*

「 省エネ・エコについて 」 一覧

5~8年前に家を建てた人、必見!

5~8年前に家を建てた人、必見!

 

今日は 超~短文。

 

5~8年前に家を建てた人、必見!

 

5~8年前に家を建てた人で

太陽光発電をまだ

設置してない人

 

特に 必見!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

今、支払っている住宅ローンの

金額が変わらずに…

 

 

太陽光発電 と

蓄電池 と

HEMS が

設置できるかも知れません・・・

スマートに行こうよ

という事は・・・

憧れの 我が家もスマートハウスに・・・

 

ひと昔は 500万円以上した

設備ですが・・・

もしかしたら

今の住宅ローンの支払額が

変わらずに 手にはいるかも・・・

 

詳しくは

コンシェルジュの 大木くん

 

 

コンシェルジュの 石堂くんまで

 

 

ほんとに 驚き(驚)

 

 

僕のブログでは

 

ないしょ(笑)

 

 

 

ではっ!

 

 

5~8年前に家を建てた人、必見!


住宅の2020年問題

住宅の2020年問題

 

ZEH って ご存知ですか?

 

Z・・・ゼロ

E・・・エネルギー

H・・・ハウス

 

の 略語でして・・・

 

難しく説明すると

やたら難しくなりますので

 

血液型O型流の ザクっっとした

言い方で 簡単に言うと・・・

 

地産地消の住い とか

自家発電自家消費

 

いわゆる 電気を買わない生活を

目指す住い・・・と言う事。

 

そのZEHが2020年より

大きく前進します・・・

 

今から準備をしておかないと

いけません・・・

 

なぜなら

2020年以降に建てる住いのほとんどは

このZEHの住いになっているはずだからです

 

時代に乗り遅れるって

その乗り遅れた住いの住宅ローンを

30年近く払っていくことになるかも・・・

 

そんな講習会に行ってきました。

 

2年前より このZEHのお勧めを

してきた僕から見ると

2年前より1年前

1年前より今日まで

 

だんだんと そのZEHの荒波は

大きくなってきています

 

来年になると

もっともっと大きな荒波になって

考えるようになると思います


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・3

 

 

住宅ローンって言うのは制度上

マイホームを建てた家族には

万が一パパが他界されても

住宅ローンは一切残りません

 

残ったローンは

無くなってしまいます。

家族の為にパパが

家族の為に残してくれた財産です

 

パパが元気でいるから

アパート、マンションの家賃を支払って

パパが元気でいるから

家族が養っていける。

 

けど 万が一があると・・・

残された家族は

いったいどうなるんでしょうか?

 

家賃を支払い、

家族を養っていかないと

いけないのはママの力のみ。

 

ぞっとしますね。

 

って言うか

想像すら出来ないと思います。

 

しかし現実は 30~35歳までに

お亡くなりになる若い男性は

130人に1人。

なんと 1000人のうち0.77%の方が

毎年お亡くなりになっています

 

自分の家族には

考えられなかった事態は

我が家には関係ないと

言いきれる数字ではありません。

 

毎日 一生懸命 家族の為に

がんばっているママさんたち

 

あかちゃんが 夜鳴きをしても

我慢してがんばるママさん

自分の時間をさいてまで

家事をがんばるママさん

子育てが中心で

自分の事もままならないママさん

 

そんなママさんたちを助けれたら・・・

 

そう思っています。

 

マイホームを建てる事によって

家事が楽しくなる・・・

楽(らく)になる

 

子供との生活も楽しくなる

家族の更なる幸せが膨らみます。

 

Myキッチンって

広いです、

綺麗だし、

好きな色も選べるし

好きな料理も出来る

 

My浴室って

浴室暖房がついてて暖かいし、

広いし、

家族でのお風呂の会話も出来る

 

My洗面脱衣室だって

広いし清潔感たっぷりだし

なにより

自分らしく洗剤を置く場所とか

下着を置いとく場所とか

アレンジできて使いやすい配置が

出来ちゃったりします

 

自分らしいLDK

子供との思い出

たくさん出来ますよね

憧れの対面キッチン

ママが見渡す限りの家族で

やりたい放題の家事

我が子とのコミュニケーションが

いっぱいいっぱい増える場所

 

