TANAKA

「 我が家のペット話 」 一覧

我が家のいちばんビビり

我が家のいちばんビビり

 

深夜になると

みんな 僕の近くに寄ってくる

深夜のにゃん達のヒーローポロシャツです!

 

ねこさん達は

夜行性?

 

深夜になると

昼間は僕によりもしないNekoさん達が

わらわらと僕のそばにやってきます

 

その中でも 今日は ひときわ

僕のそばを離れない

一匹のにゃん。

名は“天”

 

今 大諏訪の田中家では

唯一の田中産。

 

父親も母親も

田中家の中で生活してます。

 

ブリーダーの中では

禁断の 掛け合わせの

スコティッシュ✖スコティッシュ。

↑母親です・・・

 

かわいいスコティッシュが欲しいという

要望の中の猫ではなくて

 

少し避妊手術が遅れたことによる

自然な流れの猫算で誕生した猫です

 

顔はいちばん可愛い。

やっぱり スコ✖スコって

感じなんですけど

 

ブリーダーの中では

禁断かという理由があります。

 

それは 先天性の骨の軟骨部分の

障害が生まれてしまう可能性が高いから。

 

という理由です

 

この天ちゃんですが

生まれた時は

なんの普通と変わらずの

猫さんだったんですけど・・・

 

生後1年目ぐらいから

少しずつ 後ろ足の足首に

変化が現れます。

 

やっぱり 先天性のやつが

出ちゃったか・・・と

病院に通わせるも

先天性のものに関してみると

病気ではないので

治しようがないという

 

天ちゃん

後ろ足をやっぱりかばってまして

変形 →→痛いんです。

 

触らしてくれません。

 

けど 今日みたいに

ずぅ〜っとそばにいたりして

 

なんですかね・・・

人恋しさを

僕には全く見せない“天”が

そばに居すぎるだけで

なんか照れちゃいました。

 

そんな一面のワンショット。

ミミズクみたいな顔して

僕がいうのもなんですが

 

大諏訪産の天ちゃんは

やたら可愛いです(笑)

 

やっぱり可愛いなぁ〜

というのを

今日は再確認。

 

と ほっこりさせてもらった

就寝前のひと時レポートでした

 

と おやおや

そんなブログを書いてましたら

天ちゃんのおじさんに当たる

ひろしくんが

僕のブログ更新を邪魔しにきました。

 

なんだぁ〜お前もかぁ〜って

可愛いやっちゃ。

 

これまた

 

まる


“ねこ”ともに暮らす。

“ねこ”ともに暮らす。

月子

洋子

洋(ひろし)

地球(テラ)

富士夫

天(てん)

海(うみ)

秋子(あきこ)

 

8にゃんの大家族の大諏訪。

 

人間と同じで

誰一人 似たような性格の子はいなく

みぃ~んな ばらばらの性格。

 

そんな8にゃんと

5わんに囲まれながらの生活です

 

けど

 

大諏訪の我が家は

わん子用には 作られているんですけど

にゃんこ用には 作られていない住まい

 

こんな感じになるんだったら

にゃん子用にも

しておけばよかったと思う今日この頃。

 

暖かくなって

にゃんこ全員が 外が気になる様子・・・

 

これから にゃんと暮らす我が家を

検討している方へ・・・

 

よく猫と暮らす家を想像すると

キャットタワーを作るとか

猫橋を作るとか

猫用のくぐり口を作るとか

 

色んな事を言いますが・・・

 

結論的な話をすると

 

なくてもOK でも

あれあ なお良し 的な感じ。

 

TANAKA KENCHIKU の家は

猫と住む事を前提にしなくても

吹抜けが多いので

猫が好きな空間を作りだしてます

ここで

もっとも大事な事と言うと

高いところに猫がいると言う事は

猫の毛が 上から舞ってくる・・・

と言うこと。

 

なので 部屋中が

季節によりけりですが

ホコリが多い環境になるって言うこと

 

落ちてきた 毛は掃除することが

できますけど

高いところが好きな猫は

田中家の猫たちもそうですけど

多くの時間を高い場所で過ごしてます。

なので

その長くいる場所の掃除をしやすい環境に

しないといけないですよね

 

田中家の場合は

ここがすごくネックでして

月子とテラの寝室が

一番掃除しにくいところに

なってしまっているので

ここが 一番の難関。

 

そのほかは

自分たちで好きなように

高い位置を探しては

窓の外をみているので

猫たちにとって

なにかストレスがあるのかと言うと

そうでもない感じです。

 

“ねこ”と生活している

オーナーさん宅へ

遊びに行くと

吹抜けの梁の上に

猛ダッシュしている“ねこ”

まったりしている“ねこ”

昼寝をしている“ねこ”

等々・・・

 

我が家にはない生活をしている“ねこ”を

見ていると 我が家にも

あの梁欲しい・・と思ってしまう(笑)

 

家作りのなかで 気をつけたいのは

 

ねこの遊び場を作る事は

大事なことですが

 

