TANAKA

「 家づくりに対する想い 」 一覧

自分の理想の寝室・・・

自分の理想の寝室・・・書いちゃいました。

IMG_0547

僕ら夫婦は 空気感夫婦。

 

お互いがお互いに好きなことを

ながらにやって

そして 疲れた順番で

布団に入って・・・

 

と言っても

僕の深夜は ほぼ 仕事なんですけどね

 

その仕事中に

邪魔されるのも なんだし

奥さんも 何かに夢中になっている時に

話しかけると 不機嫌になるし

 

だから

 

そっと 何気なく

なんとなく お互いいますよねぇ〜って

雰囲気がとても良い感じ(笑)

 

 

家の中で一番長く居る時間が

寝室の横にある

自由空間だったらと思うんですよね・・・

 

意外と 家でも仕事とか

調べ物とか 読書とか

しちゃうんで

リビングにいる時間って短い。

 

耀雅といる時ぐらいかなぁ〜って

今の我が家には

ダイニングと言うものがないので

ご飯を食べる時も

ほぼ、キッチンでサクッと

リビングで耀雅と

こんな感じなんですよね・・・

 

 

だから

 

どちらかと言うと

こんな寝室があったら

お互い幸せだよねぇ〜と言う

僕の夢の寝室を デザインして見ました

 

引渡し間際のオーナーさんの住まいを

チェックしに行くと

これが オーナーさんの理想の家だ。

 

と 自分自身納得いくんですけど

 

それと同じくらいに

 

“俺の理想の家は〜〜”って

 

考えさせられることも多く・・・

今日は 寝室をデザインしてみました

 

 

なんとなく

空想の中での 僕自身の家づくりを

求めてしまいます・・・

 

あぁ〜欲しい・・・(笑)


He won’t stop ! Start from here…

He won’t stop ! Start from here…

 

IMG_2941

いよいよ明日は

オーナーさんの開店

 

Beauty salon の OPEN

 

遺伝子的に 舟出の応援を

幸せと希望の出発を応援したくなる

ポロシャツです!!

 

いよいよっす。

いよいよっす。

 

新しい門出は 笑顔で

不安の微塵も感じさせない感じで

明日からの始まる業務を

脳裏に浮かばせて 今を楽しんでます

 

お店の名前は

 

ALUNA

 

タンザニアの言葉だそうで

意味は・・・

『ここに おいでよ』

IMG_2939

IMG_2937

IMG_2938

御殿場市のケーキ屋さん

ブルーベリーの西側100m先。

海江田さん

新規オープンのHP

↓↓ ここをクリック ↓↓

ALUNA 御殿場

 

開店前日の夜に看板の灯りが

灯されましたけど

最高の出来栄え。

S__25755691

お店も 彼の好きな居場所に。

 

いよいよ スタートだ・・・

 

と 同時に

 

僕も 楽しんでます

数年後 どのような発展を

遂げているかわかりませんが

ここが 出発点だと言うことに

立ち会えたことが 嬉しい。

 

第2店舗、第3店舗と発展としても

ここの場所だけは 永遠のものですからね

 

 

思い起こせば

今日まで 長かったぁ〜って

僕もオーナーさんも思ってる。

 

土地探しから始まって

その途中 目ぼしい土地が

買えるだ 買えないだ があって。

 

またか・・・

これもか・・・

 

みたいな土地購入の押し問答。

 

そんな感じが 長〜く続いて。

 

やっとの事で 土地が見つかり

そして なんとか なんとか

進んで。

 

振り返れば・・・

今年の初めかなぁ〜

土地の購入決定で

11月OPEN

そして 来年の1月には

フルに予約を入れてがんばる。

 

今年の年初だったんで

それは 余裕でしょっ!

