*

「 田中建築工業のこだわり 」 一覧

おもてなしin office.

おもてなしin office.

 

さぁ~我が家に帰るかと思って

事務所の電気を消して・・・

 

タイムカード置き場の上を見てみたら

 

あら

 

あら

 

あら・・・

 

 

社員の熱中症防止に

おかれた 飴。

やさしい

 

社長でありながら

スタッフの誰かが

この“おもてなし”を

考え行動したかわかりません

 

すみません。

 

 

 

社長わからずとも

社員の優しさが

とても 光って見えた

今日最後の戸締りでした。

 

ありがとうございます


完成!お社!

完成!お社!

 

スタッフブログでも

たびたび 登場している

 

今、父親の会長が

一生懸命 取り組んでいる

 

神社のお社。

職人芸2

お社と言っても

ミニチュア版なんですけど

それでも 大きいなぁ~って

完成2

ついに ついに完成です

 

屋根の一番高い

てっぺんについてる

”もついて

完成3

いよいよ

 

納品です。

 

いやぁ~かっこいいです!

 

とても

数年前に 脳梗塞をして

右手が動かなくて

自分の名前さえ

書くことが ままならなかった事を

想像させない 完成っぷりです

職人芸1

普通の大工さんでは

出来ない技術と

普通の大工さんでは

発想が 生まれないですよね

 

感性技術のたまもの

 

屋根工事の職人さんも

失敗は許されない・・・と言う

朝から深夜まで続いた

銅板屋根の仕事。

屋根屋さんもがんばってます

汗だくだくになりながら

口ひとつ動かさない

無言の作業が

ず~っと 続いてました。

 

彼らも 緊張してるんでしょうね・・・

 

一枚一枚 折り紙のように

コイルで巻かれた銅版から

はさみで切って

折り曲げて・・・

完全に ロボットでは

出来ない仕事です

屋根屋さんもがんばってます2

 

 

今、僕は 46歳

 

色んな父親の背中を見てきました

 

過去には すげぇ~なぁ~って

思ってきた事は

そんなにたくさんは無いですけど

確実に 尊敬することがありました

 

そのすごいな・・・と思う

父親の存在の中でも

その僕の中にある思い出の中でも

 

凄い!と思った作品です

 

自分に出来ない事が

出来る人は 本当に父親限らず

尊敬しています。

 

しかも 感性だとか、芸術だとか

今 自分に足りないものを

補ってくれる人。

 

さすがだな・・・と思うばかり。

 

今回の お社は

男気を感じる職人芸

完成1

目の前にして

褒め言葉って

なかなか切り出せないね・・・

 

ですから

遠くから このように

ブログで 発信させて頂いきました

職人芸2

お社完成!

完成2

さすがです。


BMW。

 

BMW。

 

今週は LDK、和室、寝室の

デザインを没頭しています。

 

僕からオーナーさんに

毎回、いくつかのヒアリングをします

 

その中で ひとつを 紹介します

 

それは

憧れであったり

好きなもの であったり

使いたい色 であったり

 

その内容は そのオーナーさんによって

別々なんですけど

 

今回のオーナーさんへの提案は。

 

アクセントカラーを

一部に入れましょう~

 

ガレージ付きの住まいなので

車関係で行こう!

 

で・・・

乗っている愛車は BMW.

 

じゃぁ BMWの好きなカラーは

何ですかぁ~?

 

等々の話が進みまして

この色が 良いねぇ~って

出てきた写真が

 

↓これ↓

アクセントカラー

 

了解です!ってな感じで

デザインが完成しました

 

デザインの内容は

お見せすることが出来ませんが

 

このアクセントカラーが

さりげなく、

際立って、

やさしくオーナーさんに

伝わるように出来上がり。

 

気に入ってもらえると

良いなぁ~って思いながら

設計部に 戻して

オーナーさんに プレゼン出来る様に

仕上げてもらってます!


おもてなしの心。

おもてなしの心。

 

熱いですねぇ~

 

ポロシャツくんは

本当に大嫌いな季節になりました。

 

とにかく熱がり。

 

冬は 寒かったら

服を着ればいいけど

夏の熱さは

服を脱ぐことに限度がありますから

ただただ 耐えるだけ。

 

この季節に

必要なもの

 

それは

キーンと冷えた

タオル。

 

だと・・・思いませんか?

