*

「 太陽光発電について 」 一覧

発電シーズン到来。

発電シーズン到来。

発電シーズン

さぁ~ 世の中の季節は

春から夏へ

 

天候も安定して

沢山の紫外線が・・・

 

太陽光発電の発電シーズンに

なりましたよぅ~

 

なんとなく・・・

 

STUDIO LUXEの屋根の上に

設置されている太陽光パネル。

そのパネル達が発電している様子を

映し出すモニターを見るのが

楽しみな 今日この頃。

 

発電しているしてる。

 

太陽光発電って 真夏が一番

発電するイメージを持つ方が多いですが

 

太陽光発電は 5~7月が

一番発電します。

 

特に 5月。

 

読んで字のごとく

太陽の光 のことで

太陽の熱 ではないので

 

気温が高いと発電するわけではなく

夏至である時が一番発電します。

 

けど・・・

 

日本では 6月といえば

丁度 梅雨時期。

 

雨、曇りが 多いので

一番発電する月なんですけど

発電しません。

 

なので その6月をはさむ

5月、7月がもっとも発電します。

 

という事で

 

発電シーズン到来。

 

発電モニターを見ながら

にやにやする ポロシャツでした


5~8年前に家を建てた人、必見!

5~8年前に家を建てた人、必見!

 

今日は 超~短文。

 

5~8年前に家を建てた人、必見!

 

5~8年前に家を建てた人で

太陽光発電をまだ

設置してない人

 

特に 必見!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

今、支払っている住宅ローンの

金額が変わらずに…

 

 

太陽光発電 と

蓄電池 と

HEMS が

設置できるかも知れません・・・

スマートに行こうよ

という事は・・・

憧れの 我が家もスマートハウスに・・・

 

ひと昔は 500万円以上した

設備ですが・・・

もしかしたら

今の住宅ローンの支払額が

変わらずに 手にはいるかも・・・

 

詳しくは

コンシェルジュの 大木くん

 

 

コンシェルジュの 石堂くんまで

 

 

ほんとに 驚き(驚)

 

 

僕のブログでは

 

ないしょ(笑)

 

 

 

ではっ!

 

 

5~8年前に家を建てた人、必見!


太陽光設置の工事

太陽光の下地は・・・

 

今日は お引渡しを待つ住いの屋根に

太陽光発電を設置する工事を

行うと言う事で ちょこっとだけ

現場に視察してきました・・・

 

もぅ 真夏も終わり

仕事の仕事環境はだいぶ良くなったと

職人さんが言っておりました

 

設置した太陽光発電は

見慣れたものですけど

設置途中は あまりお目にかからないと

思いましたので

ブログでアップしておきます

 

出来上がった屋根に

太陽光発電を受け持つ金具を

取り付けていきます

taiyoukou1

その後 パネルとパネルの

電気をつなぐコードを

ルート通りに 接続させながら

次のパネル 次のパネルと

順番に取り付けておきます

taiyokou2

職人さんは 各太陽光メーカーの

設置基準を満たした

ライセンスを取得しないと

設置が出来ません・・・

 

専門用語で ID取得といいます

 

太陽光発電を設置をする職人さんには

設置ID

太陽光発電から生まれた

電気を家の中に接続する

電気工事は

電気工事IDと

別々のIDを取得しないと

太陽光発電は完成しません

 

各メーカー全部が違うIDを

求めているので

例えばシャープのIDで

パナソニックの施工は出来ないと

言う事になります・・・

 

全てのメーカーの太陽光発電の

施工をするとなると

全てのメーカーのIDが

必要と言う事になります

 

本当に大変なことなんです!

taiyoukou3

田中建築工業では

既にシャープのIDを

それぞれ取得できましたので

近い将来 断熱材同様

内製化で 太陽光発電を

行なっていくことになります

 

また 一段と 太陽光発電の

オーナーさんから見たら

価格を低価格で設置可能になりますので

ご期待くださいませ・・・

 

あっ 今、発注いただいている

オーナーさんは 内製化の金額で

行なわせていただいているので

ご心配なく~


太陽光発電のこれからの行方1

太陽光発電!これからの行方の基礎講座

 

太陽光発電の必要性については

もう このブログで

ひつっこいぐらい(笑)書いてるんで

今日はその話じゃなくて

 

なんで 太陽光発電なのか

 

こんな話をちょっとだけ・・・

 

さかのぼる事 2005年

京都議定書 って覚えてますか

日本のCO2削減を

世界中のCO2削減を

世界の各国の方々と約束をした日

 