 

って 思いながらも

 

またまた ここで前に進まぬ

状況に追い込まれ・・・

 

まただよ〜って

オーナーさんも少し年内のOPENに

戸惑いが生まれて・・・

 

結局 正式出発は ゴールデンウィーク過ぎ。

 

約半年間で OPENまで頑張りました。

 

こだわりは 半端なく

そのこだわり感が

僕にとっては大好きなんですけど(笑)

 

そのリクエストに

添いまくったお店になりました。

 

OPENスタッフも 4人から

色んなマーケティングの勉強をしていて

美容院だけに こだわらず

ネイル、エクステ、相乗効果の中を

狙っての スタイルですって。

 

『ここに おいでよ』

 

どんな 未来が待っているんですかね・・・

 

まだまだ 若いオーナーさん

前日の夜には

 

お父さん、お母さん、弟さん家族

全員揃っての 長男の舟出の確認。

 

やべぇ・・・

 

僕もドキドキが 止まらないっ・・・

 

 


準備。

準備。

 

田中建築の住まいの間取りの設計は

ぜぇ〜んぶ ポロシャツ、僕が設計。

 

でも みなさんにお渡しする

図面の清書は

僕が行いません。

 

って言うかできない(笑)

 

ポロシャツ監修のもと

設計スタッフが 丁寧に

専用のCADソフトを使って

色んな角度から 法的チェックやら

パースの清書を行うんです。

 

僕がCADを使うより

より正確でより丁寧で

しかも 早い作業ができる。

 

また 完成度が 僕よりも

比較にならないぐらい高い

これっ 決定的な事実。

 

まじまじ。

 

なので ポロシャツが手がける図面は

未だに 手書き(笑)

 

ipadこそ 使っているけど

ほぼ アナルグな世界で仕事をしてる

 

手順はこんな感じ。

 

まず 設計スタッフが基準となる

敷地の図面を正確に描いてくれます

 

その敷地の図面と

コンシェルジュがお伺いした要望書と

希望坪数記載の書面一覧を用意して

LINEで僕に送信。

 

既読既読。

 

その後 僕が敷地の調査。

調査と言っても近隣が及ぼす

不適合を確認。

隣家の窓と 設計する家の窓の位置

 

と大切なのは その敷地に及ぼす

日照の計画。

現地に出向き、また googlemapで

細かい部分まで チェック。

 

 

これは いくらアナログポロシャツいえど

文明の利器に頼ります。

 

日照の確認をした後に

 

その後、LIEよりipadに転送。

 

転送された敷地の図面に

僕が手書きで 間取りの設計

 

その書きあがった間取りを

設計スタッフ専用のグループと

各コンシェルジュに間違いがないか

確認します。

 

あぁ〜じゃない、こぅ〜じゃないが

ここからスタートして

 

合格になれば 設計スタッフが

CADを使って 図面の清書と法規チェック!

 

それで 完璧に収まることができて

パースを作り 確認。

 

ここからも 細かいポロシャツチェックが

念入りに入ります。

 

細かい部分まで

 

設計スタッフが すごいところは

この僕のデザインを細部に渡り

表現してくれるところ。

 

もし 僕が 設計スタッフだったら

この注文を 真に受けるかなぁ〜って

思えるほど ちぇっく!

 

そんな作業を 完成させるために

この設計さんたちが

本当に夜遅くまで 頑張ってくれる・・・

 

いつも

『ごめんねぇ〜』って

心の中で つぶやいてます

 

こんな一つ一つの設計スタッフからの

リターンの返信がきて

僕らも安心して

打合せができるんです。

 

僕が忙しくて手が回らない時でも

必ず期限には 間に合わせてくれるし

僕のデザインの要望なんかも

こと細く再現してくれるんです。

 

本当に頼もしい。

 

僕ら、田中建築の住まいの設計は

彼らなしでは ありえない・・・

とくに わがままなポロシャツくんの

見事に受け止めるんですから

本当に 頭が上がりません。

 

いつも 早く彼を

早く自宅へ戻してあげたいと

毎日思っているんですが

なかなかの スケジュールでして

 

めんぼくない・・・と思うしか。

 

より細かく注文を出すくせに

手は出さないポロシャツ設計。

 

いつも 夜遅くまでの作業に入ると

『本当に申し訳ない・・・』

そんな気持ちで いっぱい。

 

僕自身の色んなやることの順番によって

仕事を手渡すことができない毎日。

忙しい事が悪いことでは

ないと僕も思うんですけど

 

近い将来、僕の体が2つに

割れる事を願いしまして

今日の ブログとさせて頂きたく候。


うらやましい・・・

うらやましい・・・

 

今日は 裾野市で打合せ

 

新しく始まる生活ステージの

基本的な打合せから・・・

 

数カ月後、

新しい生活が ここから始まり

色んな思い出が 出来上がる。

 

その第一回目の打合せでした。

 

第一回目の打合せは

僕の中でも とっても

思い出の打合せでもあります。

 

出会いのきっかけを

作ってくれた神様に

ありがとうって・・・

 

なぜなら

数ヶ月後の引き渡しまで

おつきあいが続くと

必ず笑って その家族が

幸せであることを

僕に教えてくれるから・・・です

 

今日は ある意味記念日だって

思うんですよ

 

そして・・・

 

その打合せが 終了した後に

1年前に引き渡しをしたオーナーさん宅へ

2家族 お邪魔してきました!