掃除がしやすいように作ること

 

キッチンの上には天井を作ること

 

ねこトイレがLDKから見えにくいように

間取りを工夫して作ること

 

ねこトイレの処理がしやすいように

配置すること

 

ねこが隠れても

わかりやすい家具家電の配置を

検討すること

 

ドラえもんの寝床みたいに

掃除がしにくい寝床を

つくらないこと

人間が使う日用品なども

すべて扉をしめて管理できるような

収納を考えること

 

等々ですかね・・・

 

元気に遊びまわる ニャン達を

みていると癒されますが

その分 掃除も大変になるので

そのあたりを注意しながら

家づくりすると

本当に“ねこ”と生活しやすい家に

なりますよね・・・

 

“ねこと住む”的な色んな雑誌を

読んでみると

ねこの遊び場だけは

しっかりと書いてありますが

掃除のことを 細かく書いている本は

なかなか 出会えません。

 

新居に住む前から

ねこと住んでいる人なら

何が不便で、何を求めたいのか

理解して家づくりができますが

 

新居は ねこと住んでみたい・・・

と言う 未経験な感じだと

理想は見えても

実際の感覚はわかりませんからね

 

“ねこ”と暮らす。

 

変わらぬ猫愛をして頂きたい

ポロシャツからでした


命の尊さ・・・を知る。

命の尊さ・・・を知る。

 

大諏訪の田中家では

ちょこっとした出来事がありました

 

昨日は 9ニャンのうちの

下から2番目に若い

お鼻ちゃんが 嫁ぎに行きました

IMG_3426

やっぱり 花嫁?鼻嫁の時は

さみしいものですね

 

特に今回のお嫁さんは

本当に色んな事を

考えさせてもらった 仔猫のお鼻ちゃん。

 

お嫁活動は 過去に2ニャンほど・・・

その時の仔猫たちは

母親 洋子が生んだ仔猫でして

母親が育て そして 3ヶ月という

日数を置いて お嫁、お婿に行った

そういうところでしたが

今回の お嫁活動と言いますと

 

野良ちゃん子猫が

空腹による体力低下で

ほぼ 瀕死の状態で 横たわっていて

そのまま 放置しておけば

死んでいたに違いない子猫だった

 

そこに たまたまのタイミングで

うちの奥さんが 滅多に歩いては

通らない家の敷地を通って

何気に見てみたら 仔猫が倒れてて

死んじゃってるのかなぁ〜って

抱き上げたら 瀕死の状態だったと言う

出会い劇。

IMG_3454

それから 病院に連れてって

虫下し、病気の看病、

もちろん 野良猫なので

人馴れの訓練をして

ご飯を自分で食べれるようにまでなり

元気と病気がなくなった状態で

他のニャンたちと 共同生活。

 

で 里親探しをして

スタッフの黒須さんの親戚の方が

受け入れてくれました。

 

1日経った後の お鼻のお便りが

嫁のところに届いてましたけど

元気そうな感じでした。

 

ペットショップで 購入した子猫と

出会いが違うし・・・

お鼻以外にも 野良ちやんは

月子ちゃん、テラくん、秋子ちゃんと

海ちゃん

 

月子は最初にやってきた子猫・・・捕獲

テラくんも捕獲、秋子ちゃんも捕獲

海ちゃんは 捨て猫 と

 

瀕死の状態で 命さながらと言うのは

経験になかったんで

 

ご飯も満足に食べれない健康状態の中

元気になって

嫁がれていく姿をみると

命の尊さを感じます。

IMG_3458

命と言う一番大切なものを

僕に教えてくれたのは 奥さんですけど

もし 僕が同じ状況の中

横たわっている仔猫を見つけても

同じことをしていたと思います。

 

けど・・・

 

瀕死の状態から 元気になる姿まで

自分の寝る間も 惜しんで

看病することが 僕にできるかというと

無理だったと思います

 

お鼻ちゃんだけじゃなく

生後一週間で 捨てられいた海ちゃん

体の発育が 他の子猫より半分も見たいない

秋子ちゃん 等々

本当に 命の大切さを

僕の身近で 教えてくれているのは

奥さんだと思ってます。

IMG_3461

その奥さんは 自分病気のことで

精一杯のはずなんですけど

それでも 子猫のためと思って

頑張ってる姿を見ると

すごく命の大切さを教えてもらいました

 

言葉は 命が大事とみんな口を揃えて

言ってますけど

本当に感じているかと言うと

行動に移せる人って中々いないと思う。

 

人の命とか 動物の命とか

命に大きいも小さいも本当はないなか

処分されている現状もあり

一つでも なくなりそうだった命が

大切に保護されて

これから十数年も 家族の一人として

大事に育てられて行く事を想像すると

暖かい気持ちになりますね。

 

奥さんにとっては 同じ状況に

これからもなるイメージはしていて

僕は 少しでもその行動の心の支えに

なれるように頑張りたいと思います

 

 

今でも 玄関先のところには

空腹で 病気にならないようにと

外猫用に 毎日餌が置かれています

 