また その日本のCO2削減の

大きな引き金を持っていたのが

なんと 住宅業界だったんですね

あまり公には なっていませんでしたけど

 

世界中の住宅の寿命は

おおむね70年

日本の住宅の寿命は

おおむね30年

 

この70年と30年の違いって

結構大きくて・・・

 

住宅の材料を作る、伐採する

加工する、現場に運ぶ、組み立てる

そして 解体する、処分する

 

この一連の流れが 世界と日本では

倍以上だったんですね・・・

家の寿命=トータルCO2量は

比例しますからね。

 

と言う事で

建築基準法は 90年もつ

家造りを検討したんです。

 

↓↓↓ここをクリック↓↓↓

太陽光発電の行方2へ続く


太陽光発電のこれからの行方2

次に それでもまだ

目標値には及ばない・・・

 

住宅のライフランニングコスト

家を造る、住む、壊す、処分するって

言うんですけど

 

まだ 削減するように・・・と

考案されたのが 2005年の時点での

創エネ と 省エネ 何です

 

なぜかと言うと

ライフランニングコストの

家を造る、壊す、処分する・・・は

1/2以下にすることを目標値

で・・・残された“住む”に

メスを入れたんですね・・・

 

その時点では まだ

明確に太陽光~って訳でも

なかったらしい・・・

 

この10年間で

太陽光 と言うより

創エネに力を注入した・・・という事です

 

この住宅に及んでいるCO2削減は

日本の国だけが 進めていたことではなく

世界各国に向けて 宣言した内容なんです

 

創エネと省エネ・・・と蓄エネ

 

目標値は 1990年度基準で

2020年までに25%掲げています・・・

 

という事は あと5年。

 

だから ひっしこいて

国は補助金を創エネに関して

どっかんどっかん・・・出すんですね

 

その後は・・・

2050年までに80%削減を目指す・・・

 

と言うことは

絶対的に 将来の住宅の展望

ライフサイクルコストの

『住む』は 完全CO2排出量・・・ゼロ

 

ですよねぇ~

 

だから 太陽光発電というか

創エネ+蓄エネ は 絶対に外れない

 

という事なんです

 

今後消えるはずのない太陽光発電

ちょっと違った角度から

お話してみました。


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・4

 

でも みんな

こんな風に思うんですよね

 

良いのはわかってる・・・けど

 

まだ無理

 

頭金ないし・・・

住宅ローンに束縛されたくない・・・

 

けど 実際は無理じゃないんです。

田中建築でも

平成生まれの若い夫婦で

マイホームを建てる家族が

多くなりました。

 

楽しい家族との生活が出来る

パパが万が一のときの

家族を守る事が出来る

 

しかも・・・光熱費がゼロ円になる。

 

光熱費がゼロになる住いが

これから標準になります

 

今の住まいは

光熱費をなくす住宅です

電気代、ガス代が

圧倒的になくなります。

エコでスマートな住い

エコスマの家 です

 

アパート、マンション住いだと

ガス代だってすごく高いし・・・

電気代だってすごく高い

しかも これから電気代は

どんどん値上がりします

 

2年前と比べても

今の電気代は約20%も

値上がりしてますし・・・

光熱費を気にしながらの

生活してませんか?

 

光熱費を気にしないで

生活することも

これからのエコスマの家

 

話をもとに戻しますが

このままアパート、

マンション生活だと

家賃+光熱費+追加駐車場代。

この3つが実際に住居費として

かかっている総費用になります

 

でも 新しい夢のマイホーム!

エコスマの家は

住宅ローンだけ 。

 

そして パパが万が一のときに

残された家族を守る保険付。

 

そして

庭がある・・・BBQ出来るし

家庭菜園だって出来る

 

そして

なにより夢のマイホームで

全てが自分流。

家事だって 料理だって

そして 家族のコミュニケーションだって

夢が膨らみます

 

最近では

本当にがんばるママさん達が多く

子育てしながら 家事しながら

パートやフルタイム、

仕事に行きながらの

一生懸命な生活を家族の為に

がんばってます

 

だから 余計に応援したい・・・

 

ママが笑ってるから

家族が幸せになる

そのママが笑えるお手伝い・・・

ママががんばって、がんばっても

万が一 パパが・・・

 

でも 今のがんばっているママには

何も 残らない・・・

それどころか

もっとがんばらないといけなくなる

 

だから 少しでも

がんばるママさん達に

幸せになってもらいたくて

もっと これから先の

安心できる生活の為に

幸せになってもらいたくて

 

僕たちは 応援したいと思います

 

