*

完全オリジナル。

完全オリジナル。

 

TANAKAのデザインは完全オリジナル。

一邸一邸

全て 同じデザインではなく

オーナーさんに合わせた

デザインを 鉛筆一本の線から

作りこみます。

 

約12年前に

『設計デザイン料無料』

 

と言う コンセプトで

静岡県東部に打ち出して

 

工務店では 出来ないとされていた

デザイナーが造る家の領域へ

そして 設計事務所では出来ない

信頼ある地域密着の工務店の施工実績。

 

両立できれば

工務店の印象は変わる。

そう がんばって根付いて来ました

 

そのプロセスは 今でも変わらずに

TANAKAの家では 一貫して

スタイルを崩すことなく

貫き通してきました

 

よくデザイナーの中ではありがちな

以前 使ったデザインを

少しだけ変えてデザインの再利用したり

また 同じようなスタイルを薦めたり。

 

社内の中で

それだけは やめよう。とそう決めて。

 

今でも なお

僕がするデザインが

あらわさせなかった材料は

その材料をつくってまで

デザインのコンセプトを貫きます。

 

協力業者も そのこだわりを

きちんと受け止めてくれて

材料から 造ってくれます。

 

そんなデザインをしている時

協力業者と その材料そのものを

造る打ち合わせを している時

 

その時が 僕らしい時間なんですね


教科書にないこと。

教科書にないこと。

 

社会人として必要なものは

沢山ありますよね

 

たとえば ライセンス。

 

僕は

一級建築士

一級施工管理技士

宅地建物取引主任者

ファイナンシャルプランナー

 

建築に携わるものは

このぐらいで

 

他にも いろんなライセンスは

もっています。

 

昔 ライセンスは

ある意味 仕事の『箔が付く』的な

感じで 見てましたので

取れるときに と

一級建築士は 自分の為に

やるなら一番高いところ的な感じ。

 

でも

いくら ライセンスをとってしても

実際にその通りに

ライセンス取得のための勉強が

社会に通用するか と言うと

まったく別物。

 

経験値、場数、その時の対応方法

色んなシーンでの仕事のさばき方

ライセンス以外での責任。

 

教科書には

乗っていないことのほうが

世の中の為に、

 

仕事をする上では

ライセンスと言うものは

ある一定のもの以上の事を

する時には必要なことになりますが

社会人として、

仕事が出来る出来ない人の見分けは

特に

 

経験値、場数、その時の対応方法

色んなシーンでの仕事のさばき方

ライセンス以外での責任。

 

が いかに自分でやり切れるかが

大きなポイントだと思います。

 

立場上 僕も色んな方の

面接をしていますけど

ライセンスだけを見ると

すごいなぁ~と思える方は

沢山いましたけど・・・

 

経験として どうなのか・・・

また

やる気はあるのか

あるのかと言うより 人より以上の

ものが その人の心の中に

存在しているか・・・

 

だと 思います

 

 

僕も ライセンスだけは

豊富なほうだと思いますが

何も 経験がなかったり

何の 判断もできなければ

ただの ペーパードライバーと同じ。

 

特に 今の20歳代の方へ

ライセンス取得はもちろんの事ですが

率先して 仕事をこなす経験を

沢山つんで 社会人として

 

『あいつは 仕事が出来る』と

 

言われる人財になりましょう!


夢の形 請負人。

2017/07/06 | 田中建築を知る

夢の形 請負人。

 

住宅業界は ある意味

 

夢を形にする

夢を請負う仕事人。

 

あ~したい

こ~したい

 

たくさん

膨れ上がった夢を

ひとつひとつ・・・

形に変えていく

 

建売以外の建物は

オーナー様の土地をお借りして

僕たちは 僕たちの

きっちりとした仕事を請け負い

そして 完成。

 

工場加工のプレファブも

最後の仕上げは

現場で行います。

 

見て触って確かめて と言う

現物を確認しながら

行う建築は

 

売買契約。

 

けど

 

無の状態から 形に変えていくのが

僕ら工務店の

 

請負契約です

 

現在進行中で

夢の形が見えない分

信頼関係がとっても重要な

 

注文住宅&白いキャンバス

 

自由に わがまま

たくさん僕にお伝えください

 

よりよい提案は確実に出来ると

思います


チーム力・・・1

チーム力

 

スポーツの世界では

当然のチーム力

 

上下関係も

同じ立場の人も

 

全部ひっくるめて

ひとつの目標に対して

結果を出すことに

求められるのが

チーム力。

 