ママさんが

家族全員があこがれる

夢のマイホームです

 

続く・・・

↓ここをクリック↓

がんばるママさんへ・・・4


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・4

 

でも みんな

こんな風に思うんですよね

 

良いのはわかってる・・・けど

 

まだ無理

 

頭金ないし・・・

住宅ローンに束縛されたくない・・・

 

けど 実際は無理じゃないんです。

田中建築でも

平成生まれの若い夫婦で

マイホームを建てる家族が

多くなりました。

 

楽しい家族との生活が出来る

パパが万が一のときの

家族を守る事が出来る

 

しかも・・・光熱費がゼロ円になる。

 

光熱費がゼロになる住いが

これから標準になります

 

今の住まいは

光熱費をなくす住宅です

電気代、ガス代が

圧倒的になくなります。

エコでスマートな住い

エコスマの家 です

 

アパート、マンション住いだと

ガス代だってすごく高いし・・・

電気代だってすごく高い

しかも これから電気代は

どんどん値上がりします

 

2年前と比べても

今の電気代は約20%も

値上がりしてますし・・・

光熱費を気にしながらの

生活してませんか?

 

光熱費を気にしないで

生活することも

これからのエコスマの家

 

話をもとに戻しますが

このままアパート、

マンション生活だと

家賃+光熱費+追加駐車場代。

この3つが実際に住居費として

かかっている総費用になります

 

でも 新しい夢のマイホーム!

エコスマの家は

住宅ローンだけ 。

 

そして パパが万が一のときに

残された家族を守る保険付。

 

そして

庭がある・・・BBQ出来るし

家庭菜園だって出来る

 

そして

なにより夢のマイホームで

全てが自分流。

家事だって 料理だって

そして 家族のコミュニケーションだって

夢が膨らみます

 

最近では

本当にがんばるママさん達が多く

子育てしながら 家事しながら

パートやフルタイム、

仕事に行きながらの

一生懸命な生活を家族の為に

がんばってます

 

だから 余計に応援したい・・・

 

ママが笑ってるから

家族が幸せになる

そのママが笑えるお手伝い・・・

ママががんばって、がんばっても

万が一 パパが・・・

 

でも 今のがんばっているママには

何も 残らない・・・

それどころか

もっとがんばらないといけなくなる

 

だから 少しでも

がんばるママさん達に

幸せになってもらいたくて

もっと これから先の

安心できる生活の為に

幸せになってもらいたくて

 

僕たちは 応援したいと思います

 

最終回へ続く・・・

↓ここをクリック↓

最終回へ


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・5

もうひとつ

夢のマイホームの現実を

さえぎるもの・・・

 

それは

これから先には

消費税上がるし・・・

わかりづらいと思いますけど

住宅ローンの金利だって上がる・・・

 

住宅ローンの金利が今よりも

たった1%上がるだけでも

約700万円も支払う金額が

変わってしまいます

 

誰も 得しない住宅ローンの金利

 

次の事を話す専門家もいます

 

3年後に建てる家の金額の違い

 

家賃3年分と金利の違いで

なんと

1000~1200万円も多く支払う事になる

 

しかも 先ほど話をした内容で

パパに万が一あった時の

残された家族の悲惨な生活。

 

マイホームを建てるタイミングが

間違っただけでも

ママさんには

残酷とも言える生活が

待っている可能性を3年間も

心配をしないといけない・・・

という事。

 

マイホームを急がしている訳で話を

しているのじゃなくて

本当にがんばっているママさんに

少しでも 応援できたらなって

 

可愛い我が子のためのプレゼントが

出来たらって

パパにいつまでも元気で

家族で本当の満足が得られる

実感した生活を

おくってもらいなたいなって

 

でね

 

最近の住い、エコでスマートな

エコスマの家

 

スマホで家の管理が

出来ちゃうんです!

 

我が家の電気の使用量、

ガスの使用量、

太陽光発電の発電量、

エアコンを外出先から動かすとか

すごい時代になりましたよ(笑)

 

最後に

がんばっているママさん達が

どんな時でも いつでも

また どんな状況になっても

安心した生活と

更なる家族の幸せを

感じて頂ける様に

応援していけたらと思います

 


ついにやって着ました!