この状態を改善できる方法といえば

途方も無い事なんでしょうけど

頑張って応援して行きたいと思いました。

 

お鼻ちゃん・・・。

いつまでも 元気で愛されてくださいね・・・

 

 

 

まる


嫁に行きたぁ〜い

嫁に行きたぁ〜い(ikko風にお願いします)

 

大諏訪の田中家

 

にゃん9のお話は

先日・・・話をしました。

 

その続き。

 

その大諏訪のニャンコ

2にゃんを少し紹介させてください。

 

題して

 

『お嫁に行きた〜い』

 

子猫たちは

大諏訪の家の前の空き地で

保護した子猫たち。

 

名前は

 

田中家ネーム

お花”と“秋子

 

お花ちゃんは 推定4ヶ月

秋子ちゃんは 推定3ヶ月

 

お花ちゃんとの 出会いは・・・

S__36421639

奥さんが玄関先の植木に水をやりに

言った時の話。

一匹の 横たわって微かな息をしていた子猫

 

午後から雨が降る。

このままだと 死んじゃう・・・

そう感じた奥さんは

その子猫を保護。

 

病院に連れて行き

完全な 栄養不足。

 

点滴を繰り返して

虫下しをして

あらゆる治療をして

 

元気に ふっかぁ〜つ!

S__36421638

ワクチン接種して

元気満々。

天真爛漫。

心配していた人恐怖もなくなって

最近では うっとうしいぐらいに

スリスリと・・・

 

でも しっかりと

猫特有の あれっ あれっ ですよ

『こっちおいで・・・』と言っても

 

ツンツン。

 

自分の気分で スリスリしやがってぇ〜

 

この野郎〜って感じで

自分が必要な時だけ・・・

近くにきやがって と言う

完全に ツンデレって言うんですか・・・・

 

しっかりしてるゼィ

 

犬好きな ポロシャツとしては

この小娘が!!!と思っていますが

 

でも 幸せの鍵しっぽ

 

小さなクランクが なんとも・・・

なんとも・・・愛くるしい(笑)

 

まぁ〜

こんな感じなんですが

 

小娘 お花ちゃんは

お嫁行きどきです。

S__36421635

 

 

9にゃんと生活しているポロシャツですけど

猫の柄については 全くの素人でして・・・

お花の柄は

“白キジ”と言う柄らしい。

 

白黒のたまのようなんですけど

黒い部分が キジ模様。

とにかく 今は おてんば真っ最中。

耀雅と一緒。

まるで 大人しくない(笑)

 

静かな時は 寝ている時ぐらいだ・・・

 

嫁ぎ先 もっぱら募集中で ございます。

 

 

もう一匹の

秋子ちゃんは

S__36421637

生まれたての頃は

大諏訪のお家の周りを

常日頃 うろうろ ちょろちょろ

 

でも この仔一匹だけ

妙〜に体が小さいなぁ〜って

僕も思っていたころ

奥さんとも話していたところ

 

奥さんから 一本の電話が・・・

 

『あの小さい子猫 保護したんだけどさぁ〜』

 

って

 

はいよぅ〜って 言うしかない(笑)

 

当時 保護したに

推定で2ヶ月ぐらいの子猫なんですけど

体重を測ったら 500g

 

普通の子猫の半分の体重で。

 

秋子は 今 花嫁修業中で ございます。

 

でも こいつ・・・

足が 短い(笑)

 

小柄で やたら可愛い

S__36421636

しかも こちらも鍵しっぽでございまして

なんともなんとも

その鍵しっぽぶりがハンパない(笑)

 

なぁ〜んと

180度ならぬ

360度。

 

完璧に折れ曲がっちゃって

長いはずのしっぽが

半分になっちゃってるんで

短く見える

なんちゃって うさぎしっぽ。
柄も 靴下じゃなくて つめ先だけ白くて

なんだか 中途半端で可愛い感じなんです

 

アッコ(秋子ちゃん)も

虫下しが終わり

治療も終了。

 

あとは

ワクチンと 人馴れ訓練中。

 

まだ お嫁には少しだけ

時間がかかるかもしれないけど

でも 今猛烈に修業中v。

 

頑張れ!

 

と言う 大諏訪の2トップの可愛い

にゃん達の紹介でした。

 

可愛がってくれる家族へ

嫁ぎ先 募集中でございます!

 

ちなみに

うちの 猫博士の奥さんも

この 秋子の柄の

正式名称は わからないようです(笑)

 

キジの柄が黒で

白も一部 靴下がらも一部。

 

なんだか

よくわからない 可愛い奴っす!