経営の世界でも同じで

全員が 同じ目標を持ち

そして 達成する行動をとることが

大切だと思います。

 

欠けない力

補う力

 

そして

 

同じ方向を持つ力。

 

ベンチャー企業と言われる会社は

この団結力が 半端ありません。

 

しかし 当然ながら

ある一定のラインを超えると

チーム力は 団結力から

組織力に変わり

そして

組織力から経営者と労働者と

大きく変わります。

 

小さなベンチャー企業ほど

団結力は力強く

大きな会社ほど

組織力は大きくなり

そらに大きくなると

経営者と労働者が

ともに歩み 成果を出す力が

弱まると言われています。

 

言い換えれば

小さな力だからこそ

団結して 大きな力を得る

 

チーム力は

個人+個人+個人+個人+個人+……

1+1+1+1+1…… ではなく

掛け算になったり

1+1=3 になったり。

 

目指すところは

すべてがプラス以上になるように

していくのが

スポーツの世界ではない

チーム力だと思います

 

理想の世界ですよね


チーム力・・・2

もうひとつのチーム力

 

JALを倒産から

優良企業に変えた

稲盛さん。

 

彼は 大企業ゆえ

組織力が弱点とされる

団結力を 社員のほぼ全員に

まとわせ チーム一丸となって

立ちなおらさせた

唯一無二の経営方針をとる経営者。

 

飛行機を良く利用する人には

 

JAL派、ANA派というように

大きく分かれるのが一般的

マイレージが貯めるには

ひとつの航空会社に選定した方が

有利だから・・・と

その人それぞれの観点から。

 

僕は昔 ANA派でした

 

海外に行く飛行機に

便利だったのが ANAだったから。

(詳しく書くと時間が足りないので

話は 省かせてもらいます)

 

もうひとつ

当時のJALは ANAより

顧客目線と言うより

JAL目線が強かったから。

 

そんな JALが生まれ変わり

あっけなく 僕は

ANAからJALに乗り換えました

 

別に 稲盛さんが好きだから

だったわけではなく

単純に ANAより

顧客目線がすばらしくなったからです

 

僕以外にも

飛行機を乗られる回数が多い方で

乗り換えた人は多いはず。

 

だから 復活したんだなぁ~って

思っています。

 

チーム力が すばらしいと思ったからです。

 

団結力は 大切。と言うか基本。

 

小さい会社なら

小さい会社ながらの団結力

大きい会社なら

大きい会社ならの団結力

 

でも

 

一番は

 

団結力を超えた

同じ方向を向いて

ひたすらに

同じ方向に向く力。

 

稲盛さんの本を

読み返して思った今日この頃。

 

家族という小さな単位であっても

大切な団結力は

更なる幸せを手に入れることが出来る

すばらしいアイテムのひとつだと

思います。

 

家族ながらの団結力。

 

同じ方向を向いていきましょう!

 


スーパー女子会議

2017/07/03 | 田中建築を知る

スーパー女子会議

 

今日は 新しく家族の仲間入り

 

女子スタッフが1人増えました。

 

これで 僕が思い描けていた

スタッフがそろいました

 

その 新しく仲間入りをした

村中さんを含め

今日の午前中は

スーパー女子会議です

 

内容は

 

役割分担と

質の向上。

サービスの徹底。

可能性の確認。

 

どんな役割分担なのかと言うと

 

STUDIO LUXE専門 LUXE女子

 

コンシェルジュアシスタントの

女子コンシェルジュ

 

託児室の専門保育士の

先生スタッフ

 

HPなどの改革推進を進めるための

広報女子。

 

地域のために

また 正しい住宅を提供して行くための

女子が勢ぞろい。

 

楽しい下半期が始まりました

 

田中建築の女子スタッフを見ていると

今、紹介した以外にも

経理スタッフ、設計スタッフ、

在籍してるんですが

本当に がんばるスタッフでして…

 

世の中の 男性陣!

女性スタッフ能力は

高いぜょ…

 

スタッフが育っていると言う事は

経営者としてみると

子供の成長と同じ

これ以上無い幸せのひとつです

 

さぁ おいらも 負けていられません。

 

楽しむぞぅ~!

 

って 言ってますけど

本当に 未知数の広がり幅なので

僕も ちゃんとまだまだ

成長しなければいけないと思った

 

パワーの泉がここにあるスーパー女子会議でした


出産ラッシュ!続々朗報!!

2017/07/02 | 日常

出産ラッシュ!続々朗報!!