最終回へ続く・・・

↓ここをクリック↓

最終回へ


子育てや家事をがんばっているママさんへ・・・5

もうひとつ

夢のマイホームの現実を

さえぎるもの・・・

 

それは

これから先には

消費税上がるし・・・

わかりづらいと思いますけど

住宅ローンの金利だって上がる・・・

 

住宅ローンの金利が今よりも

たった1%上がるだけでも

約700万円も支払う金額が

変わってしまいます

 

誰も 得しない住宅ローンの金利

 

次の事を話す専門家もいます

 

3年後に建てる家の金額の違い

 

家賃3年分と金利の違いで

なんと

1000~1200万円も多く支払う事になる

 

しかも 先ほど話をした内容で

パパに万が一あった時の

残された家族の悲惨な生活。

 

マイホームを建てるタイミングが

間違っただけでも

ママさんには

残酷とも言える生活が

待っている可能性を3年間も

心配をしないといけない・・・

という事。

 

マイホームを急がしている訳で話を

しているのじゃなくて

本当にがんばっているママさんに

少しでも 応援できたらなって

 

可愛い我が子のためのプレゼントが

出来たらって

パパにいつまでも元気で

家族で本当の満足が得られる

実感した生活を

おくってもらいなたいなって

 

でね

 

最近の住い、エコでスマートな

エコスマの家

 

スマホで家の管理が

出来ちゃうんです!

 

我が家の電気の使用量、

ガスの使用量、

太陽光発電の発電量、

エアコンを外出先から動かすとか

すごい時代になりましたよ(笑)

 

最後に

がんばっているママさん達が

どんな時でも いつでも

また どんな状況になっても

安心した生活と

更なる家族の幸せを

感じて頂ける様に

応援していけたらと思います

 


電力会社の自由化で・・・

電力会社の自由化で・・・

 

今日は な~んと

直々に

シャープの本体の

エネルギーシステムソリューションズ

これからの 創エネの

第一人者の方と打合せ

 

近い将来やってくる

電力事情の説明に

来てくれました。

 

で 日本はこれから

電力会社の自由化に伴い

どんな方向に進んでいくのかを

じっくり勉強できました

 

実は実は 電力の自由化と

簡単に言いますけど

選択するのがすごく

難しいそうで・・・(泣)

 

今 電力会社として

国に認可を提出している

会社は な~んと驚愕の400社!

 

全てが認可になるわけでは

ないようですけど・・・

 

ほぼほぼ その数の推移はするそうで

で・・・何が難しいかと言うと

 

どこの電力会社を選ぶ???

 

ってとこらしいです。

携帯電話の会社の数だって

たったメインは4社。

 

たったそれだけなのに

どこの会社の携帯電話料金が

自分にとって一番適しているか

なんて 質問されても

わからないですよね・・・

 

それが なんと

400社!

 

みなさん選ぶときに

何を選択したら良いか

わからないのが本当ですよね・・・

 

でも やってきますよ

そんな時代が もうすぐ。。。

 

で そこで一番役に立つのが

これから HEMSシステムだとか・・・

HEMS

例えば 僕が選ぶ電力会社は

勝手にHEMSが一番適した

電気料金で選定してくれるらしい・・・

 

過去1ヵ月の僕の電気の

使用状態の全て把握をしていて

その状態だと ○○会社

今月は○○会社

今月は○○会社 と

こんな感じらしい・・・

 

また蓄電池を導入することで

もっと効率の良い購入方法が

わかるというから優れもの。

 

シャープが言っておりましたが

既に時代は 太陽光発電がないのは

タブーな世界らしくて・・・

 

スタートが 太陽光

そして HEMSの設置が常識になり

そして 蓄電池を利用すると

もっと家庭のランニングコストを

考えた住いが完成するだとか・・・

 

HEMS管理もシャープ内の

クラウドで管理をするために

ほぼ毎日更新される電力会社の

料金体系に対応すると話してました

 

本当にすばらしいと思います

 

HEMS設置コストを回収するのに

何年もかからないようです。

 

↓↓↓↓ここをクリック↓↓↓↓

電力会社の自由化で・・・2へ続く!