 

と言う事で

 

暑い日には

 

キーンと冷えたタオルを

凍らせてから 解凍寸前で

顔などをふけたらなぁ~って

思っていると・・・

 

女子スタッフから

 

じゃぁ~ん

おもてなし

今日は 各現場に

チェックしに出かけていたので

スタッフへ おねだり(笑)

 

で で で 出てきましたぁ~

 

ありがたや

ありがたや。

 

これで 元気回復!

 

さぁ~ がんばりますか!

 


家を建てると言うのは・・・

 

家を建てると言うのは・・・

 

ほぼ 毎日 家づくりを

考えているポロシャツです。

 

お家を建てる家族方と

お話をしていると

 

僕が話している中で

共通点があることが

自分なりに 再度気が付いたり

感じたり 熱い思いを語ったり

していることがあります

 

その共通点とは。

 

家を建てるって事は

 

家を求めることではなくて

 

新しい住処(すみか)で

どのようにして

幸せな時間と空間

夫婦で、家族で共にするか

 

時間+空間=生活 をするか

 

だと思うんです。

 

僕が提供する住まいづくりの

どんな場面でも 存在する

共通点です。

 

どんな生活をするか。

 

どんな時間を過ごすか

どんな空間を望むのか。

 

であると・・・

 

ある家族は 癒し と言うし

 

ある家族は 使い勝手 と言うし

 

ある家族は 将来性 と言う。

 

 

せっかく 何千万円という

お金を掛けて

 

また 住宅ローンに紐づいてる

団信信用生命保険という

自分の命と引き換えに建てる住まいに

 

『安易』と言う言葉は

 

存在しないと思います。

 

家を所有するという事に

安易はない。

妥協はない。

 

だけど 予算と言うものもある

 

無限ではなく 有言と言う世界の中で

どんな生活模様が達成できるか・・・

 

託さす方も

託される方も

 

ともに命がけ・・・

熱意とか

 

多くの方に

『社長は趣味が仕事になっていいですね』

 

って 言われますけど

 

趣味の範囲は 非常~にひろくて

 

なんとなく 始められる趣味から

命を削ってまでもする趣味まで。

 

プロスポーツ選手は

寿命という命を削りながら

勝利を目指します。

それが プロの仕事だから。

 

僕らは プロスポーツ選手みたいに

旬な時期はない分

常に 命は引き換えにしない分

オーナーさまの命を感じながら

家づくりをしています。

 

だから 色んな意見や提案をするし

ビジネスの一環として 捕らえることなく

正面から受け止めて

家づくりをしています。

 

家づくりと言うのは

家を建てるのではなく

その人らしい最高の生活を提供すること

 

家づくり=最高の生活づくり

 

家づくり=最高の人生づくり

 

だから

 

あるものではなく

その人、その家族の方々の為だけに

提案する命がけの仕事です。

 

最高の時間 で 最高の空間

 

そんなポロシャツがいつも

感じながら提供している

“住まいの設計”でした


喜ばれる事をして 喜びました。

喜ばれる事をして 喜びました。

 

今日は 7年前に

引渡しをした オーナーさん宅へ

昨日の今日

 

朝から 出向き

打合せ・・・

 

太陽光発電と

蓄電池。

 

だけど

 

その設備に掛かる設置費用は・・・

ほぼ ゼロ円。

 

太陽光発電と蓄電池が

無料で~す!

 

って感じに見えますけど

無料じゃないですけど

オーナーさんにとっては

余分に 支払う事はありません

 

いやいや ゼロどころか

 

もっと もっと

大きなオーナーさんへの利益です。

 

 

電気代 ゼロ円プロジェクト。

 

7年前のオーナーさん宅を

スマートハウス化

 

しかも・・・先月まで支払っていた

住宅ローンの支払額と

今月から支払う住宅ローンと比較して

プラスアルファがほぼない

 

けど・・・

 

ランニングコストが

掛からない住宅へ 大変身。

 

ともすると・・・

 

結果 家の家計から

ランニングコストである

電気代が なくなる

 

イコール

 

家計支出が 少なくなる

 

 

教育資金が 生まれたり

家計の見直しが出来たりして・・・

 

オーナーさんも 大満足!