 

この2家族の方々も

僕が初めての打合せの時に

不安であったり

また 何かを探しているようだったり

 

家づくりの出発は みんな同じスタート。

 

そして 今日の日は

久しぶりの再会。

 

玄関開けて 家の中にお邪魔させてもらうと

 

『久しぶり〜』って

ライトな感じの挨拶から始まります

IMG_2593

それが何とも 心地いい。

 

当時のお子さん と言っても

昨年引き渡しをしたばかりなんですけど

 

すっげ でかくなって

 

話せるようになって

 

何と お腹の中には

新しい命が芽生えていたり・・・

 

ここでも さっすが

子宝工務店。

 

わぁ〜本当に幸せだぜぃ。

 

しかも うらやましいのは

ガレージ。

IMG_2594

その家族の玄関が

玄関じゃなくて ガレージ続きの

大きな掃き出し窓からの

出入り口らしく

本当に ガレージを

自分らしい使い方をしてて

うらやましい。

 

しかも しかも

 

お家を建築中の時

乗っていた愛車から

ワンランク上の大きな車に

大へんし〜ん!!

 

これも また

個人的には

ファイナンシャルプランナーとして

大成功!

 

とことん うらやましい。

 

新しい命は 芽生えるは

車は新しいに 乗ってるは

色んな角度から見ても

 

本当に 幸せだよ・・・

 

この瞬間があるから

工務店って やめられない(笑)

 

家の中も 綺麗で。

 

子供達も すくすく育って。

 

言うことねぇ〜なぁ〜

 

と ポロシャツはニンマリ。

 

今日は

初めて打合せを行った 家族の記念日。

家づくりのスタート!

 

そして

一年半前、

初めて打合せをした時から

この幸せオーラ、バリバリの生活。

 

今日は一度に

両方の幸せを頂いちゃいました。

 

今日のこの日に 感謝っす!

 

数ヶ月後には

今日、お伺いしたオーナーさんの様に

なっていると 想像すると

気合いが入ります!

 

これから なんども悩みながら

なんども ワクワクしながら

家づくりのゴールが やってきます。

 

そのゴールの時に

また 幸せオーラが 蔓延する家族。

 

想像するだけで

僕も 幸せ。。。。

 

そんな想いを抱きながら

会社への帰路を

一生懸命 帰ってきました。

 

今日一日 そんな自分にお疲れさんっ!


初めまして!

初めまして!

 

今日は 5年前に引き渡しをした

オーナーさん宅へ 訪問してきました

IMG_2568

念願の第一子が誕生し

引渡し当時 夫婦お二人だけの

住まいでは まだ 我が子を迎える

準備の段階で 夫婦仕様の住まいで

引渡しをしたんです・・・

 

で!

で!

で!

 

今年の4月。

出来ました!出て来ました!

 

我が子〜〜〜!

 

で 今日は 耀雅も含めての

お伺いで〜す

IMG_2569

マイナスイオンMaxの入り口を

通り抜け

 

ピンポ〜ン

田中で〜す!

IMG_2570

玄関を開けると

わぁ〜懐かしいっすねぇ〜

 

玄関の扉を開けて

LDKのドアを開けたら

 

あら あら あら

 

パパが もうメロメロの顔して

4ヶ月の我が子を

抱いているでは

あ〜りませんか・・・

 

メロメロ

 

僕が耀雅誕生と

パパが お子さんが誕生した歳が

同じ年ですね

 

歳をとってからの子供なので

しかも 初産とくれば

本当に可愛い一本なんだと

デレデレのオーラ出し過ぎだから(笑)

 

少しだけ 耀雅は

5年前に引渡しをしたお宅探訪。

IMG_2571

久しぶりに見たオーナーさん宅

5年間の思い出の一つ一つが

住まいに出てました

IMG_8731

今日のお伺いの一つは

ご対面〜!と

我が子用のリフォームを

頼まれまして・・・

 