電力会社の自由化で・・・2

電力会社の自由化で・・・2

 

その後 数年後には

採算の合わない電力会社が出てくる事も

想定しているようで

電力会社のM&A

 

合体して合体して出来た

本当の電力会社・・・

そんな中 携帯電話料金も

そうでしたけど

一昔では考えもしなかった

電話料金代フリーの料金設定・・・

シャープは こんな事

言ってはいませんでしたけど

もしかすると もしかすると

数年後には

電気料金いくら使っても固定料金設定・・・

なんてことも 出てくるのかなぁ~って

思ったりもして・・・

 

電力会社の自由化になって

電気料金が下がるんじゃないかって

まだ お話している方もいますけど

どう考えても それは

ありえない話ですよね・・・

 

だって 僕が発電している電気の

売電価格は42円×消費税。

自由化になって 42円で買い取って

それよりも安い価格で販売するなら

自由化は保てないですもんね・・・

 

ガス会社からは 今の売電価格の

+1円で買い取ります・・・

なんて営業に来ている会社もあるぐらい・・・

 

利益主義の会社なのに

逆さやで電気を買い取ることは

ありえない話ですからね・・・

 

電力会社を始めるには

ある一定以上の発電量をしないと

認可はしないらしい・・・

だから今は 1円高くても

発電しているクライアントを

集めています・・・とは言うものの

42円の前は 47円 と言うことは

間違いなく 50円の電気料金は

覚悟をしないといけないと言う事です

 

資本主義で しかも

買取をしている会社のほとんどは

一部上場企業ですから

もちろん 赤字で採算の

取れない事業はしない・・・

 

と言うことは

一目瞭然の結果ですよね・・・

 

と そんな話をしていて

 

やっぱり・・・

 

盛り上がった話のもうひとつは

太陽光発電装置の未来系のことでした

 

シャープの社員から話を聞いているので

ややシャープよりの話になりましたが

選ぶなら純和製がいいらしい・・・

 

現在でも 円安の影響で

価格が暴れまくっている

輸入品の太陽光発電装置・・・

日本での販売の撤退を考えている

メーカーも沢山ありました。

 

あえてここでは

話をしませんけど・・・

 

太陽光発電は

一生使い続けるものだから

 

って 考えると

やっぱり 安心技術は

 

日の丸製品 だと言う事なんでしょう

 

と言う事で

本当にいい話を聞きました

 

もう少しで

僕たちも TANAKAブランドで

新しい太陽光発電の発売をいたします

 

こちらも 期待充分!

 

楽しみにしていてくださいね

 

まっ 今日のシャープの方は

はるばる東京から新幹線を

使って沼津に来てくれたのは

その打合せだったんですけどね

 

TANAKAブランドの発売まで

もう少しです

 

Yo~ check it out !

 

では~


太陽光売電価格

太陽光売電価格

 

今年の太陽光発電の

売電価格の方向性が

見えてきましたね

 

と 言うか

ほぼ決定です

 

やはり と言うか

そうなるを得ない状況が

世の中にはあったので

 

仕方がないよね・・・と言う

感じです

売電価格決定

10kw以上の売電価格は

29円/kw

 

家庭用の余剰電力は

33円/kw

 

家庭用の場合はもう

売電をして得をすると言う

考え方から 既に

地産地消の 蓄電池を用いて

脱電力会社で作るエネルギーで

生活をまかなう・・・

 

です・・・

 

10kw以上の発電の

儲かる話は もう希薄です

 

実際には 太陽光発電の

設置費用なんかも下げ止まり気味

 

あとは どう設備投資として

回収するかを検討しないければ

行かないんでしょうけど

 

ひとむかしの用には

行かないでしょうな・・・

 

なんたって

僕が設置したときの

売電単価が42円でしたから

 

それから比べると

29円だと

13円も下がりました

 

13円といったら

1/3の価格ですからね

 

経済産業省では

太陽光発電よりも

バイオマス発電を

より活発化させるために

こちらの売電単価は

40円として来ましたから

 

発電自体の重要性と言うより

太陽光発電と言う発電を

一度 見直しをかけたと

言う感じになります。

 

でも 間違えてはいけないのは

 

じゃぁ~ 太陽光発電を

つけなくていいのか・・・

 

と言う事になりますけど

 

逆にこれは

どんどんつけないと

家計費において まずい

形となって現れた現象だと思います

 

地産地消で 脱電力会社での生活が

完成している住いと

そうではない住いとでは

これから先

電気代が

今月は3万円になった

今月は4万円になった

 

と言う時代は

もうすぐやってくるかも知れない

と言うことを

経済産業省は言っているように

この売電価格が決定した内容に

なっていると思わざるを得ません。

 

電気がないと

どうしても生活が出来ないのが

現代社会・・・

 

太陽光発電 と言うより

地産地消の家計づくりを

真剣にこれから

考えていかないといけないですよね

 

と言うことで

 

本日は 太陽光発電のお話をしました


総記事数4,297件

PAGE TOP ↑