 

設置した本日より

太陽の光は

オーナーさんが使う

夜の為に 発電をして

そして

夜の為に 電気を溜め込みます

ちくでん

しかも 今、我が家の使用電気の

状態が よぅ~く見えます!

 

この見える化が・・・

 

家族の使用電力の省エネ化も

加速させます!

dennti

 

この一カ月後の アンケートの内容が

本当に楽しみ・・・

 

なんて 書いてあるんだろうナァ~って

 

是非 結果報告をさせて

頂こうと思います


室内の空気環境・・・

 

 

室内の空気環境・・・

 

TANAKA KENCHIKU の

LDKと 寝室の室内壁は

シラス壁という塗壁を

仕上げ材にしています・・・

 

九州にある”シラス台地”と

言われる場所で取れる

火山灰で作られてます

sirasu

理由は・・・

 

人は空気を食べて生活している・・・

と言うことから。

すーじゃ¥

特に健康おたく・・・と言うことではありませんが

でも 家の中で生活をすると言う事は

家の中の空気を食べて 住人は生活を

しているということですよね・・・

 

食料がなくても 水のみで

ある程度は命を存続できる人。

 

でも 空気がなければ

いくら 長く息を止められる人でも

5分が限界。

5分空気を食べなければ 死んでしまう人。

 

なので 室内の空気環境には

家づくり人として

考えなければいけない事だと

僕は思います。

 

で 特に僕が目をひいた材料が

シラス壁 と言うものだったんです

 

空気を浄化する

室内の空気の環境を

整えてくれるという材料。

 

調湿機能

大自然界の50~60%の湿度に

勝手に保ってくれる・・・

室内の湿気が増えると 勝手に吸入し

室内の湿気がへると 勝手に排出。

 

消臭機能

特に驚くのがこの機能で 引渡しをした

オーナーさんの声を聞くと一目瞭然

『昨日の夜 焼肉を家でやったけど

 次の日に臭いが残ってないんです。』

全員のオーナーさんが話してくれます

 

マイナスイオンを放出。

 

遠赤外効果・・・ 

 

等々色んな作用があります。

 

 LDK とか 寝室 に使う理由。

 

それは その家の

一番長く居る 滞在時間が長い場所。

 

特に寝室は 人が唯一

無意識になる部屋。

 

と もう1つ

寝室で 人は1年間に

どの位の空気を

食べると思いますか・・・?

 

10Kg?

100Kg?

 

いやいや 人は寝室で 1人なんと

1000Kg もの空気を

1年間で呼吸し放出します

 

その 5分息をしないと

死んでしまう空気の

良し悪しで 食べ物同様

身体への影響は

計り知れないものがあると・・・

 

なので 寝室の空気環境を

整えようと言うのが

TANAKA KENCHIKU のこだわり。

 

でも ここからが

真骨頂・・・

それは 材料だけでなく

家の中で一番

癒される場所にしたい・・・

 

仕事で疲れて帰ってきた身体を

回復する場所ですからね・・・

 

だから 寝室のデザイン

特に大事だと思っています。

sinnsitu

材料を使用すると言う事は

だれでも 出来ること・・・

し・か・し・・・

材料だけでは

身体と心の癒しは 完成しません!

 

だから TANAKAの家の寝室は

どこのお家でも しっかりデザインされて・・・

空気も 心も そして

色んな意味で 住む人を守る。

sinnsitu2

僕の自論ですけど・・・

子宝工務店といわれる由縁も

空気環境と癒される空間によって

生まれて来たものだと思ってます・・・

 

あと・・・

 

男性は より男性らしく

女性は より女性らしく

演出できる住まいを

住む人・・・オーナーさんと

一緒に考え提案させてもらってます

 

そんなオンリーワンの家づくりからも

生まれて来た TANAKAの家です


仕様決め。

仕様決め。

 

今日は 同級生でもある

オーナーさんと

これから進捗する住まいの

各部位での色決め。

 

あれは こうで

これは あれで

 

オーナーさんにとっては

楽しくもあり

ファイナルアンサーを出したら

後戻りできない

決死の判断時期。

 

オーナーさんも色々で

 

『田中さんの言うとおりで』

 

と言うオーナーさんもいれば

 

『もう 一週間待って』

 