やっぱり 我が子のためと

夫婦のためだけにでは

少し家のスタイルも違います

IMG_8732

でも 数年もすれば

また 夫婦二人の生活が

メインになるわけでして・・・

 

さぁ〜これから 色んな第二の人生を

味わってくださいね・・・

 

& 僕の耀雅の子育てを状況を伝えて

我が子への準備を始めようとする話なんて

すごく オーナーさんとの関係は

上々な感じっす

 

耀雅も耀雅で

自分の家にいるかのように

自由気ままに 動き回り

まだ 4ヶ月の赤ちゃんいるから

派手に動くな!と 叱りつける有様。

 

あっちのドア開けるは

こっちのドアで遊び始めるは

 

オーナーさんも 見かねて

僕と同じ車好き。

 

愛車は ロータス。

その ロータスのミニカーを頂き

すごくご満悦(笑)

IMG_2572

 

ご迷惑をお掛けして

申し訳ないと 時間をすぎるのも

あっという間の3時間でした。

 

あっ そうそう

オーナーさんから

ビックな お知らせを頂きました

 

三島市って 色んな補助金が

もらえるんですね・・・

すごいなぁ〜っと思ったのは

 

子供のための 既存建築建物に対し

リフォームをするにあたり

補助金がもらえるんですね

IMG_8729

しかも 上限30万円も・・・

すげっ

 

税金を支払っている以上

還付は受けた方がいいですもんね

 

早速申請をしてみたいと思ったポロシャツ!

 

耀雅もミニカーもらって

僕も久しぶりにオーナーさんと出会えて

そして ジュニアもご対面できて

本当に嬉しい限りの一日でした

 

昨日の疲れは すでにどこかに

吹っ飛んでいきましたょ(笑)

 

しかも 詳しくは話せませんが

念願の念願の・・・待望の第一子。

 

ご本人さんの努力第一ですが

さっすが “子宝工務店”だと

改めて しみじみ思ってしまったぜょ。

 

お幸せに〜 と

 

リフォーム工事は ドン!とお任せください

 

と 頂いた 3台のミニカーは

大事に大事に 遊びます!

IMG_2573


ちぇぇぇぇぇっく~!

ちぇぇぇぇぇっく~!

 

今日は 5時間かけて

各現場のチェックへお出かけ。

 

進行もさまざま。

 

木の香りが漂ってます

 

幸せの香り

健康な香り

 

木造ってやっぱり良いよねぇ~

 

なぜか いるだけで

気持ちがおちつく。

 

日本人なんですねぇ~って

 

畳の香りを感じて

良いなぁ~って思う日本人独特の

感覚の次に感じる木の香り~

やつです。

 

って 思うんです

 

木の力って すごいですよね

先日 オーナーさんと

現場で打合せをしていたら

 

木の匂いは

やっぱり最高だ。と言うんです

 

慣れしたんだ家族の様な

オーナーさんだったんで

 

『木の香り じゃなくて

この建物がすごいんでしょ』

 

と 話をしましたところ

 

家がすごいとか

マサユキがすごいとか

そう言うの言いたいんじゃなくて

自然のパワーを感じるって

言ってるんだよ

 

と 間髪いれず

話を返されてしまいました。

 

で そのまま またまた間髪いれず

 

いっくらマサユキの設計がすごくて

デザインがすごくても

プレハブの家じゃ こうはいかねぇ~だろ

 

って・・・

 

設計者であり デザイナーである

僕としては なんとなく

腑に落ちないところでしたけど

 

『相乗効果 相乗効果』と…

 

いっくら 木の家でも

間取りがだめだったり

デザインがだめなら

やっぱりだめだろ…

 

マサユキと木の香りだから

相乗効果によって

こうなるんだよ・・・

 

まぁ うまくまとめられた感が

ありましたけど・・・

 

でも 自分でも納得している所なので

良しです(笑)

 

と言うように

木の香りは 人を幸せにする香り

 

と言うように

良く考えられた設計と

癒されるデザインも

人を幸せにする空間だと・・・

 

現場のチェック周りをしながら

少しだけ 自我自賛(笑)

 

進行中の現場を見るというころは

元気が出るものです


建替え or 新築 !?!?!