 


11月22日は 我が家の日。

11月22日は 我が家の日。

 

11月22日は

世間体では

 

良い夫婦の日。

 

車のナンバーも

1122は 多いねぇ〜

 

大諏訪の田中家に

11月22日はあるのでしょうか(笑)

 

と もう一つ

 

11月22日は

 

わんこ と にゃんこ の日。

 

わんわん にゃんにゃん の日

 

これまた

大諏訪の田中家には

多いに関係のある1日です

 

なんたって

たいよう君

そら君

かい君

くう君

ぽぽちゃん

 

の5わん

 

月子ちゃん

テラ君

ようこちゃん

ひろし君

ふじお君

てん君

うみちゃん

おはなちゃん

あきこちゃん

 

と 9にゃん。

A3767759-BE6F-4893-878D-E0BD8509809A

↑ この腑抜け姿は ふじお君。

 

と ズラ〜っと長く並んだ名前は

 

わんわん にゃんにゃん。

S__26066987

↑ これだけ居ても 過半数以下(笑)

 

にゃんにゃんは

我が家近くで 助けてあげて

嫁入り前の修行中がいるので

全員が 田中家に居続けることは

ないと思って居ますが

これもまた わからず(笑)
今のところ

人間3人と わん5 にゃん9の

大所帯でございま〜す。

 

で 11月22日は

なんで 我が家の日かと申しますと

 

我が家を建築するにあたり

まず 主人は誰だ?

 

なんて 打合せを僕としたことが

ある方には 質問をするんですけど

 

我が家の主人

住む=主+人 ですよね・・・

 

なので 主人のために建てる家が

本当の家づくりなんです。

 

じゃぁ〜主人は だぁ〜れ?

 

と言う質問に対して

答えは と 言いますと・・・

 

まず 我が子。

S__26066988

では ありません。

↑『僕では ないのか・・・』と

言っております・・・

 

我が子は 数年後、十数年後には

我が家から巣立って

自分の生活を 始めます。

なので 我が子の為の家づくりを

してしまうと・・・

いずれ 主人が居なくなってしまうので

もぬけの殻の住まいに なってしまうんですね・・・

 

わかりますか〜?

 

 

では もう一度 質問です

 

家づくりの主人は 誰でしょう〜?

 

はいっ それは

 

夫婦”です。

 

夫婦は 命ある限り

ずっと 住まいとともに その場所で

生活をしますよね・・・

 

だから 子育てに忙しいママも

仕事に忙しいパパも

子育て、仕事の両立のパパ、ママも

家づくりの時には

少しだけ 夫婦の時間を見つめ直して

家づくりに取り組んで欲しいんです。

 

これ ほんと。

 

今 僕が言った

『家づくり主人は夫婦の法則』

 

を 無視して家づくりをしてしまうと

とんでもなん結果に数年後なってしまうので

気をつけましょうね・・・

 

と もう一人、 と言うか

まだ 特定の家族には“主人”が居ます

 

それは・・・

S__26066986

ペット

↑『この家の主人は 私でしょ』

と 言っております

 

えっ?って 声が聞こえましたよ

 

でも 本当なんです

今 僕らのように すでにペットがいる家族。

これから 家づくりに向かって

ペットを検討している家族の方は

 

もう一つの主人は ペットと理解してくださいね。

 

我が子じゃ ありません

ペット です。

 

何故ならば・・・

ペットも 夫婦と同じで

ほぼ 一度 ともに生活し始めると

ず〜っと一緒にいることになる可能性が高いから

 

ペットは 人の寿命と違って 短い

 

だから また 人は 夫婦は

亡くなってしまったペットの代わりを

もう一度 手にする事になるんです。

 

我が子のように

神から授かった命ではなく

いとも簡単に 手に入れる事ができる命と

家族になる事ができるから・・・

 

家とともに 長〜く生活をする人が

主人なんでございます。

 

現在では わんニャンの飼育頭数は

合計で 2000万頭を超えているらしい

 

う〜ん これは 人口の1/6の頭数ですからね・・・

 

まさしく

家づくりの主人は

 

誰でしたっけ?

 

夫婦・・・ですよね

 

ペットのいる家族では

 

主人は 夫婦とペット。

 

だから 11月22日は

 

良い夫婦の日

わんにゃんの日

S__26066990

そして

 

我が家の日

 

わかってくれましたかぁ〜

 

夫婦の家づくり

夫婦とペットの家づくり なら

 

ともに 大所帯に住むポロシャツに

お任せあれ!


BAD DAY・・・

BAD DAY・・・

スクリーンショット 2017-10-27 0.45.00

今日は 朝から最悪・・・

 

何が最悪かと言いますと・・・

 

その前に・・・

今日の一曲は

ダニエル パウダーの

Bad Dayを聴きながらの

ブログにします(笑)

 

スクリーンショット 2017-10-27 0.31.43

↓よかったらこんな歌です↓

ダニエルパウダーのBad Day

↑ここをクリックして↑

 

you had a bad day〜♫

付いてなかったのさ〜♪

 

って言う歌詞なのに

意外と明るいテンポ。

 

大好き(笑)

 

良かったら聴いてみてねぇ

 

何が付いてなかったというと

 

僕の愛用の男の必需品

髭剃り。

 

その髭剃りが 今の我が家の月子が

水洗いした 髭剃りを

なぁ〜んと・・・

無意味に

なんの仕返しの為に

どうして そんなことするの?

