*

「 家づくりのコツ 」 一覧

2世帯住宅のセミナー

2016/04/20 | 家づくりのコツ

コンシェルジュの水口より

新しいセミナーを開きたいので

社長お願いします。

 

と 依頼されたセミナーがあります

 

それは 2世帯住宅向けのセミナーで

各種保険取り扱い店の社長さんと

コラボで行うセミナーです

 

今回の地震を受けて

沢山の話をしていこうと思います

 

 

2世帯住宅って実は

3世帯住宅で

おじいちゃん、おばあちゃん

パパ、ママ

息子さん、娘さん。

 

正しい2世帯住宅を設計することによって

本当に 今 日本では必要とされる

住宅だと僕は思います

 

今年になってから

田中建築工業でも

2世帯の住まいを建築される

オーナーさんが本当に増えました

 

ひとつの要因としては

やっぱり ママの育児環境と

ママの仕事環境が

核家族より 2世帯住宅の方が

メリットが多いことだと思います

 

今 日本では 女性の仕事力は

本当に必要と感じていて

だから 田中建築工業では

子育てママが働きやすい環境を・・・

と言うことで事業所内保育たる

無認可保育所があります。

 

 

2世帯住宅の打合せをしていると

ママが働く環境を

しっかりと おばあちゃんが

確立してあげようとしている姿も

よくわかりますし

今 おばあちゃんも働いていても

今後の将来を見据えての

家族計画が 打合せのはしはしに

出てきます。


2世帯住宅のメリット

2016/04/19 | 家づくりのコツ

子どもは ママとおばあちゃんと

いつも一緒にいる時間が出来る

 

若夫婦においても

ママの仕事環境以外に

夫婦の時間をもつ余裕が出来る

 

子どもの保育園を心配する

必要がなくなる

 

おじいちゃん、おばあちゃんに

してみても

孫と居ることで 活気が生まれる

何かをしてあげたいと言う

気持ちが生まれる

 

たまに遊びに来る孫のように

かわいがるだけの世話をしなくなる

1人の子どもとしての教育も出来る

 

また 今回の大震災でも

解っているとおり

住まいを建て直すことにより

また

新しい住まいに住むことにより

耐震構造の基準で出来上がった

安全な住まいに住む事が出来る

 

大震災の時には必ず問題として

取り上げられている仮設住宅問題。

 

このあたりの心配がなくなる

ゼロエネルギー住宅を持つことにより

資産を残すと言うことよりも

普段の生活をすることが

自家発電自家消費することで

可能になること

 

新しい住まいを建てることにより

まず 命を守ることが

数倍に今の住まいよりも可能になります

家族全員がそばに居てくれます

 

命があってこその

幸せを感じる時間があるんですから

まず 家族の命を守ると言う

点から考えると 今 古い住まいに

お住まいの方は もし 家族に

建築の計画があるのであれば

単世帯住宅よりも 2世帯で

資金的な面で 応援してあげることが

良い方法ではないかと思います


2世帯住宅は難しくない!

2016/04/18 | 家づくりのコツ

2世帯住宅だと 色んな面で

苦労しそうな感じがあると

思われがちですが

住まいの設計と住み方により

お互いのプライバシーを守りながら

そして お互い都合の良い生活が

出来ることを知っていただきたいと

思います

 

僕の知り合いは

都心になってしまいますが

2世帯風マンションで生活を

しています。

7階建て60世帯ぐらいの

大きなマンションで

その中の2つを購入し

同じ階 お隣の住まいを購入し

玄関を通じて 行き来をしている

家族もありました

 

都心と言うこともあり

2世帯住宅を建築するには

高額になりすぎるために

マンションと言う選択を

したんですけどね・・・

 

マンションで2世帯風の住まいより

断然 地方の静岡県なら

ランニングコストも抑えることが出来る

土地付き一戸建ての方がお得です

マンション管理費、修繕積立金

2台目の車、駐輪、バイク置きなどの

別途駐車料金代 は 2世帯ともなると

60000円近くなりますからね・・・(泣)

 

2世帯って難しい様で

工務店やハウスメーカーサイドで

しっかりとした 知識とスキルが

あれば こんなに便利な環境はないんですっ!