建替え or 新築 !?!?!

 

初めて家づくりをする方には

同じ表現に聞こえる

 

建替え と 新築。

 

僕ら住宅業界だと

ぜんぜん意味が違う内容でして

 

建替えとは

読んで字のごとく

今、住んでいる建物を取り壊して

新しく同じ土地で家を建てると言う事

 

新築とは

読んでわかりにくい表現で

新しい土地を求めて

新転地での建築の事を意味します

 

ほとんどの場合は

建替えは 建替えで

所有している土地で

建てる事がほとんど

 

そんな中でも

少人数ではあるんですが

年に数家族 今の土地を売却して

新しい土地を求めて

建てようか検討される家族も

いる事もたしか・・・

 

難しい選択ですよね

 

本当に難しい選択。

 

今まで住み慣れた所から

また 新しくご近所さんと

お付き合いを始めないと

いけないリスクもあれば

 

今、住んでいる場所を

継続していくリスクも

考えての最良の答えを

ださいなといけない と言うリスク

 

結果論的な話をすると

田中建築の今までのオーナーさんを

振り返ると その様な悩みを抱え

前に進んで出した答えは

 

50:50 ですかね。

 

悩みに悩む方限定にすると

新転地に行かれる方は

少ないですかね…

 

建替えか 新築か と悩み

新築を選んだ方の多くは

 

一時は悩むんですが

その後…

スパンっ と 変わる方が多かったような

 

色んな複合的な要素がからみ

結論を出すんですけど・・・

新築を選んだ方の多くは

この場所に住み続ける事のリスクが

はるかに大きいと感じる方

 

また 親からの相続や

親からもらった土地が

あったとしても

そこではなく 違う場所を

わざわざ 購入して建築する方も

いらっしゃいます。

 

これも 複合的な要素が絡み合い

結論を出されていますね

 

僕の立場は

双方の要望で 一番良いとされる

建築プランと 今までの経緯を

お伺いしながら

決断のアドバイスをする事が

多いんですけど・・・

最終的に 住まわれるのは

オーナーさんですからね

 

そのときは 建築のプロとして

ファインナンシャルプランナーとして

最良条件を 提案して

主観的なというより

客観的に見るほうが理想だと思い

提案差し上げています。

 

僕も一緒に 悩むんですが

いつも決まって思うことは

やっぱり 僕も悩むなぁ~と言う事。

 

でも 2つを同時に選択することは

難しい事なので・・・

僕なりの最良を いつも

お話させていただいております。

 

その様な相談事がありましたら

なんなりと お申し付けください!


室内の空気環境・・・

 

 

室内の空気環境・・・

 

TANAKA KENCHIKU の

LDKと 寝室の室内壁は

シラス壁という塗壁を

仕上げ材にしています・・・

 

九州にある”シラス台地”と

言われる場所で取れる

火山灰で作られてます

sirasu

理由は・・・

 

人は空気を食べて生活している・・・

と言うことから。

すーじゃ¥

特に健康おたく・・・と言うことではありませんが

でも 家の中で生活をすると言う事は

家の中の空気を食べて 住人は生活を

しているということですよね・・・

 

食料がなくても 水のみで

ある程度は命を存続できる人。

 

でも 空気がなければ

いくら 長く息を止められる人でも

5分が限界。

5分空気を食べなければ 死んでしまう人。

 

なので 室内の空気環境には

家づくり人として

考えなければいけない事だと

僕は思います。

 

で 特に僕が目をひいた材料が

シラス壁 と言うものだったんです

 

空気を浄化する

室内の空気の環境を

整えてくれるという材料。

 

調湿機能

大自然界の50~60%の湿度に

勝手に保ってくれる・・・

室内の湿気が増えると 勝手に吸入し

室内の湿気がへると 勝手に排出。

 

消臭機能

特に驚くのがこの機能で 引渡しをした

オーナーさんの声を聞くと一目瞭然

『昨日の夜 焼肉を家でやったけど

 次の日に臭いが残ってないんです。』

全員のオーナーさんが話してくれます

 

マイナスイオンを放出。

 

遠赤外効果・・・ 

 

等々色んな作用があります。

 

 LDK とか 寝室 に使う理由。

 

それは その家の

一番長く居る 滞在時間が長い場所。

 

特に寝室は 人が唯一

無意識になる部屋。

 

と もう1つ

寝室で 人は1年間に

どの位の空気を

食べると思いますか・・・?

