間かけていた合計から

割り出されるのでお亡くなりに

なられたときの収入ではないです

しいて言うなら 感覚的には

お亡くなりになられた収入の7~8%

ぐらいでしょうかね・・・?

年収入500万円だと 40万円ぐらいかな?

 

遺族基礎年金とは

お子さんがいる家族にもらえる年金で

お子さんがいないともらえません。

言ってみれば教育資金みたいなものです

1人目だと 約100万/年

2人目から 約22万円/年

 

子供が18歳になるまでの期間です

 

そうなるとおおよそ

お亡くなりになってしまったら

ママには 約162万円/年

プレゼントされることになります・・・

 

お子さんが18歳をそれぞれ過ぎると

今度は 遺族年金がもらえなく

なりますので・・・

その代わりに

中高齢寡婦加算 と言う名目で

ママが65歳になるまで

現法律で言うと

59万円プレゼント

 

なので

遺族厚生年金 + 中高齢寡婦加算 で

約100万円/年もらえる事に

 

もし 子供がいないとすると

この中高齢寡婦加算 も

国からもらえません

 

そして ママが65歳を過ぎると

自分の年金がもらえるようになります

 

年金金額は もうそれぞれ・・・

 

日本の憲法には

勤労の義務

納税の義務

子供に教育を受けさせる義務

 

そして

子供は教育を受ける権利 も

憲法内はありますからね・・・

 

遺族基礎年金も

中高齢寡婦加算も

子供がいないと1銭ももらえない

と言うのもうなずけます・・・

 

 

何がこの年金で

言いたかったといいますと・・・

 

年額162万円

年額100万円で

 

家賃を払って

自分の生活守れますか?

 

って 言いたかったんです

 

昨日のブログを

読んでいただけると

僕が言いたかった内容が

わかると思います。

 

↓ここをクリック↓

昨日のブログです

 

住いを建てて

万が一パパがお亡くなりに

なったら・・・

 

住いの住宅ローンは

なくなるし・・・

家にかかる

絶対的必要経費といえば

固定資産税(都市計画税)ぐらい

 

火災保険も35年一括で

支払い済みだと思うので

経費としてかかりませんからね・・・

 

あっ そうそう

分譲マンションは

固定資産税は安くなるかも

知れませんが

そのマンションに住み続ける限り

駐車場代やら管理費やら

修繕積み立て金やら

合計すると結構な金額が

住宅ローンを終了しても

かかりますからね・・・

 

マンションは悪いとは言いませんが

老後は心配な材料は 多いですよ

 

って

年金の内容でした


総記事数4,231件

PAGE TOP ↑