少し早いですが

ついにやって来ました!

 

って

 

なにが?

 

ですよね・・・

 

蓄電池が少しずつ

少しずつですが

僕の中で納得いくものが

出てき始めました~

 

いままで僕自身が

納得いかなかったこと・・・

 

1つ目

それは 200Vの電源が取れない・・・

IHが動かないんですよ~

少し大きめのエアコンも

動かないんですよ~

 

2つ目

高効率な熱源でありながら

蓄電池の力では

電気を熱に変換できなかった

お湯が作れないんです。

 

3つ目

蓄電容量が少なくて

我家の電気をまかなうまで

電気を溜め込むことが出来なかった。

せっかく太陽光発電で電気を

発電しているにもかかわらず

自分家族が満足に夜使う事が出来なかった

 

4つ目

太陽光発電して蓄電する時に

電池がマックスに溜まった後

自動で売電スイッチを

入れることが難しかった

 

そして最後!

電気の変換効率が悪くて

蓄電池でありながら

蓄電するよりも売電するほうが

お得だった・・・

 

ですが

 

 

まだまだ

高価であるものの

僕の期待を満足させるだけの

電池が世の中に

出回ってきました!

 

特に喜べたのは

蓄電池で溜めた電機で

お湯を沸かすことが出来る!

 

ガスのエネルギーよりも電気のほうが

電気→お湯にするには

約4倍の変換効率がある・・・

けど けど

今までは 深夜電力を

使わないと効率よく

お湯を作れなかった・・・んですけど

作れるようになりました!

 

電池の開発とともに

進められてきた高効率ガス給湯!の出現

また エコキュートに対応した

蓄電池も世に出てくるとか・・・

 

 

 

 

深夜電気をも くつがえす

200V出力の出現

 

 

良い感じっす!

 

しかも 今なら

この話題の蓄電池を

購入するにあたっては

約35~70万円ほどの

補助金までついてきますからね

 

これから

お住まいを検討されている方には

よりよい光熱費節減に

つながると思います


エコ・スマの家・・・

エコ・スマの家・・・

 

これからの住いの

常識の形が

 

エコ・スマの家

 

エコで

スマートな家・・・

 

家からの熱の流出を抑え

生活からの消費電力を抑え

そしえ

自らが電力等を作りだす住い

 

住まいは

完全電力自給自足へ向かい

そして

新しく建てる住まいは

完全に完成する・・・

 

その時代の先取り感が

ある エコ・スマの住いですけど

実は何も先取りではない

 

太陽光発電は今では

もぅ当り前の様に設置して

自給自足が将来できるような

設備を9割弱のオーナーさんが

用意してます・・・

 

エコと言う面でも

これから各電機メーカーは

今までは エコ家電となる

省電力家電を販売していましたけど

これからは 省電力に加え

各家電が通信できるスタイルに

なって その後

1台1台の電力の軽減から

家一軒の電力軽減へ

 

ふと思うんですよね・・・

 

自分の建てた住いなら

太陽光ありの

自給自足の設備あり・・・

 

けど

アパートや

賃貸マンションなんかは

どうすんだろ・・・?

 

って

 

可能な範囲がありますからね

 

うまく対応できて

いけるんだろうか・・・って

 

ソフトバンクが発売するロボット・・・

ペッパー君登場で

これからのLDKの必需品の

未来が予想される人工知能・・・AI

 

どう生活環境がかわるか

わかりませんけど・・・

 

住いの環境だけは

エコ・スマな住まいは

絶対条件だと思います・・・

 

エコ・スマな家

 

 


専門分野…

専門分野…

 

家づくりに特化した

僕の人生は

今まで 僕が生きてきた

人生の中で 半分以上に

なりました

 

18歳から この分野に

入ってもう 26年目を迎えます

 

長いようで 短い

 

住宅に関して

お施主さん、オーナーさんと言う

個人の住宅と言う資産を

主に扱うようになって 既に

20年になろうとしています。

 

僕らで言う当たり前が

いつの間にか

初めて家を建てられる

オーナーさんから見ると

専門分野として

位置づけられて

 

僕の毎日の

日常生活が

専門分野に携わってます

 