 

10Kg?

100Kg?

 

いやいや 人は寝室で 1人なんと

1000Kg もの空気を

1年間で呼吸し放出します

 

その 5分息をしないと

死んでしまう空気の

良し悪しで 食べ物同様

身体への影響は

計り知れないものがあると・・・

 

なので 寝室の空気環境を

整えようと言うのが

TANAKA KENCHIKU のこだわり。

 

でも ここからが

真骨頂・・・

それは 材料だけでなく

家の中で一番

癒される場所にしたい・・・

 

仕事で疲れて帰ってきた身体を

回復する場所ですからね・・・

 

だから 寝室のデザイン

特に大事だと思っています。

sinnsitu

材料を使用すると言う事は

だれでも 出来ること・・・

し・か・し・・・

材料だけでは

身体と心の癒しは 完成しません!

 

だから TANAKAの家の寝室は

どこのお家でも しっかりデザインされて・・・

空気も 心も そして

色んな意味で 住む人を守る。

sinnsitu2

僕の自論ですけど・・・

子宝工務店といわれる由縁も

空気環境と癒される空間によって

生まれて来たものだと思ってます・・・

 

あと・・・

 

男性は より男性らしく

女性は より女性らしく

演出できる住まいを

住む人・・・オーナーさんと

一緒に考え提案させてもらってます

 

そんなオンリーワンの家づくりからも

生まれて来た TANAKAの家です


本気で遊ぼうか…

本気で遊ぼうか…

 

所さんの 世田谷ベースからの

オファーもつかの間

新しいガレージハウスの建築が

いよいよ始まりますよ~

%e3%82%ac%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9

僕も楽しみ…

と言うか 憧れ(笑)

と言うか マジでほしい(笑)

と言うか うらやましい(笑)

 

こんな ガレージハウスがほしいと

憧れ と 夢 と 僕のよだれ(笑)を

すべて乗っけて 施工開始

 

平屋建てで

ガレージとLDK。

しかも ガレージの中には

愛車を見ながら

ニヤニヤできて

友人と 話が尽きないと

思われる 対面カウンター付

 

冷蔵庫もつけちゃえば

いいんじゃない。。。と思いますが

そこは ガレージとLDKをつなぐ

掃き出し窓には

OpenWindow

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3

窓の向こうにあるのは

”愛車たち~”

って感じで 申し分なし と

言うこと無し!

 

まさに 男のガレージハウス

ならぬ・・・ガレージLDK。

 

同じ趣味を持つオーナー様と僕

 

趣味の同感を感じながら

ガレージの事については

みぞうの打合せが始まります(笑)

 

本気の遊び心が・・・

ガレージプランニングや

いつもには無い僕の趣味の延長での

本気で遊び心が 覚醒するかも・・・

 

さぁ~ ○○さん

本気で遊ぼうか…


今は建て時・・・?3

 

うちのパパに限って が

救われるように適用するのが

保険であり そして

そうなる前に 手を打つことが

保険だと思います。

 

もし 家族ぐるみで一緒に

遊んでいる家族が 友達でいるのであれば

 

今 賃貸に住まわれている自分たち家族と

すでに 家を建てて生活している友達家族が

いるのであれば

比較してみてください

 

友達家族は

『パパが建ててくれてた建物だから

家族全員で守っていこうねぇ~』

って言う言葉が出てくるはずです

 

自分たち家族は

『パパが いなくなって

この子達とどういう生活を

していけば良いのか分からない

家賃をどうやって払っていって

いいのか分からない・・・』

 

悲しみと絶望がまっているかも

知れません。

 

こんなストーリーの違いが

賃貸と持ち家では 出るんです

 

家は 我が子が誕生したら

パパとして 義務で持たなければ

ならない物だと僕は思っています

 

だから 話を元に戻しますが

消費税増税だからと言って

建てるものではなくて

家族を守るために住まいは

建てるものです。

 

でも せっかく 消費税増税と言う

キーワードで 自分たち家族も

家を建てなきゃ と 思っているなら

せっかくの家族を守るための

チャンスなので

計画を 進めていったらどうですか・・・?