 

って 思う感じで

 

ぽい

 

ぽいって 床に捨てやがった。

 

なんで???

 

 

いつも ひげを剃った後に

水洗いをして

そして 窓の前に置き

電気カミソリを乾かす為に

乾かす窓台の上に置くんですね

 

その窓台は まぁ〜月子からしてみれば

憩いの場であって

外の景色が 悠々自適に眺められる場所でも

あったんですね・・・

 

この髭剃りと 月子は

いつものコンビといってもいいほど

普通な生活だったんですけど

 

今日ばかりは

まさかの ポイ捨て。

 

ポイッて

 

ポイッて

 

なんでやねん。

 

で・・・

髭剃りが向った先は

 

洗濯物を入れているカゴの中に・・

IMG_2869

 

落とした時は タオルは

残念ながら なかったんすよぅ〜(泣)

 

で どうなったかと言いますと

 

 

はいっ

 

IMG_2868

髭剃りの芯らしき軸が

 

ポキっ

 

ポキって 曲がっちゃいました。

 

もうだめだよね・・・

 

買いに行かなきゃ。

 

って思うけど

 

今日もみっちり 打合せスケジュール。

 

もし ひげもじゃのポロシャツに

出会ったなら・・・

 

一声かけてくださいな・・・

 

髭剃り・・・御愁傷様でした。と

 

 

少し髭もじゃの ポロシャツを

お許しくださいませ。

 

なんであいつは

今日、髭剃りを

ポイ捨てしたんだろう?

 

当の犯人は

何食わぬ顔で 自分の根所で

寝てやがる!

 

IMG_2871

 

『なんか 用ですか?』

 

って とぼけてんじゃねぇ〜よっ!!!

 

意味がわからぬまま

月子をにらむ ポソシャツでした。

 

Bad day〜♪♫


運命

運命

 

先日 家の前にダンボールの中に

入れらえて捨てられてた?

生後一週間後の子猫が大きくなって

やんちゃで どうしようもなく

女の子なんですけど・・・

“海ちゃん” と言います。

IMG_2626

やっぱり野良猫 すっげぇ〜早ぇ〜

 

生後一週間から 奥さんに育てられて

親猫に危険な事を教わっていないせいもあり

自分の行動に恐怖心はなく

もうやりたい放題。

 

ある朝、目覚めたあと

海ちゃんを見に行ったら

右目が腫れて 右足を抱えて・・・

奥さんが 病院に連れて行ったら

熱が高く、今日は山ですねと

言われながら

 

原因は不明で、もしかすると

脳になんらかの障害が残るかも・・・と言われ

 

奥さんも

『昨日まで 元気で走り回ってたのに

 こんな姿になっちゃって・・・』

と 泣き崩れてました

 

そんな姿をみて

早く元気になれ!と願うしかなく。

 

そんな 動かずの状態が一週間ぐらい続いたかな。

 

毎日通う病院で点滴をしながら

今日は 子猫ですけど

ステロイドやってみましょうか?

 

と言う提案があり もう打つ手はないか・・・と

奥さんも思ったらしく お願いをした。

 

ステロイドを3日間処方したら

元気になって 動けるようになり

そして その一週間後、いつもの動きに

戻るまで回復をみせ

今は、もう手がつけられないぐらいの

おてんばぶり。

 

元気になった

海ちゃん。

 

そして もう1匹の子猫

奥さんが 玄関先の花に水をやりに行った時、

1匹の子猫が 駐車場に横たわっていたそうで

“あれ死んじゃってるのかな・・・”と思いながら

近寄ってみたら 息をしていました。

 

で 助けます。

 

病院にいき、虫の息だった子猫を

いろんな処方をして

食べ物も食べてくれるようになり

腫れてた目も治り、お腹の中にいた

回虫も駆除できて 下痢も治り

元気になりました。

IMG_2625

その元気になった子猫

“鼻ちゃん” 鼻が赤いからつけた名前。

花ちゃんじゃないよ(笑)

 

で 柄も同じ、尻尾も鍵尻尾

なんとなく 姉妹じゃないの?と

奥さんは思っていたんですけど

体の大きさは 倍くらい小さかったんで

違うよなぁ〜って思っていたそうな・・・

 

 

ったら

良く良く調べて行ったら

田中家の目の前の家の猫好きな家族の方から

僕の以前のブログを読んで

奥さん通しで 話をしたら

目の前の家でも 鼻ちゃんの兄弟を

助けて自宅で療養中。

 

その子猫も 鼻ちゃんと 海ちゃんと

柄がそっくり。

 

その保護した時の話を聞くと

なんと 保護した子猫、鼻ちゃん、海ちゃんは

全員兄弟と言うことがわかり

母猫がまだ 若いせいか兄弟が生まれたのは

全部で5匹、

 

育てる事を放棄したのか、

1匹を加えて出て行って

その子猫が いなくなった・・・

 