その専門分野って

本当に難しいなって

 

めでたいことばかりではないのが

人生です。

 

今回 身にしみて

感じた専門分野の世界。

 

オーナーさんに

お医者さんがいます。

 

体のことで

ちょっと調べたいことがあり

ネットでいろいろ

調べてみたものの

 

わからないところがほとんど。

 

知らないことが大嫌いな僕の性格。

 

自分のできる限りの時間を

使っていろいろ調べて

でも 最終的には

不安が残るばかりで

答えが導き出せない

 

それが 結局の僕の答えでした。

 

頼るところが

やっぱり オーナーさんで

ほんの数十分でしたけど

ご指導とご鞭撻を頂いて

心がほっとする瞬間がありました

 

ネットで調べる事が

出来るのはほんのうわずみ

 

って事が本当に再確認できました。

 

そんな自分のことに置き換えると

今、この時間

ふと考える自分がいて

 

それは 毎日が当たり前のように

触れているこの僕の住宅業界。

 

でも 実は本当に

専門分野で

 

初めて住まいを建てる方の事を思うと

 

わからない事がわからない

知らないことが知らない

ってことが良くわかりました。

 

今まで

500人以上のオーナーさんと

打合せを重ねてきましたけど

本当にわからない事が

処理できて本当に理解されている

オーナーさんの数って

どのくらいだろう…

 

お客さんの数を数えたら

その5~7倍の数。

 

もっと丁寧に説明を

しておけば良かっのかと

自問自答する今回の出来事でした

 

今、誰でも簡単にネットで

色んな事を調べることが

出来る次代へ

でも

それは 本当の氷山の一角であり

本質を究めたものでは

ないということ。

 

氷山の一角でさえ

10%と言われる中

専門分野の内容を

ネットで調べることが

出来ることなんて

数%に過ぎないこと

 

もっともっと

簡単に客観的に

そして

もっと

専門分野を従事している者で

あればあるだけ

詳しく そして 端的に

うまく伝えることが

出来ることをこれから

もっともっと考えていかないと

いけないな・・・と

 

そう思った出来事でした。

 

また 今回は本当にオーナーさんに

ご指導いただいて

これほどまで 助かったと

思ったことはありませんでした

 

本当に感謝してます。

 

心の引っ掛かりが

なくなっただけでも

本当に僕らは助かりました。

 

これから ぐっすりと

寝ることが出来ます。

 

それだけ

専門分野に

入って悩めば悩むほど

難しいことはないですね

 

僕が持ち合わせている

住宅に関しての専門知識

さらにさらに

世の中の皆さんに

理解できる様に語ることが

出来ないといけないですね

 

今回のことに習って

そうとう勉強になりました

 

感謝しています


省エネ×創エネ×蓄エネ

省エネ×創エネ×蓄エネ

 

こんにちは

沼津市工務店の

田中建築工業のポロシャツ社長こと

田中です

 

先日 ある商社とメーカーと

打合せをする機会があり

これからの住宅像の

話をすることが出来ました。

 

商社とメーカーとの話は

僕ら地域の工務店に

とっては これからの

日本の住宅がどのような

方向に進んでいくのかを知る

とても良い情報源になります

 

それは

ハウスメーカーで言う

高級ハウスの発注形態とか

ブランドハウスの標準仕様の

実務レベル的な話を

してくれているんで

ハウスメーカー等で

発行しているカタログ通りの

家がちゃんと売れているのか

違うものが売れているのか

 

そんな情報の生の声が

聞く事が出来るからです

 

話の内容は

 

高級住宅の方向性

太陽光発電と 断熱材と

そして その他発電装置と

最後に 蓄電…

 

そのような内容を

今回は聞いてみました

 

驚くことに

 

メーカーによって

ばらばらですけど

今 売れている住宅は

一般的な住宅が多いのは

変わりはないんですけど

少し以前より

高級住宅と言われる

坪あたり80~100万円を越す

住宅の契約状況が

とても 多くなってきたと

と言う話でした

 

昔の高級住宅と言えば

豪華な内装、大きな住い

周りから見て

高そうな家・・・

そんなイメージの

住宅だったそうですが

今では 内装の豪華さや

また 高級感溢れる外観と

言ったように

見栄的な住いではなく

装備的なものに

お金をかけているという話でした

 