 

いやぁ~

 

2017年 今年も

子宝工務店の田中建築工業の

出産ラッシュが止まりません!

 

本当~に すばらしい事ですね

 

田中建築のオーナーさんに

限ってないことだと思いますが

本当に がんばるママさんが

以前より多くなったように思います

 

あっ がんばってないママさんが

過去にいたと言うことではありません

 

パパの家事、子育て手伝いの

環境もそろっての事だと

僕は思いますが

 

フルタイムで働いている

もしくは

フルタイムで今後は働く、働きたい

 

と 話をしている

ママさんが 圧倒的になりましたね

 

過去は

フルタイムに復活する予定がない

とか

フルタイムで働くことが前提では無い

とか

 

おそらくですが

女性の働く環境の整備が

しくしくと 色んな職場で

進んでいるんでしょうね。

 

今 フルタイムで働いている環境を

さほど 変えることなく

仕事復帰ができるとか

そんなより良い変化が

地元中小企業まで

大企業まで設備、対応が

とどかなくても

そろってきたと言う事なんだと

思います。

 

職場復帰を熱望していた

夫婦の方でも

早々に 第2子、

また ママのフルタイムを

想定した動線の作り方を

リクエストしてくれる

ご夫婦が本当に増えました。

 

子供の数を減らして

フルタイムを選択ではなく

子供の数は増やして

フルタイムで働く選択

 

今年は 何人のベイビーが

誕生するのかなぁ~と

 

楽しみで 仕方が無い

ポロシャツでした


5km 朝トレ続いてます…

2017/07/01 | 田中家のお話

続いてます…

 

5月末から始めたダイエット

 

僕の方も

なかなか 良いペースで

体重と言うか

脂肪だけが 減ってきています

 

体重の方は

6kg弱 落ちました。

しかも

筋肉量の方は

1kg減。

 

脂肪だけ 5kg落ちました。

 

良かった良かった

 

&…

 

脂肪燃焼のための

朝トレ…

 

耀雅も いまもなお

続いてますよv

 

1時間かけて

乗りこなしていた

ストライダーの道のり5kmを

10分早くなって

50分で 5kmを走れるように

なりました。

5kmだぜい

でも

 

耀雅にしたら目いっぱいの

運動なのかも

 

帰ってきて

シャワーを浴びて

ひと息ついて

おにぎりを食べ終わると

ぐったり です

 

朝から 目いっぱい運動すると

やっぱりやんちゃな耀雅も

ぐったりなんすね(笑)

 

おかげで 良いか悪いか

わかりませんが

2歳半の耀雅君

体つきがすごく線が細いけど

けっこう筋肉があるんです。

 

いわゆる細マッチョ。

 

うらやましい限りでございます。

 


ツバメ・・・に優しさかな?

2017/06/30 | 日常

ツバメ・・・に優しさかな?

 

猛烈に狭い

ツバメの家。

 

 

笑えるほど

 

 

窮屈そう。

せまいら

 

なので

セットンこと 瀬戸君が

万が一落ちても 大丈夫なようにと

 

 

巣の下に

 

防護壁を

 

もうちかいな

 

がたがた やっていたので

親たちが 離れちゃうかなぁ~って

思ったんですけど

 

 

 

最初は

ビビッてましたけど

 

 

大丈夫でした

 

 

巣立ちは近い?

 

でも

 

5匹いたはずの雛が

1匹足りない

4匹しか姿が無い。

 

 

自然の厳しさかなぁ~と

思いつつ

 

 

もう少しだ

もうちかいな1

がんばれよぅ~!


応援団!

2017/06/29 | 86レース

応援団!

 

年に4回ある

富士スピードウェイで

行われるサンデーレーサーの試合

 

楽しみにしているんですが

2017年6月の第2回目のレースは

お休み。

よゆうだな

残念ながら

車が動かない感じ・・・なんです

 

なので

レース始めてからの

初体験!

 

サーキット場で

自分も走れるレースを

走らずに 応援するって事

 

なんとなくですけど

 

いつも一緒に競っている

サンデーレーサーの仲間たちを

間近で見ながら

応援するって

意外と 走るより

疲れるんですね

 

耀雅は もう慣れっこのようで

いつもの振る舞い・・・

なんだよ

けど

 

僕はと言うと

 

うずうず

走りてぇ~

走りてぇ~

走りてぇ~

 

けど

 

走れない・・・

 

もどかしい。

 

そんな気持ちの初体験。


総記事数4,251件

PAGE TOP ↑