 

そんな感じのセミナーを

保険とからめて 話が出来れば

良いなぁ~って思っています


今は建て時・・・?1

2016/04/15 | 家づくりのコツ

今は建て時・・・?

 

こんな質問を

消費税増税の気配がする

この頃に よくされます

 

『増税する前に 建てた方が

いいですよね・・・?』

 

って 質問されるんですけど

 

答えは NO です

 

建て時ではない・・・

と 僕は思っています

 

『じゃぁ いつが建て時ですか?』

 

と 質問されると

 

僕は 『今だと思います』と

お答えします

 

?????

 

ですよね

 

でも 消費税増税だから

建て時 とか

消費税増税見送りだから

建て時ではないとか

そう言う 問題ではない。

 

と言うことです

 

消費税増税だから

建て時 は NOですが

 

家族で建てたい と思った時が

建て時です

 

2%の増税って 大きな金額ですが

それよりも もっと大きな問題が

存在するのが

住まいの建てる時間的問題です

 

資金計画セミナーでも

良く話をするんですけど

 

それは

 

住宅購入 = 住宅ローンを組む

 

と言う事になります

 

住宅ローンって

ただ お金をかりて

支払いをしていくだけの事では

ありません。

 

なぜならば

住宅ローン = 家族の安心

 

だから

 

今 一番の建て時の家族の方は

パパ、ママ、お子さん 家族で

賃貸アパートで 生活をされている家族。

 

なぜならば

住宅ローン って 保険だからです

 

家族のより良い幸せを求める為に

住まいを購入されますが

それと 同時に

賃貸に生活されている家族と

持ち家に生活されている家族では

雲泥の差で 家族を守る内容に

違いが出てきます

 

↓ ここをクリック ↓

今は建て時・・・?2へ続く


今は建て時・・・?2

2016/04/14 | 家づくりのコツ

資金セミナーでは

賃貸料と住宅ローンは

比較してはいけないと

お話をしていますが

今日は特別に 比べて話をします

 

8万円の賃貸料

8万円の住宅ローン

 

何が違うかと言うと

 

まず 賃貸に住まわれている家族は

万が一 今元気で 家族の為に

働いてがんばっているパパが

お亡くなりになられたら

残された家族には どんな

結末が待っているかと言うと

何の保障もありません

 

パパが いなくなっちゃった

どうしよう・・・と 路頭に

迷う家族になってしまう可能性は

 

保険に入っているから・・・と言いますが

35歳女性が 子育てをしながら

平均余命86歳まで 生活をする

生活費は どのくらいかかるかと言うと

平均1億5000万円。

 

今 1億5000万円の保険金がおりる

保険に入られているママは

なんとななるかも知れません

 

けど そこまで入っている方は

いないに等しい。

 

だから 結果 生活ができなくなり

一生懸命に 働きづめのママが

誕生してしまいます

 

では 持ち家のママさんだったら

住宅ローンは 保険なので

万が一の事態が起きても

住宅ローンが すべて終了します

 

と言うことは

賃貸と持ち家の違いは ここです

 

しかも 男性の死亡率は

35歳で 133人に1人

40歳では なんと 70人に1人

すごい割合です

 

失礼な話かも知れませんが

そのような事態になられた家族のほとんどが

 

『まさか うちのパパに限って』

 

と 言う家族の方が 全員。

だから 保険というものがあるんですけど

 

↓ここをクリック↓

今は建て時・・・?3へ続く


ラッシュです

ラッシュです

 

いよいよ

田中建築も

住宅ラッシュになりました。

 

年内入居希望。

 

これは 毎年のことなんでけど

 

でも

 

今年の年内入居は

消費税が上がる前に~で

どうせなら

年内に~って

リクエストが多いのは当たり前

 

って

 

思っているのは 僕らだけかな?