と その時に 人間の誰かが

ダンボールに入れて放置したのが

なんと 海ちゃん。

 

その後、初産だったのか

うまく育てることが難しくなり

栄養失調のように横たわっていたのが

鼻ちゃん。

 

そして 目の前の家の網に引っかかって

脱出が 困難な状況を保護したのが

もう1匹の子猫。

 

そして今でも 子猫2匹を連れて

近所をうろちょろしている親子猫が

母親とその兄弟だそうです。

 

体が倍近く 海ちゃんが大きくなったのは

人間に育てれらたおかげで

栄養がいきた渡って育ったので大きくなった

海ちゃん。

鼻ちゃんは 母猫が小さい事もあり

栄養がいき渡らずに 小さく育ったのが

原因だって・・・

 

そんな偶然ってあるもんなんですね

 

そんな 姉妹が 大諏訪の家で再開。

 

育てられた子猫

IMG_2626

救われた子猫

IMG_2625

生後一週間で 引き離された猫は

目も見えない状態でお別れなので

血筋も何も覚えてなく

新しい友達と出会う気持ちでの

ひと時でした。

 

でも また こうやって元気で

大諏訪の家で 再開できた事を

誰よりも 幸せに思う 嫁でした。

 

育てられた猫

 

救われた猫

 

 

そして

 

↓ 

 

 

 

 

 

 

盗まれた猫

さらわれた猫?

IMG_2624

の 月子でした

 

この子は 奥さんが仕組んだ

煮干しに誘われて

夢中になっていた時に

 

“むぎゅ”って 

大諏訪の家に 

かつぎこまれた子猫です

今は こんなになってます

『盗まれた猫』

 

今では 8匹の猫たちに

囲まれて生活している大諏訪の家。

 

もはや 猫ハウスだねん。

 

 

 


諏訪の子猫たち

諏訪の子猫たち

 

大諏訪誕生の 天ちゃん

奥さんの母親代わりが

奥さんの負担と比例するかのように

うまくいっている 子猫育て。

 

もう すごく大きくなって

自分のカゴの中から

外へ出ては 天ちゃんと一緒に

遊び始めます。

IMG_2128

人の母に育てられた 海ちゃんは

全くの外敵知らず。

 

耀雅にも 平気でアタックしてくるし

そんじょそこらの事だと

逃げたりしない有様。

 

この事が 海ちゃんにとって

いい事なのか、それとも よくない事なのか

わかりませんが

 

とにかく 小さい体なのに

無防備すぎる。

 

耀雅に間違って 蹴飛ばされれば

命の存続すら危ういのに

まぁ〜耀雅の周りを

うろちょろうろちょろ。

大きくなって 色んな所に

探検するのは いい事なんですけど

自分のお家から外に出ている時

気が気じゃありません。

 

もうちょっと

早く大きくならないかなぁ〜と

 

いつもヒヤヒヤしている

大諏訪の母でした

 

もっと大きくなって

色んな遊びをもっとしたい・・・

天ちゃんでした

IMG_2128


深夜の出来事

深夜の出来事

 

昨日、僕が帰宅したのが

夜中の11時。

 

外では いつもの静けさが・・・

 

ただいまぁ~

 

って 感じで

すぐさま プシュッっと

缶ビールをあけ

グビグビと・・・いつもの生活。

 

お風呂に入り

その後 いつものとおりの団欒。

 

その後 洗濯物を干しへ3階へ

 

そしたら

なにやら 外が騒がしい。

 

騒がしいと言っても

子猫の鳴き声が 絶え間なく。

 

ニャァニャァ~

 

奥さんが

なんとなく尋常じゃないよね

この泣き声・・・

 

と 言いながら

屋上から 外を眺めています

 

で・・・

 

僕が 行って来なよ・・・と

声をかけると

懐中電灯をもって

外へ 行きました。

 

11時過ぎに 帰宅したときには

泣き声がしなかった外。

 

その様子を 洗濯物を干しながら

だんだんと 泣き声が

玄関に近づいてくるのがわかりました。

 

洗濯物を干し終わり

リビングへ帰ると・・・

 

居た居た・・・

 

人道に反してるよ・・・

 

と少々怒りながら。

 

なんと

木の下で ダンボールの中に

入れられた子猫が

ずぅ~っと泣いていたそうな。

 

この中に いました。

ねこ

 

たぶん 推測ですが

田中家と 田中家の目の前の家が

猫をたくさん育てているのを

知っている人なんじゃないかなぁ~って

思えるほど

 

泣き声が聞こえるように

また 見つけてもらえるように

置いて行った形跡が・・・

 

怒りながらも

子猫の面倒を見始める奥さん。

 

シャンプーをして

家にあった 子猫用のミルクを

段取りして・・・

 

置いて行った人も

たぶんですが 猫のことは

知っている感じだそうです。

 

子猫の体重を計ったら

我が家にあった子猫データと

あわせたら 生後7~10日前後。

 

産まれた時から

目が見えるようになるまで約1週間。

 