と言うオーナーさんもいれば

 

僕らは プロとして

提案するんですが

時として 思いもよらぬ

リクエストもあったりで

 

出来れば避けたテクスチャーって

以外と多くて・・・

 

1つ1つの部位のみ見て決めて

その集合体として

LDKが 出来上がる。

 

これは 避けたほうが良いと

提案します。

 

『木を見て 森を見ず』

 

1つ1つのチョイスは

良い物の・・・

それらが集まったときに

統一感が全くない・・・と言うのは

あまりにも 残念な結果となります

 

究極・・・な話

 

『社長が住む家じゃないだろ・・・』と

言われてしまえばそれまでで・・・

 

でも プロが示す統一感も

大切だと思うんですね。

 

今日のオーナーさんが

それを求めていたんじゃないですよ(笑)

 

『マサユキが 良いと思う事を

素直に言ってくれよ。。。』

 

と・・・連発したぐらいでして。

 

人生に一度きりの 我が家ともなると

色んな意味で 失敗だけは避けたい

 

と 思うのも家づくり

 

人生一度きりだから 我が家ともなると

他人の意見より 自分の意見

 

と 思うのも家づくり。

 

難しいハザマですけど

 

けど・・・

けど・・・

 

その中間を取ってして

建てる住まいが

僕ら工務店の強みだと思います。

 

決して 僕らは

オーナーさんの住まいを

品評会に出すような感じで

“作品”とは呼びません。

 

けど

ある程度 自由にやってもらった結果の

ちぐはぐでも いけません。

 

ハザマを取りながら

進める家づくりが

 

“世界でひとつだけの家”と

 

言われる家づくりの醍醐味だと思います


いよいよ 完成。

いよいよ 完成。

 

車大好き・・・な

オーナー様のお家の完成間近。

ガレージハウス

 

足場がとれて

全貌が あきらかに!

ガレージハウス2

わぁ~

見るからに

 

 

ガレージハウス。

本当に

ガレージハウスだ。

 

と言うより

ガレージそのもの。

 

ガレージの隣には

ちゃんとした

LDKがあるんすよ

 

うらやましいナァ~。。。。

 

本当にうらやましい。

 

 

オレ・・・たぶん

こんなお家に住んだら。

 

ガレージから

出てこれないかも知れません。

 

と言うか…

ガレージから出たくない…と言う

旦那さんの夢を形にしたから

飽きて出てこられたら困る(笑)

 

なんて言っても

ガレージには

 

エアコン

テレビ

冷蔵庫。

 

しびれるぜぃ。

 

だんなさんは

ガレージ と LDK

 

どちらの方が

滞在時間が長いんでしょうね・・・

 

って 思えるほど

 

ガレージに思いを詰め込み。

 

 

奥さんも・・・

 

ずぅ~っと一緒にいるより

隣のガレージにいる旦那。

 

が 良いみたい。

 

あれあれ・・・

サラリーマン川柳っぽく

なりましたね(笑)

 

ずぅ~っと一緒にいるより

隣のガレージに

いる旦那。

 

お後がよろしいようで(笑)


完璧な モニュメント

完璧な モニュメント

 

僕ら 建築デザイナーにとって

最も重要なことは

 

期待に応える事。

 

イメージを形に変える事

 

時には 家の中のデザインだったり

 

時には 周りの環境を生かす事だったり

 

期待に応えるって

比喩的ですが

 

『こうなるはず!』

 

を 満たすこと

 

だと 思ってます。

 

 

で 今日 引渡し前の

オーナーさん宅へ

最終チェックで 目の当たりにした

 

光景。

我が家からのぞむマウント富士2

打合せを重ねる中で

色んなリクエストの中で

初期段階で

特に重要視したリクエスト。

 

額の中にある富士山

我が家からのぞむマウント富士

他県より移住を決断したオーナー様には

特にこの情景は 手に入れたかったもの

 

 

 

 

Mountain Fuji ~ 

 

澄み切った空気の中

リビングの大きな窓から

 

無料でありながら

有料でも 叶わないモニュメント

 

まるで どこかの

ホテルのロビーみたいでした。

 

 

完成です

 

 

完璧です

 

 

 

日本一を感じながら

思う存分 生活を満喫してください


総記事数4,287件

PAGE TOP ↑