 

これから始まるオーナーさんの

ほとんどは

消費税アップのことを

一番の目的として

建築する人は

以外とすくなく・・・

 

消費税アップの波に

乗っているわけでは

ないことを感じながらも

なぜか よくわかりませんが

住宅ラッシュです。

 

託児所を開設したり

ママさん応援をしはじめて

 

そんな 子育て世代の

近い存在になったから

なのかも知れませんね・・・

 

楽しく住宅ラッシュを

受け入れて行きたいと思います

 

補足ですが

 

消費税が仮にこのまま

10%になった場合は

土地には 消費税かからないんで

いいんですけど

建築費には 消費税が

かかりますんで

やっぱり 2%の増税は

大きいですよね・・・

 

1000万円で 20万円増税に

なりますんで・・・

 

もし 住まいを計画したいなぁ~って

思う家族がいましたら

来年よりも 今年が得だよね。

 

あくまでも

消費税増税に

なったらの話ですけど。

 

まだまだ 増税対象外まで

間に合います

けど あっという間に

時間は過ぎますんで

余裕のもった スタートを

切ってくださいね・・・

 

 


体感。

体感。

 

本日の見学会の第二弾の紹介です

昨日のブログでは

断熱効果の話をしましたが

 

今日は デザインと質感のお話

 

オーナーさんは

僕の憧れの車

日本の頂点である

スーパーフォーミュラーと言うクラスの

フォーミュラーカーの整備士さん

 

この車の整備をしているオーナーさん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

フォーミュラーカーには憧れが・・・

 

いつも マシンと向き合っている

オーナーさんのお住まいは

自然の中。

 

癒される空間と 自分が好きな

テイストやカラーの中で

生活したいというのが

今回一番の提案だったと思います

 

窓の外を見ると

自然が広がっていて空気が美味しい

その景色の雰囲気の中の延長が

我家のLDK。

hukinukedane1

木と石と・・・

isidane

好きな色と

wadane

写真では分かりにくいかと思いますが

壁は うっすらとして緑なんです

hukinukedane

で 木は 自分の好みのダークブラウン

gennkann

その中に 無機質なアイアンを

取り入れた階段と手すりまわり

iron

好きな照明器具と・・・

 

色んな想いが詰まっている住まいなんです。

 

レースシーズンが始まると

月の半分が留守になり・・・

 

シーズンが終了する季節には

どっぷりと我家での生活に浸りたい

 

そんな夢が オーナーさんのテイストを

この住まいがより導きされました

 

自分らしい住まいのあり方を

イメージして提案するデザインと質感

 

そして 僕ら建築人のプロとして

提案する住む場所、

そして 住む環境を生かした

オーナー様だけの

世界でひとつしかない

本当のオンリーワン住宅

 

住んでから 実際に

色んな満足を体感するんですよね

 

その体感の満足がまたひとつ

生まれました・・・

 

次の満足の体感は

このブログを読んでくれている

皆さんかも知れません・・・

 

是非 勉強しに また体感しに

完成見学会に足を運んでみてください


バランス・・・

バランス・・・

 

住まいを計画する

 

ともなると

大いに悩むところ・・・

 

それは ご予算。

 

高い家が良い家ではない と

常日頃話をしていますが

建築コストが 高いとか

ローコスト住宅が 安いとか

そういうのではなく

建築相対的に見たご予算の

理解と把握が必要。

 

その全体の部分の判断が

住まいを計画する総費用となります

 

で ここで大事なポイントは

計画予算のバランス

 

不動産を購入して

そして その土地の上に建てる。

 

土地と建物の価格だけを見れば良いのか?

 

この2つだけを見て バランスの取れた計画とは

いえません。

 

大きく分けて3つの分類になります

 

まず 土地

そして 建物

で 最後が 諸経費等

 

となります。

 

けど これが中々難しい。

 

たとえば 50坪1000万円の

不動産価格の土地があるとします。

 

でも 住み始めるまでに掛かる費用は

地盤改良が必要か否か

下水道がある地域か否か

土地に水道が引き込まれているか否か

給排水経路の長さ、家と道路までの距離

特別な許可が必要な土地か否か

仲介手数料が掛かる土地なのか否か

土地に高低差があり基礎に余分な費用が掛かるか否か

 

等々

 

上記の内容のものがすべて負担してからでないと

住める状態の土地にならない ってことになると

500万円以上掛かってしまう不動産もあります

 

でも きれいに整理整頓された

区画された分譲地で

一区画 1500万円で 上記内容がほとんど

費用が掛からない土地だとすると

実際 どちらが お得なのか

わかりませんよね・・・

 