この7日間は

ミルクも人と同じ

2~3時間おき。

 

この大変な時期を過ぎての出来事。

なんとなくですが

寂しいような。

それでも

命を託した大切な心のような。

 

赤ちゃんポストに似た

今回の出来事は 僕にとっては

色んな気持ちが 入り混じった

初めての出来事でした。

 

今日、病院に行って

検査をしてもらって 異常なし

ノミ駆除の薬を塗ってもらって

元気に育ってほしい。

奥さんも 本気で育てるようで

 

うちの洋子のときは

子猫を育ててくれている母猫管理の様な

動きをしていた奥さんですが

今回ばかりは 本当の母。

 

元気に育ってくれて

里親探しをしようと思います。

 

奥さんにとっては

しかるべき事なんですけど

僕は 命が助かったことに

安心をしています。

 

しっぽ が 鍵しっぽ

幸運のかぎしっぽ

白毛で黒の斑点のかわいい子猫。

口の横に 南野洋子なみの

ほくろみたいな アクセントがあるょ

 

名前は 海ちゃん。

 

かぎしっぽ の 猫ちゃんは

幸運を運ぶ猫 と雑学で

言われているそうですよv

 

良い里親さんが見つかると

良いなぁ~と思うポロシャツでした

 

また 経過を報告します。

大諏訪生まれではありませんが

大諏訪の母が子育て真っ最中の“海ちゃん”

とりあえず 元気になぁ~れ!

 


食欲旺盛。

食欲旺盛。

 

我が家の長男 太陽くん。

食欲旺盛

年齢は 16歳。

 

人の年齢に換算すると

80~84歳。

 

老犬になると

色んなところに

やっぱり 異変が起きて

病気しがち。

 

先日は 歯が だめで

僕らが 太陽くんの歯の

メンテナンスに落ち度が

あったこともあり

 

抜歯。

 

年齢的にも 一週間ほどの

入院が必要と言う事で

入院をして

 

退院後 術後の経過もよく

ご飯を食べていたんですけど

急に 食欲がなくなり

元気もなくなり。。。

 

心配で 病院に行って来たら

今度は

前立腺膿瘍と診断。

 

血液検査をしたところ

異常な数値が出たと言う事で

再度 折り返しの入院。

 

入院中は 面会に行けば

目にたくさんの涙を浮かべ

 

『とうちゃん、かあちゃん

家に帰りてぇ~』

 

って 猛アピール

 

『帰ろう』って

 

言ってあげたいけど

それも出来ず

ただただ 時を待つのみ

 

その後 病状も落ち着いて

食欲も出てきたと言う事で

退院して 我が家に戻ってきました

 

 

それからと言うもの

 

だんだんと 我が家の中でも

元気になって

 

最近では

食欲が出てきましたょ~と言う

レベルではなく

逆に 食欲旺盛。

 

まだ食べるのかい?と

僕も戸惑うほど。

 

元気に回復してきたのかなぁ~って

思っていますけど

再検査を日をまって

安心することにします

 

人もそうですが

わんこたちも

自分の年を忘れて

元気になって飛び回ることが

出来ることって幸せなことですよね

 

太陽くんは

7年前に他界した

兄弟の そらおくん の分まで

一生懸命に今 生きてます。

 

僕の机の上には

そらおくんの写真がありますが

もうちょっと たいちゃん(太陽くん)を

元気でいさせてください・・と

お願いをした日々。

そらお2

そのお願いが通じたのか

どこかしら

ご飯をあげると スキップのような

歩き方を見せる太陽くん。

 

元気になってよかったなぁ~って

思う今日この頃です。

 

わんにゃん王国の大諏訪の家

たくさんの生き物たちに

元気とパワーをもらっている

3人家族。

 

僕も80歳になったときに

あれだけの食欲旺盛でいられるかなぁ~と

自分と置き換えるポロシャツでした。

 


さよならの儀式。

さよならの儀式。

 

今日で 母猫ようこさんから

子供たちが 順次巣立って行きます。

 

3/31日に誕生して

60日間と言う短い母親でした。

 

当然 子猫はまだまだ

母猫が必要な感じですが

里親さんたちも

 

首を なが~くして

まっていますんで

少し寂しいですけど仕方がありません

 

ようこにも 今日が最後だから

べたべたしてあげて・・・

 

と 言っても理解できないのも

仕方がありませんが

とても 今日からいなくなるという

雰囲気さへ感じさせず・・・

マイペース。

 

仔猫たちも 当然同じ。

 

そんな 親子を引き離すのも

可哀想な気もしますけど・・・

奥さんいわく

『2日寝れば 忘れるよ・・・』との事

 

 

いよいよ 桜が 出発しました。

 

待つのは おじいちゃんと おばあちゃん。

 

息子夫婦との二世帯らしく

愛猫家。

 

おじいちゃん、おばあちゃんも

猫を飼っていた経験の持ち主なんですって

 