それは

省エネ×創エネ×蓄エネ

 

最高級の断熱サッシは

地域特性により必要か否かは

別問題として

最上級グレードの

サッシを使い

防犯性能も高めたサッシ

省エネ

そして

太陽光発電も

出来るだけフルに乗せて

ガス発電装置

エネファームを取り付け

創エネ

そして

大容量の蓄電装置を設置する

蓄エネ

車の電源の話もしていました

 

そして 将来の汎用性に

向けての HEMSの装置

 

ざっと この設備を

標準的な住いに乗せて

販売しているとの事でした

 

太陽光発電は

もう いわずと知れた

普通に乗せている家庭が多く

今は エネファームも普及

 

蓄電池も 今 発売されている

電池のもので最高グレードが

売れているようです

 

その商社の方が

言っていましたけど

ハウスメーカーにおろしている

金額を当然把握しているので

売値を想像すると

約1000~1200万円強

 

単純に40坪の住いを

計画するとなると

坪単価25~30万円に

なりますからね

 

坪あたり80~100万円に

なりますよね

 

高級住宅が

売れる理由は

高級感を満足させる住宅ではなく

エネルギーを満足に考えるへ

 

そんな時代になったんですね

 

これから先の日本の住宅の

方向性が見えてきた

話し合いが出来ました。

 

家を建てたいかも…

と 思ったら

とりあえず ホームページ

訪れてみてください…

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

田中建築工業のホームページ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

地域密着工務店 函南町 も エリア

自然素材 と デザイン住宅

注文住宅 の

幸せ家族応援工務店

田中建築工業 田中雅之

 


エコキュートの低周波音

エコキュートの低周波音
今日こそは建築に関係する
ブログを書きます!
エコキュートの低周波音が
最近少し問題を引き起こして
いるようです・・・
2013112301.jpg
低周波音って
100Hz以下の音で
人が聞こえない音から
振動として伝わる音とかが
その対象になっているようです
その低周波音で
裁判事情に発展している
案件が結構あるようなんです
僕も知りませんでした。
実際に・・・
人に対して
不眠
めまい
頭痛
吐き気 など
中には 日常生活に
著しい影響を及ぼすものもあり
苦痛を感じている
設置をしている隣人が
いるみたいですね
設置をする時は
さらなる配慮・・・
と言う事になります
2013112303.jpg
田中建築工業では
ほとんどの方が 
エコキュートは使わずに
キッチンはIH
給湯はガス の
ハイブリッドの利用方法が
ほとんどですけど
これから エコキュートを
設置するオーナーさん宅には
設置する場所を 今以上に
検討しないといけないですね。
僕が読んだ案件だと
裁判にはなったものの
最終的には 和解 で成立したと
書かれていましたけど
和解案の内容を読むと
エコキュートの撤去
エコキュートと異なる電気給湯器
(音の出ない給湯器 
 足し湯が出来ないタイプ)
原告に費用負担をかけない
と言う内容が組まれていました。
病気になった本人への
損害賠償額まで
記載されていませんでした
でも 内容を読む限りでは
和解にはなったものの
一方的に原告側の要望が
通った感じですよね
この様な事件と言うか
裁判まで発展した案件は多い様で
国の基準も
『低周波音問題対応の手引き書』
あるようですけど
まだまだ 満足できるような
内容にはなっていないようです
どちらにしても
住いに関係する事の中で
最も難しいのは
個人的な感じ方
明るい暗い
温度の問題 
僕みたいに一年中ポロシャツ君もいれば
厚着をしても寒いと言う人もいて
感じ方の違いによって
大きな問題に発展する事って
意外に多いんです・・・
特に今回の音に対する問題も
単なる騒音ではなく
毎日の生活の中での
必要になってくるインフラの部分での
問題発生なので
本人もさることながら
隣人への配慮も大切だと言う事を
改めて思う内容の記事でした。
2013112302.jpg
地域密着工務店 長泉町 も エリア
自然素材 と デザイン住宅
注文住宅 の
幸せ家族応援工務店 田中建築工業
田中雅之
2013/11/23


総記事数4,341件

PAGE TOP ↑