こんな感じで

住宅ローンを利用すると

各金融機関でも 必要とする諸費用の

部分が大きく変化してきまして

諸費用10万円ほどでOKな

住宅ローンもあるし

また 120万円ほど費用が必要な

住宅ローンもあります

 

住宅の計画の中で

世界でひとつだけのオンリーワン住宅を

提供していますけど・・・

実は 住宅資金計画もほぼほぼ

同じような家族形態の家族でも

全員が違うオンリーワンの計画になります

 

ここで言う 住宅資金計画のバランスとは

 

土地+土地に付随する経費+建物+税金等諸経費 を

総合的に見たもの。

 

だから 土地だけ 建物だけ 見ても

大きく変動してしまう総合価格。

 

なんにしても バランスって必要ですけど

住宅の計画も バランスのかたまり

 

うまくバランスが取れた住まいが

本当に良い家だと想います。

 

『今、オレ 歩くのにバランス大事!』

バランスが大事

と 言っている耀雅くんでした(笑)

 


不安をなくす事が・・・

不安をなくす事が・・・

 

僕たち 工務店やハウスメーカーって

オーナーさんが望む住いを提供する事より

大切なことがあるんです。

 

それは・・・

 

家づくりは 一生で一度の大きな

家族のイベントで・・・

しかも 初めての経験なのに

大きな金額を使う

 

精神的に

家づくりは 楽しい と思える事もあれば

家づくりは 不安 と思うことも

 

そして

 

なにより 初めての経験なので

『わからない事が わからない』

 

と言う 大きな問題点も。

わからないことがわからない

僕も 仕事、役職がら

色んなもの、ことに携わることがあります

 

全てがわかるものではなく

時として そのこと自体が

正しいことなのか

それとも 過剰なものなのか

わからなくなる事があります

 

それと同じで

 

家づくりをする家族の方は

少なからず 不安要素は

持っているはずです。

 

その不安を しっかりと

理解して 受け止めて

その不安を解消していきながら

家づくりが“楽しい”と

思えるように 道先を提供するのが

 

僕ら 住宅を提供する側では

まず 一番最初に一番大切な事

 

そう思ってます。

 

不安を心の中で もちながら

間取りの話やら

デザインの話やら

 

進めたところで

身に入る家族もあれば

そうではない家族もあります。

 

身に入る家族でさえも

不安と言う事がまったくない・・・

と言う事はないはずです。

 

どこの工務店、ハウスメーカーも

同じ事が言えますが

まず 僕らを信用していただいて

そして 安心していただいて

家づくりの道順や 不安をなくし

そして 笑顔慢心で

家づくりに望んで頂く事が

僕ら 家づくり応援隊 としては

もっとも大事なところではないかなぁ~って

思います

 

不安を抱えながら

自分だけの力で 道を開こうとしても

なかなか うまくいかない

そして 切り開ける道を知っている人へ

頼ることが 一番の正しい

家づくりだと僕は思います。

 

これから 楽しく そして

満足できる家づくりをがんばって行きましょう!

 

ポロシャツより

Mさまへ・・・


ロマン・・・

2016/01/31 | 家づくりのコツ

ロマン・・・

 

住いのお手伝いをしていると

 

男性らしいロマンを求めたり

女性らしい優しい生活感を求めたり

 

色んな意見や夢

もっと言うと 欲望チックな事も

 

でも 家づくりには

それが 大切なんです

 

どうせ 出来ないから

 

とか

 

どうせ お金がかかるんでしょ

 

とかとか・・・

 

でも

自分の理想の住い

自分の夢の住い に

 

欲 って とっても大切

 

確かに 費用がかかるものもあれば

アイデア1つで 叶うものもあります

 

で 一番 やってはいけない事は

言わずに終わること

 

言わないのに 相談しないのに

勝手に自分の夢や欲に

ピリオドを打ってしまうこと

 

それは 良くない。

 

一生に一度の大きな大きな

イベントですから

試さず終わるのは 止しましょう

 

出来ることとか

もしからしたら

代替になるアイデアが

あるかもしれません・・・

 

是非 色んな欲望を

投げ込んでみてください

 

家づくりには

出来ることは

必ずあるはずです


総記事数4,172件

PAGE TOP ↑