今では 2階に住む息子さん夫婦が

猫を飼っていて

おじいちゃんと おばあちゃんは

猫が好きで たまらないのに

それ以上に 息子さん夫婦は

猫の事が大好きで

滅多の事では 1階に降りてこない猫らしい。

 

そこへ うちの桜が 嫁ぎます。

 

僕は引き渡しへ 行きませんでしたけど

つくやいなや もう家の中では

歓迎ムード一色で

色んな桜用の猫用品がそろっていたそうです。

 

これなら 安心だ。

 

と 奥さんは 心置きなく

桜を 届けたと言ってました。

 

奥さんが 帰ってきて

 

少しやっぱりさみしいね…

ようこも なんとなく

桜がいないことで そわそわしてます。

 

いよいよ 明日は ふくちゃんも

嫁いでいきます。

 

僕は その時の ようこが心配ですが

奥さんいわく…

 

『2日も寝れば 忘れるよ』と同じ回答。

 

昨年の10月に 始まった

仔猫騒動。

 

天ちゃんから 始まり

ふくちゃん と 桜ちゃん。

 

明日1日で 大諏訪の仔猫騒動も

終了です。

 

天ちゃんも まだまだ

本当なら 8カ月の仔猫。

 

母を 独り占めできるのかもしれませんね~


最後の門出

最後の門出

 

大諏訪の田中家にとって

今日は最後の門出の日となりました

 

福ちゃんが 嫁いでいく日。

 

準備も万端。

 

さぁ~行くぞ と 猫を運ぶかごも

用意できました。

 

今日 福ちゃんが嫁ぐ先は

スタッフの勝間田の知り合い。

 

夫婦もまだ若く

3歳のお子さんと 小学生のお兄ちゃん。

 

仔猫を 追っかけないかなぁ~って

心配もしていましたが

うちのボスと違って

耀雅が生まれた時に既に猫がいる生活と

物事の判断が 出来るようになった

子供のところに新しい家族として

迎えるのでは 環境が違うから

大丈夫だよと 僕が言いながら。

 

僕は ようこの方が 心配なんですけど

奥さんは 昨日から

『2日寝れば 忘れる』の1点張り(笑)

 

準備が整ったところで

さぁ~出発です!

 

今日は 僕も同行してお届けに・・・

 

ようこに さよならと言って

出かけます。

 

昨日と同様 嫁ぎ先の家では

もう 迎える準備万端。

 

まるで 僕らの家より

猫様模様。

 

これなら 安心だと僕も思いました。

 

猫を飼う経験は 昨日の家族と違って

福ちゃんが初めて。

 

これまた 溺愛ムード一色でした。

 

到着して かごから出してあげると

福ちゃんは どちらかと言うと

ビビり…派。

 

すぐさま ソファーの下にもぐって

出てきませんでした。

 

まぁ~ 思い起こせば

洋子の時も、ひろしの時も、富士男の時も

みんな 我が家に来たばっかりの時は

ビビって 色んな所に隠れて

出てこなかったことを覚えています。

 

我が家でさえ 3日間ぐらい

みんな出てこなかったんで

こんなもんか・・・と

 

一通り 仔猫の説明をして

そして 仔猫にとって

危険なところも指摘をして

改善してもらって 帰ってきました。

 

お迎えムードで始まり

子供たちは どう騒いでいいのか

少し戸惑いながら

福ちゃんを迎え入れてくれました

 

良かった 良かった と

思いながら 大諏訪につくと

やっぱり いるはずの仔猫たちが

いない大諏訪は 少し寂しい。

 

仔猫用に段取られたゲージも解体され

仔猫用に設けられたスペースも

今では ただのスペースに。

 

作った当時は 耀雅もまだ

色んなものを 色んな所から出すのが

好きでまぁ~散らかりっぱなしで

今では 耀雅もその時期も過ぎ

必要なものを 必要な場所から

出すことを学び

色んな所へ 耀雅ように柵も

設けられていましたが

今では 耀雅が生まれる前の

部屋の状況にもどりました

 

そんな 自然な風景もさみしい。

 

と 僕が気になっていた

ようこの様子と言いますと

やっぱり 2匹がいなくなってからの1日。

 

我が子たちを探しています。

 

にゃぁにゃぁ 鳴きはしませんが

落ち着かず探しています。

 

ちょっと意外だったのが

天ちゃん。

 

お兄ちゃんとしての そぶりは

あまり見受けできなかったんですけど

2匹の仔猫がいなくなったとたん

ようこよりも

しきりに仔猫達を探しています

 

兄弟愛 なのか・・・

いつも 隣にいた子猫。

 

自分より小さな猫は

福ちゃん と 桜だけだったからね。

 

心の隙間が ぽっこり空かなければ

いいんですけどねぇ・・・

 

毎日が にぎやかな大諏訪でしたが

寂しい気持ちで いっぱいの

猫 & 住人 でした。

 

福ちゃんも 桜も

ずぅ~っと

愛されてくださいね・・・

 

ようこ より。


総記事数4,618件

PAGE TOP ↑