 

このあたりの 詳しい内容は

資金計画セミナーで

話をしますので

田中建築で 建てて下さいとは

言いませんので

ぜひ お気軽に参加してください

 

毎月開催している資金計画セミナーです

よろしければ ご参加ください

↓ ここを クリック ↓

5月の資金計画セミナーです


体感。

体感。

 

本日の見学会の第二弾の紹介です

昨日のブログでは

断熱効果の話をしましたが

 

今日は デザインと質感のお話

 

オーナーさんは

僕の憧れの車

日本の頂点である

スーパーフォーミュラーと言うクラスの

フォーミュラーカーの整備士さん

 

この車の整備をしているオーナーさん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

フォーミュラーカーには憧れが・・・

 

いつも マシンと向き合っている

オーナーさんのお住まいは

自然の中。

 

癒される空間と 自分が好きな

テイストやカラーの中で

生活したいというのが

今回一番の提案だったと思います

 

窓の外を見ると

自然が広がっていて空気が美味しい

その景色の雰囲気の中の延長が

我家のLDK。

hukinukedane1

木と石と・・・

isidane

好きな色と

wadane

写真では分かりにくいかと思いますが

壁は うっすらとして緑なんです

hukinukedane

で 木は 自分の好みのダークブラウン

gennkann

その中に 無機質なアイアンを

取り入れた階段と手すりまわり

iron

好きな照明器具と・・・

 

色んな想いが詰まっている住まいなんです。

 

レースシーズンが始まると

月の半分が留守になり・・・

 

シーズンが終了する季節には

どっぷりと我家での生活に浸りたい

 

そんな夢が オーナーさんのテイストを

この住まいがより導きされました

 

自分らしい住まいのあり方を

イメージして提案するデザインと質感

 

そして 僕ら建築人のプロとして

提案する住む場所、

そして 住む環境を生かした

オーナー様だけの

世界でひとつしかない

本当のオンリーワン住宅

 

住んでから 実際に

色んな満足を体感するんですよね

 

その体感の満足がまたひとつ

生まれました・・・

 

次の満足の体感は

このブログを読んでくれている

皆さんかも知れません・・・

 

是非 勉強しに また体感しに

完成見学会に足を運んでみてください


不安をなくす事が・・・

不安をなくす事が・・・

 

僕たち 工務店やハウスメーカーって

オーナーさんが望む住いを提供する事より

大切なことがあるんです。

 

それは・・・

 

家づくりは 一生で一度の大きな

家族のイベントで・・・

しかも 初めての経験なのに

大きな金額を使う

 

精神的に

家づくりは 楽しい と思える事もあれば

家づくりは 不安 と思うことも

 

そして

 

なにより 初めての経験なので

『わからない事が わからない』

 

と言う 大きな問題点も。

わからないことがわからない

僕も 仕事、役職がら

色んなもの、ことに携わることがあります

 

全てがわかるものではなく

時として そのこと自体が

正しいことなのか

それとも 過剰なものなのか

わからなくなる事があります

 

それと同じで

 

家づくりをする家族の方は

少なからず 不安要素は

持っているはずです。

 

その不安を しっかりと

理解して 受け止めて

その不安を解消していきながら

家づくりが“楽しい”と

思えるように 道先を提供するのが

 

僕ら 住宅を提供する側では

まず 一番最初に一番大切な事

 

そう思ってます。

 

不安を心の中で もちながら

間取りの話やら

デザインの話やら

 

進めたところで

身に入る家族もあれば

そうではない家族もあります。

 

身に入る家族でさえも

不安と言う事がまったくない・・・

と言う事はないはずです。

 

どこの工務店、ハウスメーカーも

同じ事が言えますが

まず 僕らを信用していただいて

そして 安心していただいて

家づくりの道順や 不安をなくし

そして 笑顔慢心で

家づくりに望んで頂く事が

僕ら 家づくり応援隊 としては

もっとも大事なところではないかなぁ~って

思います

 

不安を抱えながら

自分だけの力で 道を開こうとしても

なかなか うまくいかない

そして 切り開ける道を知っている人へ

頼ることが 一番の正しい

家づくりだと僕は思います。

 

これから 楽しく そして

満足できる家づくりをがんばって行きましょう!

 

ポロシャツより

Mさまへ・・・


総記事数4,399件

PAGE TOP ↑